FC2ブログ

Weekend In 心は L.A.

音楽と楽器、そして海外に

 

Introduction

(この記事は常にトップに表示されています。最新の記事はこの次になります。)

Manhattan From Empire State Building, NYC 2017.8

        ↓↓↓ 目次....クリックで記事一覧 ↓↓↓
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
Songs Songs 2 .  CD  Guitar  Live  音楽夜話 機材  ビギナー料理
ジャムセッション 海外旅のススメ

-----------------------------------------------------------------------------------------------------
↓↓↓ 目次(旅行記編) ↓↓↓
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
上海・寧波 シンガポール ラスヴェガス ニュージーランド 国内旅
台湾台北  マカオ  カナダ
  サンフランシスコ マレーシア  香港
ニューヨーク   ハノイ  ブリスベーン  ヘルシンキ  シアトル
バルト三国  
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

  Hotel Bellagio in LasVegas 2011.8

音楽に目覚めてから、結局、数10年音楽から離れられない
聞くだけより、演奏したほうがもっと面白い
Guitar たまにはBass、時々Keyboard
DTMなら管のハーモニーだって作れるし、美しいGuitar は見ているだけで楽しくなる
音楽を通じて、沢山の人と知り合いになれた、ちょっぴり感謝の気持ちもこめて、
個人的な音楽に関するもろもろを書き連ねてみました

時にはポケットにカメラを忍ばせ、旅にでよう
世界には、まだまだ見たことの無いところがある
見知らぬ街を歩いてみよう
人生は勇気をもって未知の世界へ行くこと
Life is about courage and going into the unknown.


I Walk Down To The Gold Coast  2013.5

バルト三国旅行記(7)十数万人の思いが詰まった丘

向かいのバス停で帰りのバスの時間をチェックする。帰りの列車を考えると16時22分の便しかない。
あと70分。
時間があるように思えるけど、バス停から十字架の丘までは2km、つまり徒歩で片道30分かかる。
えっ!10分しか見る時間がない?

ともかく一刻も早く丘まで歩くしかない。走って行きたいところだけど3kg超のザックを背負って走るのは不可能。バスを降りたのは自分だけなので、行き止まりの1本道を1人で歩く。たまに観光バスや車が横をすっ飛ばしていく。


On The Way To Hill Of Crosses 2019.8

すれ違う人は行きも帰りもわずか数人。全力の速足で歩いていると足がつりそうに痛くなってきた。
写真をとる時間も惜しい。10秒だけ立ち止まって写真をとる。
途中の小高いカーブを越えるとかなり向こうに丘が見えてきた。


Clear Sky And The Hill 2019.8

十字架の丘近くの駐車場には、売店があって十字架を売っています。
十字架の丘は、キリスト教関係の宗教施設ではないので誰でも十字架を置けるのです。自分も十字架を1つ捧げようと思っていたのですが、売店は1本道から少し外れているので、寄っていると丘に寄る時間がなくなる。残念だけど十字架はあきらめよう。

十字架の丘に着いたのは15時31分。
同じペースで戻るとすると15時50分に出発すればバスに間に合うはず。ぎりぎり20分見られるか。


Kryžių kalnas (1) 2019.8

小さな丘にびっしりと十字架が並んでいる。買ってきたばかりのような真新しい十字架の横には、いつからあるのか木が腐食して朽ち果てた十字架が。ネックチェーンがついた5cm位の十字架もあれば、どうやって持ってきたのか高さ5mの十字架がそびえている。

この十字架の丘は、リトアニアがロシア(ソ連)に長らく占領支配される中で、独立運動などに関わった人たちがロシア(ソ連)に処刑され、その家族が遺体埋葬のかわりに鎮魂の意をこめて丘に十字架を建てたのが始まりだとか。遺体はないので墓地ではありません。


Kryžių kalnas (2) 2019.8

初めてここに十字架が建てられたのは、1831年の対ロシア11月蜂起がきっかけだったとか。
その後、苦難の末に1918年リトアニアは独立。しかし、第二次世界大戦で1941年にナチスドイツに占領され、終戦直前の1944年から今度はソ連に占領支配されてしまった。

ロシアとリトアニアでは、大人と子供というより虎とひよこみたいなものなので、独立運動はあくまで水面下でひっそりと続きました。当時のソ連は、プラハの人々を戦車で蹂躙したような国でしたから、独立運動を計画しているということが察知されれば、次々と処刑されていったはず。非暴力で抵抗する方針だとかではなく、暴力で立ち向かうことがまったく不可能だったというのが真実でしょう。


Kryžių kalnas (3) 2019.8

支配下の中で丘が作られていったのですが、当然、ロシアはそんな不服従のシンボルなど認めるわけがない。数度に渡ってブルドーザーで破壊しつくしたのだとか。それでもリトアニアの人々は十字架を立て続け、ロシアも最後には破壊を諦めた。
独立を勝ちとった今は、一説には10万本とも20万本ともいわれています

独立を願いつつ肉親が処刑された家族、いつの日か自分たちの国を持ちたいと思ったリトアニアの人々が、いったいどんな気持ちで十字架を立てたのか。それも大昔ではなく、自分が社会人となった後のつい最近の出来事。たとえ歴史にそれほど興味が無くても、この歴史を知って現地に立てば、必ず感じるものがあるでしょう。

※どういう経緯をたどって独立したのか?興味ある方は調べてみて下さい。まさに苦難の道でした。また、上の文はリトアニア側から見た書き方になっていますが、現実は、リトアニア=善、ロシア=悪という程単純ではありません。歴史は常に両側から見る必要があります。


GOENDAMA 2019.8

この十字架の丘に自分の1本を加えたかったのだけど、しょうがない。
途中で拾った木の枝を、丘の裏手の十字架の横に刺した。気持ちはこれが十字架の代わり。
ふと思いついた。海外の旅の時は、ささやかなプレゼント用にいつも五円玉を持ってきています。穴の開いた硬貨は世界でも珍しいらしいので。でも、今までプレゼントする機会もありませんでした。
その五円玉を丘の上にある岩の上に置いた。誰かが置いた十字架の横に。


I have to get back now. 2019.8

15時50分。もう出発しないとバスに間に合わない。
時間がないのに何度も1本道を振り返り、十字架の丘を目に焼き付ける。

悲しい物語と対照的な、どこまでも透明な青空がやけに印象的。
十数万人の命をかけた思いが詰まった丘、凄いとしか言いようがなかった。

たった20分しかいることはできなかったけど、ここを歩けて本当によかった‥‥

バルト三国旅行記(6)シャウレイ十字架の丘、苦難の道

2日目は、いきなりメインイベントの「十字架の丘」。
行き方は日本で徹底的に調べてきました。ゆったりした朝食のあと、朝日に照らされた街をぶらぶら散歩し、ビリュニス駅の切符売り場に並ぶ。私の前には旅行者らしき一人のおじさん(イタリア人か?)。

突然、おじさんが声を上げる。どうも買いたい切符が売り切れらしく何やら英語で聞いている。
しかし体重90kgはありそうな駅員のおばさんは一言も英語を話さず「ニエット」(ロシア語で NO)しか答えない。その次の列車の切符はあるのかと聞いているが、ともかく「ニエット」。
最後にぶち切れたおじさんが「この駅には英語を話す人はいないのか!」と大声で怒鳴るが、「ニエット」に加えて手のひらで立ち去れのジェスチャー。おじさんは捨て台詞を残して立ち去った。

自分の番になる前に、最悪の状況だということはほぼ認識できた。
ビリュニス駅は首都ビリュニスの最大の駅だが、旅行者が乗る路線など1本しか無いからだ。
「Siauliai a.m.9:50」 と筆談帖をみせるとやはりニエット。こうなったらバスしかない。
隣のバスターミナルに走る。


Vilnius Bus Terminal 2019.8

ちなみに、リトアニアでは、鉄道とバスが平行して走っている場合、

①鉄道の方がずっと早く目的地に着く。(シャウレイまで鉄道2時間、バス3時間30分)
②列車はなぜか最新型で中は非常に綺麗。(バスはそれなり。)
③チケットは「鉄道」の方が安い!(シャウレイまで鉄道11.6E、バス16.2E)

という不思議3拍子。
従って必ず鉄道が先に売り切れ、その後でバスチケットが売れるということらしい。
それだったら鉄道を高くすればいいじゃないか、と叫ぼうがわめこうがここは日本ではない。

(Tips9)鉄道とバスが同じ路線の場合は必ず鉄道で行くこと。比較する必要無し。

当然、鉄道は全席指定席ですぐに売り切れる。(バスも全席指定ですが。)
なぜ前日に鉄道チケットを買わなかったのか。これは完全に自分が悪い。

ともかくシャウレイ行き9時50分発のバスチケットはなんとか買えた。
バス路線図を見ると、お隣の国、ラトビアやポーランドまでの路線も結構ある。
「隣の国に飛行機で行くなんて金持ちだけだよ。」そんな声が聞こえてきそうだ。


I want to ride on the 9:50 bus. 2019.8

サンドイッチをコンビニで調達後、4列シートの大型バスは定刻に発車。シャウレイまでは200km強、東京-長野の距離。シャウレイでの乗り換え時間の余裕はないけど、同じバスターミナルなのでなんとかなるか。

海外旅好きの方のアンケートで、「旅の中で好きな時間は?」の問に、結構な人が「移動の時間」と答えていたことを思い出した。自分と同じ人もいるんだ。パックツアーでは移動の時間など必要悪でしかないけど、一人旅だと、長距離移動は数少ないほっとする時間。
街を離れるとすぐに大平原の1本道、道路もがらがら。民家など、たまにしか見えない。
隣の家まで何kmもあるような家、いったいどんな人が住んでいるのだろうと考えるのも楽しい。
もう一生この道を通ることはないだろうな、と自分の心と会話が始まる。

2/3の地点の Panevezysでちょうど2時間経過、11時50分。予定より早く13時頃には着きそうだ。
さて、お昼はどこで食べようか。


Wide Vast Plain 2019.8

お昼を楽しみにしていたのはここまでだった。
それまでは50kmに1か所程度の停車だったのが、行程の2/3を過ぎたころから10kmに1か所と急に止まる頻度が多くなった。バス停での乗り降りはどこも1、2人だけど、時速70kmで順調に走っているバスがバス停で停車すれば1箇所で3分近くロスになる。シャウレイからは13時30分発のDomantai(ドマンタイ)行きのバスに乗る予定。これに乗れないと次は1時間以上先になってしまう。まさか間に合わないことはないよなと思いつつ、万一のため最短時間で乗り換えるため脳内シュミレーションを始める。

まず昼食はあきらめよう、現地で持ってきたサンドイッチを食べればいいさ。
バスターミナルでチケットを買う時間が無いかも。それならチケットなしで飛び乗るか。
東南アジアなら文句なくそうするところだけど、リトアニアの流儀がわからない。
バス料金は0.9ユーロ。チケットが無い人は乗れないと拒否されたら、最悪、10ユーロ札を出して買収しよう。東南アジアなら間違いなく公営バスの運ちゃんでも買収できるはずだが、、、

時間は無情に過ぎてゆく。まるでトイレを我慢できなくて、バス内で冷や汗をたらすような時間が。
次のバス停で降りる人がいないようにと何度も念じるが、1人、1人と降りていく。
あの丘の先に見えている市街地が多分シャウレイのはずだ。あと5km。
このままノンストップでシャウレイに入れば、ぎりぎり13時半のバスに飛び乗れるはず。


Siauliai Bus Terminal   2019.8

そう思った瞬間バスは道を外れ、ショッピングセンターのバス停に向かった。もう駄目だ。
シャウレイのバスターミナルに着いたのは、バス発車時刻の3分過ぎ、13時33分でした。

と、乗るはずのバスと、バスターミナルの出入口ですれ違う。それも真横で。(泣)
お客がほぼ満員だったので、出発が少し遅れたようだ!
くしょー、ここがインドだったら、こっちのバスから向こうのバスに飛び乗ったのに。
今でも向こうのバスの運転手の顔をよく覚えているくらいショックな瞬間。

結局1時間以上待つしかない。帰りは何としても鉄道で帰りたいので、帰りの切符を買っておこう。
シャウレイはバスターミナルと鉄道駅が7分離れているので、とぼとぼ歩く。
帰りの列車は18時が丁度いいはず、と売り場に行くと再び売り切れのお告げ。
しょうがないので1時間後の19時の列車にする。ビリュニスへの最終便だ。

どっと気が抜けて、持ってきたサンドイッチとジュースを跨線橋に座って食べる。
バスターミナルは結構人がいるけど、一歩街にでるとたまに人が歩いているくらいの街。

結局、次の14時45分発のバスで出発。この路線に乗るのはほとんど旅行者と書いてあったけど、地元のおばさんばかりで旅行者は見当たらない。旅行者は皆、1時間前のバスで行ったようです。


Domantai Bus Stop 2019.8

十字架の丘の最寄りのバス停 Domantai(ドマンタイ)までは12km、約15分。もう何も問題はないはずだが、そこからさらに十字架の丘まで歩くことを考えると残り時間は少ない。
十字架の丘に着いたら丘の上でボーっと陽が傾くまで座っていたい、という旅の目的はかなえられそうにない。ともかく一刻も早く着いてくれと念じつつ、バス最前列に乗り進行方向を睨む。

(Tips10)マーフィーの法則「最悪のことは最悪の時に起こる。」

順調に走るバスの前にパトカーが回り込んだかと思うと、バスが止められ警官がいきなり乗り込んできた。スピード違反で捕まるほどスピードは出していなかったはず。そもそもスピードが出せるようなバスではないし。その顔からみて重大事件ではなさそうだが。
証明書を見せろというようなやり取り(想像ですが)で、運転手が証明書を提示。
運行証明書のようなもので、違法バスではないということを確認したのか?
しかし車種にしても乗客のおばちゃんをみても、どうみてももぐりのバスには見えないでしょ。

何事も無く警官はパトカーに戻る。とそれまでニコニコしていた運転手が、チッ!!と大きく舌打ち。
なるほど外国によくある、意味のない警察権力の誇示か。これで、さらに10分近く無駄になる。(大泣)

Domantai(ドマンタイ)のバス停に着いたのは15時10分。
ホテル出発6時間10分後‥‥‥


Domantai Bus Timetable (Bound For Siauliai) 2019.8

The First Circle(1984) By Pat Metheny(1) 20世紀のストラビンスキー

(下の動画を聞きながら、お読みください。)
Pat Methenyを好きな理由を、言葉で説明するのも意味がないのですが、一言でいえば過去の音楽の再現に少しもこだわっていないから。私はメセニーは「ジャズギター」とすること自体無理があると思っています。電気楽器を使ってボーカルがはいっていないからとりあえずジャズと分類されているだけで。

ふとクラシックを思い出した。
自分が一番好きなオーケストラ曲は、圧倒的にストラビンスキーの3部作「火の鳥」「ペトリューシュカ」「春の祭典」。好きすぎて3曲ともオーケストラスコアを買ってきて、ずっとスコアと一緒に聞いていました。結局3曲ともオーケストラメロディーを通しで歌えるようになってしまった。100年前の曲ですが、現在ですらそこらのプログレッシブなジャズやロックより先進的な音楽だと思います。


Cherry Blossoms 1 (北浅羽桜堤公園) 2020.3

The First Circleを初めて聞いた時の興奮は、ストラビンスキー3部作を聞いた時と同じでした。しいてこじつけるなら、PMGの最初のアルバムの「San Lorenzo」は、3部作の中でも後期ロマン派の香りが残っている優雅な「火の鳥」に、First Circleはストラビンスキーが本領を発揮した「春の祭典」ではないかと。余りに先進的すぎて当時の音楽愛好家には理解されなかったとしても。
(First Circleは、発表時点から大人気でしたが。)

First Circleは、春の祭典をイメージする部分?がいきなり登場する。
この曲を今初めて聞いたよという方は、譜面を見る前に、下の動画でイントロ手拍子をコピーしてみて下さい。
私は、最初、
FirstCircle誤_
と考えたのですが、カウントしていくとどうもすっきりしない。(↑誤りバージョン)

4分の11拍子であることは間違いないけど、(正確には8分音符を1単位とした22拍子だと思います。MuseScoreの関係で譜面の表示になっています。)そもそも規則性が感じられない。
いったいどうなっているのか?

と、ある日突然閃いた。これもしかしてベートーヴェンの「運命」なのでは?
この話は有名なので、クラシックファンでなくとも知っているかも知れません。
運命の例のフレーズは、実は頭に休符が入っています。つまり、
ジャジャジャジャーン、ではなくて、
ンジャジャジャジャーン、なんですね。

それでもう一度譜面に落としたものがこれ。
FirstCircleIntro正

MuseScoreの記譜ルールで見ると今一わかり難いのですが、
ンタタの8分×3と、ンタの8分×2の2種類と考えると、

|ンタタ ンタ ンタタ ンタ ンタ | ンタタ ンタタ ンタ ンタ |

これを思いつくまでかなりかかりました。

なんと90年代のメセニーのライブでは、イントロで観客の過半がこの手拍子を一糸乱れずたたき、メセニーが「ここまでやってくれたのは日本のライブだけだ」と言ったとか。その頃は実生活が忙しくて、ライブに行けなかったので全然知りませんでしが。
一糸乱れずと聞くと、昔のディスコステップか!と突っ込みも入れたくなりますが、いかにも日本の観客らしい(微笑ましい)エピソードとしておきましょう。こんなエピソードが残るのも、この曲が Phase Danceと並んでメセニーのライブに無くてはならない曲だからでしょう。


Cherry Blossoms 2 (北浅羽桜堤公園) 2020.3

この8分の22拍子と16Beatを行ったり来たりしながら曲が進むのですが、変拍子のテクニカルな曲という感じが全然しない。むしろリリカルなメロディが心にしみわたる美しい曲です。
ちなみに、この曲はメセニーのギターソロが1か所もありません。しかし最初のアルペジオからギターの存在感もあり、間違いなく彼の代表作。早弾きで弾きまくることが凄いギタリストであり名曲だ、と勘違いしている人にこそ聞いてもらいたいです。

さて、この曲は、そんじょそこらの腕ではコピーすら出来ないため、他の人がカバーしているのをほとんど聞いたことはありません。最近のYouTubeでは、1人多重録音が多いようですが、これはコピーできる人を4、5人集めるのがいかに難しいかということだと思います。数少ない日本人のカバーで、ノックアウトされたものをご紹介します。


Gt.北川翔也、Bs小栢伸五、key中野沙紀、Dr安倍弘樹、Vo新津吉太郎 2018.5

このメンバーが中心になって、 Pat Metheny Tribute Bandをつくってあちこちで演奏していました。
ギターの北川君は、早稲田大政経在籍中からあちこちで活躍していた若手ぴか一のギタリスト。
実は卒業後も活躍しているのですが、その話はまた別の回に書きます。
ベースの小栢君も北川君とずっと活動している腕利き。最初の合わせフレーズを外したミスはありましたが、6:50からの最後の山場でのベースラインが、原曲のコピーでない少しプログレッシブロック的なフレーズのところなどいいね。ベースの音量がたっぷりなのも良いよ。
キーボードの中野嬢はクラシック出身なのか、音の粒だちがとても綺麗。

北川君は今、若手で一番注目しているギタリストです。スクエアの安藤まさひろ氏を、まだスクエアを結成する前に聞いてぶっ飛んだ(明大の学園祭だったか?)、なんだかその時のことを思い出しました。

今、ストラビンスキーがThe First Circle を聞いたら、ライバルが現れたと思うのでは‥‥‥

Since 2012.9.23
プロフィール

Author:AKISSH
.
You Tubeで好きな曲を見つけコピーしたり、
地図とカメラ片手に旅を。
世界中の街を歩いてみたいな。
(このブログについて)
(5th Anniversary)(その1)
(5th Anniversary)(その2;音源編)
(5th Anniversary)(その3;音源編)
100,000Hit記念(音源編その3)

打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
画面下を人々がお散歩
筆者へ連絡(非公開です)

名前:
メール:
件名:
本文:

旅行お役立ちブログ
検索フォーム

123456789101112131415161718192021222324252627282930 04