Weekend In 心は L.A.

音楽と楽器、そして時々海外に

 

Introduction

(この記事は常にトップに表示されています。最新の記事はこの次になります。)
  Hotel Bellagio in LasVegas 2011.8
        ↓↓↓ 目次....クリックで記事一覧 ↓↓↓
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
Songs Songs 2 .  CD  Guitar  Live  音楽夜話 機材  ビギナー料理
ジャムセッション

-----------------------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
上海・寧波旅行記 シンガポール旅行記 ラスヴェガス旅行記 その他旅行記
ニュージーランド旅行記 台湾台北旅行記  マカオ旅行記  カナダ旅行記                                                                                                                                           サンフランシスコ旅行記  マレーシア旅行記   香港旅行記 
-----------------------------------------------------------------------------------------------------


One World Trade Center From Empire State Building 2017.8

音楽に目覚めてから、結局、数10年音楽から離れられない
聞くだけより、演奏したほうがもっと面白い
Guitar たまにはBass、時々Keyboard
DTMなら管のハーモニーだって作れるし、美しいGuitar は見ているだけで楽しくなる

音楽を通じて、沢山の人と知り合いになれた、ちょっぴり感謝の気持ちもこめて、
個人的な音楽に関するもろもろを書き連ねてみました

時にはポケットにカメラを忍ばせ、旅にでよう
世界には、まだまだ見たこと無いところがある、
見知らぬ街を歩いてみよう
人生は勇気をもって未知の世界へ行くこと
Life is about courage and going into the unknown.


I Walk Down To The Gold Coast  2013.5

ディープアジア香港旅行記(7)香港島から海峡フェリー

聖地巡礼が終わったら、PMQ。中身はショッピングビルですが、建物は昔のコンクリート造の小学校そのもの。なぜかと思ったら、昔、警察官の官舎だったものを全面改装して、お洒落なショッピングセンターにしたとのこと。2014年6月だから出来てまだ2年半。るるぶには載っているけど歩き方には載っていない。おかしいと思ったら、歩き方は2015年版でした。
Police Married Quartersの略称なのか。


PMQ    2016.12

中を歩くと、3年2組の部屋はブリキ細工のお店、3年3組の部屋はレターセットと折り紙の店、という感じ。一見、高校の学園祭という感じですが、それぞれのお店の中は女性が見たら歓声を上げたくなるようなトレンディーな雰囲気。全体には女性の洋服ショップが多いかな。建物が無骨なだけに、そのミスマッチ感が逆におしゃれです。ただ、それぞれのお店はかなりまともでそれなりのお値段なので、香港で安価に面白いものを買いたい、ということであれば別の場所の方がいいかも。


The Corridor of PMQ 2016.12

住棟間の大部屋(もともとは体育館か食堂か?)では、地元の大学生が木工細工のワークショップをやったり、屋外庭園でお茶したりと中々アーティスティックな場所なので、買い物をしなくても楽しめます。
私は旅行ではお土産は買わないことにしているのですが、なぜかハチミツだけはあちこちの旅行先で買ってしまう。(自分用)ここでも香港産のハチミツを1本買い、帰ってからフレンチトーストを楽しんでいます。


Old & New 2016.12

中環から上環の街並を歩いてみました。
チムサーチョイが、香港代表する観光地と昔ながらのちょっとヤバそうな裏路地の世界だとすると、香港島は、超高層オフィス街とヒューマンスケールの生活感溢れる街並みという感じ。うまくいえないけど、海を挟んで似て非なる2つのエリアが、違った匂いを醸し出している。これが香港の魅力なのかも。

古い建物と高層ビル、高層マンションが入り混じって建っている。それぞれ好き勝手に建てているのかとこの時は思ったのですが、帰ってから調べてみると、古い建物を端から破壊する開発に地元住民から反対運動が起きて、一部は保存するエリアにきまったとか。やはりどこの国も似たような感じなのですね。もっとも日本の感覚からすれば、十分急激に開発が進んでいるように見えますが。


The Ladies At The Cafe 2016.12

通称ハリウッドロード。名前とは正反対に、何に使うんだという、昔のブリキの商店の看板とか、工場で使っていた工具とか、訳の分からないものが沢山売っている。こんなもの買う人がいるのか?
と思っていると、西欧の旅行者が一生懸命ヒスイもどきの判子を眺めている。確かに石に彫った判子なんてエキゾチックに見えるのでしょう。

ぼろっちい店の前に椅子を出して、白人が2人ビールを飲んでいる。と思うと、築60年位の煤汚れた低層ビルの1階を改修して、おしゃれなカフェが出現。香港は西欧の人もとても多いので、客層も多様だ。なんだかいいな、こういう無秩序の中の秩序という感じ。


The Hollywood Road 2016.12

さて、夕方になってきた。そろそろ斜面を下って、海に出よう。
これから再び海を渡ってチムサーチョイに戻らなくてはいけない。
最初はバス、次は香港MRTときたら、3回目はやっぱりフェリーに乗らなくては。
フェリーは2箇所で渡っているらしいのですが、ここから近い中環駅の先の埠頭から乗ることに。
中環駅から500m以上あって少し歩くのですが、フェリーに乗る人が多いらしく大勢がぞろぞろ海に向っているので、まず迷うことはないと思います。


From The Ferryboat 2016.12

乗船賃は、曜日と1階、2階席で異なるらしいのですが、流れのままに自動販売機でおもちゃのプラスティックコインを約30円で買う。どうも人が多いと思ったら、安価なので地元の人が沢山乗っているようです。もちろん観光客も多い。
目の前に対岸の超高層ビルが見える。どの位かかるのかと思っていたら、約10分でした。
2階席は見晴らしが良くて少しだけ料金が高いらしいのですが、まずトイレに行って、なんてやっているとあっという間に到着してしまいます。


Hong Kong Island Beyond The Ferryboat 2016.12

17時15分、少し雲が出ていましたが、夕方、ビルの明かりがつき始める頃の海峡の雰囲気はとてもいい。料金の多寡は関係なく、海峡の3通りの渡り方の中で間違いなくフェリーが一番気に入りました。フェリーを降りるとさっきまでいた香港島に明かりがともり始めた。

さて、3度目の香港Nightだ‥‥‥


The Crowded Wharf 2016.12

ディープアジア香港旅行記(6)おとなの基礎英語(香港編)ロケ地をめぐる

香港MRT(地下鉄のこと)の、上環駅から中環駅までの間は、超高層ビルが林立した香港の業務オフィス地区の中心。デザイン的にも面白いビルが多く、TVに映る香港で見たことのあるビルもいくつかありました。

中環駅(セントラル)から歩いてヒルサイド・エスカレーターに向う。全長800mの世界一長い屋外エスカレーターで、沢山の映画のロケでも使われているらしいのですが、映画の記憶がない。香港映画を余り見ないからかな。
ショッピングセンターのようなところにあるのかと思ったら、街の小さな交差点を曲がるといきなり路地にエスカレーターが現れた。細い路地なので、エスカレーターに乗りながら脇のビルをのぞくと、ビル2Fの床屋さんのお客と目があったりと臨場感たっぷり。
エスカレーターを降りると、高層ビル街とはまた違った街並みが現れる。角々にお洒落なカフェやレストランがあるのは、所得層が高いのかな。

肘井美佳
MIKACHAN Around The Asia

今回の香港島散策には、1つの目的がありました。
NHKのTV番組「大人の基礎英語」は、週4回、半年100回の英会話勉強番組。2012年の4月に始まったSeason 1では、ミカちゃん(肘井美佳さん)とジョー(香港人)の出会いのドラマをバックに毎回、1キーワードを勉強していきます。

何が面白いって、ドラマのロケ地がアジア全域にまたがっていて、3か月位で主人公ミカちゃんの移動に連れ、どんどん舞台が移っていく。このシリーズはSeason 3まで続くのですが、
シンガポール⇒香港⇒タイランド⇒ニュージーランド⇒マレーシア⇒ベトナム⇒台湾⇒ハワイ⇒香港⇒マカオ⇒香港
と、チャンギ―空港をふりだしに、9か国、環太平洋を巡る番組となりました。
この香港のロケ地、香港島をぜひ歩いてみたかった。

もちろん、英会話番組なので、観光案内がある訳では無いのですが、シンガポールのマーライオンとか、マカオのセナド広場とか、有名な場所をもれなくストーリーに組み入れているので、「あそこ歩いたよね」とかアジア好きとしては、ドラマの舞台自体が非常に面白い。番組の始まった2012年前後から、うちもアジアを本格的に旅行し始めたので、ロケ地9か国のうち8か国を既に旅行し、残すはタイランドだけとなりました。(トランジットで空港までは2回行ったことがあります。)うちの旅行自体も、後から考えるとロケとほぼ前後していたりしているし。


HighRaise At The Central 2016.12

さらに、ミカちゃんとジョーのラブストーリー、もちろんたわいのない話なのですが、肘井美佳さんのキャラクターがとっても魅力的で、これが予想外に面白い。NHKの英語番組が、勉強抜きに面白いなんて想像し難いですが、事実、面白かった。

NHKも2012年に始めた時は手探りだったらしいのですが、余りに好評だったので、結局、Season 3まで3年間の大河ドラマになってしまいました。このあと現在、Season6まで毎年続いているのですが、どれも半年で終わったところを見ると、最初のミカ&ジョー編がいかに人気だったかわかります。


Hillside Escalator 2016.12

英語のレベルは、高校1,2年レベルで難しく無いのですが、読んでわかるのと、聞いて話せるのでは大きなレベル差があります。毎回の番組で、相手の言っている事がわかり、「こんなとき何という?」というキ―フレーズがリアルタイムでパッと話せる人なら、海外旅行はもちろん(仕事は別として)海外でなんとか生活できる位の英語レベルに達しているでしょう。

私の英会話の大部分はこの「大人の基礎英語」で身につけたようなものです。チャロ時代も含め約10年間、毎週聞いていると、1回20分の番組でも結構身に着くものですね。また、ノンネイティブの国を回る番組なので、中国人(ジョーのお母さん)の英語は、テキストを見ながら聞いてもどうしても英語に聞こえない、とか実践的でもあります。

キーフレーズはそれだけでは無味乾燥ですが、例えばSeason 3の100回目、3年間の最終回で出てきた「I'm in the middle of something.」(いま、手がはなせないんだよ。) など、その時のドラマの映像がフラッシュバックして、使う場面が頭に刻み込まれています。

大人基礎英語1
ミカ&ジョー From 大人の基礎英語(Season1-3)

長々と書いてしまいました。
聖地巡礼ファンではないですが、今回は一生懸命探してしまった。
番組を見たことない方にとっては、なんの変哲もない場所ですが、街角が輝いていました。


ジョーが勤めていた不動産屋(今はビアバーに)   2016.12


ミカが間借りしていた姉のマンション(2F)    2016.12


ミカが訪れた文武廟(Man Mo Temple) 2016.12

えっ、もっと詳しく説明しろって?
I'm in the middle of something‥‥

ロータスの伝説(1974) By Santana クロスオーバー期の最高傑作だったのか?



[Member]
Carlos Santana : guitar, Latin percussion
Leon Thomas : maracas, vocals
Tom Coster : Hammond organ, electric piano, Yamaha organ
Richard Kermode : Hammond organ, electric piano
Doug Rauch : bass
Armando Peraza : congas, bongos, Latin percussion
Jose "Chepito" Areas : timbales, congas, Latin percussion
Michael Shrieve : drums, latin percussion

3枚組という内容に加え、横尾忠則のデザインしたLP22面ジャケットは、広げると四畳半一杯に広がるという都市伝説まで作ったこのアルバム。この時代は、プログレ全盛期ということもあり、曲は長いほうが偉い、LPは曲が少ないほど偉い、ジャケットはオマケが沢山付いている方が偉い、レスポールは重いほうが偉い、という重厚長大、戦艦大和か万里の頂上のような価値観がロック界を支配していた時代でした。このアルバムは、そんな時代のど真ん中でリリースされたもので、今でもサンタナのライブアルバムと言えば、これが代表作なのは間違いないでしょう。

Caravan Sarai、Welcome、Borborettaの3部作の仕上げのようなこのアルバムは、1973年7月の日本公演の録音で、メンバーはWelcomeとまったく同じ。サンタナ史上一番のテクニカルベーシスト Doug Rouch が抜けたのが1973年末ですから、Welcome発表からの1年間がサンタナ史上最強のメンバーだったと信じています。

サンタナのメンバーチェンジは、Carlos Santanaの実現したいサウンドに合うメンバーをリクルートする過程で、首になったか本人が嫌気がさしたというパターンが多いのですが、Doug Rouch は脱退直後、Billy CobhamやLenny Whiteなどとバリバリのフュージョンアルバムを作っていることを考えると、本人がロックバンドに飽き足らず、本格ジャズフュージョンの世界を志向したためと想像します。
この時 Doug Rouch は24歳。28歳でその人生を終えたのは本当に残念。その後、20年以上第1線で活躍できたベースプレイヤーだったと思います。


Backstreet in Shanghai (1) 2012.8

今回、記事を書くにあたって面白いことを発見しました。
ロータスツアー日本公演の様子がYouTubeにアップされています。「SANTANA Lotus Tour Japan 1973 ①②③」は3本で67分という貴重な映像音源。30分のTV番組3回分という結構なボリューム。
CDを聞いただけでは、2人のキーボードのうちどちらがどのフレーズを弾いているのかはっきりわかり難くていらいらするのですが、この映像をみると2人の分担がはっきりわかって非常に興味深い。
(こんなことを気にするのは私位か?)
Doug Rouchの演奏映像も、今となっては非常に貴重です。

今回、聞きなおすまで、私はてっきりこの映像がCD「ロータスの伝説」の映像版だと思い込んでました。が、違っていました。つまり大阪厚生年金会館(7/3-4)の映像ではなかった。
よく聞き比べれば違いがわかります、と言いたいところですが、曲順が異なるのですぐにわかります。
(CDは2曲目のA-1 FunkからEvery Step of the Wayですが、映像はStone Flowerだとか。)

いったい、このYouTube映像はいつのものなのか。1973年のロータスツアー日本公演は、6/27の東京公演を皮切りに、7/11の札幌公演まで11回行われているので、このうちのどれかには違いないはず。
ライブツアーをCDにする場合、それぞれの曲について出来のいい演奏を11回の公演からピックアップすることが多いのですが、サンタナの場合は、CDはあくまで大阪厚生年金会館(7/3-4)の演奏だし、YouTube映像も明らかにどこか特定の1公演のようです。
(これは、録音状態の都合か、Carlos Santanaのポリシーか。)

そう思ってもう一度YouTube映像をじっくり見ると、さらに不思議なことが。サンタナはかなりラフな感じで弾いているし、観客やライブステージの熱気感がまったく感じられない。これ本当にロータスツアーの公演映像なのか?見れば見るほどスタジオライブのような感じがしてきました。人気絶頂のサンタナのライブ映像を流したいという日本のTV局のオファーに、日本公演のライブは駄目だけど、USAで収録したスタジオライブの映像ならいいよ、ということでサンタナマネージメント側から提供があったのではないか?(今で言うPV。)というのが、私の推測です。皆さんはどう思います?

今回、20年ぶり位にロータスの伝説を(加えてYouTube映像3本を)通して聞きました。ともかく長尺なので、前回、通しで聞いた記憶が残っていません。意外だったのは、この2つの音源とこれまでのオリジナルをじっくり聞いてみると、CDロータスの伝説の演奏内容が、結構ラフな感じを受けたことです。(例えば、このツアーの山場である、最後の曲”Incident At Neshabur”とか。)原因の一つは、メンバーになってまだ浅いTom Costerのプレイにちょっと違和感を感じるような、音色の選択も含めて。Tom Costerは、演奏、アレンジを含めて大好きなのですが、Gregg Rolieと違う色を出したいという本人の意識がやや空回りしたかな。もともと全然違うタイプだし。
今までサンタナの最高のメンバーによる最高の演奏結果の記録が、CD「ロータスの伝説」だと思い込んでいたので驚きでした。
でも、ミスが少なくきっちりしているのが一番いい演奏という訳でもないですし、一番勢いのあるステージをアルバムに焼き付けたのでしょう、きっと‥‥


Backstreet in Shanghai (2) 2012.8

さて、前回に続いて、サンタナ関連の素晴らしいブログのご紹介を。
どれも、この時期のサンタナにスポットライトを当てた、興味深い記事です。

★Chord of Life
(柊しじまさん)
Santana – Caravanserai(Side.A)

私のLink集に入れさせてもらっている方。
古今のロックの名曲を、Cubaseで打ち込んでアップされているのですが、何が凄いってそのコピーの精度には脱帽ものです。
私も、昔から色々とコピーをしてきましたが、メインメロディとコード位はなんとか聞き取っても、バックのシンセパッドとかは音程が聞き取れないものも多いし、昔のロックはそもそも録音が悪くて想像で音符を埋めざるを得ないパートも多いのに。さらに、YesとかKingCrimsonの20分以上の曲のすべての楽器をコピーしてアップしている。ほんとに驚異的です。
自分で弾いているギターも相当の腕ですし、恐らくキーボードもバリバリに弾けるはずです。
サンタナの曲も10曲アップされているので、全部聞いて見てください。
CaravanseraiのSide.A通しという信じられないものに、とりあえずリンクさせて頂きます。

サンタナ評としては、
>巷のサンタナの紹介記事はサンタナは次第に宗教色を強め、Caravanserai、Welcome、Borboletta
>の3枚はジャズに傾倒し人気を落としたが、1976年のAmigosで再びラテンロックに戻り‥‥復活した
>ということになっています。
>う~む、僕はそのジャズに傾倒していた頃が好きなんですが・・・(宗教色には目をつぶります。)
>時期的にはプログレ全盛期。

このあたりは、私を含めインスト系好きな今回の一連のブログ作者さん達と、まったく共通してます。

★灰とダイアモンドと月の裏側の世界
(風呂井戸さん)
サンタナ SANTANA の衝撃(3) 「キャラバンサライ」からの新展開

今はJAZZを中心に聞かれているようですが、ペンネームからわかるようにロック、とりわけプログレ方面にも非常に詳しい方。ロックのインスト部分に魅せられた人は、プログレ経由でフュージョン、ジャズというのが正常進化形なんでしょうか。ここに書かれている風呂井戸評サンタナは、私の感想と非常に近似です。Borbolettaを高く評価しているのも興味深い。

★「熱闘」のあとでひといき
(?さん)
サンタナ&マクラフリン『至上の愛』/断絶の時代に聴く対話の奥義
(2つ目の記事です。)

次の記述には笑いました。その通りだと思いますが。
>(サンタナが)もっとも人気がなかったのは? 私的にはこの作品『不死蝶』(ポルトガル語のタイトルは “Borboretta” )をリリースした70年代中盤頃ではないかと思う。

しかし、次のようにも言っています。
>現代の感覚で聴くと違った印象を抱くことになるから面白い。
>もしかしたら、歴代のサンタナの作品の中でも最高レベルの充実した作品にすら思えてくる。
>もしもサックスがウェイン・ショーターだったら文句なしの作品になっただろう。

1973年の日本公演、行きたかったな。当時よりも今、痛切に思うよ‥‥

Caravan Sarai(1972) By Santana 絶頂期の始まり
Welcome(1973) By Santana 異色作にしてMost Favorite One
Borboretta(1974) By Santana ラテンフュージョン3部作の終り
Since 2012.9.23
プロフィール

Author:AKISSH
.
休日は、You Tubeで好きな曲を見つけて
コピーしたり、カメラ片手に旅を。
そして海外に飛び出そう。
(このブログについて)
(5th Anniversary)(その1)
(5th Anniversary)(その2;音源編)
(5th Anniversary)(その3;音源編)

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ
画面下を人々がお散歩
旅行お役立ちブログ
検索フォーム

12345678910111213141516171819202122232425262728 02