Weekend In 心は L.A.

音楽と楽器、そして時々海外に

 

マレーシア1人旅珍道中 (4) 高速バスでミャンマーのガイと並ぶ

今日、向かうマラッカは、14世紀にマラッカ王国が建国されたが、東洋と西洋を結ぶ海上交通の拠点という地政学的な特徴ゆえ、明、ポルトガル、オランダ、イギリス、日本と世界の列強に翻弄された歴史をもった地域。色々な国に支配されたということは、今となっては色々な国の建物が残っているということで、都市全体が世界遺産となっている。地図を見ると、ヨーロッパからアジアに船で向うためには絶対に通らなくてはならない、海の要衝の地であることが一目瞭然。


(出典)アジア見聞録  Blue Star=Malacca

さて、長距離バスは全指定席のはずなのに、私の19番シートには既に誰かが座っていた。これは何かの間違いであろうと「私の席は窓側の19番シートですが?」と声をかけると、お母さんに悪戯が見つかった子供のような顔で、先客は通路側18番シートに移動した。
ったく、油断もスキもありゃしない。
座ってからその人をちらっと見ると、かなり若い兄ちゃんだ。おまけにニコニコと人のよさそうな顔をしている。ニコニコしている人がすべて善人だと決めつけるのは、海外旅行では非常に危険だと読んだ記憶もあるが、少なくとも隣で苦虫をかみつぶした顔をされるよりはずっと気持ちがいい。
行きの飛行機で隣の人に声をかけそびれてしまったので、ちょっと反省して、どうせ一人旅、旅は道連れの気持ちで積極的に声をかけてみようと決めていた。

(教訓その3)1人旅なら、周りの人に思い切って話しかけてみよう。

(会話はもちろん英語ですが、読みやすいよう、私の言葉は日本語で、相手の言葉はカタカナで書くことにします。)
私「マレーシアに住んでいる方ですか?」
相手「イエ、ワタシハ、ミャンマーノヒトデスヨ。」
「マレーシアにはちょくちょく遊びに来るとか?」
「イエ、マレーシアニハ、ハジメテデスヨ」
「ミャンマーからだと2時間位かかるの?」
「イエ、バスデキタノデ、1ニチイジョウカカリマシタヨ」

日本人にとっては、マレーシア人とミャンマー人など到底区別つかない。てっきりマレーシアの人かと思った。また、今回の旅行で、日本人は海外旅行といえば飛行機が当然だが、アジアでは飛行機での旅行は相当な贅沢で、海外旅行といえばまずバスということを知った。日本人としてバスでの海外旅行が、そもそも想像できないのは止むを得ないが。

それにしても、ミャンマーからマレーシアまでバスで来るなんて、まったく想像が出来ない。ある意味、イースター島に飛行機で行く以上に謎の旅行だ。マレーシアとミャンマーは国境を接しているのか、途中にタイランドが挟まっているのか知っている日本人はほとんどいないだろう。
(正解は後者ということを今知りました。)


Shops In The Malacca Sentral Terminal       2016.8

こうして、バスでの2時間はミャンマーの若者と話に花が咲きました。となれば良かったが、そうはいかなかった。この若者、シャイな性格なのかと思っていたが、どうも英語が達者でないようだ。私だって日常会話がやっとではあるが、普通に進んだのは最初の10分位で、だんだん返事が怪しくなってきた。
私の簡単な質問にも、しばらく考えてから「イエス」と返事がくる。
「マラッカで最初にどこを見る予定?」という、絶対イエス、ノーで答えられない問に対しても、しばらく考えてから「イエス」。そして返事が怪しくなってくると同時に一層ニコニコ顔になってくる。

成程、アメリカやヨーロッパで、日本人は何を聞かれてもニコニコしてイエスとしか言わない、ということはこういうことだったのか。この手の話は、もちろん英語が出来ない日本人を馬鹿にした小話なのですが、このミャンマーの若者を馬鹿にする気は全然おきなかった。ミャンマーにはミャンマー語という立派な言葉があり、英語が出来るかどうかで文明人か否かを判断するような感覚は大間違いだと思う。
ただ、異国人どおしコミュニケーションを図るには、やはり英語が現実的だ。ミャンマー語なんて筆談でも無理だし。

(教訓その4)外国人だからといって、英語が話せると思ったら大間違いだ。


The Young Guy From Myanmar 2016.8

残念ながら貴重な2時間を、イエスと笑顔の連続で過ごす余裕が私にはなかった。マラッカでどうやって歩き回るか概ね計画を立てたいし、お昼をどこで食べるかもざっと当たりをつけておきたい、、、、、正直いえば窓の外の景色だって貴重な1コマコマだ。
日本語であれば、適当に会話しながら地球の歩き方を読むことだってできるけど、やはり英語で会話するとなると、片手間に会話を進めるというのは難しい。

ミャンマーの人なら、2年前にアウンサン・スー・チーの映画を見て感動したよと話そうかと最初、一瞬頭を横切ったが、我々2人がアウンサン・スー・チーの映画をネタに、軍事政権時代のミャンマーの話するのは、映画「メッセージ」でエイミー・アダムスが異星人と会話をする位の苦労が必要だっただろう。

結局、記念に1枚一緒に写真を撮ったあと、私は本で情報収集をし、景色を眺めることに。
もう少し意思が通じたら面白かったのにな、残念だよ、ミャンマーガイ。


Rustic Malacca Sentral Bus Terminal 2016.8

高速バスは、マラッカの旧市街に直接アクセスするのではなく、4km離れた郊外のマラッカセントラルというバスターミナルに到着。ちょうど2時間。クアラルンプールのバスターミナルとは似ても似つかない田舎のターミナルだ。そこから地元の路線バスに乗り換えて、約20分でマラッカ旧市街に行ける。

バスターミナルに着き、高速バスを降りる。
最初の30分だけ一緒に話した、ミャンマーガイを目で探す。確か先に降りたはずだが。
10m先をキョロキョロしながら歩く彼を発見。目があった。
あの恥ずかしそうな笑顔が返ってきて、お互い思いっきり手を振った。

あれ、なんだか胸が熱いよ‥‥‥

マレーシア1人旅珍道中 (3) クアラルンプールの朝、テロかっ!?

2日目の朝、マラッカへの日帰り旅行の日なので、少し早めに起きなくてはいけない。緊張していたのか、外がまだ暗いのに目が覚めた。いや違う、何かにたたき起こされた。一瞬、ぼーっとし、やっと何が起こったか認識した。(今回の旅行記は、デアル調でいきます。)

外でものすごい爆音が鳴っている。思わずベッドから飛び起き窓際に立つ。一年中熱帯の高層ホテルなので、窓はもともと開かない。それにも拘わらずこの爆音はなんなのだ!
最近、世界で頻発しているテロかと一瞬思ったが、どうも様子が違う。特に火花が飛び散っている様子も無し。どうもホテルの近くでなく離れたところで鳴っているようだ。しかし離れたところで鳴っていて、飛び起きる位の音量というのは何なのだ。労働者の集団デモかとも思った。以前、インドネシア出張の時に、労働者の大群デモに遭遇し、真昼間1時間ほどホテルに缶詰めになるという苦い経験があったので。しかし、こんな暗いうちからのデモ行進ということはありえないだろう。ともかくクアラルンプールの街全体が、爆音に包まれている。


A Mysterious Roaring Sound, Every Morning (At 7 a.m.) 2016.8

窓際に立って爆音の外を眺めていた。もう一度寝るのはまったく不可能だったし。やがて、爆音は終わった。いったいなんだったのか。時計を見ると朝7時。やっと明るくなってきた。
シンガポールに旅行した時、初めて気がついたのですが、夏の熱帯はかなり日の出が遅い。地軸が傾いているおかげで、夏は高緯度ほど昼間が長くなり、逆に、赤道直下は夏になっても昼が長くならない。(その代り冬になっても昼が短くならない。)言われてみればそのとおりなのですが、既に7時になっているにも関わらず、日の出前後で薄暗いのは、何とも言えず不思議な感覚です。

結局、この轟音が何か気づくのには丸1日かかった。マレーシアをあちこち旅行して、ここはイスラム教の国なんだと知るのに。あれは、サラート(礼拝)の合図なんだ!


Malaysia , The Islamic Country 2016.8

※サラート(礼拝) By Wiki
礼拝は1日5回行う。具体的な時間はその場所と季節の影響により時間が細かく変化する。日の出の1時間以上前には起きて礼拝の準備をしなければならないため、正確に守ろうとするとムスリムは大変な早起きをすることになる。‥‥日の出が早い8月ごろの場合には礼拝の時間は4時前となる。昔はモスクの尖塔の上からアザーン(サラートへの呼び掛け)が行われたが、現在はスピーカーが取り付けられている。

ハーッ、宗教の自由は尊重しますよ。日本国憲法にもあるし。郷に入れば郷に従えというのも賛成です。しかし、睡眠の自由というのもあるのでは?(憲法にはなかったか。)結局、5日とも毎朝、爆音とともにたたき起こされることになりました。まあ、4時前ということはなかったけど毎日6時半スタートでした。外はいつも真っ暗でしたよ。(泣)

(教訓その2)イスラム教の国を旅行した時は‥‥‥郷に入れば郷に従えだ。(泣)

気を取り直して、
今回は、ホテルに朝食を付けていないので、昨晩、ツインタワーで買ってきたフルーツとパンで朝食を済ます。中国や東南アジアでは、基本、外食文化で、朝食も外で食べるのが普通(旅行者だけでなく、住民も)なので。ただ、ホテル周辺が意外とまともなビジネス街で、朝飯屋がなかったので、結局毎日スーパーで買った朝食で済ませてました。


Shop Adress: Under The 3rd Tree, In Front Of The Maya Hotel 2016.8

朝食で肝心なことを忘れていた。
ホテルから直近のKLCC駅に歩いていく途中、写真の露天商がいつも出ていて、ここで結構食事を買っていく人がいる。それも近所のおばさんだけなく、通勤途上のキャリアウーマン風の女性とかも。ツインタワー周辺は、新宿西口と赤坂見附を合わせたような、まともなビジネス街という感じなので、その雰囲気とのミスマッチがなんとも言えない。思わず自分も列に並んでしまった。
朝食も食べたし、何にしようと見るとゆで卵が1個1RM(30円)。最小単位で買えるのがうれしい。チリパウダーがまぶされているところがクアラルンプール風なのか。結局、毎朝、このお店に立ち寄っては「おばさん、ゆで卵1個」と注文することに。お店の住所は”マヤホテル正面左3本目の木の下”

マラッカへは、郊外のバスターミナルから高速バスに乗る。そのバスターミナルまではツインタワー真下にある丸ノ内線KLCC駅から30分だ。昨日はとんでもない駅から歩いてしまったけど、ホテルの前の幹線道路を歩いて10分でKLCC駅に無事到着。


KLCC Sta. 2016.8

ここでまた戸惑ってしまった。駅に着いた8時半は、ちょうど通勤ラッシュの時間だったらしく駅構内がサラリーマン風の人でごった返している。どうもツインタワーにかなりオフィスが入っているらしく、私がツインタワー側の入口から1人降りていくと何百人が向ってくる。降りていく人が誰もいないよ。
どうもこの駅、東京でいえば大手町のような駅らしく、平日の朝、私のようにデイパックをしょって暢気に国内旅行なんていう人間はまったくいない。電車の中もホームもぎゅうぎゅうなので、背中のデイパックが大迷惑。思わず自分の前で抱えて小さくなって乗る。「ったくー朝からなんなんだ、こいつ」と思われているだろうな。

9時過ぎに郊外のバスターミナルに着いた時はほっとしました。お仲間らしきトラベラーも沢山いたし。バスターミナルは沢山の路線が入っていて、電光掲示板はまるで飛行場。かつて見た、上海の向こうの端が霞む位巨大なバスターミナルには負けるけど、日本の地方空港よりは確実に大きいよ。


Huge Bus Station (BTS) 2016.8

マラッカ行きは幹線なので、沢山のバス会社が走っていてどれを買ってもOK。マラッカまで約150kmだから、東京から軽井沢やや手前位か。高速道路が通っているので2時間強で行けるらしい。片道切符、大人1枚で10RM(リンギット)まだ、ピンとこない、日本円でいうと、えっ300円?

今回のマレーシア旅行では、物価感覚の違いに何度も悩まされる、いや、笑わせられるといった方が近いか。軽井沢まで高速バスが300円とは、笑うしかないねこれは。
これがインドなら、バスの屋根がなかったとか、途中でガソリンが無くなって1晩高速道路で夜明かししたとかあるんでしょうが、そんなこともなく、日本で走っていても不思議のない、まともなバスでした。


Like Airport's Electric Bulletin Board 2016.8

さて、バスの中で地球の歩き方でも読んでマラッカの予習をするか。
19番シート、19番シートはこの後ろかな、

おいおい、既に誰かが座っているよ‥‥‥

ニッポンの偉大なギタリスト100人 Guitar Magazine 2017-8

ギターマガジンを買わなくなってから何年経っただろう。
創刊号が出た頃、夢中になってギターを弾いていたのもいい思い出だし、創刊号から5年分の60冊をヤフオクでまとめてオークションに出したら、思わぬ高値がついたのもいい思い出だ。この8月号を思わず買ってしまったのは、そんなノスタルジーからだったか。あるいは特集の表題と、表紙に赤丸で印字してある「完全保存版」という文字のためか。でも真実は、もう少し意外だったりする。



今週、木曜日の帰り、通勤電車がたまたま座れた。だいたい、木曜日の夜の電車なんて、皆、何となく疲れた顔をしているものだ。金曜日だと、またがらっと雰囲気が変わってくるのだけど。
真正面でサラリーマンが疲れた顔で座りながらも、熱心に本を読んでいた。頭が禿げかかって、折ジワの付いたスラックスをはいている姿は、どこから見ても典型的なサラリーマン。私より少し年上だな。

たまたま車両がすいていて、真向かいの人が読んでいる姿がよく見える。この世代のサラリーマンが帰りの電車で読んでいるといえば、週刊新潮か週刊現代あたりのはずだけど、どうももっと大判の雑誌。こちらも暇なので熱心に雑誌を読んでいるサラリーマンを、熱心に見ていたら、ページを繰るときに一瞬見えた、あれはどう見てもギタリストの写真だ。

良く見ると、1ページ1ページ食い入るように読んでいる。俺の好きなギタリストがなんでこんな評価なんだ、なんて思いながら読んでいるのか。そう思ったら、さっきまで疲れたサラリーマンとしか見えなかったオヤジが、昔はストラトかついでジュラルミンケース提げて、ロンドンブーツを履いていたのかもと思えてきた。少し禿げた頭も、肩までの長髪だったかも知れないよ。なによりギターが好きなんだろうな、あの読み方は絶対自分で弾いていたはずだ。


In Summer Morning , I was walking around

向かいの人が自分の隣に座っていなくてよかった。思わず声をかけてしまったに違いない。夜の帰りの電車の中で、中年のサラリーマン2人が日本のギタリスト談義に花を咲かせていたら、周りの人はぎょっとするよ、きっと‥‥

翌日、金曜日の帰りに本屋で、何年ぶりか、下手すると10年ぶりにGuitar Magazineをレジに持って行きながら、こんなことをリフレインした。

おっと、すっかり中身を書く時間が無くなってしまった。プロギタリストに聞いた日本のギタリスト100位までの特集ということだけど、もう、ここまできたら誰が何位でもいいよね。
少し感慨深かったのは、名前も聞いたことの無いギタリストが10数人いたことと、良く聞いていたのに既にご逝去されたギタリストが同じく10数人いたことかな。

見た目は中年のおっさん、でも心はいまだギター少年‥‥‥


Somewhere In Tokyo

マレーシア1人旅珍道中 (2) スマホを買って半月だったもので(泣)

飛行場から首都クアラルンプールまでは、KLIA Expressという成田エクスプレスのような特急で30分。切符売り場で、あらかじめ調べておいた料金を出すと、無言で料金表を指さされる。なんと50%以上も値上がりしていました。アジアは、今が経済成長の真っ盛りという国が多いので、マレーシアに限らず1、2年でどんどん色々な料金が上がることが多い。経済成長とインフレなんて、日本で言えば1960年代、50年前の話だ。


KLIA Express, Almost Empty 2016.8

KLIA Expressはがらがら。乗っているのは少数の西欧人トラベラーだけ。帰国時にわかったのですが、KLIA Expressの料金水準は、マレーシア人には高すぎるようで、空港への行き来にはほとんど使わないそうです。日本の感覚では普通の料金ですが。(約1,500円)

KLセントラル駅に到着。(英語表記が、KL CentralでなくてKL Sentral なのが異国情緒だなあ。)
日本で言えば、東京駅と新宿駅と品川駅と上野駅を足したような鉄道交通の中心点で、滞在中に何度、この駅構内を行ったり来たりしたか。外はバスターミナルや高速道路と連結し、中2階からホテルへのスカイデッキがあったり、地下街には両替商があったりと相当複雑な構造の駅なのですが、帰るころには、電車の待ち時間を利用して地下街のはずれのトイレにいったりとかなり習熟しました。


KL Sentral Station 2016.8

ここでNo.5 ケラマジャヤ線に乗り換えなくてはいけないのだが、路線の名は、当然マレーシア語。タンジュングマリム線とかケラマジャヤ線とかばかりなので何度ガイドブックを読んでも頭に入らない。フランス人が東京に来て、千代田線と東西線、銀座線のローマ字表記に首をひねっているようなものか。
ということで、ガイドブックに赤色で路線が書いてあることから、ケラマジャヤ線は丸の内線と命名。(経験上、どこの国に行っても赤の路線は必ずある。赤、黄、緑の路線はおそらく一番最初の頃に出来たはずです。)ホテルは、ここから丸ノ内線で4駅、割と近い。

飛行場に着いたのは17時半頃だったのが、もう19時半。丁度、帰宅時間に重なったのか、丸ノ内線はかなり混んでいる。皆、仕事帰りで少し疲れた顔。荷物が小さくてよかった。6割位の女性はヒジャブというスカーフのような布で髪を隠している。もちろんイスラム教の教え。我々がイスラムの女性で想像する、目だけ空いた真っ黒な頭巾はニカーブというもので、これはかなり厳格なイスラム教信者がまとうものらしい。ヒジャブは割合普通の女性という感じですが、ニカーブは見ただけでドキッとしてしまう。マレーシアでは1割も見かけなかったかな。


Petronas Twin Towers ! 2016.8

4駅目で降りると目の前にツインタワーが。もう少しだ。しかしグーグルマップで見るとホテルまでの距離はすぐなのに、どうも途中に高速道路と川があって、ぐるっと大回りしなくてはいけないらしい。グーグルマップだと3次元の様子が今一わからないので、こういう時に困る。実は次の5駅目で降りると、すぐ前が大通りで、ホテルまですぐでした(泣)
あらかじめマップ上で徒歩検索をかければすぐにわかったのですが、なんでそんなことに気が付かなかったのか。ともかくスマホを買って半月だったもので(泣)

しょうがないので裏道をとぼとぼ歩く。典型的なアジアの飯屋街というか、壁が無く柱と屋根だけの建物の中に、テーブルをごちゃごちゃ並べているような店が続く。治安はいいらしいので不安こそ少なかったですが、街灯も薄暗く、道路はあちこちに穴ぼこで、観光客とはおよそ無縁な地という雰囲気。と思ったら、つい最近の、BSNHK「世界ふれあい街歩き」で、地元の人たち愛用の庶民の飲食街として映っていました。自分が歩いたこんな裏路地がTVに映っていてちょっとびっくり。
機中の昼食以降、何も食べていないので、余程ここで夕食を食べようかと立ち止まりかけたのですが、もう20時を回っていてあたりも真っ暗に。21時までにはなんとかチェックインしたい。余り遅くなってしまうと、海外のホテルでは、予約解除で「今日はもう部屋が残ってません」なんてこともありそうだし。


I finally reached the Maya Hotel 2016.8

結局、21時ジャストにホテル着。
チェックインは無事終了、といいたいところですが1つ失敗。
「このホテルにはプールがありますか?」と聞いたら、
「ありません。」とそっけない返事。
真夏の旅行だったけどプールで泳ぐことは無理か、せっかく海水パンツを持ってきたのに。
もっと豪華なホテルでないと駄目だったかとあきらめる。

しかし、帰国後、ホテルの公式サイトで調べたら、ホテルに立派なプールがあったよ!!!
なんで無いと答えた?意地悪じゃないだろうし。
思い当たるは、自分の質問中、スイミングプールじゃなくてプールと言ってしまったか?
しかし、このホテルに水たまりはあるのか?なんてお客が質問する訳無いくらいは理解できるはず。
思い切ってチェックインカウンターの前を、クロールの真似で往復してみればよかったか?
マレーシア滞在中を通じて、東京並みの熱帯高湿高温でうだっていた私として、これだけは後悔でした。

(ごたごた言ってないで、ホテルの部屋に入ったら自分のスマホでホテルの公式ページを見ればよかったのにと思った人、大正解です。なんでそんなことに気が付かなかったのか。ともかくスマホを買って半月だったもので(泣))

(教訓その1)まずチェックインしたらホテルの公式ページでホテルの設備を調べろ。帰国後に調べても後の祭りだ。


Most Shabby Dinner I Had in Malaysia 2016.8

お腹は限界になっていたので、夕食はあのペトロナスツインタワーまで歩く。下調べのかいあって、歩いて5分もかからなかったです。お店を物色する余裕も無かった。ともかく、もうどこでもよかったので、エスカレータすぐ横にあったファストフード店に直行。正直、今回の旅行中、一番しょぼい夕食だったけどしょうがない。

ともかく、クアラルンプールに着いたよ‥‥‥

Since 2012.9.23
プロフィール

Author:AKISSH
.
休日は、You Tubeで好きな曲を見つけて
コピーしたり、カメラ片手に旅を。
そして海外に飛び出そう。
(このブログについて)
(5th Anniversary)(その1)

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ
画面下を人々がお散歩
旅行お役立ちブログ
検索フォーム

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 07