FC2ブログ

Weekend In 心は L.A.

音楽と楽器、そして海外に

 

かぼちゃとミニトマト、アスパラ、ソーセージの温サラダ

音楽を趣味でやっていこうとすれば、やはり楽器や機材にこだわりたくなるのが普通だ。
料理をするにあたり一つ不満があった。うちのフライパンは鉄製でとても重い。
息子に言わせると、フライパンはやっぱり鉄製に限るとのことだった。
(ちなみに息子は、並みの女性をしのぐ料理をつくる。)
しかし28cmの鉄製は、素人には取り扱いが難しい。

クラシックが好きでオーケストラにあこがれる少女に、いきなりチューバを渡して吹いてみろと言ったって、抱えるだけで精一杯で、きっと音楽嫌いになってしまうに違いない。
だいたい、私のバイブル「きようの料理ビギナーズ」のNHK放送を毎回見ているが、いつもテフロン加工のフライパンを使っているではないか。
素人目に見ても、軽くてしかも焦げ付きにくい、まさに夢の機材だ。
プロだって使っているのだから、駄目だということはないに違いない。


かぼちゃとミニトマト、アスパラ、ソーセージの温サラダ 2014.1

ということで、家族に宣言をした。マイフライパンを買うと。
実は、ニトリに行ったときにフライパンが売っていたのを、密かに調べていたのだった。
世の中の男の38%は、ギターを買うことで、青春の一歩を踏み出したという記憶があるでしょう。
気分はまさにギターを買うために財布を握った少年だった。
いったいフライパンというものがいくらするのか、皆目検討がつかなかったので、財布にいくら入れたらいいのかわからなかったが。

ニトリにいくと、26cm,22cm,IH用、テフロン三ツ星、一つ星とずらっと展示してある。ギターショップに行ったら、フォークギター、クラシックギター、エレキギターはストラトにレスポールに‥‥と並べられた前で呆然とする中学生のようだった。

フライパン専門店なら、店員を呼んできてそれぞれの特徴や、向き不向きをじっくり1時間位かけて聞いてから選択するところだろう。しかし、ニトリはどう考えてもフライパン専門店ではない。店員も少ない上に、レジで忙しそうだ。


My Frypan 2014.1

嫁に聞くと大は小を兼ねると力説する。小さめのものは軽くて取り扱い楽そうだったけど。
ふっとサックスを思い出した。小さいソプラノサックスは音出しが難しい、大きいテナーサックスはずっと楽に音程をキープできると聞いたことがある。多分、サックスとフライパンには共通するものがあるだろうと、一番大きい26cmに決定した。
980円というのはびっくりした。こんなに安いものなのか。
初めてのギターを1万5000円で買ったような気分だ。
ついでにシリコンのフライ返しも買う。エレキギターを買ってきたのはいいが、シールドを買い忘れて音が出せなかったという間抜けなことはしないのだ。


かぼちゃを最初に軽く炒めておくのがこつ

前置きが長くて、料理まで中々たどりつかない。
ようは、カボチャ、ミニトマト、グリーンアスパラガスを炒めて、オリーブオイルとバルサミコ酢で味付けし、粉チーズとパセリのトッピングで出来上がりだ。

こう書くと簡単そうだが、いきなりつまづいた。
カボチャが石のように硬いのだ。カボチャ300gを切り出すのに、包丁が壊れると思った。
かぼちゃと言えば、普通はハロウィンのお化けのカボチャだろう。
あの冗談のようなカボチャのくり貫きがそんな堅いわけがない。うり位のものかと思った。
これではまるで、世界遺産のバーミヤン渓谷の石像を彫っているようだ。
世の中の男で、かぼちゃがこんなに堅いものと知っている人は5%もいないだろう。
嘘だと思ったら、1度切ってみて欲しい。


Easy To Go By My Frypan 2014.1

炒めるのは非常に快適だった。
家族の評判も結構よかったことを付記しておこう。
なにしろ今日からは、マイフライパンだ。
ギターを生まれて初めて買った夜、ギターと一緒の布団で寝た男はかなりいるだろう。
さすがにフライパンと一緒に寝なかったが。

やはり、趣味はいい機材が肝だな‥‥


Liz Story / Peace Piece
http://www.youtube.com/watch?v=KYeeNtYH_78&list=PL8F0EAB9C35F18BF2&index=14


音楽ブログのこだわりで、料理コーナーでも好きな曲を少しづつ紹介したい。
コーナーのイメージと真逆だけど、今回は、Windham Hillレーベルから。
ギタリストのウィリアム・アッカーマンが設立したレーベルで、1980~1990年代にかけて New Age Musicという看板で一世を風靡した。
自分のコンセプトに合うミュージシャンを発掘してはリリースするのは、ECMと同じスタイル。
George Winstonの "Longing/Love"は、CMで大ヒットしたのでどこかで聞いたことがあると思う。

今日は、大好きなピアニスト、Liz Storyの "Solid Colors"(1982)というアルバムから。
Bradley's Dream"という曲が好きのだが残念ながらアップされていない。
ということで、Peace Piece 。もちろんBill Evanceの傑作曲のカバー。
直訳なら「小曲;平和」とでもいうのかな。
Bill Evanceはショパンの「子守唄57」をイメージしながら作ったとか。

深夜の雪景色のような静粛なピアノ曲‥‥

※ギターマジシャン様のブログ「僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ」にWindham Hillつながりで、トラックバックさせて頂きました。
ジョージ・ウィンストン「あこがれ/愛」を、小胎のギター編曲で
Comments

Body
Since 2012.9.23
プロフィール

Author:AKISSH
.
You Tubeで好きな曲を見つけコピーしたり、
地図とカメラ片手に旅を。
世界中の街を歩いてみたいな。
(このブログについて)
(5th Anniversary)(その1)
(5th Anniversary)(その2;音源編)
(5th Anniversary)(その3;音源編)
100,000Hit記念(音源編その3)

打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
画面下を人々がお散歩
筆者へ連絡(非公開です)

名前:
メール:
件名:
本文:

旅行お役立ちブログ
検索フォーム

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 07