FC2ブログ

Weekend In 心は L.A.

音楽と楽器、そして海外に

 

混沌の Hanoi 旅行記(16)大笑い、、、だけど胸いっぱいのハノイ

ホテルの立地選択については、
混沌の Hanoi 旅行記(12)これ1枚でわかる、ハノイ中心部マップ
で書いたので、ホテル選びでもう一つ注意を。

ベトナムのホテルは、窓無しの部屋があります。(日本では法律上、不可能)すごく安い部屋だな、と慌ててて予約をして窓無しの部屋に泊まらないよう気をつけてください。1日中、電気を付けないと真っ暗な部屋になります。窓付きでも十分安いですから。
今回宿泊した「Silk Queen Hotel」は7,000円/泊;朝食付き税込み。日本のビジネスホテルより1回り広く清潔でした。朝食付きで1泊1万円なら、かなり高級だと思って下さい。


My Room, Silk Queen Hotel 2017.12

今回のSilk Queen Hotelもよかったですが、ずばりお勧めの旧市街のホテルは、
①ハノイ エメラルド ウォーターズ ホテル & スパ
②ザ チー ブティック ホテル   かな。

帰国は15時40分発のフライトなので、ホテルを13時過ぎに出発することに。
最後はやはり旧市街のぶらぶら歩きだ。


Market Dong Xuan 2017.12

旧市街北にあるドンスアン市場を覗いてみる。衣料品、日用雑貨を中心に色々なものが山積みだ。お土産を買う人にはいいかな。でも確かに安いけど、茶碗1ダースとか、箸50膳とか、Tシャツ20枚とかは、いくら安くても買えないな。市内で夜店を出す人が、昼間に仕入れる場所みたいです。


Reception of Backpacker Hostels 2017.12

沢山の西洋人の若者が出入りしている、Backpacker Hostels(ゲストハウス)があった。
ふらっとロビーに入ってソファーに腰掛けあたりを見回す。
カウンターでは、バッグパックを担いだ若者がひっきりなしにチェックイン。
ごった返しているロビーの壁には大きなベトナム全図が貼ってあり、その前で男2人、女1人のグループが熱心に打ち合わせをしている。
「ホーチミンから2週間かけてハノイまで来た。いよいよカンボジア入りか。」
そんなことを話しているのかも知れないな。


French-Style Cafe 2017.12

ホアンキエム湖畔の公衆トイレの前を歩く。
2日前、海外で公衆トイレなんて珍しいと思って用をたすと、出たとたんにトイレの番人に2,000ドンを請求された。そういうことか。綺麗だったからいいけど。
あたりを見回すも、今日は番人がいないな。よしチャンスだ、用をたしていこう。
出たとたんに、番人が飛んできて再び2,000ドンを請求されたよ。(泣)
しゃくだったので、20m先の木陰からどういうことになっているのか覗いていると、番人もトイレから20m先の木陰に隠れてトイレを監視していたよ。タクー。
2,000ドンて10円だけど。


Entrance Alley of Happy House 2017.12

最後に寄るところは決めていた。
私のブログにリンクが貼ってある「ハノイの地図屋さん」。ここで配布しているハノイの手作りマップが非常に見やすくて、今回の旅で大いに利用させてもらいました。
このサイトを運営している”ざわわ嬢”は、なんとハノイでこの12月にゲストハウスをオープンしたばかり。その「Happy House」を訪ねていくと、運よく”ざわわ嬢”がお掃除の最中でした。
地図のお礼を伝えると、ベトナムが好き過ぎて、結局、ハノイで生活を初めてしまった話しをしてくれた。思わず、わかる、とうなずいてしまった。

「ハノイ、これから回るのですか?」の問に、
「実は、今日の午後のフライトで帰国なんだ。」「えっー!!」
最初に寄ればよかったか、いや、今この瞬間だから会って話が出来たに違いない。
やはり自分のやりたいことを持っている人はいいな。目がキラキラ輝いている素敵な女性でした。
写真を載せて、男性トラベラーが殺到しても困るだろうから、ざわわ嬢に書いてもらったイラスト(本人?)を載せることにします。

(Tips 16)ハノイを歩くなら、「ハノイの地図屋さん」の手作りマップとサイト情報は欠かせない。
可能ならゲストハウス「Happy House」に泊まっちゃおう。


Miss ざわわ    2017.12

最後の昼食をマイ箸で済ませ、ホテルまで旧市街をぶらぶら戻る。
空港の両替商での札束数えから始まって、5人乗りのバイクが横を追い越して行ったり、何回も前を通ったあの店では、バケツが百個以上も縦に積まれて、いつか道にぶちまかれそうだったり。
もう笑うしかないようなことが沢山あったな。

ハノイなんて全然知らない街だったのに、突然、懐かしい気持ちが胸に溢れてきた。


? ? ? 2017.12

海外を旅するといつも不思議に思うことがある。

日本にいたら、5日間なんてほんの一瞬だ。
例えば、先月第1週の月から金の5日間、何をしていた?何を考えていた?絶対に思い出せない。
それがこの5日間。どれだけの出来事があって、どれだけの人と会い、どれだけのことを考えたのか。
寂しかった時、退屈した時なんて一瞬もなかった。

子供の頃のSF漫画に、”加速装置”というのがあった。周囲が1分過ぎる間に、自分は10倍の時間を経験する装置だ。1人で海外を旅行していると、まるで自分に加速装置が付いたような気がする。
この5日間は、日本での何か月分?

昼下り、最初の夜に渡った橋を逆行し、タクシーで空港に向かう。
美しくもなんでもない風景なのに胸が少しつまる。あのタクシーの運ちゃん、どうしているかな。

空港でタクシー代を払ったら、10,000ドン札2枚だけが財布に残った。ちょうど100円。
ドンスアン市場で、お箸を買った時に少しぼられたから、ぎりぎりになったか。
いや、丁度使い切るように、わかっていてわざとぼられたっけ。

ここはハノイだもの‥‥‥‥‥‥(完)

(最後まで16話、読んで頂いた方がいたら感謝します。)

Good-Bye Ha Noi ! ! 2017.12

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ANA JAL マイレージをどんどん貯めることが出来るポイントサイト
私も、ここでマイレージを貯めて、海外旅行に行っています
(このバナーから登録をすると、貴方に30ポイントがプレゼントされます)

混沌の Hanoi 旅行記(15)ハロン湾ツアーその3 5人で昼食を

ボートが終わると、お次は鍾乳洞探検。
鍾乳洞というと、地底深く潜るようなイメージがありますが、ここの鍾乳洞は、船を降りてから山を登ったところにある。ということは、山全体が石灰岩で出来ているのか。湾の中の奇妙な形の島も石灰岩で出来ているということか。なんとなく納得。


Limestone Cave 2017.12

鍾乳洞は、日本でも何度か見たことがあるでしょう。はっきり言うと、それ以上でもそれ以下でも無いので、びっくり!ということにはならないと思いますが、これも世界遺産の一部ということで。
鍾乳洞が無い国、生まれて初めて見た人もいるのかな?唯一、鍾乳洞の出口が山の中腹で、洞窟から出ると眼下にハロン湾が広がっているのは、なかなか見られない光景でした。


Ha Long Bay 2017.12

ハロン湾ツアーの話、実は時間を前後して書きました。実際は、ハロン湾で遊覧船に乗ってすぐに昼食となり、食事後に湾内ボートと鍾乳洞の見学という順番でした。

遊覧船の船室は、作り付けのテーブルが6つ並んでいて、乗船時にガイドさんが1テーブルづつ名前を呼んで、テーブルごとに乗り込む。おっと、最初のグループに呼ばれた。
テーブルメンバーは、隣に座ったノルウェーから来たご夫婦と、対面に座ったカナダから来たご夫婦と、私の5人でした。2組4人に1人が加わるのは人数調整だな、と周りを見回すと、3人、4人、6人とバラバラ。別にグループでも無いようだし。そうか、ここはベトナムだったよ。

海外1人旅だと、嫌でも英語をずっと話している訳ですが、一番難しいのは「多人数での雑談」だと思います。

これに比べたら、1対1での会話は楽だ。なんたって、こちらが話すまで待ってくれるし、相手の言ったことがわからなければ、もう一度聞き返せる。ホテルや空港の職員なら言うことなし。用事があるから話しているのが前提なので、こちらの下手な英語を理解しようとしてくれる。

たとえ、あんたの英語が下手で聞き取りにくいよとか、安月給なので仕事は極力増やしたくないよとか、YESと答えると面倒なので出来ることでもNoと答えたいよとか、チップの多寡によってやるかやらないか決めるつもりだよ、という答えが相手の顔にはっきり表れていたとしてもだ。(この位でめげていたら、1人旅なんて出来ません。)

ところが、複数での雑談はこういう訳にはいかない。返事を考えているうちに話がどんどん進み、頭の中で英文を組み立てた時には、次の話題に移っていたりする。
口から生まれてきたようなおしゃべりな人ならまだいいのでしょうが、私は元々おしゃべりでもない。家でも、妻と娘の夕食後の会話に入ろうとして、「その話題、さっき終わったよ」と何回言われたことか。

とはいえ5人テーブル唯一の日本人、ただでも浮きやすい状況で、無言で料理をつついていたら、おいしい昼食もまずくなる。


Our Table 2017.12

こうなったら、先手必勝だ。
海外の人と一緒になって、一番手っ取り早い話題は、相手の国に関する話です。
逆の立場で、外国で日本の話題を出されたら、それだけで気持ちが軽くなるでしょ。

カナダの御夫婦に、
「2年前、ロッキー山脈に夫婦遊びに行って‥‥‥、バンフの丘の上にある古城のような○○ホテルに泊まった。幽霊が出るらしいというので期待したけど、会えませんでした」
なんて話かけたら、日本人がそんなところを旅しているとは予想してなかったのか、
「オオ、イイトコロヲ回リマシタネ。ロッキートラベルノ王道ダ。ウチデモ‥‥‥」
と、最初の壁の取っ払いに成功。

お隣の、ノルウェーの御夫婦には、
ノルウェーのフィヨルドは素晴らしかった、と話そうと思ったのですが、良く考えたらノルウェーに行ったことがない。まさか適当に話を作る訳にもいかない。
でも、必死になると何か思いつくものだ。(雑談に必死?)
「ニュージーランドに行った時に、フィヨルドをクルーズして地球にこんなところがあるのかと驚いた。でも、ノルウェーのフィヨルドはもっとスケールが大きいのでしょ?」(後半は"お世辞"ともいう。)
と話かけると、「ソウ、ノルウェーノ フィヨルドハネ‥‥‥」と始まった。成功だ。


Canadian Couple 2017.12

英語の雑談が難しいのは、相手の土俵で話しているからで、土俵を先にこちらが提示してしまえば、少なくとも闘牛のコロセウムを、相撲の土俵と間違えることはなくなるはず。

(Tips 15)何と話しかけていいかわからない時は、まず相手の国に関することを。

黙って食事をつついている訳の分からない日本人、という位置づけにならなかったので、それからずっと居心地がよかったです。ノルウェー人ともカナダ人とも一緒にご飯を食べたことなんてなかったけど、この2組の夫婦、ほんとうに感じがよかった。

「ホーチミンカラ、ハノイニ来タノダケド、ホーチミンハ ドノオミセモ、トラベラーズプライス(いわゆる観光地値段)ダッタワ。元ノ物価ガ安イカライイケド。」
「ソウナノヨ、私ハ ハノイデ○○ヲ買ッタノダケド‥‥‥」

気が付くと、カナダの奥様とノルウェーの奥様が旅行の話をし、3人の男性陣が脇でうなずいている。
世界中、どこにいっても女性のおしゃべりは止まらない。本当に不思議だ。


How do I say this fish in English ? 2017.12

大きな平目のような魚がドーンと1皿出る。
ノルウェーの旦那は「コレ、北海ノ魚ミタイダ。美味シイネ」
カナダの奥様は「魚料理ハ余リタベナイノデ苦手ダワ」、
ノルウェーの奥様が「コノ オ魚、英語デナントイウノカシラ?ノルウェー語デハ●◇##ダケド」
なんて、お国柄丸出しの会話に。 ところで平目って英語でなんて言うのだっけ?

「ナンデ奥様ト イッショニ ハノイニ来ナカッタノ?」すっかり和気藹々になり話かけられる。
「こんど2人で、ヨーロッパは北欧にいってみたいよね、なんて相談しているんです。」
「デハ、ノルウェーニ来ナクチャ」
「日本からの直行便は、ヘルシンキとコペンハーゲンしかないんですよね。」
「私ハ、オスロノ市役所ニ ツトメテイルノ。イラッシャイナ。」
ノルウェーの奥様と、こんな話に発展。

ノルウェーの旦那は、仕事で何度か日本に来たことがあるらしく、船を降りて道すがら、トヨタの工場に何度かいったことあるよ、とか歩きながら2人で話す。

最初は、なんでこの5人ワンテーブルかわからなかったけど、いい出会いだったな。


Sunset of Ha Long Bay 2017.12

最後に、ハノイからハロン湾に行く価値があるか?
というのも、事前にハロン湾そのものの悪い評判は見ませんでしたが、周辺情報はいい話しだけではなく、丸1日を割く価値があるのか? と日本出発まで迷っていたからです。

【事前情報】
①片道4時間近くかかり後半は悪路の連続。
②船で湾をクルーズするのと大鍾乳洞がメイン。雨が降っていると余り楽しめない。
③日帰りだとハノイ戻りが20時頃になり疲れる。
④日本でツアーに申し込むと1万円以上(約100$)とベトナム基準では相当高価。

【実際は】
①全線、舗装道路が整備され、片道約3時間半。
②ベトナム北部のベストシーズン、乾季の11月~3月なら問題なし。
③戻りは20時頃にはなりましたが、①のためバスの中で快適に寝ることができ問題なし。
④現地で申し込んで同じグレードのツアーが$50。(最安$30から。)

悪路の連続で体力のある人でないときつい(JTBのHPには、2019.1時点でもこの記述が!)と書いてあったのですが、ベトナムの観光開発政策で、綺麗な舗装道路になっていました。私は車に強いので、もともと気にしませんでしたが、車に弱いからどうしようと、昔の情報を読んで悩んでいる方がいるとすれば懸念です。夕暮れのハロン湾はさらに素晴らしいらしいので、思い切って1泊ツアーで行くのもありかも知れません。

真っ暗な高速道路をハノイへ。ハノイともそろそろお別れだな‥‥‥


混沌の Hanoi 旅行記(14)ハロン湾ツアーその2 ボートで入り江めぐり

紆余曲折あったけど、いよいよ今日はハロン湾ツアー。
ホテルのロビーで待っていると、ツアーガイド(若い兄ちゃん)が予定の8時に現れた。ホテルで受け付けているツアーなので、周辺のいくつかのホテルと契約して、順にピックアップしていくスタイル。
Wati Travelというツアーエージェンシーで、お客は25名程度。ホテル宿泊者ということで、全員外国からの旅行者。2/3以上は西欧圏の方でした。一路、高速道路でハロン湾に向かう、快適な旅。


Ha Long Bay 2017.12

途中で、トイレ休憩を兼ねてツアーお決まりのお土産店立ち寄り。
休憩にあたり、ちょっと注意があります。
(今回のツアーと同じく、現地の英語ツアーで日本語を話すガイドがいない場合です。)

(Tips 13)バスに乗る前に、自分のバスのナンバーをスマホで撮っておこう。

ふっと気づいて、乗る前に撮っておいて助かりました。休憩する道の駅のようなところには、当然、他のツアーバスも沢山立ち寄ります。トイレに行って、再びバスに乗ろうとすると、同じようなバスが10台位並んでいて、どれが自分のバスだったかわからない。

そもそも日本のように「紅葉と焼きマス満喫ツアー(3)JTB」のような親切な札がフロントガラスに貼ってない。ガイドがバスの前に立っているなんて親切仕様もない。同じバスに乗っている人を覚えるといっても、外人の顔は皆似たように見える。バスに戻るのも自己責任となれば、自分でナンバーを記録しておくしかありません。

(Tips 14)最低、出発時間と集合場所は(英語で)きっちり聞き取ろう。

基本、日本のガイドのようにのべつまくなしバスの中で話すことはありません。道の駅に着いた時に、出発時間と集合場所が1回アナウンスされるだけ。ここだけは聞き逃さないようにしましょう。もちろん英語ですが、観光を仕事としている非ネイティブベトナム人の英語なので、外国を1人旅しようと思う程度の人なら、聞き取れるはずです。
(これが全然無理ということであれば、日本語ガイドのバスに乗るしか手はありません。)
今回の道の駅では、降車場所と乗車場所が異なっていたので、要注意でした。


刺繍絵画 2017.12

今回途中停車したところのお土産店。
こういうところは街中より高価で買う理由がないのですが、1つだけ面白いものがありました。
それがハノイ名物「刺繍で作った絵画」(正式名称はなんだ?)。上の写真がそうですが、これが凄く綺麗。それを目の前で作っているので、このシーンだけは見る価値があります。刺繍の糸も金、銀も含め何十色もあり、ある程度の大きさになって額に入ると、相当な見栄えがする。
値段も結構するしハノイ市街にもあるので、わざわざツアーの途中で買う必要はないと思いますが、ハノイに来たらぜひ見て下さい。


Making of 刺繍絵画 2017.12

ちなみに、一番素晴らしい刺繍絵画の写真をとろうとしたら、店員さんに注意されました。
そりゃそうだよな。


Small Ferry (Not Our's) 2017.12

出発して約4時間弱の12時過ぎにハロン湾に到着。
終点のバス停周辺では、沢山の建物が建築中でした。おそらく現在は、レストランやお土産店、ショッピングセンターが出来ていると思います。ハロン湾が世界遺産に指定されて以降(1994)、ベトナムが経済発展してようやく観光産業に力を入れられるようになったので、今後、海外から沢山の観光客を受け入れるような準備をしているのでしょう。



ハロン湾観光は、小さな桟橋で船を降りてボートに乗り換えて、入り江めぐりをします。
自分達で漕ぐ2人乗りボートか、漕ぎ手がいる5人乗りボートのどちらかを選んで下さいとのこと。
私は写真を撮りたいので迷わず、漕ぎ手付ボートを選択。1/3位は自分漕ぎボートを選択していました。

写真でみるように、とんがり帽子の山が海から突きで出いる奇形。入り組んだ湾になっているので、波はほとんどなく揺れることもないので、安心して乗っていられます。長距離バスにフェリーにボートと聞くと、それだけで尻ごみする人もいるかも知れませんが、心配することは少しもない。


Heads-up Before Riding A Boat (左の2人がL.Aカップル) 2017.12

ボートには、L.A.からの2人組と一緒に乗る。ハイスクールの同級生以来の恋人です、という感じの典型的アメリカンカップル。彼の方は、アメフトの選手だよ、みたいな超ゴツイ若者で一瞬ひるんだけど、思い切って話しかけてみると、
「日本カラキタンダ~、今度ハ、日本ニイコウカナ、イッテミタイヨナ、ジェーン?」
なんて話す、気のいいあんちゃんでした。
東南アジアは初めての彼女さん(ジェーン)がとってもはしゃいでいたっけ。
今回は本当にアメリカの人とよく会うな。海外旅行でアメリカ人と一緒になるのは、結構めずらしい。


Through The Cave 2017.12

天気もよく風も無く、かといって12月なので全然暑くもなく、絶好の環境。
ボートクルーズが気持ちいい‥‥

混沌の Hanoi 旅行記(13)ハロン湾ツアーその1 シンカフェに泣く

ハロン湾は、ハノイから東方約110kmにある、世界遺産に登録されている奇景の入り江。
実は、このツアーに行くかどうか結構悩みました。悩んだ理由は、このツアーの最後にまとめて書くとして、まず、その理由の1つ、ツアー価格。
現地ツアーは日本でJTB等に申し込むと高い。(どこでも$100超。)これはどう考えても観光客価格だ、ぼりすぎだよと思い、現地で申し込むことに。これがひと波乱ありました。


One of Shin Cafe Tourist Shop 2017.12

ベトナム(ハノイ)の一番有名な観光エージェンシーは、「シンカフェ」。ここはどんなツアーも扱っているし質もいいと、ブログ情報にある。日本でいえば JTBか HISのようなものか。市内に何店舗もあるらしいので、ホテルから一番近い、旧市街のど真ん中にある店舗の場所を、お手製のマイガイドブックに張り付けた。

ホテルから歩いて20分位のところなので、前日、旧市街を歩くついでに寄って見た。
確かにありました「シンカフェ」。
店頭にツアー一覧表が張り付けてあって、ハロン湾ワンデイツアー$36と書いてある。中に入って話を聞いてみようと思ったのですが、ふと見ると隣も旅行代理店らしく、一覧表が張り付けてある。

なるほど、事前のブログ情報で「シンカフェ」以外の旅行代理店で申し込むと、安かろう悪かろうで大変なことになるよ、というのはこのことか。こちらはブログで予習ずみさ、とうそぶきながら参考まで隣の店名を見ると、なんと店の名前も「シンカフェ」。

時々、偽の「シンカフェ」があるので要注意。と書いてありましたが、まさか真横にあるとは思わなかったよ。というか、良く考えると最初の店が本物だという保証はまったくないな。


Another Shin Cafe Tourist Shop 2017.12

一応、くるりと後ろを向いてみる。
やっぱりか、、、、、、左隣も「シンカフェ」だ。 (泣)
一度、頭を冷やそう。道の向かい側に渡り、もう一度こちら側を見てみました。

「シンカフェ」が5軒並んでいたよ!(大泣)

実は、偽「シンカフェ」には、本物の「シンカフェ」も頭を悩ませているらしく(当然だ!)
見分けがつくようにと、店のマークを最近変えたとのこと。
マイガイドブックに張り付けた、本物のマークと対照したところ、
本物のマーク 2軒、旧マーク3軒(多分、偽物店)、ということになっていました。

そりゃそうだよな。店のロゴまでそっくりに作るのだから、マーク位朝飯前でしょう。しかし、ベトナムには、知的財産権はないのか。法律議論なんてものじゃなく、本物が殴り込みにでもこないのか?
いや、もしかすると偽の「シンカフェ」は本物の店に、月々、賄賂でも渡しているのか?
それでもって本物も経営がなりたっているとしたら、ウィンウィンだったりして。
もうここまでくると、何が正義なのかさっぱりわからなくなる。


Here's Also Shin Cafe Tourist Shop 2017.12

もう一度、5軒を見て回るとさらに不思議なことが。
偽物マークのお店1軒がやけに繁盛している。そこのツアーが一番安価なのかな?
一方、本物マークを付けたうちの1軒は閉まっているし、完璧に閑古鳥が鳴いて店員もまったくやる気なしで店頭で煙草を吸っている店もある。

無名店でツアーに申しこんで、小さなぼろバスで疲労困憊したと書いてあったブログもあった。
本物マークを信じてみるのか、でも繁盛している店がいいような気もする。
すくなくとも5軒並んでいるのにお客がまったく入らない店は避けたい気がする。

そもそも、なんでツアーの申し込みで、ロシアンルーレットのように悩むのか。
結局、この5軒の「シンカフェ」での申し込みは断念し、ホテルへ戻ることに。

(Tips 12)「シンカフェ」の、本物店と偽物店とを見分けるのは相当困難だ。


Price Board on the Street 2017.12

ホテルへの帰り道、通り沿いのところどころにある小さな旅行代理店(さすがに名前は別の店名でした。)の店頭に、大抵一覧表があるので見てみる。ハロン湾ワンデイツアーは一番人気らしく、どこでもトップにあり$30~$40前後。こんなところが相場らしい。
(国内ネット申し込みの$100が、いかに高額ぼったくりかわかります。)
でも、先ほどの「シンカフェ」にあたったらしく、少し暗い気持ちでホテルに戻る。
いったい何を信じたらいいのか。

いつもニコニコしてくれるフロントの兄ちゃんと言葉を交わしついでに、念のため
「ハロン湾ワンデイツアーなんてある?」と聞くと、
「ウチノホテルノ ツアーハ アンシンデス。アタラシイ バスデ ホテルマデ オクリムカエ。
ゴウカナ ランチツキデ $50ポッキリデス。」

地獄で仏か。即、申込んだよ。こういうのはタイミングだな。

ベトナム、つくづく一筋縄ではいかない国だ‥‥‥

混沌の Hanoi 旅行記(12)これ1枚でわかる、ハノイ中心部マップ

私の旅行記のコンセプトの1つが、これから旅行する人に少しでも役立つこと。
ということで、1枚のマップにまとめてハノイ中心部のロケーションを御説明します。
他の都市に比べて、ハノイのエリア情報は少なかったので、自分で作ってみました。
旅行する時に一番重要な、街の土地勘がつかめると思います。

(Tips 11)ハノイに旅行予定の方、今回の記事だけは保存したら役立ちます、きっと。

地図のマークは、
青円、赤円、緑円、赤円盤が、特徴的なエリア。
オレンジ枠のA,B,Cゾーンが、ホテルのゾーンとなります。



まず、特徴的なエリア。

赤円⇒ハノイ旧市街。昔のベトナムの街並がそのまま残っているところ。(ホーチミンは、近代化が進んでこのようなエリアが少なくなっています。)地元の人の生活の場そのものです。TVで写る、沢山のバイクがごちゃごちゃの街並をバックに走り回っているシーンは100%このエリア。ここを歩かないでハノイに来たということはありえない場所。
どこのホテルにどのツアーで泊まっても、ここの街歩きはセットされているはずです。
両替商やトラベルエージェンシーもここにあるので、何をするにしてもここには来る事になるはずです。


(赤円) Ha Noi Old City 2017.12

緑円⇒史跡ゾーン。今回の旅行記(4)(5)(6)で歩いたところはすべてこのゾーンです。
(ホアロー収容所だけは、オレンジ枠Bゾーン。)
ここと赤円を押さえれば、ハノイ市内観光は9割がたクリアーしたといっていいでしょう。
なお、マップで見ると約2km四方程度ですが、史跡を1順見て回るのは最低でも1日はかかります。
海外の街を1人で歩くと、どうしても最短コースで回るのは難しいし、iPhoneや地図を見ながらになってしまう。時々迷ったり写真を撮り撮り歩いていると、日本で歩く半分以下のペースになるからです。

青円⇒ホアンキエム湖。ここがハノイ観光のすべての中心。1周2kmで散歩するのに丁度いい距離。朝歩くとジョギングや太極拳をしてる人に出会います。周囲には史跡、レストラン、ショップ(ベトナムでは結構お洒落な。)も多く、とても雰囲気のいいところです。夜もそこそこ人通りがあり、治安はよさそう。私もハノイというと、ホアンキエム湖の周りを散歩したことを真っ先に思い出します。
ここにすぐに歩いていけるホテルがベストでしょう。

赤円盤⇒赤円のすぐ北にある赤円盤は、バスターミナル。
ハノイはバス路線自体余り発達していないし、市内路線図も入手できなかったので、市内歩きにはバスを使いませんでした。近郊のバッチャンに行く路線バスは、ここから乗りました。前回(11)のロンビエン橋も、ここから歩いて渡れます。今後、バス網が整備されるにつれ、便利になるかも知れません。


(青円) Hoan Kiem Lake 2017.12

次は、ホテルのロケーション。実はホテル選びのエリアは要注意です。

オレンジ枠A
⇒西湖(タイ湖)の東岸にある高級ホテルゾーン。一番高級なホテルはこのエリアに集中しています。湖の見晴らしはいいし、旧市街の夜の喧騒とも無縁。じゃ、ここで決まりか?いえ、このエリアはまったく推薦しません。
市内観光の赤円、緑円とかなり離れているので、必ずタクシーで出る必要があります。(マップでは、赤円旧市街まで歩けそうにも見えますが不可能です。複数で歩いたら途中で必ず喧嘩が起きる距離です。)

ハノイ旧市街の夜は、いかにも東南アジアらしい雰囲気で面白いのですが、午後にこのエリアのホテルに戻ってきたら、2度と赤円のところに出かける気にならないでしょう。(ひたすら歩き回る私がこういうのですから、間違いありません。)ここに泊まる人は、観光とは無縁で仕事をする、あるいはひたすら快適なホテルを要求しすべて車で移動する、政治家かVIP位でしょう。

オレンジ枠B
⇒ホアンキエム湖の南ゾーン。この枠の東側(右端)あたりに多くのホテルがあります。JTB等のやや高級ツアーをみるとこのゾーンのホテルがよく使われています。ここに泊まれば、ホアンキエム湖は徒歩ゾーン。緑円はタクシーで10分強。赤丸は元気な人なら歩ける距離です。
ここのゾーンは静かで落ち着いた街並みなので、ベトナムには興味あるけど、旧市街のざわざわした感じのホテルは抵抗ある、という人にはむしろ適しているでしょう。バイク軍団も少ないし夜の喧騒もない。高齢の親や子供をつれて、ホテルでゆっくりの時間が欲しいという人には最適かも。
(このゾーンのホテル「ソフィテルレジェンドメトロポールハノイ」で、2019年2月の米朝首脳会談が行われました。このホテルの玄関を歩いたな。高級ではあるけど、泊まれるお値段だと思います。)

欠点は、やはり見所が集中しているホアンキエム湖北側に、毎回歩くのは辛いということでしょう。
夜市で食事をし、買い物をして、さてホテルに戻るかとなった時に、30分歩くのは結構辛いものがあります。(ホテル以外では、夜はタクシーがすぐ拾えるとは限らない。)
また、世界中どこにでもあるようなホテルなので、ハノイらしいホテルに泊まるという楽しみは無し。


(オレンジ枠B) Sofitel Legend Metropole Hanoi Hotel 2017.12

オレンジ枠C
⇒ここは赤円ど真ん中。ちなみに私が今回宿泊した「Silk Queen」ホテルは、丁度”C”の字下端のところにありました。もうわかるように、一番観光に便利で、ホテルに特段の希望がなければここのエリアを絶対にお勧めします。どこもハノイらしいホテルで嬉しくなります。ベトナムっぽいといっても、日本のビジネスホテルの個室より広く、清潔感もありますから。
メリットは一目瞭然なので、デメリットをあげるとすれば、

①夜もバイクと人で結構うるさい場合あり。ホテルの選び方は別の回に書きますが、前面道路に面した部屋になった場合、神経質な人は要注意です。(私は道路と逆側の部屋で全然うるさくなかった。)ただし、ホテルの立地により結構変わってきて、赤円中心部が一番うるさく、南に行くほど静かになります。
②大きなホテルは無い。そもそも10階建てのビルのようなものが無いので、どこも30室程度の小さなホテルです。4人一室で泊まりたいとか、コネクティングルームにしたいという希望はほぼ無理でしょう。
(だから日本のツアーでは、ほとんどこのエリアのホテルは使われていない。)

参考になったでしょうか‥‥‥

Since 2012.9.23
プロフィール

Author:AKISSH
.
You Tubeで好きな曲を見つけコピーしたり、
地図とカメラ片手に旅を。
世界中の街を歩いてみたいな。
(このブログについて)
(5th Anniversary)(その1)
(5th Anniversary)(その2;音源編)
(5th Anniversary)(その3;音源編)

打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
画面下を人々がお散歩
旅行お役立ちブログ
検索フォーム

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 12