FC2ブログ

Weekend In 心は L.A.

音楽と楽器、そして時々海外に

 

Introduction

(この記事は常にトップに表示されています。最新の記事はこの次になります。)

One World Trade Center From Empire State Building 2017.8

        ↓↓↓ 目次....クリックで記事一覧 ↓↓↓
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
Songs Songs 2 .  CD  Guitar  Live  音楽夜話 機材  ビギナー料理
ジャムセッション

----------------------------------------------------------------------------------------------------- ↓↓↓ 目次(旅行記編) ↓↓↓
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
上海・寧波 シンガポール ラスヴェガス ニュージーランド 国内旅
台湾台北  マカオ  カナダ
  サンフランシスコ  マレーシア   香港  ニューヨーク
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

  Hotel Bellagio in LasVegas 2011.8

音楽に目覚めてから、結局、数10年音楽から離れられない
聞くだけより、演奏したほうがもっと面白い
Guitar たまにはBass、時々Keyboard
DTMなら管のハーモニーだって作れるし、美しいGuitar は見ているだけで楽しくなる
音楽を通じて、沢山の人と知り合いになれた、ちょっぴり感謝の気持ちもこめて、
個人的な音楽に関するもろもろを書き連ねてみました

時にはポケットにカメラを忍ばせ、旅にでよう
世界には、まだまだ見たことの無いところがある
見知らぬ街を歩いてみよう
人生は勇気をもって未知の世界へ行くこと
Life is about courage and going into the unknown.


I Walk Down To The Gold Coast  2013.5

世界の中心ニューヨーク旅行記(11)ウルフギャングステーキハウスで夕食を

旅行のもう一つの大きな楽しみが食事です。日中はどこをどう回るか時間が読めないので、適当な時間に良さげなお店でとることにしていましたが、夕食はやっぱり少しまともなところに行きたい。
今までの経験上、ディナーはなるべく予約していった方がいいと思います。単に満席でお店に入れるかどうかということだけでなく、たとえ当日でも、予約有りの客か、飛び込みの客かで、扱いが違うような気がしたことが確かにありますです。(GパンにTシャツのアジア人が夕食時に予約無で入り、空いていても一番奥のトイレの前の席に案内されたとかの話も聞きますし。)
NYCなら、おいしいステーキがいいよねと、あちこち調べるといくつかの有名ステーキハウスがヒット。
ここでは2軒をご紹介。

(Tips 15)ディナーは、当日でもいいのでなるべく予約して行った方がいい。


Wolfgang's Steakhouse at Midtown East 2017.8

◇ピータールーガー(Peter Luger Steakhouse)
創業130年の老舗中の老舗で、おそらく1番の有名店。ここにしようかと迷ったけど、イーストリバーを渡ったウィリアムバーグ地区にあるので少し遠いかなとパス。(そんなに遠くは無かった。)
がんこな老舗店らしく、予約は電話のみ、かつU.S.では超珍しくクレジットカードで決済できないキャッシュオンリー店だということを帰ってから知りました。旅行中はキャッシュなんてほとんど持ち歩かないので、食事が終わってから「ハイ2人デ$150キャッシュプリーズ」なんて請求されたら青くなりそう。

◇ウルフギャング(Wolfgang's Steakhouse)
ピータールーガーに40年シェフを務めたウルフギャング氏がのれん分けしたお店。ピータールーガー並みのステーキを、伝統に拘らず楽しもうというコンセプトがNYCっ子に受けて、マンハッタンに5店舗と急成長。今が旬の店らしいということで、ここに決定。


Wolfgang's Steakhouse at Park Avenue (1) 2017.8

Wolfgang's Steakhouseは、現代的コンセプトのお店らしく、予約も基本ネットシステム。
スマホで5店舗からチョイスして、名前や人数、予約時間等を入力すると、直ぐにアクセプトメールが返信されてくる。こういうところも人気の秘密なんでしょう。
(どうやって配信を停止するのかわからないので、1年経った今でも私のスマホには「月末の水曜日はグラスワイン半額です」的なメールが来ます。)

5店舗は、Park Avenue店、Midtown East店、Times Square店、Gotham Hotel店、TriBeca店で、店名で検索すればすぐにヒットします。写真で見る限り、Times Square店が規模も大きくガラス張りで一番カジュアル度が高い感じかな。
5店舗どこも便利な立地で行きやすそうだったので、3日目はメトロで12分のPark Avenue店に。余りに美味しかったので5日目はMidtown East店に行きました。


Wolfgang's Steakhouse at Park Avenue (2) 2017.8

18時半の予約時間ちょうどにお店に到着。ビル外装が工事中でしたが、お店はシックな内装でこじんまりしていて感じが良かったです。少し時間が早いのかまだぱらぱらしか客がいない。
カジュアルなコンセプトといっても、店員さんはきちんと白いシェフシャツをまとっているので、伴侶のワンピースに合わせてまともなシャツとパンツに着替えてきて良かったよ。


Wolfgang's Steakhouse at Park Avenue (3) 2017.8

料理自体はステーキだから、ごちゃごちゃ論評するようなものでもない。一言、美味しかったです。
やっぱりU.S.本場のステーキだ。ワインで乾杯してシンプルにステーキを頂くのが、NYCには一番似合ってます。

2つ隣の席に、日本人が3.5人。若夫婦に赤ちゃんにどちらかの母親。若夫婦は雰囲気になじんでいたので、おそらくNY駐在の夫婦が、母親をNYCに呼んだのでしょう。
やはりステーキを食べていたのだけど、途中から赤ちゃんが泣く泣く。さすがにステーキハウスでは赤ちゃんが食べられるもの無いものね。こちらは別に気にすることも無く、暖かい目だったのですが、19時を過ぎるとさすがにお客さんが次々入店してきて、席が埋まってきた。若いママは、おそらくステーキを1切れ2切れ食べただけで、あとは子供を抱っこして店内をうろうろ、なんとかしてあやそうとするのですが、どうしても泣き止まず。結局、(多分全部食べずに)3.5人は席をたっていきました。
母親を1回はステーキハウスに連れていってあげたいという目論見は、志半ばだったか。
僕たちも、昔あんなことがあったよね。


Open Vegetable Shop at E54 St. 2017.8

U.S.の食事は、味はともかく量が多すぎて閉口する時が時々あるのですが、今回は不思議と丁度良かった。やっぱりマンハッタンを1日歩き回ってカロリーを消費しているからか。
しかもワインも何杯か飲んでこのお値段とは、まともなステーキハウスにしては結構安いな。

”It couldn't be better!”とチップとともに賛辞をお伝えし、お店を後に。
量も値段もリーズナブルだったね~ と伴侶に言うと、すかさず
「多すぎると大変だから、1人分のステーキをシェアしようって言ったの貴方でしょ。」

そうだった、あの倍食べろと言われても無理だったな‥‥‥

楽器練習者のための料理法 タンドリー風チキン

(2018.8.4に80,000Hitを超えました。遊びに来てくれた方、ありがとうございます。)

日本人のワイン消費量は平均年間4本だとか。ワイン好きの自分から見るとずいぶん少ないなと思うけど、約30年前のバブル期頃は、輸入ワイン自体が少なくて平均年間1本だったらしいので、30年間で4倍にはなったわけです。
近くの店で月に1回、10%引き、20%引きセールが定期的にあるので、その時に3~4本くらいづつ購入。家族で飲んでいることを考えると、自分1人あたり年間18本位は平均的日本人の4倍程度。この統計にはお酒をほとんど飲まない人も母数に入っているでしょうから、普通の酒飲みの2倍位のワイン好きということになるでしょうか。

週末には家族でワインを飲めるように、私が1日は料理を担当し、ワインを開けることが多い。というと、凄くお洒落な(人によっては鼻持ちならない)印象を受けるかも知れませんが、私が、デリケートと対極な人間なので、和食っぽい魚料理とか、ごま油たっぷりの中華料理を作って、ワインを開けてしまうことも多く、家族からは「この料理でワインは飲めないね」とあっさり却下されることも結構あります。


ヨーグルトソースに鶏モモ肉を漬ける   2018.7

最近はワインと料理の相性があるらしいと、人並みに考えるようになってきたのですが、コクのある赤ワインにはどうしてもステーキとかシチューというこってり系の料理が合うので、夏につくる料理とはマッチしないことも多い。レパートリーも少ないし。
猛暑の今日は、サッパリした白ワインを開けたいな。とすると料理は何がいいか?
料理のバイブル「きょうの料理ビギナーズ」のバックナンバーをパラパラくくる。うちではおなじみの週末の光景だ。サッパリした料理と言っても、酢の物に白ワインという訳にもいかない。とはいえ暑いから毎日カレーという訳にもいかない、インドじゃあるまいし。カレー?連想でピンと来た。カレー風味のタンドリー風チキンにしよう。

料理を始めてわかったのは、下味付けの重要性です。素材に初期段階で下味がきちんと付けられると、あとは煮たり焼いたりの単純作業でもかなりまともな料理になる。これを逆にして、煮たり焼いたりの後で味付けをしても、どうも味が馴染まない。

DAWで曲を作るなら、最初にドラムとベースできちんとリズムを作り上げるのが重要で、これができれば、あとは手もとの楽器で適当にメロディーを重ねていってもそこそこの出来になる。逆に、いくらいいメロディーの曲でも、最初にメロディーを録音して後からドラムとベースを重ねたのでは、曲としてまとまらないのも当然だ。
うん、音楽と料理は共通点が多いな。


武田信玄の菩提寺、恵林寺(甲州市)  2018.7

タンドリー風チキンは、ヨーグルトにカレー粉とオリーブオイルを投入して、そこに鶏モモ肉を漬け、30分も置いておけば、味がしみていい感じになる。あとは焼くだけだ。
焼く時は、カレーヨーグルトを削いだほうがいいのか、たっぷり付けて焼くのがいいのか、これは書いてなかったのでわからなかった。人間がケチなので、せっかく付いているものをそぎ落とすことも無かろうと、そのままフライパンに投入。

肉の周りにヨーグルトがべったりついているので、フライパンで普通に焼くのは難しい。
以前であれば、ここでテンパッテ一騒ぎするところだが、最近はこの程度ではつまづかなくなってきた。火が回りにくいものを焼く時は、フライパンに蓋をすると全体に火が回り、非常にいい具合に焼けるということを学んだのだ。

さらにこれまでは「きょうの料理ビギナーズ」を一言一句外れないように料理していましたが、最近は可能な限りスパイスを加えるようにしています。もともとスパイシーな料理が好きなので、見たことないようなスパイスを大投入して、タイの奥地かインド北部の料理か、というような味付けも個人的にはウェルカムなのですが、確実に家族の不興を買いそうなので、今回は、最初のヨーグルトにナツメグを少々、焼いている時にオレガノをそこそこ投入という感じにしてみました。


オレガノを効かせたタンドリー風チキン   2018.7

いつもと同様、味見無しに完成。(味見をしても、いいのか悪いのかわからないので、いけないと思いつつ、いつも省略してしまう。)出たとこ勝負の料理でしたが、そこそこ食べられる料理になりました。
楽器初心者がジャズセッションに1人加わると、申し訳無いけどちょっと聞いてられない、となることも時々あるのですが、料理は初心者が作っても、これは絶対に食べられない!となることはまずないところがいいところです。

白ワインにもそこそこマッチした気がしました‥‥‥

[タンドリー風チキン(2人分)]
鶏モモ肉  200g×2
ヨーグルト カップ1/2
カレー粉  大さじ1
オリーブオイル 大さじ1
塩     小さじ1
なす    1個



世界の中心ニューヨーク旅行記(10)ミッドタウンをバスで走る(NYC バス利用のコツ)

メトロポリタン美術館からミッドタウンに向かう。
目の前の5thAve.の下にはメトロが走っていないので、ここはバスに乗ってみます。5thAve.は1,2を争う幹線道路なので、バスは次から次へとひっきりなしに来る。バスからはNYCの街並みを見回せるので、遠距離はともかく近くの移動ならむしろバスが楽しいです。


St.Patrick's Cathedral(1) 2017.8

セントラルパーク南端にある歴史を感じさせるホテルはプラザホテル。映画によくでてきたな。道を挟んだ左手に見えるのはトランプタワー。本人はワシントンに常駐しているのでしょうが、家族はこちらにいるのかな。

セントパトリック大聖堂の前で降車。NYCでも1番大きな教会でしょう。日本でいえば、銀座4丁目の角にあるようなものですから、観光客も含めいつもにぎわっているようです。規模も大きく雰囲気もゴージャスというか荘厳。月曜日の昼間にも関わらずかなりの人がいました。


St.Patrick's Cathedral(2) 2017.8

道を挟んだ西側にロックフェラーセンター。
エンパイアSBのところで書いた通り、トップオブザロック展望台がある、複合ビル街区です。バブル時代に三菱地所が買収して、大騒ぎになったところがここか。地下1階レベルは広く掘り込んだプラザがあって、冬になるとここがスケートリンクになるのは有名。高さ30mのクリスマスツリーが毎年飾られたりと、ミッドタウンの華やかな中心の1つと言える場所。
今回は、小雨がパラついていましたが、また、別の時に来てみたい。
美術館で相当歩いて、さすがに足が疲れたので、一度ホテルに戻ることに。


GE Building of Rockefeller Center 2017.8

ここで、NYCのバス利用のコツをご紹介したいと思います。(地下鉄はまた別の回に。)

1.メトロカードを買って、地下鉄と共通で乗ろう

1回料金は一律$3ですが、バスはクレジットカードも紙幣も使えず不便なので、地下鉄と共通のメトロカードを必ず買っておきましょう。メトロカードは基本プリペイド式ですが、観光客には期間式(7日間乗り放題で$31とか。)の方が便利です。地下鉄駅の自販機でどこでも買えます。地下鉄とバスの相互乗継ぎは、2時間以内、1回までは新たな料金はかからないという特典があるのですが、メトロカードなら自動的に処理してくれるので便利です。
急行(Limited)バスだけは別途$6.50払うことになっていますが、私が乗った範囲では急行バスには出会いませんでした。路線が少ないのかな。


The Bus Going to Midtown 2017.8

2.優先順位は、メトロ1番、バス2番。バスは近距離利用に。

同じ目的地にメトロとバスの2通りの行き方があれば、間違いなくメトロの方が早いです。じゃ、バスなんて乗らなくてもいいという訳でもありません。まずバス停の多さ。南北移動はほぼ3ブロック、東西移動はほぼ各ブロックと小刻みにバス停があるので、歩くのをちょっと省略と言う時にぴったり。期間式だとコストを考えずに乗れるので気楽ですし。このためにも、マンハッタン島のバス路線図をダウンロードしてスマホに入れて、常に見れるようにしておくと便利です。(相当細かい。)なんといっても、外の景色を見ながら乗れるのは、メトロにはない楽しさです。

当然のことながら、バスを長く待っているとバスのメリットが無くなるので、すぐに来る路線かそうでないかの見極めが肝心ですが、観光客にはこれはなかなか難しい。(私も失敗しました。)
しいていうと、南北に走るAve.それも幹線の4th~9th Ave.を走るバスは本数が結構多いようです。
なお、マンハッタン島を出るルート(ブルックリンに行くとか。)はメトロで行きましょう。橋やトンネルは必ず渋滞してますから。

※MTA Bus Timeというリアルタイム運行状況のスマホアプリができました。調べてみてください。


Plaza at Rockefeller Center 2017.8

3.レディファースト、オールドファーストには絶対注意

乗ってからは、ほぼ日本と変わらないのですが、1つだけ心に刻んでおきましょう。
バスに前から乗ると、前方と中央の席が空いていて奥の席に人が座っている場合が結構あります。ここで降りる時に便利と前の方の席に座るのは駄目です。ここは老人などハンディキャップドの席なので皆、避けているのです。

日本でもシルバーシートというのがありますが、アメリカでは日本よりはるかに「老人・女性優先の意識が徹底」しています。老人を目の前に立たせて若い人が知らん顔して席に座っている、という日本で時々見かけるシーンは、アメリカではついぞ見たことがありません。万一、これをやってしまうと「これだから低レベル文化のアジア人は嫌だ。未開人め!」と思われること間違いなしです。(これが絶対確信できる位、アメリカ人はレディファースト、オールドファーストが徹底しています。くどいですが。)

やりがちな大失敗は、乗った時にがらがらに空いていて、これならいいだろうと中央ドアの横に座る。乗っているうち、窓の外の景色に見とれてたりガイドブックを夢中で読んでいて、バス内のことがお留守に。いつのまにかに混んできて、老人や女性が立っている。貴方はその真ん前の席に座って、お土産をかかえつつ窓の外を見ている。ふと気づくと、周りの乗客が皆、貴方をにらんでいる。というものです。


Radio City 2017.8

(Tips 13)常に神経を張り巡らしているのは難しいので、ともかくバスに乗ったら後ろの席に座りましょう。(例外:夜遅く乗客がほとんどいない時のみ、運転手の近くに座ります。)

(Tips 14)なるべく道路の右側歩道を歩いて後ろを注意していると、バスが来た時にサッと乗れて歩くのを省略できるので便利です。(これもよく逆側に勘違いして失敗します。)

日本も、もっとレディファースト、オールドファーストにならないと‥‥‥

Since 2012.9.23
プロフィール

Author:AKISSH
.
休日は、You Tubeで好きな曲を見つけて
コピーしたり、カメラ片手に旅を。
世界中を歩いてみたいよ。
(このブログについて)
(5th Anniversary)(その1)
(5th Anniversary)(その2;音源編)
(5th Anniversary)(その3;音源編)

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ
画面下を人々がお散歩
旅行お役立ちブログ
検索フォーム

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08