Weekend In 心は L.A.

音楽と楽器、そして時々海外に

 

思い出のSanFrancisco旅行記(1) 四半世紀ぶりだ、、、、

このSanFrancisco旅行、実は一年前の1月で、なかなかブログが実際の旅行時期に追いつけませんが、回想しつつ書いてみます。本当に久しぶりに、長男も含めた3人での海外旅行でした。
前回、初めてSFに来たのが、ちょうど25年前の1991年。ということで、表題はちょっとダサメに「思い出のSanFrancisco」。その時は仕事の出張でしたが、今回は観光とこちらにいるMiss Mに会うのが目的。ということで観光シーズンを外れて真冬のSFに到着。


I have come to SF after 25 year's abstinence. 2016-1

前回来た時は、生まれて初めて太平洋を渡るということで、12時間の機中が死ぬほど長かったのを覚えています。今回は、よし、行きは3本映画を見るぞ、とまったく平気に。昔は飛行機の中で映画なんて見られなかったっけ。
航空機は今回はB777-300。前回はジャンボジェットだったのを覚えています。
SF空港から市内までタクシーで約20分。混んでいると時間がかかるらしいのですが、飛行機が9時半といい時間に到着で、ラッシュもなくあっという間にダウンタウンに。


Beautiful Scene From Our Room 2016-1

今回のホテルは、ヒルトンホテルファイナンシャルディストリクトというホテルで、チャイナタウンから東に歩いて5分位のところ。SFの一番にぎやかな中心部はユニオンスクエアで、当然、その周辺にホテルが多いのですが、ユニオンスクエアから2ブロックほど西の通り以西は、テンダーロイン地区というSF随一の治安悪地区なので、夜歩きを考えて、そこから離れたところをとりました。

部屋に入ると、部屋の窓から北側のサンフランシスコ湾が一望。これは素晴らしい眺めでした。正面の丘の頂上に、あとから登ることになる、コイトタワーが見えています。
このホテル、部屋が北側と南側なので、北側高層階に泊まれれば必ずこの風景が見られるはずです。南側だと中心部の夜景が綺麗なのかな。


China Town At Noon 2016-1

さっそく昼食。もちろん地の利を生かしてチャイナタウンにGo。一歩、エリアに入るとU.S.A.からいきなりChinaにトリップ。道には分けのわからない提灯がつり下がっているし、漢字の看板があちこちに出ているし。


Great Eastern Restaurant (GEIHINKAKU) 2016-1

ぐるぐる回って結局「迎賓閣」というところで昼食。ここは歩き方にもるるぶにも載っている有名なお店らしい。結構大きなお店なので、歩いていれば必ず見かけるはずです。安定の中華料理でした。


Transamerican Pyramid 2016-1

食後、チャイナタウンを外れると、またすぐにU.S.的街並に。
交差点の向こうをみると三角ノッポビル。このビル、名前を「トランスアメリカピラミッド」といって、SFで一番高いビルです。SFを空から写すと必ずこのビルが写るので、形を覚えておくと面白いです。
驚いたのはその高さ、なんと48階建て!
えっ、そんなの低いじゃないって?
そうなんですよ!!
だって、アメリカの西海岸No.2の都市にある最高の摩天楼が48階ですよ。
新宿西口だってもっと高いビルが沢山ある。今回、SFに25年ぶりに訪れて、その間に、日本が発展して、さらに東京もアジアの都市に抜かれて、すっかり感覚が異なったのを今回の旅行でいやというほど感じました。ちなみに、今回泊まったホテルは、このビルの隣の隣でした。


Climbing The SF 2016-1

さて、お腹が一杯になったところで、コイトタワーに行ってみる事に。
SFといえば、何を連想します? 街を歩き出して、すぐにぶち当たったのは坂!
SFは南から伸びる半島の上に街があって、その先端にゴールデンゲイトブリッジが。この半島は、もとは街なんて作れない位、わずかな平地と山だったはずです。
日本でも、横浜や神戸などの港街は坂が多いですが、そんなものではない。坂を上っていると10分位で息が切れてきます。海抜は横浜や神戸とそれほど変わらないのに、なぜこんなに坂がきついのか。
しばらく歩いてわかりました。道路が、ともかく真っ直ぐだからです。普通、こんな急な斜面に道路を作るなら、くねくね曲がった道路をつくるでしょ。さすがはアメリカ人だ。
この道路と建物の境を見れば、お分かりになると思います。


Beautiful Bay Bridge 2016-1

ふっと横道から海を見ると、すっかり晴れた空の下に真っ青な海が。
薄くもりだった天気も、すっかり快晴に。
あの橋は、SFから東へ向うもう一本の橋、ベイブリッジか。


Almost There ! 2016-1

コイトタワーは山頂に建っているので、もう、ちょっとしたトレッキング気分。最後に、ダメ押しの階段を登ってやっと到着。
1906年のSF大地震の火災からも残った、なんて地球の歩き方には書いてあったけど、山頂に建つコンクリートのタワーが火災で焼け落ちる訳無いでしょう。どうもその時の消防士さんの活躍(殉職?)のメモリアルとして建てられたようです。


Now,Top Of The Coit Tower 2016-1

腕にスタンプを押してもらってエレベーターで昇ると、ついに塔の最上階に到着。屋根がないので屋上と言った方がいいでしょう。このタワー、消防車のホースの先端を模しているということなので、私達は、今ホース先端にいるわけか。
ここからは360度、SFの街が見渡せるので、天気がいい日にぜひ来てみたらいいと思います。SFの地形が手に取るようにわかります。北を見れば、アルカトラズ島が目の前に見えるし、西にはゴールデンゲイト、南にダウンタウン、東は対岸のバークレー。見回すと結構低層の住宅も多いです。

25年ぶりか、楽しそうだな‥‥‥

Comments

Body
Since 2012.9.23
プロフィール

Author:AKI
.
休日は、You Tubeで好きな曲を見つけて
コピーしたり、カメラ片手に散策しよう‥‥
写真は私がとったものからです。
(このブログについて)

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ
画面下を人々がお散歩
旅行お役立ちブログ
検索フォーム

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06