Weekend In 心は L.A.

音楽と楽器、そして時々海外に

 

Introduction

Weekend In 心は L.A.  ブログへようこそ!

(この記事は常にトップに表示されています。最新の記事はこの次になります。)
  Hotel Bellagio in LasVegas 2011.8
   ↓↓↓ 目次....下のテーマをクリック ↓↓↓
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
Songs CD  Guitar  Live  音楽夜話  機材 ジャムセッション
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
上海・寧波旅行記 シンガポール旅行記 ラスヴェガス旅行記 その他旅行記

ニュージーランド旅行記 台湾台北旅行記  マカオ旅行記   ビギナー料理
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

音楽に目覚めてから、結局、数10年音楽から離れられない
Fusion, Jazz, Pops, Rock, Bosa Nova, Samba, Black Contemporary,
Classicだって聞くのは好き

聞くだけより、演奏したほうがもっと面白い
Guitar たまにはBass、時々Keyboard
DTMなら、管のハーモニーだって作れるし
美しいGuitar は見ているだけで楽しくなる

時にはポケットにカメラを忍ばせ、旅行にでよう
世界には、まだまだ見たこと無いところがある
見知らぬ街を歩いてみよう

音楽を通じて、沢山の人と知り合いになれた、ちょっぴり感謝の気持ちもこめて、
個人的な音楽に関するもろもろを書き連ねてみました
お好きなテーマからどうぞ
過去記事へのコメントも歓迎です。


I Walk Down To The Gold Coast  2013.5

世界遺産めぐりマカオ旅行記(12) マカオを楽しむ10のコツ‥‥番外編

では、前回の予告どおり、マカオを楽しむ Tips10をどうぞ。

(Tips その1)絶対に直行便がお勧め

マカオは、香港空港まで飛んで、そこからフェリーがごく普通の行き方。
でも、フェリーが2時間に1本程度なので、かなりロスタイムがあります。飛行機からフェリーに荷物が自動的に運ばれるので、一見便利ですが、荷物積み込み時間の余裕をみているので、いつ着いても2時間位待つ羽目に。パックで行ってバスでホテルに行くことになれば、さらに余計な時間がかかってしまい、下手すると、成田空港から香港空港までと、香港空港からホテルまでと大して変わらなかったりします。
この旅行の時点では、直行便は週3日でしたが、今みたら、成田、羽田から毎日直行便が出ていました。キャパが小さく飛行機単独でも予約がとり辛いと思いますが、とれたら大ラッキーなので絶対に直行便にトライです。


Christmas Illumination at the Senado Square 2015.12

(Tips その2)夏から秋口の台風シーズンは避けた方がいい

夏の旅行で一番心配なのは台風。時々台風が直撃することがあって、そんな時は外出禁止令がTVで流れるとか。さらに、香港からマカオのフェリーは高速船で、台風のうねりがあると(雨が降って無くても)相当揺れるので、乗り物に弱い人は要注意。せっかく行くなら、そんな時期を避けた方がいいです。
冬休みでもセーター1枚位で十分なので、冬休みの方がずっと適していると思います。もちろん、GWや10月以降の連休に行ければベストでしょう。

(Tips その3)香港とマカオを4日で見るなんて無理無理

今回、マカオ4日間、昼も歩き回って夜も遊びに行っても、北半島はともかく南島はざっと遊んだ位でした。普通ならマカオだけで5日以上はかかるでしょう。世界遺産たって、聖ポール天主堂だけみればいいってものじゃない。キラキラの夜景は一番マカオらしいところなので、それを見ないでマカオ日帰りなんてありえない。香港旅行中に、マカオ日帰りで来るなんて、そんなもったいないことやめた方がいいです。

(Tips その4)北にするか南にするか、That Is The Question.

北の世界遺産めぐり、南のラスベガス風観光。まったく正反対の楽しみが出来るのがマカオのいいところ。街並みや食事、歩いている人たちもまったく異なるので、どちらに重点を置くかあらかじめ決めて、そのプランに一番適したホテルをとるべし。


3つの銀行が発行しているので同じ額の紙幣が3種類ある。1つは珍しく中々手に入らない。2015.12

(Tips その5)30の世界遺産めぐりにチャレンジするなら2日間とろう。

30のうち半分はセナド広場周辺に固まっているので、これらを見て回るなら1日もかからないはず。これが一番コストパフォーマンスの高いお勧めコースでしょう。
全部回るのにこだわるということであれば、いくつかは離れていて丘の上だったりするので丸2日とった方が安全です。(私は根性で歩いて1日半)
貴方が、健脚のスポーツマンなら1日で全部回れるか、あえてチャレンジするのも面白いアルネ。

(Tips その6)南島のコタイ地区は日進月歩。1年前の情報でさえ古い

今回の冒頭に書いたように、コタイ地区はあちこちで建設中。つい先日、本屋でガイドブックを立ち読みしたら、2016年10月に巨大施設が2つオープン予定とか。さらに飛行場が拡張され、モノレールが出来たり、香港との連絡橋(本当か?)が出来れば、まったく変わるでしょう。南島中心で遊びに行くなら、この1年前のブログも既に古いはず。ともかく最新情報をネットなりブログで収集して行って下さい。

(Tips その7)夕食はホテルから飛び出せ(特に北半島)

中華料理はもちろん、ポルトガル料理、タイ料理、インド料理とアジアでおなじみのものは一通りそろっています。ホテルのレストランで朝昼晩と食べるなんて絶対もったいない。
ミールクーポンなんて、旅行の楽しみを半分放棄しているようなものです。(特に北半島)
タクシーは安いし距離も短いので、好みのレストランを予約してディナーを楽しみましょう。
地元のお店で英語が通じないなら、ホテルのコンシェルジュに頼めば中国語で予約を入れてもらえます。


HongKong International Airport 2015.12

(Tips その8)カジノはどこでも楽しめるけど

私はギャンブルに興味がないのですが、カジノで遊ぶぞ、というのも立派な目的。なんたって一時ラスベガスの売り上げを超えたという話もあるし。(今は再逆転。)カジノなら、北でも南でも楽しめます。
ただしカジノで夢中になると時間の感覚がまったく無くなるので、部屋に戻ったら朝の4時、一眠りしたら昼の1時、にならないようセルフコントロールが必要でしょう。
また、ホテルの周辺に質屋が沢山あります。なぜかは書かなくてもわかると思います。
こちらこそ、セルフコントロールが絶対に必用です。
なお、ギャンブルをしなくても、雰囲気を味わいにカジノ遊びに行くだけでも結構面白いです。

(Tips その9)お土産は香港空港で買ってはいけない

香港空港経由になって、あまり時間の余裕が無い時は、お土産は香港空港でいいや、となりがちですが、香港空港のショッピングエリアは、いわゆる典型的免税品の店しかないので、香港やマカオらしいお土産は探せないと思った方がいいです。今更、お酒や香水など買ってもしょうがないでしょ。下手すると日本の通販の方が安いし。お土産でシャツ1枚買おうとして、探すのに苦労した国際空港は初めてです。

(Tips その10)1回で全部楽しまなくてもいいじゃない

友人がLCCで行ったら、ホテル付パック2泊3日で5万円しなかったとか。
こんな近場の海外旅行は、祝日を活用して2回でも3回でも来たら、また違う雰囲気を味わえるはず。
サーッと表面をなぞるだけの旅行は卒業しましょう。バスに乗って大急ぎで回るのでなく、自分の足で歩いて、疲れたら地元のお店にふらりと入って、という旅のほうが思い出に残りますよ、きっと。

今度こそ、マカオ編は終りです。
お付き合いありがとうございました。


See You, Macau 2015.12

音楽夜話  Rio 2016 オリンピックとパラリンピック 

このブログは自分の趣味を楽しむブログにしたいので、極力時事ネタを書かないことにしています。でも今回はそんなことを言ってられない。それくらい今年のリオは、色々な意味で記憶に残るものだった。
オリンピックは子供の頃から好きで、物心ついた時から夢中で見ていました。
スポーツ自体も好きだし、勝負にかける熱い思いには素晴らしいものがあるので。
今回のリオオリンピックでの日本選手の活躍はすばらしいものがあったと思います。



でも、この夏、最後に記憶に残ったのはパラリンピックでした。
今までもパラリンピックは知っていました。いや、知っていただけだったかも知れない。
じっくりとパラリンピックを見たのは今回初めてでした。
これは明らかに、次が東京ということで、パラリンピックの放映時間が過去に比べてずっと長時間になったからでしょう。これまではオリンピックが終わると、夜のスポーツニュース枠で、メダルをとった競技中心にちょこっと放映されていた位な気がします。

パラリンピックを見て、ちょっとショックを受けました。
正直、いままではパラリンピックとはオリンピックに付属した障がい者の大会。もっとはっきり言えば、気の毒な人が一生懸命に頑張っている大会、というような認識しかありませんでした。

パラリンピックの競技をみて、思わず嘘でしょ~と叫びたくなった。
四肢切断の選手が驚異的なタイムで競争している。視覚障害の選手が格闘技で闘っている。
まさに真剣勝負。陸上や水泳などでは、健常者の普通のタイムをはるかに超えた世界で競っている。
閉会式を見た人は、そこでスポットで流れた映像を覚えていますか。
両手切断の選手が背泳ぎのスタートを切る。まさか、足だけで泳ぐのか?
片足の選手が自転車レースを戦っている。自転車レースって何周するのか?
特集番組で、ある人が、自分が言いたかったことを言っていた。
「人間って素晴らしい」。そう、これだ。


One Scene of Paralympic Games 2016.9

そして何より、純粋にスポーツとして見ていて面白い。
車椅子バスケットなど、普通のバスケットより面白く感じました。
通常のバスケットは身体の接触がサッカー等に比べて禁じられているので、上手いチームと当たるとなすすべなくボールを奪われ、必ず得点される一方的試合になってしまう。正直単調なゲームだ。
車椅子バスケットは、車椅子の操縦技術というもう一つのファクターがあって、一進一退の接戦になり、むしろゲームとして面白い。しかし、下肢が無い選手が上半身だけで重いバスケットボールを投げている。そう簡単にできるのか。良く見ると、上半身は健常者の選手以上ににムキムキだ。

気の毒な人が頑張っている大会って、何も知らずになんという上から目線での感想だったのか。
自分を大いに恥じた。

連日、見ていたら不思議な感覚になってきた。
パラリンピックで活躍している選手、たまたま足が無いだけ、手が無いだけ、目が不自由なだけ、耳が不自由なだけ。だから?何も変わらない。
こんなことを思う事自体、意識が低いのかと思ったら、TVで、ある方がまったく同じ感想を述べていた。今回、初めてじっくり見て、同じように感じた人が多かったらしい。少しほっとした。

そして、後天的な出来事で障害を負った人にどれだけ勇気を与えるんだろう。
パラリンピックは、もしかすると人の命を救うかもしれない。


Rio de Janeiro Estádio do Maracanã 2016.9

自分の思いをつらつら書いてしまいましたが、難しいことは何も無いと思う。
TVでパラリンピックの映像が放映されていたら、少し見てみればいい。
何が出来るのかとか、重い気持ち抜きで。純粋に面白いな、凄いなと思えればそれで良いと思う。
ノーマライゼーションって、普通に感じようっていう意味だから。

東京オリンピックの時には、必ずパラリンピックも見に行って声援を送りたいと思います。

Since 2012.9.23
プロフィール

Author:AKI
.
休日は、You Tubeで好きな曲を見つけて
コピーしたり、カメラ片手に散策しよう‥‥
写真は私がとったものからです。
(このブログについて)

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ
画面下を人々がお散歩
検索フォーム

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10