FC2ブログ

Weekend In 心は L.A.

音楽と楽器、そして海外に

 

近くて近い台湾台北旅行記 (10)  苦虫を噛み潰したような男に要注意

最後の夜の夕食後の街歩きは、台湾名物の夜市見学に。
丸の内線(淡水線は赤いので、うちではこう呼んでいます。)に乗って北上すること3駅の「剣潭駅」付近の士林夜市に行ってみました。


Way to 士林夜市 2014.12

夜市というのは、昔はそのまま農水産物を扱っていた市場だったものが、段々、食べ物や洋服、小物、装飾品などが売られるようになり、今では一種の観光地として台北の名物になっています。
雰囲気は、原宿の竹下通りをずっと田舎くさくしたというか、お祭りの小道というか、そんな感じです。着いたのが夜9時半でしたが、若者でごった返していました。日曜日の夜なので、余計人通りが多かったのでしょう。

台北市内にも10箇所程度夜市があるらしいのですが、それぞれ特徴があるようで、若者向けの洋服店、アパレル系が多いところから、地元ローカルフード食べ歩きが中心のところなど、場所場所で雰囲気が違うようです。
一ついうなら、別に原宿のようなお店で洋服を買うつもりはまったくなかったので、もう少し食べ歩きができる夜市がよかったかなと。夜市は当然、夜に行く場所なので、夕食で腹いっぱいになってから行くと、そこで食べる楽しみが余り無くなってしまいます。
次回は、いっそのこと夕食抜きで夜市に行って、そこで屋台のものを食べ歩くというのも楽しいかもしれないと思いました。ちょうどお祭りに行って、あっちの屋台、こっちの屋台と食べ歩くように。
まずは百聞は一見にしかず。



旅行の自分土産として毎回買っているものに、Tシャツがあります。これが土地柄を表していて結構面白い。LAで買ったのは、西海岸らしくちょっとお洒落だし、オーストラリアで買ったやつは1回着たらほぼ真っ二つに裂けた。オーストラリアでも低品質なのかと思ってタグを見たら Maid In China。納得。

夜市のそれもわき道から奥に入ったところで、崩れそうな木製台にTシャツを30枚くらい並べているいかにもの露店を発見。人通りもほとんど無く、これ以上奥に行くと2重扉から人身売買に一直線的雰囲気の怪しさ満点の店。(やばそうで写真とれませんでした。下の写真の店ではありません。)そうそう、こういう店で値切って買うのがアジア旅行の醍醐味です。台湾は基本、値切る文化が無いとは、事前の調べで知っていましたが。


士林夜市(1) 2014.12

この店とも言えない露店で、台北メトロの路線をプリントしたTシャツ発見。意味不明のデザインだけど、カラフルだしメトロは明兆カードの思い出もあるので、これに決定。240元ということは約1000円か、まあまあだけど、こんな人通りも無い露店で定価で売ろうという方が認識違いだ。店番は、苦虫を噛み潰したような中年の男性が一人。
ここがインドなら1/5の50元と吹っかけるところだけど、台湾でそれはないでしょう。190元でどうだと筆談でいく。駄目という感じで頭を横に振る。まあ最初はこんなもんさ。時間も余りないし、いきなり結論の220元で筆談。20元つまり100円値切ろうが値切るまいがどうでもいいことですが、いかがわしい店で値切って買ったということが旅行の楽しみだ。

しかし驚くことに、苦虫を噛み潰したような男は1分ほどの沈黙熟考の末、再度頭を横に振った。しぶとい奴だ。20元位どうでもいいじゃないか。こうなったら最後の手段、両手を上に揚げて今来た道を引き返す。2、3歩歩いたらOKと声がかかるはずだったが、既に10歩以上歩いてしまった。ここで振り返ったら多分負けだ。表通りにでる角で振り返ると、苦虫を噛み潰したような男は、店じまいのためにTシャツを片付け始めていた。
えっ、まさか。定価だって十分安いのに。初めての台湾に慣れていないこちらが悪かった、240元で買わせて下さいと、わびをいれようか。いや、私にもプライドがある‥‥

夜市では、苦虫を噛み潰したような男に要注意だ。(泣)


士林夜市(2) 2014.12

ということで、3泊4日の台湾旅行は無事終りました。
台湾の歴史は、西欧とアジアの列強に翻弄された複雑な歴史なのですが、難しいことは横に置いておいて、興味深い史跡があちこちにあります。アジア圏の大抵の国のように、昔の発展途上の街並みと、21世紀の近代ビルがごちゃごちゃになった街並みは歩くだけで面白い。きっと10年後に来たら、まったく変わっていたりするのでしょう。
そして何より、料理が美味しくて驚くほど安価。妻がいうには、小籠包などは日本で食べたらほんの少しで高いのに、台湾では‥‥と。アジア圏はおしなべて食事が安価で美味しいですね。

帰ってから、食事代も含めた旅行費用総額を計算したら25万円丁度。安い安いって結構かかるのねと誤解しないように、2人分ですから。冬休みのオンシーズンをはずせば、1人10万円で十分でしょう。ホテルのグレードを考えたら、国内旅行と大して変わらないかも。


好吃 at 士林夜市 2014.12

今回は来られなかったMiss Mがいうには、南の台南や高雄は街並みが全然違っていて面白いので、絶対行ったほうがいいとのこと。気候も全然違うらしいので、台北とは街の雰囲気も異なるのでしょう。
今回は、3泊4日のミニ旅行でしたが、まだまだ台湾は楽しめそうです。今度は、春か秋の週末にぶつけてふらっと来ようかな。

再見(さよなら)台湾、また遊びに来るから‥‥               (完)

Comments

Body
Since 2012.9.23
プロフィール

Author:AKISSH
.
You Tubeで好きな曲を見つけコピーしたり、
地図とカメラ片手に旅を。
世界中の街を歩いてみたいな。
(このブログについて)
(5th Anniversary)(その1)
(5th Anniversary)(その2;音源編)
(5th Anniversary)(その3;音源編)
100,000Hit記念(音源編その3)

打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
画面下を人々がお散歩
筆者へ連絡(非公開です)

名前:
メール:
件名:
本文:

旅行お役立ちブログ
検索フォーム

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08