Weekend In 心は L.A.

音楽と楽器、そして時々海外に

 

音楽夜話 「ダンナ様はFBI」 これは爆笑もの、そして‥‥

このブログ、音楽と海外旅行話を中心にして、それ以外のイシューは、私の嫌いな日記的ブログにならないよう意図的に省いてきました。でも、今回は例外です。

ダンナ様はFBI

「ダンナ様はFBI」(幻冬舎文庫)平成24年発行なので、まだまだ新しい本です。
筆者は田中ミエさんというフリーライター。フリーライターといっても、朝日新聞のコラムを10年以上連載していた方ですから、その世界では相当有名な方でしょう。私は朝日新聞を読まないので、存知あげませんでしたが。

中身は、まさに表題どおり、30代キャリアウーマンの前に忽然と現れた現職FBI氏が、なぜかプロポーズして、日本で一緒に暮すなかでのまさかの出来事。

出会いは、ホテルの廊下でVIPをガードするFBI氏が、何かの誤解でミエをとうせんぼ。腹立ち一杯で帰宅した自宅に、深夜そのFBI氏から電話がかかってくる。電話番号どころか名刺交換さえしていない(むしろ廊下で10分ほど喧嘩しただけの)相手からなぜ?
なぜなぜと言っているうちに、なぜか結婚。
このあたりのエピソードも色々書かれているのですが、小説なら、そんな馬鹿な!で一蹴されてしまうような内容。しかし事実は小説より奇なり。
(以下、FBI氏のことを筆者が書いているようにダーリンと呼びます。)

結婚後、ダーリンはFBIをセミリタイアして日本に定住。
FBIでは、外国の麻薬シンジケートを追跡、壊滅するチームに所属していたとかで、そのエピソードも書いてあるのですが、中身が凄い。銃撃戦で自分の同僚がすぐ脇で撃たれて死亡した時もあったとかで、40歳になって生き残っている人は、概ねリタイアするのだとか。このあたり、もっと読みたい感じがするのですが、おそらく絶対口外するなとダーリンから口止めされているのでしょう、ごく一部だけ紹介してあります。


Narcissus

そして本題は、日本での新婚生活。極力ネタばれにならないよう、最小限に抜書きで。

ダーリン「まさか自宅に来た郵便物をそのまま捨ててないだろうね。世界中の事件が、最初は文書漏洩から起こっているのだよ。ウォーターゲート事件だってそうだった。君の手紙だって世界中で悪用される危険があるのだよ。」
ミエ(日本の雑誌ライターの家に来る手紙が原因で起こる、世界的な事件なんてある訳無いでしょ!)⇒ 心の声。当然、ダーリンには言えず。
ダーリン「最新式のCDも処理できるシュレッダーを直ちに用意して欲しい。」

アメリカから日本への移住は手間がかかるようで、婚約中、アメリカからしばしば働いているミエに上のような電話がかかってくる。まだ昭和時代で、Eメールも無かった頃ですから。
インターネットもない時代に、苦労して業者を探して電話をすると、
業者「あんた、何者? 誰かに頼まれてるの? CDを処分できるシュレッダーだなんて、やばい仕事してるんじゃないだろうね?」とガチャ切り。

ともかく、こんなエピソードが満載なのですが、このダーリン、身長187cm、体重100kg超の金髪とあって、どこからみても普通の人じゃない。その普通じゃない人が、超真剣にミエに色々な指令を下すのが、目の前で交わされているようで、何度も噴き出してしまいました。ミエも「いつの間にかに下っ端のFBIになったよう」に奔走。

一方、ダーリンがミエを愛しているのもひしひしと伝わってくる。
でもその伝え方が、もう少し普通のやり方があるでしょ、とミエ。
ほのぼのする部分もあるのですが、やっぱり爆笑のところが多い。加えて、職業柄か、ダーリンが異常に正義感が強いサムライのような男で、言っていること1本筋が通っているので、なおさらやっかい。
でも、正義感とは私が一番大切にしている価値観なので、そういう熱い男と1度、話してみたかったよ。


The Jail in Alcatraz 2016.1

私の下手な紹介文でこれを読んでみようと思った方、カフェで読むのは要注意です。本当に、コーヒーを吹く危険がありますから。今はネットですぐに探せるし、売れた本らしく中古でも結構出回っています。私は、月2通いのブックオフで108円で買いました。
あっ、買うなら必ず単行本でなく文庫本を買って下さい。文庫本に追加された終章を読まなくては、意味がないと言っても言いすぎではないですから。

終章のネタバレをする訳にはいかないので、何も書けないのですが、一番心が震えたところは、ミエと2人の間の一人娘がサンフランシスコのアルカトラズ島を訪れた時の次の一言。(新婚生活からかなり時間が経っています。)


娘は、アルカトラズ島の隅々までカメラ片手に見て回り‥‥‥‥6時間も島にいたのである。


昨年、アルカトラズ島に自分が行って、そこに6時間いるということがどういうことか痛いほどわかるので、娘さんの心を思うと本当に涙がこぼれそうでした。
読んでよかった‥‥

勝沼 ぶどうの丘ワインカーブで試飲三昧

1泊旅行というと、海好きゆえ、どうしても伊豆や房総に行くことが多いのですが、今回は珍しく中央高速で山梨へ。というのも、勝沼周辺は日本有数のワインの産地で、ワイナリ―で飲み放題のところがいくつもあると聞き、ワイン好きとしては、これは1度行ってみないといけないなと。しかし、車で旅行中まさか途中でワイン飲み放題は無理だよな、やはりバスツアーの人向けか。と思っていたら、ホテルに併設されているところを見っけ。これは行くしかない。
長い笹子トンネルを抜けると甲府盆地に。勝沼ICはすぐでした。意外なほど東京から近いのに驚き。


緑がこぼれてきそうな階段  2017.6

まずは大善寺。別名ぶどう寺。
この日は、梅雨の合間で快晴だったので緑がまぶしい。翌日も含めていくつかのお寺を回ってみたのですが、ほとんどが甲府盆地のへりにある山寺でした。山寺にはやはり歴史的な意味があるのだと思います。軍事上の理由とか、宗教上の理由とか。
国宝の薬師堂も良かったのですが、そこまで登っていく階段の山道の緑が素晴らしかった。
平日に行ったので私達の他に1人もいない、幽玄のひと時でした。


誰もいなかった薬師堂  2017.6

お次は市内にある宮光園。
メルシャンワインという名前を聞いたことがあると思いますが、ここがその発祥の地。
あの明治の偉人、大久保利通がフランスに行って人々が食事中にワインを楽しむ姿をみてショックを受け、国からワイン奨励の通達をだした。それを受けて、明治10年にフランスに渡ってワインづくりを学び操業したとのこと。頑張って西欧に追いつこうというエピソードの1つでしょう。明治のころからワインなんて飲んでいたのかと思ったら、全然売れなくて1度つぶれて再建したりと、相当なご苦労があったようです。そうでしょうね。


手動ぶどう絞り器  2017.6

宮光園には、昔のワイン製造や貯蔵の跡が残されていて、興味深かったです。
この偉業を成し遂げたのが、宮崎光太郎。なるほど、だから宮光園か!


明治時代の貯蔵庫は夏でもひんやり  2017.6

ワインの試飲のために15時のチェックイン時間直後にホテル着。せっかくのワイン、夕食の前に試飲したいですから。試飲自体はほぼ1日中やっているのですが、翌朝試飲したら帰れなくなってしまうし。
ワインカーブ(ワイン貯蔵庫)に入る時に、試飲するための容器を1100円で購入。これが入場料みたいなものです。(試飲しない人は無料で見学できます。)この試飲容器、ちょうど1本のろうそくを立てるような平べったい金属製の小皿で、一杯100ccの小ぶりなもの。

外は30度近い快晴だったのに、ワインカーブの中はひんやり。白ワインの部屋と赤ワインの部屋があって、それぞれ数百本のワインが貯蔵してあります。部屋の真ん中には、試飲用のワインがずらっと並んでいて、それぞれ30種類以上は有りそう。

ワイナリーでの試飲なんて初めてなので、やり方もわからず端から飲んでみる。日ごろ、国産ワインなんてほとんど買わないので、想像がつかない。確かに、1本1本、味も香りも異なっていて、フルーティーなのもあればドライなのもある。ワインセラーに並んでいるワインはすべて試飲可能でスタンバイ。よし、全部飲み比べてんで一番美味しかったのをお土産に買っていこう。(観光客相手のワインカーブなので、値札もちゃんとついてます。)


全部飲めるかな  2017.6

この目論見は、すぐに挫折しました。3本位飲むと、最初に飲んだ味を忘れてしまい、この中でどれが美味しいという比較が出来なくなってくる。まさに未開人の「1つ、2つ、3つ、たくさん」という感じ。これはいかんと、気に入ったものをスマホショットで記録しつつ先に進む。「うん、これはおいしい。2本目に飲んだのとどちらが美味しいと思う?」と伴侶と相談。前に戻って飲み比べる。どちらもいいな。後のワインをもう一度飲む。こんなことをやっていると、すぐに飲み過ぎ状態に。

いくら小さな試飲容器といえども、十数杯飲むということはワイン瓶半分以上は飲んでいる。酔っぱらって駄目というほどではないにしても、沢山のむとどうしても味がわからなくなってくるのは、誰しも経験があると思います。最初は、試飲容器になみなみついでいたのが、途中から底がひたひたになる程度、口に含む位になってきました。

部屋の端には、大きな壺があって、試飲したワインを吐き出して下さいとのこと。利き酒は酒を飲んではいけない、という知識はありましたが、ワインを吐き出してまで試飲したくもないので、結局、最後まで飲んでいました。ともかく、今日、快晴でのどが渇いていたし、心地よくワインを飲みたい一心で。


どこにいっても1面のぶどう畑  2017.6

面白かったのは、勝沼の色々なワイナリーのワインが置いてあるのですが、味と香りが製造会社(ワイナリー)毎に明らかに違う。一つのワイナリーにつき白、赤4種類位づつのワインが並べてあるのですが、同じワイナリーのワインは明らかに同じ傾向。「あれ、これ5本前のやつと似た香りだ。」と戻ってみるとやはりそう。よかった、ワインの味、一応わかっているるんだ。


部屋からもほぼ同じ光景が。山が迫ってくる迫力がどうしても出ない。  2017.6

今回泊まったところは「ぶどうの丘」(甲州市)。どうも公的資本で作られたところのようで、運営を民間に委託しているのでしょうか。とても安価だったので、それほど期待はしていなかったのですが、とんでもない!部屋は広くてきれい、別棟にある露天風呂は、甲府盆地の夕日を見ながら入れる。
そして一番感激したのが、部屋から見た風景。カーテンを開けると、目の前がなだらかな斜面で見渡す限りのワイン畑。そしてそのまま山に連なっていく。日本でないみたいだね~とは伴侶の感想。確かに、これで羊でもいたらニュージーランドかも。

東京に住んでいるのなら絶対にお勧めの場所。というより、どちらかというと他人に教えたくないな。TVの旅番組で取り上げられないのが不思議な位。問題は、部屋数が少ないので週末は予約開始と同時にすぐに埋まってしまうこと。多分、リピーターも多いのでしょう。今回のように、平日に泊まれるチャンスがあれば絶対のねらい目です。


木によって味が違うさくらんぼ  2017.6

翌日も、ハーブ園にさくらんぼ狩りにと回ってみました。
佐藤錦という、一番有名なさくらんぼ。スーパーで買うと少量ですごく高いので、どうしても輸入もののチェリーに手が伸びてしまう。その佐藤錦を木からもいでの食べ放題も楽しかった。これだけ食べたらいくら分かな?とすぐに計算してしまうのが庶民ですが。(笑)

そんなこんなで、初のワイナリー巡りは終了。絶対にまた来よう。

思い出のSanFrancisco旅行記(10) 最終回‥‥サンフランシスコ旅行7つのヒント

翌日は、Golden Gateを北に渡ったところにある、Old Hilary教会に。サンフランシスコ湾を望む高台にある、真っ白で綺麗なしかも落ち着いたたたずまいの教会です。雨がちでしたが、霧雨にサンフランシスコ湾が浮かび、時折、陽がさすような雰囲気のあるひと時でした。ここでのことは、いささかプライベートなので省略。


White Chapel 2016.1

Golden Gateの北側は、ソーサリートという小さな港町があったりと、SF市街とはまた異なる素敵なところです。今回は時間が無かったのですが、次回はぜひ来て見たい。少し根性があれば、SFからレンタサイクルで来ることだって可能です。(3時半から6時半までは、自転車はGolden Gateを渡れないのをお忘れなく!)

ここからさらに車で30km程北に行けば、カリフォルニアワインで有名なナパバレーとか、グリズリーアイランド野生保護区とか、いろいろな見所があります。
ベイブリッジを東に渡れば、大学で有名なバークレーが、SF空港からさらに30km南下すればシリコンバレーの中心地、サンノゼ(San Jose)が。


Crystal Silence 2016.1

つい半月ほど前、NHK-BSの「世界ふれあい街歩き」という番組で「カリフォルニアの古都、サンノゼ」を放映してました。この番組、毎回、世界のある都市を朝から晩まで歩き回って、そこの人たちと話したり交流をするという、観光名所紹介番組とは一味違う、私の大好きな番組でもあります。

”Do You Know The Way To San Jose ?”という曲をご存知でしょうか?
オリジナルはバートバカラック作曲で、ディオンヌ・ワーウィックが歌っているアメリカンポップス。
子供の頃に聞いて、アメリカのウェストコーストってどんなところかな?と感じた思い出の1曲。
余りに懐かしいのでここに貼り付けておきます



‥‥ここまで書いたら、カーペンターズのこの曲が好きだという伴侶の声が。
そう、Burt Bacharach Medleyの中のこの曲カバーバージョンは凄くいいです。
下書きでは書いていたのに、なぜかカットしてしまった部分を復活します。
カレンがドラムを演奏しながら歌っているバージョンがいくつかYouTubeにあがっていますが、変り種ということで、どこかの大学キャンパスの屋外ライブを。少しラフで生き生きとしたライブ感が見所のお宝画像です。カレンの姿から、彼女の20代初期の頃でしょう。
”Do You Know The Way To San Jose ?”はメドレーの一番最後、5:20から。
カレンのドラムのフィルインはいつ聞いてもタイムがいいですね。


(Live at Walter Reed Army Medical Center November 8.1970 でした。)

SF旅行は、この日の夕食も、翌日の帰国もあるのですが、このあたりでとりあえず終了とします。SFには、また必ず来るでしょうから、その時の旅行記にとっておかないと。そう、本ブログの表題になっているL.A.も、もう20年前に行ったきりなので、また行きたいです。


Osso Stake House 2016.1

最終回なので、サンフランシスコに関して少しだけ旅行のヒントを書いておきます。
参考になれば幸いです。

(Tips その1)アメリカ本土、どこに行くか迷っているならSFが一押し
アメリカの都市は基本的に巨大なので、車で回らないと中々楽しめません。レンタカーは難しいのでバスツアー頼りになってしまいがち。自力で歩きまわれるといえば、SFとNY位ではないでしょうか。(でもNYは遠い。)SFはとても旅行しやすい街です。

(Tips その2)個人旅行で十分楽しめる
ということで、航空チケットとホテルさえ予約すればOK。市内観光は、公共交通機関利用で、1人でも簡単に回れます。アメリカの大都市はホテルがどこも高いので、アジアのような低価格とはいきませんが、何も考えずに予約しても、パック旅行の2/3位で旅行できちゃいます。

(Tips その3)シーフードがともかく美味しい
アメリカというと、昼間からどデカイステーキが出てきてもういいよ、となりがちなのですが、SFはシーフードレストランが非常に多く、(多分)どこに入っても美味しいです。特に、生牡蠣が好きな人は天国です!

(Tips その4)市内観光は、ミュニバスで回ろう
これは、今回の旅行記(7)「ホンさんで朝食、驚きのミュニバス」の回を読んで下さい。
SFの市街地の半分位を、1日$4.5で回りました。


Dinner At Nob Hill 2016.1

(Tips その5)ベタな観光地も、はずせない
Golden Gateにフィッシャーマンズワーフ、ケーブルカー。ガイドブックの最初の見開きに載っている場所は、やはりはずせません。遠目に見るのでなく、自分の足で歩くのをお勧めします。

(Tips その6)アルカトラズ島に行くなら、絶対に「アルカトラズからの脱出」を見よう
もし、貴方がアルカトラズ島に行って、あの監獄を見るつもりなら、日本出発前に、絶対この映画を見て下さい。感激が100倍になります。絶対に。

(Tips その7)やっぱりアメリカ、危険地帯には近づくな
SFの治安は、アメリカにしてはいい方だと思います。ただ、夜は一部を除いて人通りが少なくなるので気を抜かず、どうしても行きたいところがあるならタクシーを利用。危険地帯ははっきりしている(少なくとも3箇所ある。)ので、そこは、夕方以降、絶対に近寄らないように。

West Coast,San Francisco、また必ず来るからね‥‥(完)


Old St. Hilarys Chapel in Autumn 2016.1

ANA JAL マイレージをどんどん貯めることが出来るポイントサイト
私も、ここでマイレージを貯めて、海外旅行に行っています
(このバナーから登録をすると、貴方に30ポイントがプレゼントされます)
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

思い出のSanFrancisco旅行記(9)  サンフランシスコの光と影

アメリカのTVドラマ、フルハウスというのを知ってますか?
男手一人で子供たちを育てる9年に渡って放映された大人気ドラマで、日本でも長い期間放映されていました。ミュニバスで数駅乗ると、アラモスクエア公園に到着。この公園と道を隔てた7軒のビクトリアンハウスが、そのドラマの有名なロケ地です。
ビクトリアンハウスは、別名ペインテッド・レディーとも呼ばれていて、昔、大富豪が7人の娘に買い与えたとか。芝生の斜面のベンチから写真のように見える7軒の家はおもちゃのミニハウスのような可愛らしさ。もちろん普通の市民が住んでいるので、家の前でパチパチ写真を撮るのはご法度ですが、公園からのショットはSFの絵葉書やガイドブックに必ず載っているヴューポイントです。


Victorian Houses 2016.1

公園は丘の上にあってSFの市街地から湾まで一望できる、これまたSF有数のビューポイント。公園自体は別に変わったことはないのですが、ドラマフルハウスのオープニングに必ず出てくるところなので、それで有名になったとか。
ちなみにドラマでフルハウスの家族が住んでいた家も、この公園のすぐ近くという設定になっていましたが、実際は、もう少し別の場所にある家だったらしいです。
SFは、ごく単純に言えば、標高の高いところは見晴らしがよく地価も高く、従って高級住宅地になっています。つまり、ここはノブヒルと並んでSFの高級住宅地。


Alamo Square Park 2016.1

さて、再びミュニバスに乗り、SF観光のハイライト、ケーブルカー始発駅に向かいます。
前回からのSF市街地散策を下の地図で確認しておくと、ファイナンシャルディストリクトにあるホテルから、反時計回りにGolden Gateまでバスで行き、少し戻って今度はフィルモアストリートを南下。アラモスクエア公園前の7姉妹を見て、そこから真東に向かう、というルートになります。

その真東に向かうバスが曲者でした。
赤の矢印で書いた部分は、テンダーロイン地区といって、SFの中で一番治安の悪いエリア。SFのシティホールもこの辺りにあります。(市役所に用事があっていく人は大変だ。せめて市役所周辺位、治安の回復に努めて欲しいものです。)


Red Star=Alamo Square Park Blue Star=Cable Car Station   2016.1

窓の外を眺めていると、さっきの高級住宅地の街並みはすぐに一転し、ビルの壁が崩れかけ、歩道はめくれ上がった、スラム街という風景になりました。何より、お店というお店の前面にすべて鉄格子がはまっている。あまりにも急な場面チェンジにびっくりしていると、乗車してくる人が皆、黒人、あるいは中南米系という人たちだけになり、服装も、破れたシャツにビーサンのようなラフな感じ。(人種差別をしている訳ではないのですが、事実としてこのようにしか形容できないので。)

距離にして1km弱、バス停にして4つ程度の間、我々3人はバス後方席で小さく固まっていました。15時という真昼間だったので、これ以上のことは無かったのですが。写真を撮るどころか、カメラとスマホはバッグの奥底にしまったままでした。ここが悪名高きテンダーロイン地区、夜はもちろん昼間でも歩いてはいけないといわれている地区でした。
5分前までいたアラモスクエア公園がSFの光なら、こちらは暗闇。暗闇の部分は冗談ではすまないことが沢山あるようです。先日も銃の発砲事件があったとか。これもアメリカだ。


Single Ride Ticket  2016.1

さて、気分を変えてケーブルカー。
マーケットストリートとパウエルストリートが交差するところが始発駅。片道$7とバスに比べてちょっとお高めなので、地元の人は余り利用しないようで、ほとんどが観光客。3路線あるのですが、真北に向うパウエルメイソンラインに、オフシーズンのこともあり全然待たずに乗車。

ちなみに、ここで北から来たケーブルカーをターンテーブルに乗せて、手動で180度ぐるっとまわして北行きに変える、そのシーンはなかなか見ものです。ケーブルカーはどんどん来るので、15分もチケットブース横に立っていれば(乗車しなくても)見られます。
この旅行記の、(6) 雨のサンフランシスコを歩く、でその動画を載せてありますので、ぜひご覧下さい。


SF City View From The Cable Car 2016.1

体を半分乗り出しながら乗っていると、自動車や歩行者がすぐそこにいて、臨場感抜群。また、どの路線もSFの一番標高の高い部分を越して北側の湾に向う路線なので、アップダウンもダイナミックで、北に下る時は前方に海が広がって素晴らしい景色。天気のいい日はもちろんですが、夜とか雨の日でさえもそれなりに楽しめそう。ベタと言われようとも、やっぱりケーブルカーははずせません。


At Half Past 4 p.m. 2016.1

16時半と陽がだいぶ翳ってきました。
今日の最後は、世界で一番のぐにゃぐにゃ道といわれているロンバードストリートに。
せっかくケーブルカーで海側の平野に出たのを、また引き返して丘の上まで歩く。SFは街を散歩するだけでトレーニングができるという健康的な街でもあります。
ここは写真をみれば一目瞭然で、急斜面にできた道を車でみんな降りていく。標識にあるように、最高時速は5マイルでスケボーは禁止。でも、自転車2人乗りの若者が下って行ったよ、自転車はいいのかな。


Let's Go Down The Lombard 2016.1

もちろん碁盤の目の道路網なので、1本ずれれば普通の道があります。ということで、この道は、皆、わざわざここを下るためだけに、やってくるようです。坂の上からみていたら、色々なナンバーの車が次から次へとやってきた。

沿道の家はごく普通の家なので、365日、家の前を車が列を成しているのは大変だろうな。
1台通るごとに$1とれれば‥‥‥まさかね‥‥‥

Since 2012.9.23
プロフィール

Author:AKISSH
.
休日は、You Tubeで好きな曲を見つけて
コピーしたり、カメラ片手に旅を。
そして海外に飛び出そう。
(このブログについて)
(5th Anniversary)(その1)
(5th Anniversary)(その2;音源編)
(5th Anniversary)(その3;音源編)

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ
画面下を人々がお散歩
旅行お役立ちブログ
検索フォーム

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06