Weekend In 心は L.A.

音楽と楽器、そして時々海外に

 

Living Inside Of Your Love(1977)   Earl Klugh、初期の傑作

70年代後半のフュージョンブームで、一人だけまったく違うギターサウンドだったのが Earl Klugh。
初期の傑作アルバムと言えば、1枚なら Finger Paintings(3rd)(1977)を挙げたいけど、Living inside Your Love(2nd), Magic in Your Eyes(4th), Heart String(5th)の4枚は、今だ Earl Klughの代表作の位置を譲らないと思います。

今夏、New Yorkの Blue Noteで聞いてから、Earl Klughをぜひ1曲カバー録音してみたいと思い、あれこれ弾いてみて、やはりこの曲に落ち着きました。アルバムタイトルになった位ですから、2枚目の中で一番の自信作にして彼の代表作。
80年代に来日した時に「渡辺貞夫マイディアライフ」に出演し(当時のビッグネームの来日Jazzミュージシャンは、大抵、招待されていました。)渡辺貞夫コンボと Earl Klughが行った45分のセッションが流れたのですが、最後に演奏したのがこの曲でした。それにしても、今では信じられない位の貴重なセッション。録音したテープはどこかに行ってしまったけど。


I walked along the street nearby Union Square after dinner. 2017.8

まず、曲の構成。私のカバーは、以下に書くようにオリジナルからは若干アレンジしてあります。
オリジナルでは、イントロの24小節はエレピのアルペジオに女性コーラスが加わり、ふわっと盛り上がってくるとてもいい雰囲気なので、ぜひ You Tubeで聞いてみて下さい。
カバーのイントロは、オリジナルと同じコード進行ですが、テーマ直前の8小節をアップテンポで流しています。このイントロ、実は、George Benson & Earl Klugh Live in Japan Version(多分、1988年の来日時)です。

BIABのスタイルは、今回は「ソロモントゥーノボサドラム」を使用。やや音程がはっきりしないと生べのようなベースと、トレスギターというブラジル風上物サウンドが特徴。動画作成は、Video Pad。
使用ギターは Gibson LP Studio 2004。ともかく、一度お聞き下さい。



テーマは、17小節の前半(A)と12小節の後半(B)の全29小節。
実は、テーマの頭2小節のコードがどうもすっきりしません。コピー譜のようにとりましたが多分違うでしょう。F#m7/A ⇒ Cm11(あるいはC7sus4)という感じもします。いずれにしても2小節目のF音がポイントですから、これを生かしたコードになるはずです。
5小節目から8小節目まで転調し、キー Dから単三度上がって Fに行くのが、わくわくする感じでとてもいい。ただの甘々ポップ曲でないことが最初の8小節でわかります。こんな綺麗なメロディの裏でよく考えたなという感じです。

コピー譜の9小節から16小節はKey=Fに転調して、臨時記号もそれに従っています。普通の譜面なら通しでKey=Dで書くのでしょうが、#の乱発で見にくくなるし、Muse Scoreは一旦転調を指示すると、その調号で記譜してくれるので。

11小節から17小節は3+3+1という風にくくれそうです。メロディを優先した譜割でしょうか。
後半の12小節は、キーDに戻ってスピード感あるフレーズで一気に行きます。
テーマが終わると、イントロと同じコード進行で Interludeの8小節。
以下のコピー譜は、テーマ部分29小節です。それ以外のイントロやインタールードは同じ4小節の繰り返しで、すぐにコピー出来るので省略します。



この後のソロ回しに一工夫あります。オリジナルではテーマの29小節を回しています。普通のEarl Klughのライブでもこの構成でやっています。でも、セッションでやると中々上手くいかない。そもそも29小節と半端だし、2-5-1のコード進行が並んでいる訳でもないので、初見でソロをいい感じにとるのが難しく、バッキングもうまく組み立てられない。(あくまで我々レベルが初見でやる場合。)

と思って、George Benson & Earl Klugh Live in Japan Versionを聞くと、なんとInterludeの後も、この4小節のコード進行で延々とソロをとっている。調性はほぼDメジャー1発ですし、バックはⅣ△7を主体に流しているので、1発で弾いても結構かっこよく響きます。ということで今回のカバーは、こちらのバージョンで作ってみました。そのうち29小節テーマでソロをとったカバーも作ってみようかな。

George Benson & Earl Klugh -Living Inside Your Love
https://www.youtube.com/watch?v=TkYhh56fuMg

ちなみに、George Benson & Earl Klugh Live in Japan Versionは、You Yubeの上記URLなのでぜひ聞いて下さい。なんとテーマメロディはGeorge Bensonのボーカル。オリジナルのテンポが142位なのを175まで上げての演奏は、疾走感があってスピーディで本当にかっこいい。特に、George Benson のソロに入るところ(3:03付近)が最高にかっこいいですね。それに続くEarl Klughの手弾きアコギソロも、ふっと冷静になる感じが大人っぽくていい。

ということで、最初のコピーから何年かがかりで、やっとこの曲をカバー録音することが出来ました。
New York の Blue Noteで、この曲に関する素敵なエピソードがあったのですが、それは今後書く予定の NY旅行記の中で書くことにします。

しかし久しぶりのカバー作成は、アプリと機材の操作の仕方を思い出すのに時間がかかった‥‥‥

夜間飛行 八神純子のきらりと光る名曲 

1月前にビルボード東京に八神純子のライブを聞きに行き、本ブログでもその様子をレポートしました。(八神純子 (2017.4.21) at Billboard Tokyo  “The Night Flight 4”お宝音源 (04/29)

その時のライブがとても良かったので、ここ1月ほど、YouTubeで八神純子さんを聞いてました。東北大震災のチャリティコンサートを、東北はもちろんアメリカでもやられているのですね。自分も、ああいう災害が起こると何か出来ることはないか、とつい真剣に考えてしまう性格なので、ミュージシャンとしてチャリティコンサートを開ける人(それも現地まで行って)は素晴らしいなと思います。彼女は、名家の真性お嬢様なのですが、本当に素直な気持ちでやられているのでしょう。そう信じています。

前回も書いたのですが、「夜間飛行」は、大学時代の夜の部屋を思い出させてくれる一番好きな曲です。聞いているうちについついコピーしたくなって、譜面を起こしてしまいました。ここまできたら、カバーを演奏してみようということで、作ってみました。まずは聞きながら残りを読んで下さい。



今回は、シンプルなメロディをそのまま生かしたかったので、シンプルなボサノバにしてみました。バッキングトラック作成はもちろん、いつものBand In A Box。スタイルは「ボサノバソロマルチスタイル」です。このソフトは、本当に操作は簡単、バリエーションは沢山、創意工夫が生かせるという3拍子そろった優れものです。
原曲のテンポが、四分音符=64という超スローテンポなので、まさかこれと同テンポでボサノバというわけにも行かないので、バイテンでやってみました。

使用ギターは、今回は Fender Japan TL52-80TX ASH。ジャズボサを何でテレキャスでやるんだといわれそうですが、このテレキャス、フロントをハムバッカーに交換してあり、深い音が出るので結構気に入っています。
なんですが、録音してから聞くと、少し音がブライト。弦を交換したその日に録音したので、パキパキしています。また、こういうジャズ系を弾くなら、弦はやはり0.11-0.52を使ったほうが良かったな。今回は、0.1-0.46でコンプを結構かけてとってみました。

譜面夜間飛行Cover
譜面もアップしておきます。ブロック単位の反復記号は除いていますので、コンボでやってみようというときは、自分で書き込んでからメンバーに配ってください。

キーはDm。全体の調性は平行調のFといったり来たりするパターンです。
イントロは8小節。ボサノバらしいイントロを付けて下さい。
テーマの1コーラスは、A-A-B の24小節。(カバーはバイテンでやっているので48小節。以下同じです。)Dm9の2小節を挟んで、もう一度テーマの24小節。
そこからサビというかインタールードの8小節。ここはDm9→Em9→Dm9→Em9となっていますが、キーはCとDを行ったり来たり転調を繰り返していると考えた方がいいようです。ここだけDmの調性から少しだけ外れているので一瞬はっとなるのですが、8小節でもとの調性に戻る。全体が1本調子にならないようにした、ちょっとお洒落な間奏のコード進行だと思います。さすが後藤次利。
ここから、Bの4小節と同じコード進行を繰り返しにしたものがコーダとなっています。オリジナルではフェイドアウト、カバーでは20×2小節としています。前回のStudio Live音源での、矢萩秀明(Gt)さんのここのギターソロが絶品です。

ギターは、例によって1時間程度で録音したので、最後のコーダのところだけ、ちょこっとアドリブしてみました。シンプルでもなく、凝り過ぎでもなく、ミドルテンポのボサノバにフィットする素敵なコード進行だと思いますがどうでしょうか。

やはり名曲はメロディラインがいいな‥‥

Still,You Turn Me On(2) R.I.P. Greg Lake

 前回(→前回記事はこちら)、こんな素晴らしい曲をシンプルに弾き語りしないでどうすると書いたばかりなので、当然、久しぶりにギターでコピーしてみました。レイクのギターをコピーした方ならご存知でしょうが、彼のアルペジオはかなり凝っています。普通にコードを押さえて、ルートから1弦に行ってまた降りてくるなんてアルペジオはほとんどやっていません。
テンションの使用はもちろんのこと、コードを変えながらトップノートペダルを重ねるだとか、弦とびピッキングとか、かなり作りこんだ演奏をしています。普通のアルペジオだって十分いい曲なのに、才能が溢れているなあ。やはりロック史に残るミュージシャンですね。

マイルールで、休日1日でカバー作成(動画と記事でプラス1日)に取り組んでみました。いきなり結論、カバー曲を聴いてみて下さい。



さて、私のカバー、全然弾き語りじゃないじゃないか。と言われそうですね。
もともと完コピにこだわるつもり無いし、今までのカバーもむしろアレンジをどうひねるかが楽しみだったので、またまたBIABのスタイルを利用することに。検索していたら、Acidループを使った面白いスタイルを見つけました。スタイル名は「_CHILPOP.STY エレクトロニックチルアウトポップ ループ付き」(BIABはVer.24にアップグレード済み。)

動画作成は、今まではWindows Live ムービーメーカーでしたが、今回 Video Padという優れものソフトを使ってみました。さすがに付属ソフトより使いやすく、多分色々なことが出来るのだと思います。(今回始めて使ったばかりなので。)動画ソフトのキモは「映像と音楽を、いかに簡単に正確に同期させられるか」で、この点はすごく使いやすかったです。
動画が多少ギクシャクしているのは、もとの動画(並行して記事にしているカナダ旅行記の Moraine Lakeです。)を2倍以上タイムストレッチしているからですが、Video Pad使用第1作ということで、このままアップしました。
これからはずっとこれでいこう!と思ってよくみるとフリーで使用できるのは30日間だけだとか。以前はフリー版があったのに。次のカバー動画は、またムービーメーカーかな、少し残念。
ちなみに、使用楽器等の詳細はYouTubeのメモ欄に記入しました。上の動画の最下段YouTubeマークをクリックするとYouTube画面に飛びますので、そこからご覧下さい。


Still,You Turn Me On by BIAB24  2017.1

肝心の曲の内容を書いてませんでした。
この曲の構成は少し変わっていて、12小節+4/2+2小節=15小節がAメロ、16小節がBメロ、Eb△7→Dm7の8小節+4小節がサビとなっています。ギターで歌いながら作曲したので、こんな変則になったのだと想像しています。キーは、C→Dm(F)→Bbという感じかな。
コード進行はMuseScoreで全部作る時間がなかったので、変わりにBIABの画面ショットを載せておきます。コードわかりますか?(イントロ4小節です。)

コード進行の中で、一番切なく美しい部分、私が「胸キュン進行」と勝手に呼んでいるところを紹介しておきます。前回の動画では、0:26~0:36の部分で、Aメロの小さな山場という部分です。
曲の10~15小節(正確にはその頭3小節)で、コードは



冒頭4小節ギターのTABを書いておきます。
5弦ルートで、5弦から(2,3,2,3,0)→(1,3,2,3,0)→(1,3,0,3,0)→(0,2,0,1,0)
ルートが半音づつ下がって、トップペダルがテンションで響く。まさに胸がキュンとなるコード進行です。ここはピアノで弾いても良さが出ないので、ぜひギターで弾いて下さい。ここだけ動画とあわせても楽しいです。
特に、3度と全音でぶつかるメジャー7thの#11thが切ない響きでいいですね~大好きです。
この進行、ポピュラーバラードにも時々使われているし、JAZZスタンダードの「It Might As Well Be Spring」でも使われています。勉強熱心な方は調べてみて下さい。

昨年、レイクの訃報を聞いてから、彼の曲をカバーしてアップしたいという思いをやっと叶えることが出来ました。

この美しい曲は永遠に残るでしょう‥‥‥‥R.I.P Greg Lake


Still,You Turn Me On(1) Greg Lake のアコギ曲、最高傑作

昨年の暮れに、グレッグレイクの訃報が飛び込んできました。キースエマーソンに続いてなんと1年で2人が去っていった。プログレッシブロックを聴いていた人なら、EL&Pの足跡の大きさに言葉は不要でしょう。

ベースを演奏していましたが、実はレイクのアコギ弾き語りに魅了された人が多いのでは。エマーソンがレイクをスカウトしたのも、あのボーカルにやられたという説も。オマケにあのルックス。思春期に3拍子、4拍子そろったレイクを見たときには、神を呪ったものです。(そして20年後、1990年代、我々の前に再び現れたレイクをみて、別の意味で神を呪ったものです。)


Shouwa Kinen Park 2016.10

私も、あのギターソロをコピーしましたよ。展覧会の絵にノックアウトされた直後だったので、賢人(The Sage)を朝から晩まで。フォークギターは近所迷惑になるのでエレキギターで。さすがに、苔の一念、その当時は結構まともに弾けました。もちろんボーカルレスですが。究極の目的、好きな女の子の前で弾くことは、ついにかなわぬ夢となりましたが。

今回は、レイクのギター曲の最高傑作と思っている Still,You Turn Me On です。あの声色で歌われた哀愁のあるメロディーは本当に素晴らしい。曲のドラマティックな構成と起伏で言えば、賢人(The Sage)が一歩上回っているでしょうが、乗りに乗ったライブ録音と比較するのもフェアでない気がするので。
この曲の不幸な歴史は、「Brain Salad Surgery」に入っているオリジナルバージョンが非常にダサいこと。こういう曲は弾き語りでシンプルに演奏するから素晴らしいのに、ワウギターは入れるは次から次へと効果音をダビングするわで、曲が台無しです。まるでDAWを始めて買った人が、面白くて調子に乗って次から次へとダビングしまくった曲みたいです。

YouTubeでのカバーバージョンは、名曲だけあって山ほどありました。中にはアルゼンチンのプログレバンドのカバーとか変り種もありました。
YouTubeでみると、皆さんそれぞれアルペジオを工夫して弾いていて興味深い。26分にわたるチュートリアルビデオもアップされていましたが、別に完コピにこだわっていませんでしたし。コードの取り方、開放弦の使い方などギターを弾く人なら色々好みがあるので、いくつかじっくり見て下さい。本当に面白いです。
では、聞いた中で一番よかったカバーバージョンをご紹介。



YouTubeのメモがポルトガル語のようですから、ポルトガルかあるいはブラジルの人か。
仙人のようなギターの人と、良く通る声のボーカル、いいですね。白黒の画像も妙にお洒落に感じます。発音が非常に聞きやすく巻き舌でないので、やはり英語ネイティブではない方なんでしょう。
⇒よく見たらスペイン語でした。似ているからわかりませんね。

この動画、ギターはいい意味で簡略化して弾いています。ここまで弾ける方なら完コピしようと思えば出来るはずなので、あえてこだわって無いのでしょう。レイクの弾き語りも、YouTubeのライブをみるとオリジナルと異なるボイシングでやっている部分もあるみたいですし。4thアルバムのオリジナルのギターは、聞き取りにくくて比較が結構大変です。

完コピ至上主義の方は別として、自分の好きなボイシングを入れてみたいとか色々考えながら、この動画の演奏あたりをもとにコピーした方が弾きやすい気がします。曲の雰囲気を少しも損なっていませんし。
譜面至上主義のクラシックではないのだから。

それでは次回(→)、この曲を私なりのカバーにチャレンジしてみよう‥‥

My Dear Life by 渡辺貞夫 (その3)  夜のとばりが‥‥夏休み自由研究

2016年度の夏休み自由研究が、今年も2ヶ月遅れで完成しました。
(昨年の夏休みの自由研究も、10月提出の Room 335 だったっけ。)
だいぶ間が空きましたが、前々回前回とあわせてMy Dear Life3部作が完結しました。
今回は、この曲のカバー作成なので、Songsコーナーです。

しっとりしたいい曲なので、生演奏でやってみたいのですが、セッションではなかなかこういうスローな曲は選択されない。テーマをギターで弾くのもイメージに合わないので、サックスの人にやろうよと持ちかけるも、ある年代以下の人には、渡辺貞夫のMy Dear Lifeと言ってもそもそも曲を(当然 FMの番組も)知らなかったりします。
まずは、カバーを聞きながら読んで下さい。



ということで、今回もBIAB(Band In A Box)でカバーを作ってみました。
BIABは DAWで自分で打ち込むのとは違って、リズム隊を数千種類のバッキングパターンから選ぶようになっています。BIABのいいところは、オリジナルと少し異なったのりのバッキングを選択できて、それが逆に面白い。なんたって、カバーを自演してみようと思うくらいの曲は、大抵オリジナルが耳たこになっていますので。そのバッキングにあわせて、どんな感じで曲を仕上げようかなと自分の創作意欲も刺激されます。オリジナルそっくりにカバーするのって面白くないでしょ?
(そもそも、そっくりに演奏できませんが。)

一番重要なスタイルの選択は”ポップバラードニューエイジ”に。
オリジナルがスローの16Beatなので、その感じを残しつつ、エレピの刻みが少しリズミックで派手目な感じです。渡辺貞夫のしっとり感には太刀打ちできないので、わざとバラードっぽさを少し抜いた感じにしてみました。曲想は、ほぼこのスタイルの選択で決まります。
この曲は、テーマと同じ24小節をソロコーラスで回していき、最後に10小節の大サビが来て、ラストテーマに戻るという構成です。ご参考までコード進行を載せておきます。いつもいうように、このコードにメロディラインを自分でコピーして、ぜひ演奏して楽しんで下さい。これをもとにどこかのセッションでやられるようなことがあれば、本望です。


※このブログでは、C/Dは分数コードを表しています。

さて、テーマは自分のギターで。今回は少ししっとり系ということで Ibanez AS 120 セミアコを使ってみました。Fender Mustang Amp でエフェクトかけどりです。USB接続のライン録音なので、音量がばらついています。トラックをコンプ処理した方が良かったかも。
ソロパートはどうしようかな。やはり渡辺貞夫に敬意を表してして、アルトサックスにと思いましたが、この音はテナーだな多分。ライブではソプラノでやってた時が多かったかな。もちろん演奏はBIABに。

BIABのソロの腕前は、プロとはいえず、かといって使い物にならないような素人ソロでもなく、ちょうど(私くらいの)下手の横好きアマレベルなので、逆に友人とスタジオでやっている感が出て面白い。
何度も演奏させると、その度ごとに一生懸命違うラインでアドリブをとってくれます。リアルなら、いくら友人でも10回も続けて演奏させたらむっとするでしょうが、BIABはひたすらアドリブを演奏してくれるので、今度はこう来たか、と聞いているだけでも結構面白いです。

最初は1コーラスだけ演奏してもらおうかと思ったのですが、せっかくだから大サビもいいよと譲ってあげました。結局、自分のソロパートは1コーラスということに。シンプルな曲なので、こねくりまわさないでさらっと仕上げてみました。
仕上がりを聞いてみると、ローズっぽいエレピののりがいいな。
あとレフトチャンネルのアコギの刻みが何気に効いています。
やはり名曲は、どんなアレンジでもいいですね。

静かな夏の夜のとばりを思い浮かべて聞いて下さい‥‥‥外が台風であっても

Since 2012.9.23
プロフィール

Author:AKISSH
.
休日は、You Tubeで好きな曲を見つけて
コピーしたり、カメラ片手に旅を。
そして海外に飛び出そう。
(このブログについて)
(5th Anniversary)(その1)

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ
画面下を人々がお散歩
旅行お役立ちブログ
検索フォーム

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10