Weekend In 心は L.A.

音楽と楽器、そして時々海外に

 

思い出のSanFrancisco旅行記(10) 最終回‥‥サンフランシスコ旅行7つのヒント

翌日は、Golden Gateを北に渡ったところにある、Old Hilary教会に。サンフランシスコ湾を望む高台にある、真っ白で綺麗なしかも落ち着いたたたずまいの教会です。雨がちでしたが、霧雨にサンフランシスコ湾が浮かび、時折、陽がさすような雰囲気のあるひと時でした。ここでのことは、いささかプライベートなので省略。


White Chapel 2016.1

Golden Gateの北側は、ソーサリートという小さな港町があったりと、SF市街とはまた異なる素敵なところです。今回は時間が無かったのですが、次回はぜひ来て見たい。少し根性があれば、SFからレンタサイクルで来ることだって可能です。(3時半から6時半までは、自転車はGolden Gateを渡れないのをお忘れなく!)

ここからさらに車で30km程北に行けば、カリフォルニアワインで有名なナパバレーとか、グリズリーアイランド野生保護区とか、いろいろな見所があります。
ベイブリッジを東に渡れば、大学で有名なバークレーが、SF空港からさらに30km南下すればシリコンバレーの中心地、サンノゼ(San Jose)が。


Crystal Silence 2016.1

つい半月ほど前、NHK-BSの「世界ふれあい街歩き」という番組で「カリフォルニアの古都、サンノゼ」を放映してました。この番組、毎回、世界のある都市を朝から晩まで歩き回って、そこの人たちと話したり交流をするという、観光名所紹介番組とは一味違う、私の大好きな番組でもあります。

”Do You Know The Way To San Jose ?”という曲をご存知でしょうか?
オリジナルはバートバカラック作曲で、ディオンヌ・ワーウィックが歌っているアメリカンポップス。
子供の頃に聞いて、アメリカのウェストコーストってどんなところかな?と感じた思い出の1曲。
余りに懐かしいのでここに貼り付けておきます



‥‥ここまで書いたら、カーペンターズのこの曲が好きだという伴侶の声が。
そう、Burt Bacharach Medleyの中のこの曲カバーバージョンは凄くいいです。
下書きでは書いていたのに、なぜかカットしてしまった部分を復活します。
カレンがドラムを演奏しながら歌っているバージョンがいくつかYouTubeにあがっていますが、変り種ということで、どこかの大学キャンパスの屋外ライブを。少しラフで生き生きとしたライブ感が見所のお宝画像です。カレンの姿から、彼女の20代初期の頃でしょう。
”Do You Know The Way To San Jose ?”はメドレーの一番最後、5:20から。
カレンのドラムのフィルインはいつ聞いてもタイムがいいですね。


(Live at Walter Reed Army Medical Center November 8.1970 でした。)

SF旅行は、この日の夕食も、翌日の帰国もあるのですが、このあたりでとりあえず終了とします。SFには、また必ず来るでしょうから、その時の旅行記にとっておかないと。そう、本ブログの表題になっているL.A.も、もう20年前に行ったきりなので、また行きたいです。


Osso Stake House 2016.1

最終回なので、サンフランシスコに関して少しだけ旅行のヒントを書いておきます。
参考になれば幸いです。

(Tips その1)アメリカ本土、どこに行くか迷っているならSFが一押し
アメリカの都市は基本的に巨大なので、車で回らないと中々楽しめません。レンタカーは難しいのでバスツアー頼りになってしまいがち。自力で歩きまわれるといえば、SFとNY位ではないでしょうか。(でもNYは遠い。)SFはとても旅行しやすい街です。

(Tips その2)個人旅行で十分楽しめる
ということで、航空チケットとホテルさえ予約すればOK。アメリカの大都市はホテルがどこも高いのでアジアのような低価格とはいきませんが、何も考えずに予約しても、パック旅行の2/3位で楽しめます。

(Tips その3)シーフードがともかく美味しい
アメリカというと、昼間からどデカイステーキが出てきてもういいよ、となりがちなのですが、SFはシーフードレストランが非常に多く、(多分)どこに入っても美味しいです。特に、生牡蠣が好きな人は天国です!

(Tips その4)市内観光は、ミュニバスで回ろう
これは、今回の旅行記(7)「ホンさんで朝食、驚きのミュニバス」の回を読んで下さい。
SFの市街地の半分位を、1日$4.5で回りました。


Dinner At Nob Hill 2016.1

(Tips その5)ベタな観光地も、はずせない
Golden Gateにフィッシャーマンズワーフ、ケーブルカー。ガイドブックの最初の見開きに載っている場所は、やはりはずせません。遠目に見るのでなく、自分の足で歩くのをお勧めします。

(Tips その6)アルカトラズ島に行くなら、絶対に「アルカトラズからの脱出」を見よう
もし、貴方がアルカトラズ島に行って、あの監獄を見るつもりなら、日本出発前に、絶対この映画を見て下さい。感激が100倍になります。絶対に。

(Tips その7)やっぱりアメリカ、危険地帯には近づくな
SFの治安は、アメリカにしてはいい方だと思います。ただ、夜は一部を除いて人通りが少なくなるので気を抜かず、どうしても行きたいところがあるならタクシーを利用。危険地帯ははっきりしている(少なくとも3箇所ある。)ので、そこは、夕方以降、絶対に近寄らないように。

West Coast,San Francisco、また必ず来るからね‥‥(完)


Old St. Hilarys Chapel in Autumn 2016.1

ANA JAL マイレージをどんどん貯めることが出来るポイントサイト
私も、ここでマイレージを貯めて、海外旅行に行っています
(このバナーから登録をすると、貴方に30ポイントがプレゼントされます)
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

Since 2012.9.23
プロフィール

Author:AKI
.
休日は、You Tubeで好きな曲を見つけて
コピーしたり、カメラ片手に散策しよう‥‥
写真は私がとったものからです。
(このブログについて)

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ
画面下を人々がお散歩
旅行お役立ちブログ
検索フォーム

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06