Weekend In 心は L.A.

音楽と楽器、そして時々海外に

 

思い出のSanFrancisco旅行記(2) ハッピーアワーを狙え

一度、ホテルに戻って16時、今度は西方向に散策を。
泊まったホテルは、ほぼ平地にあるのですが、西に向うと道を渡ったところからいきなり山道が始まります。地理関係をみると下の図のようになります。
青星がほぼ海沿いの平地、緑星と赤星が最高海抜になるので、その途中の道のきついこと。


Blue Star: Hilton Hotel Green Star:CoitTower Red Star: Grace Cathedral 2016-1

Miss Mも合流して4人で歩く。
「SFに来たばかりの時は、坂の途中で1回かならず休んでいたよ。」とMiss M。
そうでしょう、この急坂じゃ。山道を登りきったあたりでグレース大聖堂着。


Grace Cathedral 2016-1

この正面、なんかみたことあるな。そう、ノートルダム寺院。ついでにブロンズ製の扉はフィレンツェ大聖堂にそっくり。これはカバーというよりは完コピだ。こんなことしてバチがあたらないのか?と思って調べてみると、19世紀に作られたこの大聖堂、一度火事で丸焼けになって1964年に再建された時に今の形にしたのだとか。再建がコピーの言い訳にはならないと思うけど‥‥

中に入ると、かなり規模の大きい壮大な教会。私は子供の頃から世界史が好きだったのですが、教会という建物も昔からなぜか好きでした。キリスト教うんぬん抜きに、このひんやりとした壮麗な空気感が。
他の国でも、歩き疲れると街中の教会の中に入って、ぼーっと休んだりすることが結構あります。



中を歩いているとパイプオルガンの演奏が始まりました。このパイプオルガンの音がまた大好きです。
木の椅子に座ってパイプオルガンを聴いていると、心が浄化されるような気がして。
観光地の教会は、中が明るくて観光客でざわざわしているところも多いのですが(マカオはそういう教会が多かった。)、ここは中も暗く夕方なのに我々以外だれもいない。
またSFに来たら、ここのパイプオルガンを聞きに来たい。


Lobby, Fairmont San Francisco Hotel 2016-1

この教会のすぐ近くにあるのが、Fairmont San Francisco Hotel。
フェアモントと言えば、この直前の旅行記で書いたカナダで泊まった一流ホテル。さっそくこのホテルに入ってみました。なにしろSFで一番高級なホテルということだったので。有名なホテルをちょこっと覗いて見るのも、海外旅行の楽しみの一つです。ロビーの端っこのソファに座って見回すと、あちこちでスーツを着た紳士やドレスをまとった淑女が談話中。カジュアルな私達は少し目立ったたかも。
ロビーに入るとホテルの格がすぐにわかるし、季節のデコレーションがされていたり、クリスマス前後は生バンドや聖歌隊がコーラルを歌っていたり、いろいろ楽しめます。
あとで調べたら一番安い部屋が1泊8万円。これは泊まれないな。


Glden Gate Under Cnstruction 2016-1

面白い写真みっけ。これ、工事中のゴールデンゲートじゃない?歴史的な写真ですね。

この一帯、NOB Hillをだいぶ歩いたので、夕食はMiss Mの行きつけのレストランに。
住宅地の中にある落ち着いたシーフードレストラン。19時まではハッピーアワーで生牡蠣が安くなるとか。まだ18時、ラッキー。
アメリカというとステーキばかり食べているイメージですが、日本人が想像する以上にシーフードはメジャーで、特に牡蠣は非常にポピュラーな食材です。


We Got Happy Hour's Oysters 2016-1

養殖方法が異なるのか、海水が違うのか、こちらでは牡蠣にあたるというのは余り聞かなくて、生で食べるのが当然だとか。あっという間に「生牡蠣」Oysterを4人でぺロリ。ハッピーアワーなので当然もう一皿。
クラムチャウダーにメインディッシュにと美味しいディナーでした。


Hyde Street Seafood House 2016-1

ブログを書く上でお店の名前を控えておかなかったのがミス。日本のガイドブックには載っていなかったお店なので。確かハイドストリート沿いだったよなと思い、グーグルアースで付近を歩き回ってみると、やはりハイドSt.沿いに「Hyde Street Seafood House」を見っけ。そのままの名前でした。
それにしても、日本のデスク上のパソコンで、SFの街並を歩き回れるなんて21世紀の世界だ。


Vacant Cable Car 2016-1

夕食を食べて腹ごなしを兼ねてホテルまで歩きます。
冬は暗くなるのも早く、19時を過ぎると歩いている人もほとんどいない。このあたりはSFでも一番治安のいい高級住宅地付近なので大丈夫とは思うけど、アメリカはアジアと違ってやはり少し怖い。

21時、SF名物のケーブルカーが空車で目の前を通り過ぎる。今日の運行は終了か‥‥‥


Since 2012.9.23
プロフィール

Author:AKI
.
休日は、You Tubeで好きな曲を見つけて
コピーしたり、カメラ片手に散策しよう‥‥
写真は私がとったものからです。
(このブログについて)

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ
画面下を人々がお散歩
旅行お役立ちブログ
検索フォーム

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 03