Weekend In 心は L.A.

音楽と楽器、そして時々海外に

 

Introduction

(この記事は常にトップに表示されています。最新の記事はこの次になります。)

One World Trade Center From Empire State Building 2017.8

        ↓↓↓ 目次....クリックで記事一覧 ↓↓↓
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
Songs Songs 2 .  CD  Guitar  Live  音楽夜話 機材  ビギナー料理
ジャムセッション

----------------------------------------------------------------------------------------------------- ↓↓↓ 目次(旅行記編) ↓↓↓
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
上海・寧波 シンガポール ラスヴェガス ニュージーランド 国内旅
台湾台北  マカオ  カナダ
  サンフランシスコ  マレーシア   香港  ニューヨーク
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

  Hotel Bellagio in LasVegas 2011.8

音楽に目覚めてから、結局、数10年音楽から離れられない
聞くだけより、演奏したほうがもっと面白い
Guitar たまにはBass、時々Keyboard
DTMなら管のハーモニーだって作れるし、美しいGuitar は見ているだけで楽しくなる

音楽を通じて、沢山の人と知り合いになれた、ちょっぴり感謝の気持ちもこめて、
個人的な音楽に関するもろもろを書き連ねてみました

時にはポケットにカメラを忍ばせ、旅にでよう
世界には、まだまだ見たこと無いところがある、
見知らぬ街を歩いてみよう
人生は勇気をもって未知の世界へ行くこと
Life is about courage and going into the unknown.


I Walk Down To The Gold Coast  2013.5

世界の中心ニューヨーク旅行記(3)自然史博物館でNew York City Passを引き換える

1晩ぐっすり寝て、カーテンを開ける。3階の部屋からみるNewYorkの街並みが、現実なのか夢なのか。NewYorkにいること自体が不思議な気がする。

ホテルから最寄りの地下鉄ユニオンスクエア駅まで、歩いて2分と非常に便利。
U.S.では、夜遅くなってホテルに戻る時が要注意。夜どれだけ周囲に人気があるかわからないので、夜に10分以上も歩くのは絶対避けるべき。駅から近く人気のある道を通って帰れるホテル。これはホテル選択での最優先事項でした。
さらにこのユニオンスクエア駅、N,Q,R線、4,5,6線、L線という3つの線の結節点で、東京でいえば飯田橋のような、どこに向かうにも交通至便な駅です。立地重視のホテル選びは大成功でした。


Union Square Station  2017.8

ホテル発9時、日曜日の朝なので、階段を下りるとまだ人が少ない。
地下鉄は、プリペイド式のメトロカードを自動販売機で買うシステム。最近はどこの国でもこうなってます。自動販売機で購入時に、貴方の家のPost Code(郵便番号)を入力して下さいと出るのですが、ここは何を入れてもいいとわかっていたので難なくクリアー。最近は、旅行者ブログで、写真つきで説明を載せてくれる方もいるので、事前に調べておくと本当に便利です。私のこのブログも、NewYorkに行く方に何か役にたてばいいのですが。

(Tips 4)7日間、地下鉄と普通バスが乗り放題になるメトロカードが $31 (2017.8)

カードを改札のカードリーダーに読み取らせて入ろうとすると、「ビー」とエラーが出る。しかし慌てなかった。この程度は予習済だ。「このカードリーダーは読み取り精度が悪く、初めての人はなかなかクリアー出来ないけど慌てるな。」とのブログを読んできたのだ。カードの長辺をスライドさせるのですが、スライドスピードが速すぎると読み込めないらしいので、ゆっくり滑らせる。


The Ticket Gate (The 42th St. Station) 2017.8

「ビー」再びエラーだ。おかしいな。何度トライしてもクリアーできずに焦り始めると、ニューヨークっ子が集まってきた。

日本でもこういう状況になると焦ってくるものだが、ましてやNewYorkのど真ん中。伴侶は、隣の改札を1発でクリアーして、向こう側でニヤニヤ待っている。他人事だと思っているようだ。
そのうち、集まってきたニューヨークっ子が、私に向かって「Quick,Quick !」と叫ぶ。中には、自分のカードを持って、この位のスピードだと身振りをつけて動かしてくれる人まで出てきた。

そうか、滑らせるスピードが遅いのか。えいっと思いっきり滑らせると、青ランプが付くと同時にゲートが開いた。ゲートをくぐって思わず「I Get It, Thank You」と大声でお礼を叫んでしまった。集まった人たちは、Wellcome, Good Job と言いながらそれぞれの方向に去っていく。New York最初の朝から、いきなりやらかしました。でもニューヨークっ子が好きになったよ。

(Tips 5)出国前にブログで予習もいいけど、最後に頼りになるのは現地の人だ。


The Entrance of American Museum of Natural History     2017.8

最初の目的地は自然史博物館。81st St. Museum of Natural History駅で下車する。自然史博物館、と言ってピントこなければ、映画ナイトミュージアムの舞台となった博物館です。マンハッタン島は山手線より若干小さい位のエリアに縦横にメトロが走っているので、どこに行くにも20分位でOKです。車が無くても何の問題もない、U.S.でも珍しい都市でしょう。


Two Barosauruses welcomed us. 2017.8

10時のオープンと同時に大階段を上って正面玄関を入ると、高さ20m位の大吹き抜けに2匹の恐竜がお出迎え。バロサウルスという頭の先が見え無い位のっぽ恐竜です。ここは、世界最大の規模の恐竜化石が収蔵されている博物館。開館直後に入ったのですが、日曜日ということもあって、子供連れ、家族連れであっという間にチケットブースが埋まっていく。


New York City Pass 2017.8

ここで秘密兵器、New York City Pass の登場です。これは、大人1名122$で、

1:エンパイア ステートビル
2:アメリカ自然史博物館
3:メトロポリタン美術館
4:トップ オブ ザ ロック 又はグッゲンハイム美術館
5:自由の女神フェリー 又はサークルライン観光クルーズ
6:9/11 メモリアル美術館 又はイントレピッド海上航空宇宙博物館

の6つの入場券が冊子セットになっているもの。9日間有効で、個別に買うより40%ディスカウントされている超お得なセット。さらに、もう一つのアドバンテージとして、このパスを持っていると、チケットブースの列に並ばずに、提示するだけでそのまま入場できます。これは夏の観光シーズンに大変有効でした。
日本からWeb上、カード決裁で買えるので、その際の引き換えレシートを持って行って、最初に訪れるチケットブースで見せると、この冊子をもらえるシステムになっています。(一番最初の1回だけは、並ばなくてはいけません。)

ちなみに、4,5,6は選択式でどちらかを選べることになっているので、私たちは、サークルライン観光クルーズと9/11 メモリアル美術館を選択。(トップ オブ ザ ロックとグッゲンハイム美術館はどうしても時間が取れずに入れませんでした。なんとか前までは行きましたが。)4か所行けば元はとれますが、どれも大変人気がある観光地でチケットの行列がすごいので、時間の節約の効果の方が嬉しかったです。

(Tips 5)初めてNew Yorkに行くなら、New York City Pass を絶対に買うべき。


Tyrannosaurus 2017.8

4階の恐竜フロアは凄かった。本物の迫力というか、このティラノサウルスの写真は何度も見たことがあったけど、本物はやはり全然違う。こんなのが地球上を我が物顔で歩きまわっていたなんて。


Wahoooh ! 2017.8

これは、部屋(といっても体育館の半分以上はある。)に入りきれなくて頭が廊下に飛び出している恐竜 Titanosaurs。通ると人が全員見上げている。いったい何mあるのか。
子供に一番人気のトリケラトプスも。このあたりの恐竜は骨格を見ただけで名前がわかるな。


Triceratops 2017.8

その他にも、魚竜や、プテラノドン、亀竜、マンモス、サーベルタイガー‥‥、子供の頃に図鑑で見た恐竜の本物が目の前にいる。大人が見ても楽しいのだから、子供と一緒にこれたらこんなワクワクする博物館は無いだろうな。New Yorkでも一番人気の博物館だというのもうなずけました。

また、別の階には宇宙のフロアがあって、そこには本物の隕石が置いてあって触れるとか、1時間おきに大スケールのプラネタリウムがあって観客の歓声がすごいとかで(希望すれば、入場の時に、何時の回、と予約がとれます。)、こちらも見たかった。全部見た人によると、恐竜フロアと宇宙フロアは絶対に見逃せない、1日かかってやっと全部見れたよ、とのことでした。


Here there and everywhere, Dinosaures. 2017.8

ぐっと我慢して4階の恐竜フロアだけを見て、出口に降りる。今回のNew York旅行は、見たいところが山ほどあって1週間ではとても見きれず、涙を呑んで諦めたところがいくつもありました。
ここは○時に入って△時に出発。○○駅から××線で次に向かうと、時間を最大限有効活用するプランを立てていたのですが、最初から20分のディレイ。この程度なら誤差の範囲か。

ルーズベルト大統領像の出口をくぐると、目の前のセントラルパークが緑で溢れている。
さあ、メトロ駅に向かおう‥‥‥

ブラザー DCP-J973N 2018年インクジェットプリンター選び

(2018年6月7日に、アクセスが77,777になりました。お立ち寄りありがとうございます。)

長年使っていたプリンター、キャノンのIP-4300の調子がおかしくなりました。
初めて純正以外のインクを使った時期から、おかしくなったような気が。色味がだんだんおかしくなってきたということは、プリンターヘッドでインクが混ざったことが原因なのか?

ネットを調べると、長年使っているとインクの通る管がつまってくるとか、プリンターヘッドを徹底的に清掃するといいとか、色々書いてある。歳とって血管が詰まりやすくなって、動脈硬化を起こしたようなものか。プリンターヘッドをはずしてのお湯洗浄とか、洗浄液を買ってきてスポイトで垂らしたり、半ば疑問に感じつつもだめもとで試みる。
結果、少し色合いがすっきりするが、大勢に影響無。経験談では、成功率は5分5分位なのでしょうがないか。むしろ7年間無事にお勤めしたのは、かなり上出来だということもわかってきた。写真が綺麗にプリントできなくなったが、ほとんど白黒文書の印刷に使っているので諦めて使い続ける。


プリンターヘッドを洗浄する

2か月後に黒インクが突然出なくなった。黒インクは純正しか使用していないのに。かすれならヘッドクリーニングで対処出来るが、完全に出なくなったということは、もう寿命なのか?写真の印刷ならコンビニでも出来るけど、最近は市役所の申請用紙等はネットからダウンロードして印刷し、証拠書類を添付して郵送でのみ受け付け可だったりするので、さすがに日常生活に支障をきたし始めました。

プリンターなんて高いものではないし(インクはべらぼうに高いが)、買い換えるかと検討を始めたところでつまづいた。要求仕様は以下のとおり。

①インクのランニングコストはほとんど犯罪なみだ。消費者庁から勧告を出して欲しい。7色インクで1セット7500円、2セット買うと本体より高いなんて、怒りを通り越して笑うしかない。3色+黒インク以外は絶対却下。

②使用の8割は黒白文書印刷なので、写真のクオリティなんてこだわらない。安価で小さいものでいい。私にとってプリンターは、スーパーの買い物に使うだけの車だから軽自動車で十分というのと同じです。

③コピーは、結構使う。一番よく使うのは、海外旅行の準備で、ガイドブックを何冊も持っていく訳にいかないので、関係部分をコピーする時。コンビニコピーは手間がかかるし1枚10円もばからしい。

④実はCD-ROMのラベル印刷が出来ないと困る。海外旅行の写真と動画はDVDやBlueRayに焼き付けて本棚に並べてあって、時々過去のものを見返したりしている。Liveの音源もCD-Rで保管しているし。年賀状をほとんど印刷しない代わりにCD-ROMのラベル印刷をするというのも余り聞かないが、事実そうなんです。


洗浄液を注入

価格コムなりアマゾンで探すと、はたと困った。
①と②はすぐにクリアー。一時はやった7色インクで写真が美しいよ、なんて機種は明らかに減っている。インク代という名目で、ぼられているだけだということに皆気づいたのだ。そもそも各社、機種ラインナップがかなり減っている。プリンターで印刷することが減ったからに違いない。飛行機のeチケットも、昔はプリントしてたけど、今はスマホの2次元バーコードでタッチだもの。

問題は、①②を満たす機種はコピーもCD-ROMのラベル印刷も出来ない。コピーとCD-ROMのラベル印刷が出来るものは、最上級機種で7色印刷、高価でやたらでかい。とアンビバレントな状況。

すると、あるブログで読んだ記憶がよみがえってきた。
プリンターの東西の横綱、C社とE社のものは、廃インクが段々たまっていくような作りになっていて、一定使用すると必ず駄目になると。この件の真偽はわかりませんが、そうだと書いてある複数のブログを発見、おまけに上記の矛盾したラインナップ。そのブログにブラザー製がいいのではないか?と書いてあったのを思い出してHPをチェック。


ブラザー  DCP-J973N

ありました、ありました。ブラザー社のDCP-J973N 。
上にあげた条件をクリアーし、本体は実売1万3千円、インクは4色で1700円とかなり安価。
速攻、ビックカメラComで購入。使った印象を簡単に。

[良かった点]
①今までのプリンターより少し小さく、今までの置き場所にすっぽり入る。

②白黒文書印刷は、当然何の問題も無し。少し印刷時の音が大きいけど、隣で家族が寝ているということでもなければ問題ないでしょう。

③コピーは快適。以前は子供のC社複合機を借りていたけど、同様のクオリティです。

④(まだ経験していませんが)ランニングコストがかなり安価

[やや劣る点]
①カラー印刷は、前機種のC社、IP-4300よりややクオリティが低い。並べてみないとわからないけど、以前のプリンターの良さが改めて感じられます。パッと見、普通に印刷出来ればという私のニーズ的には何の問題も無し。

②CD-ROMのラベル印刷が出来て良かった。ただし、色味はカラー印刷同様、ややクオリティ低下。おまけにラベル印刷の付属アプリが結構使いにくい。7年前の機種のアプリよりレベルが低いというのは相当でしょう。2月に1枚程度の印刷だから我慢の範囲ですが。また、印刷時に後ろに12cm位の空間が必要なので、置き方が限定されている場合は要注意。

③前面の液晶タッチパネル。今風の感じにしたかったのでしょうが、特段の効果なし。特にコピーの時に拡大縮小をしようとすると、小さな液晶を何度も操作する必要がある。私は机の上に乗せているので問題ありませんが、足元に置いて使う場合は操作し難いでしょう。(普通のプリントの場合は操作の必要無で問題無。)

1言でいって、7年前のプリンターより退化している感じでした。原因はプリンター市場が縮小して、開発費をかけてないからでしょう。そのうち普通に使えるインクジェットプリンターがなくなる気もします。

そういえば、スマホからWifiで飛ばしてプリントできるのだとか。
まだやったことないけど、時代は変わったな‥‥‥

世界の中心ニューヨーク旅行記(2)バスタブ付きの部屋はありません

JFK空港第7ターミナルに16時半に到着。U.S.A.の表玄関、JFK空港は馬鹿でかいかと思うと全く逆。
羽田の国際線のような小ぶりな空港。
というのも、JFK空港はちょっと変わったつくりで、滑走路1、2本に到着ビルという単位のターミナルが1~9まで円形に位置しています。(今は第3,6,9ターミナルは閉鎖。)それぞれは独立していて、まるで1つの空港のよう。他のターミナルに行くには車かモノレールに乗らないと行けない。このため、到着すると小さな空港(といっても羽田国際線位)に着いたなという感じになります。
今回の第7ターミナルはその中でも小型なので、東南アジアの端が霞んで見えない位の超巨大空港になれていると、拍子抜けです。移動とイミグレに時間がとられず、むしろ実用的ですが。


Yellow Cab (When we were getting off) 2017.8

海外旅行で、一番犯罪にあいやすい場所は到着時の空港。New Yorkでも、白タクが必ず寄ってきて、これに乗ると途中で降ろされて$500とられたとか色々な経験談がある。イミグレを抜けるとさっそく来たよ白タクが、ぞろぞろと。「New York City,OK?」「Midtown,Please!」もちろん完全無視。JFK空港では、玄関のすぐ外にあるタクシー乗り場からイエローキャブに乗れば問題ないことも予習済み。

無事イエローキャブに乗ると、今度はドライバーが妙な言葉を発している。ドライバーを見ると、ターバンを巻いた純粋インド人。よーく聞くと英語を話しているようだ。行き先を言うと片手を上げる。
英語は通じるようだ、よかった。
ご参考まで、New Yorkでは、場所を言う時は、固有名詞を行っても無駄で、必ず東西に通るStreet ナンバーと南北に通るAvenue ナンバーを言うルールになっています。今回のホテルであれば、
「I'd like to go to 13th Street, Fourth Avenue, (Hyatt Union Square) Hotel, please.」と。

(Tips 3)New Yorkでの場所指定は、常に Street ナンバーとAvenue ナンバーを言う。


Now, Bound For Manhattan Island 2017.8

写真はJFK空港からマンハッタン島へ入るところ。フリーウェイをぶっ飛ばすインド人運転手の車内からなのでロークオリティ写真ですが、色々な映画にも出てくる、NewYork入り口としての超有名なアングル。ついにこの景色が見られたよ。
そういえば、NHK傑作英語講座「チャロ」の第1話も、このシーンから始まったっけ。


The Hotel Entrance 2017.8

小一時間でホテルHyatt Union Square New Yorkに到着、ちょうど夕方の6時。
Union Square Parkから道1本のこのホテルは、マンハッタン島のほぼ中心に位置しています。
今回のホテル選びは結構手間がかかりましたが、これはまた別の機会に書く予定です。
178室の小ぶりなホテル。巨大なホテルは、雰囲気が団体用という感じだったり、レセプションカウンターがいつも混雑していて余り好きではありません。ロビーもレセプションカウンターも小ぶりですが、最近リニューアルしたばかりということで、新しく非常に心地よい雰囲気でした。


Room 305 2017.8

部屋に入ると、「お風呂付の部屋を予約したって言っていたけど、お風呂無いんじゃない?」と伴侶。
そんな訳はないと部屋を見て回るが、どう探してもシャワーだけだ。外国行ったらそこの習慣を受け入れるというのが私のポリシーだが、お風呂だけはなぜか譲れない。うちの旅行は、ともかく朝から晩まで歩きまわるアクティブ旅行なので、途中で疲れを取るために、原則1日2回お風呂でゆっくりすることにしているからです。お風呂があったのもこのホテルを選んだ理由なのに。
ハハーン、アメリカのことだから、予約内容もロクに見ず部屋を割り振ったな。

「受付に行って、部屋を代えてもらうよ。」と、速攻でカウンターに向う。
事情を話して、部屋を代えてくれませんかとお願いすると、
身長190cm、体重100kgはありそうな黒人のホテルマンが、ニヤリと笑いつつ、
「There is NO room with bathtub in this hotel.」
(このホテルには、お風呂付きの部屋はありません。)

駄目だと言われたなら交渉の余地もあるが、そんな部屋はありませんではどうしようもない。
がっかりして部屋にもどると「また、貴方のいつもの勘違いじゃないの?」と伴侶。
いや、ここだけはこだわって選んだのだから間違いないはずと、帰ってから調べると、やはりまったくの自分の勘違いでした。まあ、こんなこともあるさ。

(教訓 その4)U.S.A.とヨーロッパは、バスダブは最初から無いものと思え。


In The Evening, Union Square Park 2017.8

New Yorkは、8月でも一番暑い時の軽井沢位の気候で、昼間は暑くて半袖なのですが、湿度も低く、夜になればむっとするような感じは全然ありません。結果的にはシャワーだけでも過ごせましたが。


Samba Band ? 2017.8

さっそく夕食のために外出。土曜日の夕方なので、Union Square Parkには沢山の人が。
公園の入り口の広場(ここも沢山の映画で使われているところ。)に行くと、バンドが演奏している。
トロンボーンとマーチングチューバというのか、巨大ブラスと打楽器の演奏はサンバっぽいテイスト。
New Yorkで、こんなシーンを見かけるだろうなとずっと思っていたことが、早速目の前に現れた。



1曲聴いてから食事に向おうかと足を止めると、私の横を通りがかった黒人が、自分のデイパックを下に置くやいなや、音楽に合わせて踊りだした。
踊るといっても、リズムに合わせてステップを踏むだけなのに、そのステップがもう上手い。バンドを撮ろうかと思って出したカメラで、思わず撮ってしまった。これがただの通りがかりの人だものな。
このステップに、さっそくNew Yorkを感じてしまいました。


We Finally Had Seats In The ABC Kitchen. 2017.8

旅行の初日は、何時にホテルに到着できるかわからないので、夕食の予約がどうしても入れられない。
ということで、Union Square Parkの向かい側にある、ABCキッチンに向う。大きそうな店だから、なんとかなるだろうと。

なんとかならなかった。
ABCキッチンは、土曜の夜の8時とあって既に満席。そりゃそうだよな。店員から「予約無シナラ40分ハ待ツト思ウヨ」と言われる。さすがに空腹で40分はきついので、ディナーテーブルで無くてもいい、カウンターでもというと、カウンターコーナーに連れて行ってくれたけど、そこも1席しか空いてない。お店を変えないと無理かと諦めかけると、「友達ガオクレテイルカラ、ココノイス、ツカイナヨ」
と飲んでいるグループが呼びかけてくれた。

Thanks a lot. 幸先がよさそうだ、今回の旅は‥‥‥


The 17th Street By The Union Square Park 2017.8
Since 2012.9.23
プロフィール

Author:AKISSH
.
休日は、You Tubeで好きな曲を見つけて
コピーしたり、カメラ片手に旅を。
世界中を歩いてみたいよ。
(このブログについて)
(5th Anniversary)(その1)
(5th Anniversary)(その2;音源編)
(5th Anniversary)(その3;音源編)

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ
画面下を人々がお散歩
旅行お役立ちブログ
検索フォーム

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06