FC2ブログ

Weekend In 心は L.A.

音楽と楽器、そして時々海外に

 

Introduction

(この記事は常にトップに表示されています。最新の記事はこの次になります。)

One World Trade Center From Empire State Building, NYC 2017.8

        ↓↓↓ 目次....クリックで記事一覧 ↓↓↓
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
Songs Songs 2 .  CD  Guitar  Live  音楽夜話 機材  ビギナー料理
ジャムセッション 旅のススメ

-----------------------------------------------------------------------------------------------------
↓↓↓ 目次(旅行記編) ↓↓↓
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
上海・寧波 シンガポール ラスヴェガス ニュージーランド 国内旅
台湾台北  マカオ  カナダ
  サンフランシスコ  マレーシア   香港  ニューヨーク   ハノイ 
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

  Hotel Bellagio in LasVegas 2011.8

音楽に目覚めてから、結局、数10年音楽から離れられない
聞くだけより、演奏したほうがもっと面白い
Guitar たまにはBass、時々Keyboard
DTMなら管のハーモニーだって作れるし、美しいGuitar は見ているだけで楽しくなる
音楽を通じて、沢山の人と知り合いになれた、ちょっぴり感謝の気持ちもこめて、
個人的な音楽に関するもろもろを書き連ねてみました

時にはポケットにカメラを忍ばせ、旅にでよう
世界には、まだまだ見たことの無いところがある
見知らぬ街を歩いてみよう
人生は勇気をもって未知の世界へ行くこと
Life is about courage and going into the unknown.


I Walk Down To The Gold Coast  2013.5

混沌の Hanoi 旅行記(16)大笑い、、、だけど胸いっぱいのハノイ

ホテルの立地選択については、
混沌の Hanoi 旅行記(12)これ1枚でわかる、ハノイ中心部マップ
で書いたので、ホテル選びでもう一つ注意を。

ベトナムのホテルは、窓無しの部屋があります。(日本では法律上、不可能)すごく安い部屋だな、と慌ててて予約をして窓無しの部屋に泊まらないよう気をつけてください。1日中、電気を付けないと真っ暗な部屋になります。窓付きでも十分安いですから。
今回宿泊した「Silk Queen Hotel」は7,000円/泊;朝食付き税込み。日本のビジネスホテルより1回り広く清潔でした。朝食付きで1泊1万円なら、かなり高級だと思って下さい。


My Room, Silk Queen Hotel 2017.12

今回のSilk Queen Hotelもよかったですが、ずばりお勧めの旧市街のホテルは、
①ハノイ エメラルド ウォーターズ ホテル & スパ
②ザ チー ブティック ホテル   かな。

帰国は15時40分発のフライトなので、ホテルを13時過ぎに出発することに。
最後はやはり旧市街のぶらぶら歩きだ。


Market Dong Xuan 2017.12

旧市街北にあるドンスアン市場を覗いてみる。衣料品、日用雑貨を中心に色々なものが山積みだ。お土産を買う人にはいいかな。でも確かに安いけど、茶碗1ダースとか、箸50膳とか、Tシャツ20枚とかは、いくら安くても買えないな。市内で夜店を出す人が、昼間に仕入れる場所みたいです。


Reception of Backpacker Hostels 2017.12

沢山の西洋人の若者が出入りしている店があった。Backpacker Hostels(ゲストハウス)。
カウンターでは、バッグパックを担いだ若者がひっきりなしにチェックイン。
ごった返している狭いロビーの壁にはベトナム全図が貼ってあり、その前で男2人、女1人のグループが熱心に打ち合わせをしている。
「ホーチミンから2週間かけて、ハノイまで来た。いよいよカンボジア入りか。」
そんなことを話しているのかも知れないな。


French-Style Cafe 2017.12

ホアンキエム湖畔の公衆トイレの前を歩く。
2日前、海外で公衆トイレなんて珍しいと思って用をたすと、出たとたんにトイレの番人に2,000ドンを請求された。そういうことか。綺麗だったからいいけど。
あたりを見回すも、今日は番人がいないな。よしチャンスだ、用をたしていこう。
出たとたんに、番人が飛んできて再び2,000ドンを請求されたよ。(泣)
しゃくだったので、20m先の木陰からどういうことになっているのか覗いていると、番人もトイレから20m先の木陰に隠れてトイレを監視していたよ。タクー。
2,000ドンて10円だけど。


Entrance Alley of Happy House 2017.12

最後に寄るところは決めていた。
私のブログにリンクが貼ってある「ハノイの地図屋さん」。ここで配布しているハノイの手作りマップが非常に見やすくて、今回の旅で大いに利用させてもらいました。
このサイトを運営している”ざわわ嬢”は、なんとハノイでこの12月にゲストハウスをオープンしたばかり。その「Happy House」を訪ねていくと、運よく”ざわわ嬢”がお掃除の最中でした。
地図のお礼を伝えると、ベトナムが好き過ぎて、結局、ハノイで生活を初めてしまった話しをしてくれた。思わず、わかる、とうなずいてしまった。

「ハノイ、これから回るのですか?」の問に、
「実は、今日の午後のフライトで帰国なんだ。」「えっー!!」
最初に寄ればよかったか、いや、今この瞬間だから会って話が出来たに違いない。
やはり自分のやりたいことを持っている人はいいな。目がキラキラ輝いている素敵な女性でした。
写真を載せて、男性トラベラーが殺到しても困るだろうから、ざわわ嬢に書いてもらったイラスト(本人?)を載せることにします。

(Tips 16)ハノイを歩くなら、「ハノイの地図屋さん」の手作りマップとサイト情報は欠かせない。
可能ならゲストハウス「Happy House」に泊まっちゃおう。


Miss ざわわ    2017.12

最後の昼食をマイ箸で済ませ、ホテルまで旧市街をぶらぶら戻る。
空港の両替商での札束数えから始まって、5人乗りのバイクが横を追い越して行ったり、何回も前を通ったあの店では、バケツが百個以上も縦に積まれて、いつか道にぶちまかれそうだったり。
もう笑うしかないようなことが沢山あったな。

ハノイなんて全然知らない街だったのに、突然、懐かしい気持ちが胸に溢れてきた。


? ? ? 2017.12

海外を旅するといつも不思議に思うことがある。

日本にいたら、5日間なんてほんの一瞬だ。
例えば、先月第1週の月から金の5日間、何をしていた?何を考えていた?絶対に思い出せない。
それがこの5日間。どれだけの出来事があって、どれだけの人と会い、どれだけのことを考えたのか。
寂しかった時、退屈した時なんて一瞬もなかった。

子供の頃のSF漫画に、”加速装置”というのがあった。周囲が1分過ぎる間に、自分は10倍の時間を経験する装置だ。1人で海外を旅行していると、まるで自分に加速装置が付いたような気がする。
この5日間は、日本での何か月分?

最初の夜に渡った橋を逆行し、タクシーで空港に向かう。
美しくもなんでもない風景なのに胸が少しつまる。あのタクシーの運ちゃん、どうしているかな。

空港でタクシー代を払ったら、10,000ドン札2枚だけが財布に残った。ちょうど100円。
ドンスアン市場で、お箸を買った時に少しぼられたから、ぎりぎりになったか。
いや、丁度使い切るように、わかっていてわざとぼられたっけ。

ここはハノイだもの‥‥‥‥‥‥(完)

(最後まで16話、読んで頂いた方がいたら感謝します。)

Good-Bye Ha Noi ! ! 2017.12

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ANA JAL マイレージをどんどん貯めることが出来るポイントサイト
私も、ここでマイレージを貯めて、海外旅行に行っています
(このバナーから登録をすると、貴方に30ポイントがプレゼントされます)

混沌の Hanoi 旅行記(15)ハロン湾ツアーその3 5人で昼食を

ボートが終わると、お次は鍾乳洞探検。
鍾乳洞というと、地底深く潜るようなイメージがありますが、ここの鍾乳洞は、船を降りてから山を登ったところにある。ということは、山全体が石灰岩で出来ているのか。湾の中の奇妙な形の島も石灰岩で出来ているということか。なんとなく納得。


Limestone Cave 2017.12

鍾乳洞は、日本でも何度か見たことがあるでしょう。はっきり言うと、それ以上でもそれ以下でも無いので、びっくり!ということにはならないと思いますが、これも世界遺産の一部ということで。
鍾乳洞が無い国、生まれて初めて見た人もいるのかな?唯一、鍾乳洞の出口が山の中腹で、洞窟から出ると眼下にハロン湾が広がっているのは、なかなか見られない光景でした。


Ha Long Bay 2017.12

ハロン湾ツアーの話、実は時間を前後して書きました。実際は、ハロン湾で遊覧船に乗ってすぐに昼食となり、食事後に湾内ボートと鍾乳洞の見学という順番でした。

遊覧船の船室は、作り付けのテーブルが6つ並んでいて、乗船時にガイドさんが1テーブルづつ名前を呼んで、テーブルごとに乗り込む。おっと、最初のグループに呼ばれた。
テーブルメンバーは、隣に座ったノルウェーから来たご夫婦と、対面に座ったカナダから来たご夫婦と、私の5人でした。2組4人に1人が加わるのは人数調整だな、と周りを見回すと、3人、4人、6人とバラバラ。別にグループでも無いようだし。そうか、ここはベトナムだったよ。

海外1人旅だと、嫌でも英語をずっと話している訳ですが、一番難しいのは「多人数での雑談」だと思います。

これに比べたら、1対1での会話は楽だ。なんたって、こちらが話すまで待ってくれるし、相手の言ったことがわからなければ、もう一度聞き返せる。ホテルや空港の職員なら言うことなし。用事があるから話しているのが前提なので、こちらの下手な英語を理解しようとしてくれる。

たとえ、あんたの英語が下手で聞き取りにくいよとか、安月給なので仕事は極力増やしたくないよとか、YESと答えると面倒なので出来ることでもNoと答えたいよとか、チップの多寡によってやるかやらないか決めるつもりだよ、という答えが相手の顔にはっきり表れていたとしてもだ。(この位でめげていたら、1人旅なんて出来ません。)

ところが、複数での雑談はこういう訳にはいかない。返事を考えているうちに話がどんどん進み、頭の中で英文を組み立てた時には、次の話題に移っていたりする。
口から生まれてきたようなおしゃべりな人ならまだいいのでしょうが、私は元々おしゃべりでもない。家でも、妻と娘の夕食後の会話に入ろうとして、「その話題、さっき終わったよ」と何回言われたことか。

とはいえ5人テーブル唯一の日本人、ただでも浮きやすい状況で、無言で料理をつついていたら、おいしい昼食もまずくなる。


Our Table 2017.12

こうなったら、先手必勝だ。
海外の人と一緒になって、一番手っ取り早い話題は、相手の国に関する話です。
逆の立場で、外国で日本の話題を出されたら、それだけで気持ちが軽くなるでしょ。

カナダの御夫婦に、
「2年前、ロッキー山脈に夫婦遊びに行って‥‥‥、バンフの丘の上にある古城のような○○ホテルに泊まった。幽霊が出るらしいというので期待したけど、会えませんでした」
なんて話かけたら、日本人がそんなところを旅しているとは予想してなかったのか、
「オオ、イイトコロヲ回リマシタネ。ロッキートラベルノ王道ダ。ウチデモ‥‥‥」
と、最初の壁の取っ払いに成功。

お隣の、ノルウェーの御夫婦には、
ノルウェーのフィヨルドは素晴らしかった、と話そうと思ったのですが、良く考えたらノルウェーに行ったことがない。まさか適当に話を作る訳にもいかない。
でも、必死になると何か思いつくものだ。(雑談に必死?)
「ニュージーランドに行った時に、フィヨルドをクルーズして地球にこんなところがあるのかと驚いた。でも、ノルウェーのフィヨルドはもっとスケールが大きいのでしょ?」(後半は"お世辞"ともいう。)
と話かけると、「ソウ、ノルウェーノ フィヨルドハネ‥‥‥」と始まった。成功だ。


Canadian Couple 2017.12

英語の雑談が難しいのは、相手の土俵で話しているからで、土俵を先にこちらが提示してしまえば、少なくとも闘牛のコロセウムを、相撲の土俵と間違えることはなくなるはず。

(Tips 15)何と話しかけていいかわからない時は、まず相手の国に関することを。

黙って食事をつついている訳の分からない日本人、という位置づけにならなかったので、それからずっと居心地がよかったです。ノルウェー人ともカナダ人とも一緒にご飯を食べたことなんてなかったけど、この2組の夫婦、ほんとうに感じがよかった。

「ホーチミンカラ、ハノイニ来タノダケド、ホーチミンハ ドノオミセモ、トラベラーズプライス(いわゆる観光地値段)ダッタワ。元ノ物価ガ安イカライイケド。」
「ソウナノヨ、私ハ ハノイデ○○ヲ買ッタノダケド‥‥‥」

気が付くと、カナダの奥様とノルウェーの奥様が旅行の話をし、3人の男性陣が脇でうなずいている。
世界中、どこにいっても女性のおしゃべりは止まらない。本当に不思議だ。


How do I say this fish in English ? 2017.12

大きな平目のような魚がドーンと1皿出る。
ノルウェーの旦那は「コレ、北海ノ魚ミタイダ。美味シイネ」
カナダの奥様は「魚料理ハ余リタベナイノデ苦手ダワ」、
ノルウェーの奥様が「コノ オ魚、英語デナントイウノカシラ?ノルウェー語デハ●◇##ダケド」
なんて、お国柄丸出しの会話に。 ところで平目って英語でなんて言うのだっけ?

「ナンデ奥様ト イッショニ ハノイニ来ナカッタノ?」すっかり和気藹々になり話かけられる。
「こんど2人で、ヨーロッパは北欧にいってみたいよね、なんて相談しているんです。」
「デハ、ノルウェーニ来ナクチャ」
「日本からの直行便は、ヘルシンキとコペンハーゲンしかないんですよね。」
「私ハ、オスロノ市役所ニ ツトメテイルノ。イラッシャイナ。」
ノルウェーの奥様と、こんな話に発展。

ノルウェーの旦那は、仕事で何度か日本に来たことがあるらしく、船を降りて道すがら、トヨタの工場に何度かいったことあるよ、とか歩きながら2人で話す。

最初は、なんでこの5人ワンテーブルかわからなかったけど、いい出会いだったな。


Sunset of Ha Long Bay 2017.12

最後に、ハノイからハロン湾に行く価値があるか?
というのも、事前にハロン湾そのものの悪い評判は見ませんでしたが、周辺情報はいい話しだけではなく、丸1日を割く価値があるのか? と日本出発まで迷っていたからです。

【事前情報】
①片道4時間近くかかり後半は悪路の連続。
②船で湾をクルーズするのと大鍾乳洞がメイン。雨が降っていると余り楽しめない。
③日帰りだとハノイ戻りが20時頃になり疲れる。
④日本でツアーに申し込むと1万円以上(約100$)とベトナム基準では相当高価。

【実際は】
①全線、舗装道路が整備され、片道約3時間半。
②ベトナム北部のベストシーズン、乾季の11月~3月なら問題なし。
③戻りは20時頃にはなりましたが、①のためバスの中で快適に寝ることができ問題なし。
④現地で申し込んで同じグレードのツアーが$50。(最安$30から。)

悪路の連続で体力のある人でないときつい(JTBのHPには、2019.1時点でもこの記述が!)と書いてあったのですが、ベトナムの観光開発政策で、綺麗な舗装道路になっていました。私は車に強いので、もともと気にしませんでしたが、車に弱いからどうしようと、昔の情報を読んで悩んでいる方がいるとすれば懸念です。夕暮れのハロン湾はさらに素晴らしいらしいので、思い切って1泊ツアーで行くのもありかも知れません。

真っ暗な高速道路をハノイへ。ハノイともそろそろお別れだな‥‥‥


James By Pat Metheny(1982) Coverしてみた

80年代後期以降のワールドミュージック志向が強くなっていく直前、アメリカンガレージの次作にあたる「Off Ramp」より。アルバムを通して聞くと、結構ダークで幽玄な曲が多いのですが、その中で爽やかさ筆頭なのがこの曲、James。
パーソネルは、Pat Metheny (g), Lyle Mays (p,syn), Steve Rodby (b), Dan Gottlieb (ds), Nana Vasconcelos (per)。

Jamesって、やはり人名だよね?と思っていたら、なんとJames Taylorのこどだとか。
知らない?ジャズの人ではないからなぁ。元祖シンガーソングライターで、フォーク系の方なら、必ず聞いたことがあるでしょう。メセニーとどこかで親交があるのか?

昔々、セッションでこれをピアノソロで演奏した人がいて、こんな曲をコピーしてピアノソロにアレンジしたなんてすごいな、と驚いたのを覚えています。やがて黒本2が発売され Jamesが載っているのを知り、それ以来、自分でも時々弾くようになりました。
カバーというほどのものではありませんが、聞きながら読んで下さい。


Guitar : Ibanez AS 120
Backing Rhythm Track : BIAB
Backing Movie : Baltic Sea From Helsinki To Tallinn ,Finland 2018.8

この曲、やはりメセニーの曲らしく、素直で単純な曲に聞こえるのだけどそうはいかない。
時々セッションでもやるのですが問題ありです。

構成は A-A-B-A と普通の構成なのですが、Aが10小節あって、1コーラスが38小節。
さらにコード進行に 2-5-1が出てこない。ではモード系の Dm7 が延々続くような曲なのかというとこれまた違う。音楽理論に強い方、だれか分析してくれないでしょうか。確かに音を拾っていくと、黒本2のようなコードになるのですが、この進行をみてもどうもピントこないし。

結局、Aがどこで終わったのか、意識してカウントしてないとわかり難い。
セッションでは、当然、演奏前に注意喚起するのですが、ドラムの方が曲を知らないと、テーマはともかくソロパートに入ると、3回に1回は、Aの8小節目でドラムフレーズが入って一瞬終わりかけて、他のメンバーが9,10小節目を弾くと慌てて刻みを再開するということになりがちです。ギターソロが決まらないと、A-Aの20小節での位置がよくわからなくなり、みんながお見合いすることも。

こういう進行のソロパートは、変に自分で考えないで原曲をコピーするという手もありますが、メセニーのフレーズもモーダルというのか今一よくわからない。むしろ、YouTubeで出てくる、ライブの演奏の方が良かったりする。(そもそも、ジャズでソロをコピーしてそのまま弾くのは相当恥ずかしいし。)


Queenstown, New Zealand

もう1つ、メセニーの曲、あるある。
Key=D の曲が結構多い。このJamesもです。
これは、開放弦とそのハーモニクスを使うために意識してやっていると思います。
ハーモニクスは、ギターの場合、特定のフレットで出せるのですが、開放弦の音程から、出しやすい音程は自ずと決まっています。
ハーモニクスを綺麗に響かせるには、曲のキーの9th,3rd,11th,5th,等に鳴るといいのですが、ハーモニクスの音程をずらす訳にはいかない(方法は無くはないけど)。従っておのずと曲のキーが限定される。
特に、9thがピーンと響くのが綺麗でわかりやすいので、Key=Dのギター曲はブリリアントで綺麗です。

どのフレットでどのディグリーのハーモニクスが出せるか覚えておくと、ソロの途中に印象的に入れることが出来ます。少々フュージョンタッチのソロになりますけど。
管中心のオーソドックス曲の、Bb,Eb,Abあたりのキーとは、発想が全然違うのがわかると思います。(これは、私がJazz Guitarを信奉できない理由の1つでもあります。)

今回のカバーは、BIABのスタイル「ボサノバカルテット」で。
オーソドックスなボサノバでやってみました。ソロが行方不明にならないよう、区切りに念のため2-5を入れています。ソロの組み立ては、いまだに良くわからず。
あまりコードにこだわらず、この爽やかな雰囲気を楽しめばいいということにしましょう。


Queenstown, New Zealand

余談。
最初にコピーした時、テーマのコードソロが綺麗だな、コピーしたいなと思ってしばらく聞いていて、あることに気が付いて驚きました。お分かりになったでしょうか。

原曲のテーマ部分、メロディーとコードストロークが、オーバーダビングされています。
それも微妙に音色を変えたギターで(ギター自身は同じだと思います。)。
おそらく、スピーカーでボッと聞いているだけでは気が付かないでしょう。

どうりでコードソロが上手くいかない訳だよ、と納得していると、YouTubeに、ギター1本でコードソロをとっている映像がアップされていた。
皆さん、お上手ですね。参りました‥‥‥

Since 2012.9.23
プロフィール

Author:AKISSH
.
You Tubeで好きな曲を見つけコピーしたり、
地図とカメラ片手に旅を。
世界中の街を歩いてみたいな。
(このブログについて)
(5th Anniversary)(その1)
(5th Anniversary)(その2;音源編)
(5th Anniversary)(その3;音源編)

打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
画面下を人々がお散歩
旅行お役立ちブログ
検索フォーム

123456789101112131415161718192021222324252627282930 04