Weekend In 心は L.A.

音楽と楽器、そして時々海外に

 

Introduction

(この記事は常にトップに表示されています。最新の記事はこの次になります。)
  Hotel Bellagio in LasVegas 2011.8
        ↓↓↓ 目次....クリックで記事一覧 ↓↓↓
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
Songs Songs 2 .  CD  Guitar  Live  音楽夜話 機材  ビギナー料理
ジャムセッション

-----------------------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
上海・寧波旅行記 シンガポール旅行記 ラスヴェガス旅行記 その他旅行記
ニュージーランド旅行記 台湾台北旅行記  マカオ旅行記  カナダ旅行記                                                                                                                                           サンフランシスコ旅行記  マレーシア旅行記   香港旅行記 
-----------------------------------------------------------------------------------------------------


One World Trade Center From Empire State Building 2017.8

音楽に目覚めてから、結局、数10年音楽から離れられない
聞くだけより、演奏したほうがもっと面白い
Guitar たまにはBass、時々Keyboard
DTMなら管のハーモニーだって作れるし、美しいGuitar は見ているだけで楽しくなる

音楽を通じて、沢山の人と知り合いになれた、ちょっぴり感謝の気持ちもこめて、
個人的な音楽に関するもろもろを書き連ねてみました

時にはポケットにカメラを忍ばせ、旅にでよう
世界には、まだまだ見たこと無いところがある、
見知らぬ街を歩いてみよう
人生は勇気をもって未知の世界へ行くこと
Life is about courage and going into the unknown.


I Walk Down To The Gold Coast  2013.5

Chicagovich(2017) By Leonid & Friends 東側から来た男達(1)

シカゴのNew CDに注目と言っても、あのロバートラムがまた道楽で作ったのかとスルーしそうになりましたが、いやいやとんでもないものを発見しました。「Leonid & Friends」のカバーアルバム。



Make Me Smile
25 or 6 to 4
Wishing You Were Here
Saturday in the Park
What's This World Coming To?
Brand New Love Affair, Pt. 1 & 2
Does Anybody Really Know What Time It Is?
Woman Don't Want to Love Me
Color My World
Hot Streets
Old Days
[全11曲]

音を聞く前にメンバー一覧をみて下さい、特にカッコの中を。

【メンバー一覧】
Leonid Vorobyev(レオニード・ヴォルヴィエフ) Bass, All Producing & Director
Vasilii Akimov(ヴァシリィ・アキモフ) Vocal,Guitar
Igor Javad-Zade(イゴール・ジャバドザード) Drums
Sergey Kashirin(セルゲイ・カシーリン) Vocal, Guitar
Serge Tiagniryadno (Kiev, Ukraine)(サージ・ティアギリヤード) Vocal, Guitar
Vlad Senchillo(ヴァルド・センチーロ) keyboards
Dmitry Maximov(ドミトリー・マキシモフ) Bass
Ksenia Buzina(クセニア・ヴィジーナ) Backing Vocal....Kesenona
Vladimir Osinsky(ウラディミール・オシンスキー) Piano
Ilya Vymenits(イリヤ・ヴィメニッツ) Percussion

Vladimit Popov(ウラディミッツ・ポポフ) Alto & Baritone Sax,Flute
Alexandr Michurin(アレクサンダー・ミテューリン) Trombone
Alexey Batychenko(アレクセイ・バティエンコ) Trumpet,Flugelhorn
Konstantin Gorshkov(コンスタンティン・ゴルシコフ) Sax
Maxim Likhachev(マキシム・ライカチェフ) Trombone
Andrey Zyl(アンドレイ・ザイール) Trumpet
Oleg Kudryavtsev(オルガ・クデュラフチェフ) Sax
Arkady Shilkloper(アルカディ・シルクロウペ) French Horn
Igor Butman(イゴール・バットマン) Sax
Ilya Prokudin(イリア・プロクディン) Flugelhorn
Daniil Dubrovsky(ダニール・デュブロフスキー) Sax
[全21名 うちホーンセクション11名]

名前を見たらすぐにわかったでしょ、イゴール、アレクセイ、セルゲイ、ウラディミール‥‥
Leonido & Friendはモスクワで活動するロックバンド。だから記事タイトルは「東側から来た男達」
シカゴは長年の活躍でファンも多く、世界中にカバーバンドがいるらしいですが、ロシアのカバーバンドは初めてじゃないのか。しかも、その演奏力が驚異的。日本ではほとんど知られてないでしょうから、ぜひここで紹介したいと思います。


Leonid & Friends at Moscow Music Club "Forte" 24.03.2017

Leonid & Friendsは、Leonid Vorobyev(レオニード・ヴォルヴィエフ) がリーダーのバンドで、担当楽器の人が複数いるとこを見ると、ロシアのポピュラー音楽界で活躍しているメンバーをこのために集めて、ライブ活動の末、CDを発表したようです。
演奏はどうみてもアマチュアの域を超えているし、YouTubeのスタジオ収録の様子も明らかにプロ仕様です。この人たちはロシアのポピュラー音楽界で有名な人なのか(ブラスセクションはもしかするとクラシック出身?)ともかく、ロシアの事情がまったくわからないので想像するしかないのですが。

Leonid & Friendsには公式 WebSiteがある。(英語ですが、ロシア語でないことに感謝しましょう。)
読むことも難しくないですが、この素晴らしいバンドを紹介するために意訳翻訳してみました。

[Leonid & Friends WebSite About > Biography より]
Leonid & Friendsは、ここ3年の間にロックファンの絶大な支持を得た。彼らはシカゴのライブを1度も見たことが無いにも関わらず、その複雑なアレンジを驚くべき正確さで再現したのだった。

リーダーのボルヴィエフ(Vorobyev)は言う。
「シカゴは一度もロシアに来たことが無かったので、我々はアルバムの音声記録だけを基にシカゴの曲を演奏しなければならなかった。僕はブラスロックだけに夢中になった訳ではなく、かつてビートルズ、CCR,ディープパープル、GFRのギターサウンドに夢中になったよ。」
「ソ連の1970年代はじめには、エレキギターやアンプは中々手に入らず、自分たちで作って演奏する必要があった。金管奏者と演奏をしたこともあったけど、彼らはいつも飲んだくれていてロックのなんたるかも理解せず最悪の経験だったよ。でもシカゴを聞いたとき、ブラスセクションと一体となったエレキギターやドラムやボーカルのサウンドは、僕を一瞬にして虜にした。」

ボルヴィエフ(Vorobyev)は、2014年に大好きなシカゴの曲(Brand New Love Affair)を演奏し動画を作成するために音楽仲間を招集した。もちろん譜面などなかったのですべてが耳コピー。各曲を正確に再現するのは大変な苦労で、ボルヴィエフ(Vorobyev)は耳コピーで各曲を譜面上に再現するだけでなく、演奏のディレクターからスタジオでのミキシングやマスタリングすべてを統括した。でも、彼はなによりバンド仲間を信頼していて、自分の音楽仲間全員を最高レベルのプロだと言っている。モスクワでのライブは大好評で、今、Leonid & Friendsはアメリカでのシカゴの絶大な声援に注目している。

「アメリカのシカゴファンからの膨大な量のライブ要請がある。アメリカのファンの前で演奏することは、ロシアの音楽家にとって夢なんだ。多くのアメリカの友人に会うことを想像するだけで興奮するよ。」ボルヴィエフ(Vorobyev)は語っている。

              Scott Schwebke記(アメリカのジャーナリストにしてシカゴの大ファン)

Leonido  Friend2

肝心の演奏については、次回、書いてみたいと思います。YouTubeの動画を1つアップしておきますが、この断片的な演奏を聞いただけでも、その演奏力は一目瞭然でしょう。

何が興味深いって、1980年代以降のファンはピンと来ないかも知れませんが、本家シカゴが誕生したのは1969年、つまりベトナム戦争が泥沼に入りつつある時期で、アメリカ人がこの戦争はとんでもないことになるのではないかと気が付き始めた頃。そのベトナム戦争の泥沼に引きずり込まれた原因は、ソ連との地球を2分する冷戦。
そんな時、大人にはアメリカの将来を任せられないと若者が立ち上がったのですが、その中の1団がシカゴでした。(初期の曲には、ニクソン大統領や民主党大会などの政治的メッセージフレーズが頻繁に登場します。)アメリカを泥沼に引きずり込んだ悪魔が「ソ連」だったのですから。

ロシア(ソ連)のバンドが、シカゴの曲をアメリカで演奏する日が来るなんて。
その場で聞いてみたい、シカゴのスタートを知る人間には感慨深い瞬間だ‥‥‥

銚子鉄道の春 本州最東端のローカル線ぶらり旅(下)

銚子鉄道を知っている人は少ないでしょう。銚子から犬吠崎までぐるっと通っている単線の鉄道、電車は2両編成。毎年3月になると、菜の花で一杯の房総を旅する番組があるのですが、そこでみた沿線ののどかな風景に魅せられやってきました。

銚子201803
赤星;始発の銚子駅、青星;終点の外川駅   2018.3

「銚子鉄道は改札を抜けて○番線に進む」とあり、ホームに行くも改札は無く、切符はどこで買うのかなと迷う。どうも電車の中で買うようだ。一瞬驚くけど、バスだと思えば不思議ではないか。
1日フリーパス券が700円で、これにしようかと思ったが、バス乗り放題が付いて1000円とある。駅から犬吠崎にはバスで行くらしいので乗り放題付きにしよう。


1日フリー切符バス載り放題付き   2018.3

時刻表を見るとだいたい1時間に1本。8時40分の便に乗ると、誰もいない車両をせっせと掃除している車掌さん一人。切符を‥‥と言いかけると、「掃除が終わったら行きますので」と。運転以外を1人で全部やるのは大変だな。
実は、この人、袖山里穂さんという銚子鉄道の可愛い女性車掌さんで有名な人でした。(HPのあちこちに名前が載っているので、公表いいですよね。)茶髪に制服のアンバランスが妙に似合っていて、うちではさっそく「アニメのお姉さん」というニックネームになりました。


アニメのお姉さん   2018.3

まずは、3駅目の観音駅で降りて銚子港の第一卸市場を見学する。歩いて5分、埠頭すぐ横に巨大な体育館のような卸市場がある。入場料もなく観光客にオープンされていて、今朝水揚げされた魚がずらっと並んでいる光景を‥‥‥あれ、魚がいない。そもそも観光客も我々しかいないし。

漁協の人があわてて飛んでくる
「普通は、この時間、真っ最中でずらっと魚が並んでいるのだけどね~、今日は1隻だけしか入港しなかったので30分もかからなかったよ。あっほらほら、あそこにまだいるよ。」確かに、カジキマグロが2匹、最後にリフトで運ばれていく。自然相手なのだから、こんなことだってあるさ。
「わざわざ銚子まで来てくれてありがとう。いい街なんだけど人口が減っていてね。」という漁協の方の話が印象的でした。お礼を言われるようなことは何もしていないのだけど。なんだか素朴でいいなあ。


銚子港第一卸市場   2018.3

駅に戻ろうかと思って地図を見ると、降りた駅と1駅先の駅がほぼ同距離だということに気付く。
全長6.4kmに10駅あるのだから、平均駅間が700m弱、歩けば1駅10分程度。天気もいいので、4駅目の本銚子駅に向かって歩く。菜の花と桜が両方咲いていて、沿道がとても綺麗。毎年、TVで取り上げられるのもわかるな。

実はここで小さなアクシデント発生し、1時間後の便にタッチの差で乗り遅れてしまいました。
無人駅で1時間待っていてもしょうがないし、大した距離でもないので次の駅まで歩き始めると、道沿いにバス停がある。このフリー切符、路線バスはどれでも乗れるはずだよなと時刻表をみると、1時間に1本のバスが丁度くる時間。バス停で待つ間もなくバスが来た。


太平洋!   2018.3

こんな時間に路線バスに乗っている人は我々だけ。しかも乗ったのは良いけど、一体どこで降りたらいいのか。グーグルマップを見ながら、2人でああでもないこうでもないと相談していると、バスの運転手さんが「銚子鉄道に乗りたいのなら、次の次のバス停で降りるといいよ。」とアドバイス。なんだかえらく行き当たりばったりの旅になってきたよ。TVで見かけるローカル線の旅みたいだ。

バス停から歩いて海鹿島駅に到着、なんだかんだでもう7駅目まで来てしまった。どの駅も無人駅なので、4人組の大学生がホームにいるだけでずいぶんにぎやかに感じる。
入線してきた2両編成に乗ろうとすると扉が開かない。なんと一番先頭の扉しか開かず、そこから乗り降りするらしい。なんたって1人車掌だから。あわてて皆先頭に走る。さっきのアニメのお姉さんはさすがにいなかった。ちょっと残念。


犬吠崎灯台   2018.3

9駅目の犬吠駅でほとんどの人が降りました。灯台行の路線バスは連結している訳でもないので、灯台に向けて気持ちのいい海沿いの道を歩いて約10分。

南房総の野島崎には何度も行ったことがあるのですが、犬吠崎は初めて。岬の突端に灯台があるので、100段の階段を上って灯台の上からぐるりを見回すと、周りは海、海、海。確かに灯台を建てるしかないという地形だ。灯台のすぐ横に、建設時の歴史館がありました。今日はおそらく1年で一番穏やかな天候でしょうが、海が荒れた時、この灯台の光を見つけた船員さんはほっとしただろうな。


初代、灯台レンズ   2018.3

灯台からバスで、地球の丸く見える丘展望台に。この道は丘を上るのでバスを使ったほうが楽ですよ。展望台の屋上からみた270度の太平洋は、灯台とはまた違った絶景でした。ここに来ると、犬吠崎が本当に関東地方の突端に位置することがよくわかります。今回は行きませんでしたが、屏風岩という、ドーバーの白い崖 (White Cliffs of Dover)のような、延々と断崖が続く地形が犬吠崎の九十九里浜側に見えました。遊歩道もあるらしいので、次回は行ってみようかな。

再びバスで犬吠駅に戻ると12時過ぎ、昼食どうしようかと思ったら、駅の真ん前に大きく「回転寿司、島武」。いきあたりばったりでも、とりあえずなんとかなってるよ。ちなみにここの回転寿司、ネタの大きさ(もちろん新鮮さも)が半端ない。20cm位のエビが、どーんと乗ってきた時には驚いてしまった。犬吠崎に行ったら、ぜひここの回転寿司を食べて下さい。


外川駅   2018.3

せっかくなので、逆向きになるけど、お隣の最終10駅目の外川駅まで乗ることに。
といっても帰りの予定の銚子行上りは、この便が折り返してくるだけなので同じことか。

終点の外川駅は、田舎臭いというよりは、余りに昭和初期の香りで、逆に映画のロケ地か?
と思うようなところでした。手書きの時刻表がいいなあ。ここ、ほんとに映画に使われるのでは。
※既に、色々な映画に使われているよと、伴侶談。


時刻表   2018.3

外川駅13時33分発。
朝はがらがらだったのに、カメラを持った撮り鉄、乗り鉄、目の前には外人のトラベラーと沢山の人が乗っている。とはいえ、席が8割がた埋まる程度。
葉桜を抜けると、一面広い春キャベツ畑。海の近くを走っているけど、林のために海は直接は見えず。


1面のキャベツ畑   2018.3

帰りもアニメのお姉さんが車掌さんでした。
全線で3台位の運行だろうから、アニメのお姉さんと一緒に乗れる確率は1/3ということかな。

春のうららにふさわしい、まったり銚子鉄道の旅でした‥‥‥


Goodbye 銚子鉄道   2018.3

銚子鉄道の春 本州最東端のローカル線ぶらり旅(上)

最近、TVでローカル線の旅という番組がやたら増えています。
芸能人がいきあたりばったりバスに乗ったり、地元店に飛び込みで食事をしたり。
ロケ費用が安上がりな、いかにもデフレ時代の番組だなとも思うけど、その自然な旅姿が自分の旅行に重なって時々見入ってしまいます。団体旅行から個人で観光地めぐり、そして観光地でないところを巡る癒し型休暇へと、50年かけて進化してきたということなのかな。


銚子にて   2018.3

昨春、そんな番組で銚子鉄道のローカルな旅をみてから、そののんびりした雰囲気に惹かれ、1年後の年度末の週末に1泊2日でぶらりと出かけてみました。昨年、圏央道が全通したのも銚子に行ってみるきっかけでした。もっとも開通を急がされたのでしょう、片側1車線のほぼ普通の道路が時々現れ、関東外延部を巡る立派な高速道路というには、まだ10年位かかりそうでしたが。
高速道を降りてからは、利根川に沿った細い道路を延々走る。この時期、菜の花と桜が一緒に咲いていて本当に美しい。車も少なく快適な道路だったので、降りて写真を撮るのを忘れてしまいました。


今日のとりたて@ウオッセ21    2018.3

12時過ぎにウオッセ21という観光市場で昼食。利根川の河口突端で目の前が太平洋という絶好のロケーション。観光地としてはマイナーなためか、観光客はちらほら。
うちは、漁港の市場に行くと必ず買うものがあります。アジの干物と塩辛。最近はこれに海苔(シート状になっていない、そのまま乾かしたもの。)を加えて、我が家の3大市場土産としています。東京のどんな店で買うより、漁港の市場で500円位で買ったものの方が美味しいから。


ヤマサ醤油工場入口    2018.3

銚子で有名なものの一つに「醤油」があります。
ヤマサとヒゲタの醤油工場があり、工場が見学できるというので、ネットで予約しておいて14時の会に参加。漁港の近くだから寿司文化とあわせて醤油製造が発達したのかと思ったら、江戸時代に利根川-江戸川経由で大量の物資を江戸に海運するのに都合がよかったからだとか。徳川家康時代からその工事がなされていたとは驚きです。もちろん、醤油づくりに適した気候があったからこそですが。


大正時代の消防車     2018.3

醤油工場でしか入手できない、「醤油ソフトクリーム」と「醤油サイダー」を買う。
醤油ソフトクリームは、少し濃厚な甘辛味で、普通のソフトクリームより美味しかったのには驚き。
醤油サイダーは?はい、各自、買って飲んでみて下さい。


犬岩の夕陽    2018.3

地図でみると銚子は、周囲270度位を海に囲まれているので、朝日からぐるっと回って夕日までほんの少し車で移動しただけで見れてしまう。ホテルチェックイン後、日没を見に行こうと行ったのが、ホテルのパンフレットで紹介されていた犬岩、通称わんこ岩
銚子は千葉最東端に位置するので日没を見れるのが不思議なのですが、確かに見えた。この日は快晴で雲ひとつ無く、綺麗な日没でした。まったく観光地化されていない場所なので、案内板もほとんど無く、駐車場も道路から見えないので行く時は要注意です。


銚港神社     2018.3

今回宿泊したのは、「サンライズ銚子」という、銚子駅から歩いて5分と街中のホテル。昔、他の施設だったのを転用したのかな?改装からまだ1年も経ってなく、部屋はものすごく綺麗でした。夕食は銚子の街なかでとるつもりだったので、朝食のみプランがジャストフィット。1人6200円だから、安価でぶらり旅に丁度よかった。銚子なので温泉はありませんが。


本日のお勧め@凡蔵     2018.3

夕食は観光客向けのお店で無い方がいいよね、と前日にネットで探したら、魚料理が美味しくて地元の人ばかりという「凡蔵」という店を発見。ぶらり旅らしい店ということで決定。もっとも、銚子は伊豆のように観光地化されてなく、観光客で一杯のお店なぞついぞ見かけませんでしたが。
マップでみると銚子市役所のすぐ横。今日は金曜日だし市役所の人でも来ているのでは?といいながら暖簾をくぐると、どこかの課の打ち上げか、奥の座敷は市役所の人で一杯でした。


真鯛のかぶと焼き    2018.3

ここの海鮮ものは美味しかった。なんせ、魚市場から歩いて来れるくらいの店なので、今朝仕入れた魚も沢山ありそう。中でも真鯛のかぶと焼きは絶品でした。
毎日、こんな美味しい魚を食べられる幸せ、地元の人は意外と気がついてないかも。

明日は朝から銚子鉄道だ‥‥

Since 2012.9.23
プロフィール

Author:AKISSH
.
休日は、You Tubeで好きな曲を見つけて
コピーしたり、カメラ片手に旅を。
そして海外に飛び出そう。
(このブログについて)
(5th Anniversary)(その1)
(5th Anniversary)(その2;音源編)
(5th Anniversary)(その3;音源編)

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ
画面下を人々がお散歩
旅行お役立ちブログ
検索フォーム

123456789101112131415161718192021222324252627282930 04