FC2ブログ

Weekend In 心は L.A.

音楽と楽器、そして時々海外に

 

世界の中心ニューヨーク旅行記(21)ウォール街を闊歩する


New York City Hall 2017.8 

伴侶が降りた次の駅でメトロを降りて、南端に行く黄色線に乗り換える。つながっていないので一度地上に上がると、目の前にトリニティ教会。建物も庭もこじんまりとしたヨーロッパを思わせるような教会。高層ビルに囲まれているので、ちょっとほっとする空間。中までは入りませんでしたが、庭を歩いてみました。定時にはゴスペルが歌われるとかで、小さな教会の割には、観光客が必ず訪れるスポットのようです。そんな有名なところだとは知らなかった。


Trinity Church 2017.8

メトロ南端のホワイトホールSt.駅から地上に出ると、大きなフェリーターミナルが。
マンハッタン南端からスタテンアイランド行きのフェリーが出るところです。
「世界ふれあい街歩き」ロワーマンハッタン特集のスタート地点が、ここのターミナル。黒人のおばちゃんが、フリーペーパーを配っているシーンからでした。

スタテンアイランドはNYCの郊外住宅地で、このフェリーで通勤する人が多い。このフェリーなんと
「無料」です。片道30分の遊覧船観光がただで出来てしまう。おまけに西側には自由の女神も見られる。(ただし距離があるので、かなり小さくですが。)天気がいい日は、このフェリーに乗るのもお勧めかも。もっともスタテンアイランドは住宅地だけなので、同じ船でとんぼ返りする観光客が大半だとか。


Staten Island Ferry Terminal 2017.8

「世界ふれあい街歩き」のコースを思い出しながら、北上すると、チャ―ジングブル像の交差点に到着。1989年にブラックマンデーからの復活を意味して作られたものだとか。確かにいまにも動き出しそうなダイナミックさ。写真スポットになっていて、像の周りにはすごい人だかり。中国人が他の人を気にせず正面で写真を撮っている。その横で、小さな娘を像と並べて撮りたいママが「Done? Done?」(もう終わった?もういいでしょ。)と必死になっている。中国人も雰囲気読めよな。

この周辺はウォール街と呼ばれ、世界の中心ニューヨークのそのまた金融の中心地。
「ウォール街となんとか」というような、映画が沢山ありますよね。
渋い大きな建物だなと思ったら、ニューヨーク証券取引所。ここで全世界の何分の一かの取引がなされているのでしょう。中に入って見学が出来ればいいのですが、アメリカのこういう場所ですから、関係者以外の立ち入りなんてありえないでしょうね。


Federal Hall 2017.8

その建物と道を挟んで、フェデラルホール。名前からしても由緒ある建物だろうなと思ったら、アメリカ初代大統領ワシントンの就任式が行われた建物で、正面にあるのはワシントンの銅像。
平日のウォール街は、大手町と新宿を足したようなビジネス街で、急ぎ足のビジネスマンで一杯(同じ数位の観光客も一杯)ですが、このホールの中だけは別世界のような静粛な場所。中はヒヤッとしていて夏の街歩きの休憩にも丁度いい。すごく天気が良かったので、私はホール前の大階段に座って、地球の歩き方を読みながらでしばし休憩。


Lower Manhattan

そこから坂を下ると、アメリカ金融博物館、ドイツ銀行とまさに金融街の建物が左右にそびえる。マンハッタンのビジネス街といえば、普通はミッドタウンな訳ですが、なぜ金融機能だけが最南端のウォール街にあるのか不思議でした。マンハッタンを外から眺めると、その2か所が超高層が林立し、中間のエリアは中低層(といっても10階建て位)の市街地が広がっている。
歩いてみると、ミッドタウンとはずいぶん雰囲気が違う感じがしました。
こちらは歴史的な外観の建物がずいぶん多い。もちろん内部は最新に改修されているでしょうが、街並みに落ち着いた雰囲気感じられるのは、やはり歴史のせいでしょう。

12時を回ったのでランチにしよう思いつつウォーターストリートを歩いていると、名前もずばり「カフェウェーター」。これはカフェというよりデリだな。気安そうな雰囲気だったので、ここに決定。
NYCでよく見かけるバフェスタイルで、プレートに好きな料理を盛って、清算して食事。
プレートの場所がわからずに、目の前のお客さんに聞くと、「アソコデ プレートヲトッテキテ スキナモノヲトレバイイヨ。セイサンハソコダヨ。」と親切に教えてくれた。Thanks!


Cafe Water 2017.8

12時半、皆昼休みなのでしょう回転が速い。ここはビジネスマン以外の普通っぽい人も結構多い。
さっき入ろうか迷った、ウォール街ど真ん中にあるサラダバーショップは、お客全員タイトスカートをはいたキャリアウーマンです!!という感じの店でした。軽いサラダとスープしかなかったので、ご遠慮申し上げました。あれでは男には足りないよね、ほとんどいなかったもの。

こういう街角のデリにふらっと入って食事するのは、観光客が多いレストランで食事するより、かえって外国に来たんだなという感じがします。そういえば、伴侶も今頃ウォール街のどこかで食事をしているのだろうな。


Here is the Wall Street 2017.8

食事後、またウォール街を歩き始める。
有名な「赤い立方体」(イサム・ノグチ氏の作品)を見れなかったなと思って、この記事を書きながらG Mapを見返すと、交差点1つずれていた。あそこの交差点を右でなく左に曲がれば次の信号のところだったのに。
いくら治安がよさそうでも、NYCでスマホや地球の歩き方を見ながら歩くのはありえないので、こんなこともあるさ。でも地図を概ね頭にいれたら、あとはその時の気分で街を歩き回るのが好きです。
予めピックアップした観光地だけを、点で回ってもしょうがないしね。

そろそろ予定の時間が近づいてきた。9.11ミュージアム前で待ち合わせだ‥‥‥

Korg M1 と Triton Le  私のシンセサイザー履歴

中学生からギターをやっていた自分が、初めてキーボードを買ったのは就職1年目のボーナスでした。音楽を楽しむにはやはり鍵盤が弾ける必要があるなと思って。
ヤマハのクラビノーバといういわゆる「電子ピアノ」でした。
プログレ好きに良くある話ですが、ムソルグスキーの展覧会の絵の譜面を買ってきて、プロムナードを練習したり。性格が凝り性なので、しつこくしつこく練習していたら、そこそこ弾けるようになって楽しかった。楽器は、生まれてから1度も人に習ったことがないのですが、習っていたらもう少しまともに弾けるようになったのか?

それ以降、一時期は音源モジュールにエフェクトをラックに入れて鍵盤とつないだりと、色々な変遷がありましたが、プログレ、フュージョン、キーボードとくれば、お決まりのコースがシンセサイザー。もともとオーディオにしても楽器にしても機材好きで、生ピが1台あれば満足、という人の対極に位置するような自分ですから。


YAMAHA DX7

シンセ史上のターニングポイント。
「YAMAHA DX7」
DX7が生まれて、それまで結局、効果音的な使いかただったシンセサイザーが、楽器として初めて認められた。80年代前半のCDを聞くと、エレピの音がすべてDX7ピアノになっていて笑ってしまう位です。

23万8千円は余りにも高価で当然買えず。当時は未だキーボードを持ってなかったので、楽器屋の店頭で遊びで弾いていました。DX7のFM変調方式という独特の音源は、操作が非常に難しかった。しかし機械好きの自分なので、DX7を持っていないのに音作りマニュアルを買い込んで、音作りを勉強して(笑)ついに音作りが出来るようになってしまった。(大笑)

もちろんDX7を持っていないので、楽器屋に行って置いてあるDX7で実践する訳です。
昔の楽器屋はおおらかだったのか、DX7の信じられない位小さなディスプレイで音作りをしていると、鍵盤売り場の担当がやってきて「DX7の音作り、出来るのですか?凄いですね。」なんて話しかけてくる。
こちらも調子に乗って「○○のアルバムのあの音はこんな感じかな。」カチカチ「ビュィヨーン!」なんてその場で作って弾いてみる。
ともかく楽器屋の鍵盤売り場の人もわからないような難解な音作り方法で、楽器屋のにいちゃんと2時間位店頭で遊んでいたこともありました。(あの店員さん、よく店長に怒られなかったな。古きよき時代でしょうか。)


Korg M1

それから10年、楽器屋にふと入ると信じられないような音を出すシンセがあった。
「Korg M1」

M1は本当に使い倒しました。初めて買ったシンセだったし。
買ったのが、発表(1988)数年後の1991年頃ですから15年位は使ったと思います。日本初のオールインワンシンセ。ワークステーションという呼び名がものすごくかっこよかった記憶が。
その頃から、曲を作ったりアレンジしたりを初めていたので、シーケンサー内蔵は本当に便利でした。
当時は、今ではまったく見かけなくなった単独型のシーケンサーを使うしかなかった訳ですが、沢山の機材を並べるのは価格も勿論のこと場所もとる。機材をケーブルで接続していくつも並べ、さらにギターやらオーディオやらを設置すると部屋が工場のようになってしまう。シンセ1台で、リズムから鍵盤からストリングスからサウンドを作れるのは本当に画期的でした。
YAMAHA DX7とKorg M1は、日本のシンセ史の右大臣、左大臣でしょう。

そんなM1が引退したのは、音に飽きたからとかの理由ではなく、ボタンが完全に死んでしまったから。ともかくシーケンサー一体型で、打ち込みもすべてM1でやっていたため、さすがに最後は使用不能になってしまいました。
でも、プロの間でも10年位は現役で使われていましたね。シンセはコンピューターの発達とともに進化していった楽器で、基本、日進月歩の楽器ということを考えると、間違いなく国内製シンセの最長不倒記録でしょう。本当に驚きです。


Korg Triton Le

後釜は当然、Korgから選択。
「Korg Triton Le」
その当時、つまりM1の絶頂期を引き継ぐ時期はKorgシンセの黄金期でもあり、どんどん新製品がでていたのを記憶しています。シンセ熱も一段落し後継を探していた時、Korg Triton Le(トライトン)の新古品を楽器屋でみかけ、これに決定。

このTritonシリーズは、非常に多くの派生型があって、自分のものがどれなのか中々わかりません。この記事を書くために今回 Wikiを調べたら、私の所有しているブラックのTriton Leは、なんと2005年生産61Keyだけの限定品だったということがわかりました。
希少価値でマニアの間で価格高騰している‥‥訳ないか。(笑)

M1の何世代か後のシンセなので、さすがに比較にならないくらい進化していました。シーケンサーも一体型ですが、このシーケンサーはほとんど使わなかった。この時期になると、PCのシーケンサーが安価で使いやすくなっていたので、もうシンセのシーケンサーを使う必要がなくなっていたのです。

このKorg Triton Leの音は、このブログの読者さんは今でも聞くことが出来ます。なんたって、私が時々アップするカバー曲のキーボードサウンドは、全部これで弾いていますから。


October in The Shouwa Kinen Kouen

でも愛機 Korg Triton Le も、最近、スイッチの接触が悪くなってきた。外でリアルタイムに音色を切り替えて弾くのはもう無理。(そんな機会はめったにありませんが。)
もう10年以上使っているから、M1が引退したように、Triton Leもそろそろかも知れません。
でも部屋で弾く分には支障がなく、時々Triton Leのプリセットを端から鳴らして弾いていると時間が経つのを忘れてしまうほど楽しい。やっぱり機材好きの血は変わってないか。

最近のシンセなんて研究もしていないので、買いたいものもないな。
と言いつつ、突然「新しいシンセを買いました!」なんて記事をアップするかも知れません‥‥

世界の中心ニューヨーク旅行記(20)Brooklyn からブルックリン橋を渡る

今日は、ブルックリン(Brooklyn)からブルックリン橋を渡り、ロワーサイド(南端部)を街歩き。
まず、メトロで Brooklyn Bridge Station 駅までひとっ跳び。
ブルックリンのイーストリバー側は、閑静な住宅地で、朝10時前と早いため人通りも少ない。
アメリカで「人通りが少ない場所」とは、イコール「治安が悪くて怖い場所」と同義というのが常識ですが、ここブルックリンの住宅地は例外でした。


Brooklyn Heights 2017.8

建物はそれほど新しい訳ではないのですが掃除も行きとどいて綺麗、玄関に花一杯の鉢植えが並べてある。どう見ても低所得者の居住地にはみえない。このあたりはブルックリンハイツというのですが、以外と高級住宅地なのか?ブルックリン全体は、昔は中低層者の住宅地だったはずなのに。


Shinin' Day, Shinin' Street 2017.8

4階建位のアパートメントの前に街路樹が立ち並び、陽光が葉の影を濃く落としている。
時折、犬の散歩をしている人が歩いていて、風景がキラキラ輝いている。
歩きながら心に決めました。
ニューヨークに住むことになったら、絶対にブルックリンのイーストリバーサイドに住む!
(確率0.01%でも、そんなことがあるのか?)


Lower Manhattan Beyond The East River 2017.8

真っ直ぐ西に進むと、イーストリバーの向こうにロワーマンハッタンがみえてくる。
これぞマンハッタンという風景。イーストリバーに沿ってずっと公園になっている。
ここを散歩するシーンもいろいろな映画に出てきたっけ。

散歩道から川岸を眺めると、あちこちで工事をしている。ピア(桟橋)を作り直しているのではなく、レストランでも作っているのか。橋の直下からは観光船も出ている。


Lower Manhattan From Riverside Park 2017.8

あと数年したら川沿いにレストランかなにかが出来て、イーストリバーの夕暮れや、対岸ロワーマンハッタンの夜景を楽しめるのかな。マンハッタン島の方は、川沿いは歴史的に治安の悪いところが多く、夜にいい感じで歩けるところがほとんど無いので、ここが整備されたらたくさんの人が集まると思う。
今回の旅行を通じ、一番素晴らしかった街並みは、なんとBrooklyn のイーストリバーサイドでした。

川沿いをぐるっと歩き、ブルックリン橋のすぐ下まで来る。川幅が広くその上を巨大な橋が架かっているので、橋を歩くためにはかなり内陸まで戻らないと橋に登れません。
このあたりまでくるとレストランも結構多いのですが、まだ11時なので通過。次はここで昼食したい。
写真だとスケール感がなかなか伝わらないので、動画を入れておきました。



地上から階段をだいぶ登ってブルックリン橋にでました。
ブルックリン橋の渡り方は2通りある(どんな橋でも2通りだ。)のですが、やっぱりマンハッタンの摩天楼を眺めながらがいいと思い、ブルックリン側から、つまり東から西に渡りました。

(Tips 22)ブルックリン橋を西から東に渡るか、その逆かで、景色も立ち寄る街並もまるっきり変わってきます。距離も長く時間がかかるので、よく考えて計画しよう。

ここからマンハッタンを眺めた風景は、とても美しい。
雲一つない快晴だったので、青空に映える映える。下を見ればハドソンリバーをフェリーが通過。2日前には船からこの橋を見上げたっけ。ここは超有名観光地らしく、平日の午前中で空いているのかと思っていたら大違い。週末の夕方とかもっと人が多いのかも。残り少ないNYC、前をみて、後ろをみて、下を覗きながら渡る。


Walking On The Brooklyn Bridge 2017.8

少し上流には、マンハッタン橋、ウィリアムバーグ橋と並んでいる。ブルックリン橋が一番古いので、一番有名ですが、あとの2つも渡ってみると違った光景でいいのでしょうね。
夜、ブルックリン側から橋を通してマンハッタン島の夜景を見るのが最高だとか。
超有名な景色ですが、実は、夜のブルックリン側の橋のたもとは、人気がほとんど無くて少し怖いらしい。車でくるか、タクシーを待たせて夜景をみるか、ちょっと工夫がいるのでしょう。

自転車で渡る人も結構いて、完全に人と分離されていないので、ぶつからないように要注意です。ちなみに、1層下が自動車専用道となっているので、そこは安全。SFのゴールデンゲートは真横を車が飛ばしていますが、ここはレベルの異なる道路となっているので、ワンちゃんを連れていても安心です。
(ゴールデンゲートはワンちゃん禁止です。)でも一年中渋滞しているのがたまにキズか。


Allways Traffic Jam 2017.8

約20分で、いよいよマンハッタンに到着。
ここから、伴侶はワンワールドトレイドセンターの9.11ミュージアムに。私は2日前に見てしまったので、メトロで最南端まで行き、別行動でロワーマンハッタンを歩き回ることに。
まだお昼前なので、昼食は各自、街中でとることにしようか。

では、またあとで‥‥‥‥

世界の中心ニューヨーク旅行記(19)Union Square Park で朝市

いよいよ帰国前日、雲一つない快晴。
今回宿泊したホテルから徒歩1分のところに、ユニオンスクエアパークという公園があり、そこでは、月、水、金、土と週4日、近郊農家が自家製野菜や果物等を出品しています。いわゆる露天朝市。
持ってきた売り物が無くなったら終わり、というのが通例なので、朝食がてら朝一で行くことに。


The Market Of Union Square Park 2017.8

午前8時半、公園に入ると、公園の西側から北側にかけて、びっしりとテントが並んでいました。
野菜や果物はもちろん、乳製品やパン、お花など、およそ自家製農業に関係する露店が。
今日は水曜日で、ちょうど通勤時間帯らしい。この公園の下は一大ターミナルで何本もメトロ線が乗り入れているので、出口から次々と通勤者が現れる。この公園の北側は、高層ビルが立ち並んでいる商業オフィス街となっていて、皆、北に向かって歩いています。時々、露店で買い物をしている通勤者が。今日の昼食を買っているのでしょう。


Living Inside Your Love

この時の風景を動画で撮っておいたので、その雰囲気を感じて下さい。
バックのサウンドは、NYC旅行から帰ってアールクルーを思い出しながら作った、彼の名曲、Living Inside Your Love のカバーです。併せて聞いて下さい。
カメラで360度の風景をとっていると、こちらに手を振ってくれる男性が。(動画:0:12)
今でも彼の笑顔を忘れません。動画は写真とまた異なる思いでになりますね。


I get my breakfast from this bakery. 2017.8

今日の朝食は当然ここでと決めていたので、並ぶテントをみながら何を食べるか物色。
自家製小麦のパンでしょうか、すごく美味しそうなパン屋さんがあったので、まずパンをゲット。近くの露店で、自分の牧場から持ってきたのか、ミルクとヨーグルトがずらっと並んでいたので、これもゲット。直売なのでとても安価。大量に買っている人もいるのですが、ここで朝食用に買う人も結構いるらしく、少量単位で売っているのはありがたい。


Many Many Many Peaches 2017.8

生鮮食品が中心なので、お土産には少し難しいかも知れませんが、朝食や昼食、あるいはホテルに持ち帰って、デザートや夜食にするにはちょうどよさそう。恐らくNYCといっても、車で1,2時間郊外に出れば、一面農地が広がっていたりするのでしょう。アメリカは広いな。
公園の内周に入ると、露店の雑踏とはうって変わって静かな公園に。
天気も最高によく、ベンチでの朝食にうってつけ。


Good Morning, Lovely Squirrels 2017.8

前を見ると、同じようにベンチでパンを食べている人が。と、そのパンの袋めがけて小さな動物が。
一瞬、ゲッと思ったのですが、良く見ると野生のリスだ。公園といっても、NYCのど真ん中。よくこんな公園に野生の動物がいるものだと逆に感心。食べ物あるのかな?
そうか、月、水、金、土と週4日は不自由しないものね。
正面の男性は慣れた手つきで、パンをリスに与える。
きっと時々ここで朝食を食べているのでしょう、リス達と一緒に。なんだかいいな。


Hey,Japanese ! I want to get my breakfast. 2017.8

ついでに、公園の南側にあるスーパーマーケット「Whole Foods」をご紹介。
海外旅行の街ぶらで必ず立ち寄るところの一つにスーパーがあります。
今回のように朝食を付けていない時は、前日夜に朝食を購入するという意味もありますが、スーパーは、その街の一番生活と密着した場所。だから、その街の飾らない姿をを知るのに一番手っ取り早い。

中国や東南アジアのように、とんでもないもの、例えば生きているカエルとか、は売っていませんでしたが、フロアを1周すると、生鮮食品もあればサンドイッチなどの軽食もある。夕方6時頃に行くと、仕事帰りの主婦、あるいは独り者らしき男性が、自分で好きなものを盛る重量制のお惣菜パックをもって、うろうろしている姿をよく見かけました。このあたりは、日本と変わらないな。
やはりフルーツが安い。というより、ともかく量が多い。オレンジやグレープが$5程度で洗面器一杯買える。今回は冷蔵庫が使えなかったので、朝1回で食べきれるよう一番小さいものを毎回探してました。


Big Screen Indicator 2017.8

レジカウンターがずらっと30位並んでいる。日本のこの規模のスーパーなら10がいいところでしょう。列に並ぼうとすると7列に分かれている。まるで空港のイミグレのようだ。
レジは30あるのに列は7つ?見慣れないスクリーンが頭上にデーンと掛かっている。

どうも列が色分けされているようで、レジが空くと順番が来た列にレジのナンバーが示されるというシステムのようです。写真なら「黄色列の先頭の人、22番レジに進んでください。」ということらしい。そして次は右隣の緑と順にナンバーが表示されていく。これは合理的だな。
日本では、自分の両隣のレジはすいすい進むのに自分の列だけは遅々として進まずという、不思議な現象が多発する(私はなぜかこの現象にしばしば遭遇する。)のですが、これなら大丈夫だ。


Cash Register Counters 2017.8

と思って並ぼうとすると、スクリーンの右3列(紫、茶、薄青)はどこも10人位並んでいる。
一方、左側3列(濃青、黄、緑)は2~3人しか並んでいない。このシステムならどこに並ぼうが条件は同じなので、どの列も均等に人が並ぶはずなのに。
なぜ、右3列に皆並ぶ?もしかすると、右3列は1割引きになるのか?まさか。
スクリーンの下に「Express Side」の表示が。少量買いの人は特急レジが使えるよということらしいが、一体どこが特急レジなのか?

何度もここで買い物をしたのですが、大抵、こういう状況でいつもまごまとしてしまいました。
勿論、人の一番少ないところに並びましたが、今でも不思議だ。

ニューヨークの方、誰か教えて‥‥‥

Since 2012.9.23
プロフィール

Author:AKISSH
.
休日は、You Tubeで好きな曲を見つけて
コピーしたり、カメラ片手に旅を。
世界中を歩いてみたいよ。
(このブログについて)
(5th Anniversary)(その1)
(5th Anniversary)(その2;音源編)
(5th Anniversary)(その3;音源編)

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ
画面下を人々がお散歩
旅行お役立ちブログ
検索フォーム

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10