Weekend In 心は L.A.

音楽と楽器、そして時々海外に

 

森と氷河のカナダ旅行記(15)  最高の旅でした! カナダを楽しむ7つのコツ

前回以降、調べてみたら、このFairmont Banff Springsは幽霊が出ることで有名なホテルだとか。
ちなみに日本で幽霊屋敷と言えば廃墟と決まっていますが、英国では幽霊が出ると言われる賃貸住宅は家賃が高くて「ここの家は幽霊が出ます。」というプレートまであるとか。(もちろんPRのため。)
前回、最後に行った隣室の大広間で食事をしていた大勢の静かな人達、まさか幽霊ではなかったよな。
怖くて、あの場所がレストランとして今、使われているのか調べることが出来ません。

ということで、ついにホテル出発。
空港までの車は、湖めぐりをした女性2人組と再会し、同乗4人+JTBの方で向う。
出発時にホテル向かいの山を見ると、晴れて雪がキラキラ輝いていてとても綺麗でした。途中、すごくいい天気で、雲がかかる山を見ながら乗っていると不思議と眠くなりません。
バンフ国立公園を抜けると、山にかかっていた雲もなくなり一面青い空。


Morning InThe Banff 2015.8

これまで20を越える国を旅行をしてきました。旅行の話になると「今まで行った中で一番よかったのはどこですか?」というお約束の話に、今までは違うところを言っていたのですが、今日以降「カナディアンロッキーです。」となるかも。いやなる。

天気が非常によくて、ロッキー山脈とその湖が信じられない位美しかった。まさに絶景の連続。
ハーッとなったまま声が出ないことが何度もありました。そこを自分の足で歩けたなんて。
そして何より宿泊した2つのホテル。よく「死ぬまでに泊まりたい30のホテル」などという本がありますが、まさにそれ。この2つに泊まれたのは、いつまでも記憶に残ることでしょう。
こんな素晴らしいところ、1度も行かずに死ぬなんてありえない。



最後に、私の旅行記を読んでカナダもいいなと思って頂いた方に向けて、参考になればということで、カナディアンロッキーを楽しむ7つのコツ、Tipsを書いてみました。

(Tips その1)オンシーズンは驚くほど短い
今回の旅行記のようにトレッキングコースを散策したり湖でボートに乗ったりするなら、オンシーズンに行かなくては行けませんが、カナディアンロッキーのオンシーズンは7月から8月末までの2ヶ月弱しかありません。6月上旬は、ビッグビーハイブコースのアグネス湖(旅行記6,7)はまだ凍っていますし、9月下旬には平地でも雪が降り出し気温は0度近くなるとか。写真でみられる真っ青な空と緑の湖が見られる季節は本当に短いです。

(Tips その2)予約は相当早めに、特に個人旅行
ということで、世界中の人が2ヶ月間に集中するのですから予約はかなり早めに動きださないといけません。パックなら旅行社があらかじめ押さえていますが、個人旅行をするなら、航空機(特に直行便)と有名ホテルはかなり前から予約が必要です。

(Tips その3)パックと個人旅行、どちらがいい?
最近は、すっかり個人旅行派になってしまいましたが、ことカナダに関しては少し事情が異なります。カルガリー空港からバンフまでが約130km、レイクルイーズまで約200km、ジャスパーまで約400kmということで、個人旅行だと、空港から現地までどう行くかが問題です。睡眠不足の体でレンタカーは絶対止めた方がいいでしょう。かといってカルガリーで1泊するのももったいない。バンフまでの長距離バスは結構あるようですが、ジャスパーまではありません。また、現地の移動をどうするかが問題です。バンフでレンタカーを借りる?2年前には予約が必要でしょう。
結論、ずっとバンフに宿泊して、色々な現地ツアーを活用するなら個人旅行は可能。それ以外のことを考えているなら、現地の足付きパックがいいでしょう。


So Long, Canada   20158

(Tips その4)歩いて楽しめる最低限の装備を
ロッキーは山や湖をあちこち歩き回ること無しに楽しむのはありえません。買い物と食べ歩きはバンフ街中くらいです。湖の散策路でさえ舗装してあるところはほとんどないので、香港やシンガポールのつもりで行くと、半日位でギブアップしかねません。
本格登山まで行かなくても、最低、長時間歩ける靴、ペットボトルとお弁当を入れられる両手が自由になるザック、雨が降った時のレインコート、寒い時のライトダウン(真夏でも!)は準備して行ったほうがいいです、本当に。

(Tips その5)体力が必要なのでメンバーに注意
ということで、冷たい風に吹かれたり、シャツ1枚で歩いた翌日にダウンで歩いたり。また、それぞれの場所が離れているので、車に1時間乗っては歩き回って、ということが多くなります。20代の若者がザックを背負って旅するならいいですが、老齢のご両親、小学生の子供を連れて行こうと思っているなら、一緒に行動できるかどうかよく考えた方がいいです。新婚旅行なら、奥様がどんな旅行指向なのか2人でよく話し合うとか。

(Tips その6)2つのホテルはいつか必ず泊まってほしい
今回泊まった、Fairmont Chateau Lake Louise と Fairmont Banff Springsは本当に素晴らしかったです。泊まらなければ見られない風景もあり、1生の思い出になるはずです。今までの海外旅行の中でも最高だったかも。ここまで行くなら2つ同時に泊まらなくても片方だけでもぜひ。
ブッキングコム等で検索すればわかるように、宿泊費用は1泊4、5万円なので家族で泊まるならそれほど高くはありません。(もちろん部屋を選ばない場合。)
問題は予約が非常にとりにくいこと。オンシーズンの予約は、普通1年前にほぼ満杯となります。そういう意味でも、パックに乗るのが一番確実です。

(Tips その7)とっても安く旅行する裏技
これは、現地のガイドさんに聞いた話です。オフシーズン、特に12月から3月位であれば、日本から1週間で10万円ちょっとで来れると。そりゃ安いでしょうね。
気温は零下20度位、湖は凍結している(というより雪に覆われていて、どこが湖がわからないとか。)ということで外歩きはほぼ絶望的ですが、ホテルでマッタリ過ごすのもいいかも?問題は、その時期はそもそもパック旅行が無いので、個人旅行で誰もいない中を旅しなければならないことだそうです。

では、貴方がいつか行かれることを願っています‥‥‥ (完)


Get Back To Japan 2015.8

ANA JAL マイレージをどんどん貯めることが出来るポイントサイト
私も、ここでマイレージを貯めて、海外旅行に行っています
(このバナーから登録をすると、貴方に30ポイントがプレゼントされます)
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
Comments
 素晴らしい記事でした!
旅行情報も有難うございます!でも、冬のカナダで幽霊ホテルに泊まったら、シャイニング状態になるんでしょうね(^^;)。
 Re: 素晴らしい記事でした!
BACH BACHさん、旅行記、お付き合い下さいありがとうございました。
カナダはアジア以外では一番日本に近い国なのに、余り話題に上がらない国なのは不思議です。
あの広い大地と空の下で、好きな音楽をのんびり聴いて過ごしたいな~

Body
Since 2012.9.23
プロフィール

Author:AKI
.
休日は、You Tubeで好きな曲を見つけて
コピーしたり、カメラ片手に散策しよう‥‥
写真は私がとったものからです。
(このブログについて)

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ
画面下を人々がお散歩
旅行お役立ちブログ
検索フォーム

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 05