Weekend In 心は L.A.

音楽と楽器、そして時々海外に

 

ニッポンの偉大なギタリスト100人 Guitar Magazine 2017-8

ギターマガジンを買わなくなってから何年経っただろう。
創刊号が出た頃、夢中になってギターを弾いていたのもいい思い出だし、創刊号から5年分の60冊をヤフオクでまとめてオークションに出したら、思わぬ高値がついたのもいい思い出だ。この8月号を思わず買ってしまったのは、そんなノスタルジーからだったか。あるいは特集の表題と、表紙に赤丸で印字してある「完全保存版」という文字のためか。でも真実は、もう少し意外だったりする。



今週、木曜日の帰り、通勤電車がたまたま座れた。だいたい、木曜日の夜の電車なんて、皆、何となく疲れた顔をしているものだ。金曜日だと、またがらっと雰囲気が変わってくるのだけど。
真正面でサラリーマンが疲れた顔で座りながらも、熱心に本を読んでいた。頭が禿げかかって、折ジワの付いたスラックスをはいている姿は、どこから見ても典型的なサラリーマン。私より少し年上だな。

たまたま車両がすいていて、真向かいの人が読んでいる姿がよく見える。この世代のサラリーマンが帰りの電車で読んでいるといえば、週刊新潮か週刊現代あたりのはずだけど、どうももっと大判の雑誌。こちらも暇なので熱心に雑誌を読んでいるサラリーマンを、熱心に見ていたら、ページを繰るときに一瞬見えた、あれはどう見てもギタリストの写真だ。

良く見ると、1ページ1ページ食い入るように読んでいる。俺の好きなギタリストがなんでこんな評価なんだ、なんて思いながら読んでいるのか。そう思ったら、さっきまで疲れたサラリーマンとしか見えなかったオヤジが、昔はストラトかついでジュラルミンケース提げて、ロンドンブーツを履いていたのかもと思えてきた。少し禿げた頭も、肩までの長髪だったかも知れないよ。なによりギターが好きなんだろうな、あの読み方は絶対自分で弾いていたはずだ。


In Summer Morning , I was walking around

向かいの人が自分の隣に座っていなくてよかった。思わず声をかけてしまったに違いない。夜の帰りの電車の中で、中年のサラリーマン2人が日本のギタリスト談義に花を咲かせていたら、周りの人はぎょっとするよ、きっと‥‥

翌日、金曜日の帰りに本屋で、何年ぶりか、下手すると10年ぶりにGuitar Magazineをレジに持って行きながら、こんなことをリフレインした。

おっと、すっかり中身を書く時間が無くなってしまった。プロギタリストに聞いた日本のギタリスト100位までの特集ということだけど、もう、ここまできたら誰が何位でもいいよね。
少し感慨深かったのは、名前も聞いたことの無いギタリストが10数人いたことと、良く聞いていたのに既にご逝去されたギタリストが同じく10数人いたことかな。

見た目は中年のおっさん、でも心はいまだギター少年‥‥‥


Somewhere In Tokyo
Since 2012.9.23
プロフィール

Author:AKI
.
休日は、You Tubeで好きな曲を見つけて
コピーしたり、カメラ片手に散策しよう‥‥
写真は私がとったものからです。
(このブログについて)

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ
画面下を人々がお散歩
旅行お役立ちブログ
検索フォーム

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 07