Weekend In 心は L.A.

音楽と楽器、そして時々海外に

 

思い出のSanFrancisco旅行記(7) ホンさんで朝食、驚きのミュニバス

3日目金曜日。朝から晴天。今日は、市内を端から見て回る予定なのでこれは絶好。
SFは1月でも晴れれば15度近くなり季節風も無いので、観光にはありがたい気候です。


洪記麺家店内  2016.1

旅行の時に、ホテルに朝食を付けるか付けないかは毎回迷うところですが、今回は、チャイナタウンが近かったので、そこで食べようということで朝食をつけませんでした。
ということで「洪記麺家」で朝食。看板の漢字より、その下に書いてある”Hon's Wun-Tun Hose”の方がわかりやすい。ホテルのすぐそばの小さな店に入ると、朝9時過ぎなのに、お客は常連のような人1人だけ。すぐ横のテーブルでお店の人が、ワンタンを一生懸命包んでいました。後で聞くと、ここは近くにオフィス街があって、昼は待ちが出るくらい混むのだとか。


Menu of Hon's Wun-Tun Hose 2016.1

メニューを3人で一生懸命読み解く。これも漢字だけでは困難だったでしょうが、英語が並列してあるので何とかわかる。「蠣油撈麺」と言われてもさっぱりですが、Oyster Sauce over Noodle なら想像つきます。
海外の食事は、ともかく量が多すぎて朝からこんなに食べられないよ、という場面が多いのですが、ここは暖かいワンタン1杯が $5少々と朝食にピッタリ。世界中、食事に困ったら中華料理店に飛び込め、というのは真実ですね。

さて今日の街歩きは、「地元の空気感が感じられるように」という我が家のポリシーに従って、SFっ子、御用達のMuniバスで回ることにしました。ミニバスでなく、ミュニバスです。要は地元の路線バスで、この路線がSFの市街地を縦横無尽に張り巡らされています。ざっと50路線位はありそうな感じ。別に観光バスではないので、目的地に着くまでに当然、何度か乗り換えなくてはいけません。


At the China Town Bus Stop 2016.1

まずは最初の目的地、ゴールデンゲートに向って、チャイナタウン手前から乗る。地元の足という感じで、通勤途中の人で大混雑。と思ったら、チャイナタウンで大部分が降りて、急にがらがらに。
当然、観光客などまったくいない。(時期も、1月中旬とまったくのオフシーズンですし。)
ユニオン通りを途中まで行って、次の交差点で乗り換え。


Bus Stop Guide Pole 2016.1

さすがアメリカ、市街地が狭いSFでさえ、普通の道路でも4車線か6車線。交差点を向こう側に渡って別のバス停に行くだけでも結構歩きます。この調子なら次のバスに乗って、あと30分もかからずにGolden Gateに着くなと思いつつバスを待つ、末、松。
おかしいな、他方面行きは何台も来るのにGolden Gate行きがさっぱり来ない。このバス停でもう20分は待ったのでは。ともかく路線が入り組んでいるので、何度も路線図を見るが間違いない、No.76X。

もう一度バス停をまじまじ見る。写真のように、バス停に路線No.と行き先が書いてある。その下の行は何だろう。暇なので細かい文字をなんとなく読んでみると「Sat. Sun. Holidays Only」
今日はもしかして金曜日では!

SFMuni路線
2016.1 Muniバス・ケーブルカー路線図
(http://uscities.web.fc2.com/sfo/citymap/citymap23-j.html)

結局、さっき降りたバス停にもどって、さっきの行き先のバスに乗って、もっと先で乗り換えることに。道路が直行の市松模様で、そこを多くの路線が走っているので、目的地に行くのに何通りかの行きかたがあるのでなんとかなりました。結局、30分以上時間をロス。初めてなんだもの、こんなこともあるさ。
参考までに、「Muniバス・ケーブルカー路線」のサイトをご紹介。
リンクは張っていないのですが、上記のサイトに行って見て下さい。


My Bus Has Not Come,Yet 2016.1

ここで、SFでお世話になったMuniバスの乗り方のコツを。
コツと言っても大したことはありません。料金は1回$2.25(2016.1当時)でした。徐々にあがっているようなので、旅行前に要確認です。
前から乗って、料金を運転手さんに渡します。海外の常識で、おつりは無いので小銭を用意しておくこと。(さすがにクレジットカードは無理だと思います。)
すると、運転手さんがペラペラの紙のチケットをくれます。いきなりビリッとチケットを破き、それをくれたので最初驚きました。慌ててガイドブックを見るとこのMuniバスは、90分乗り放題らしい。別のバスに乗り換えても時間内ならこのチケットで乗れるとか。このチケットの破り方で何時何分までまで乗れるということを表しているとのこと。


Super Analog Bus Ticket 2016.1

確かに、写真のチケットをみると、左側が時刻を表し、右側が0時と30分を表しているような。1枚1枚チケットを破って渡すなんて驚くほどアナログだ。それにしても、あの大雑把なアメリカ人が、いちいち90分先の時間をちぎって渡すなんて。アメリカ人もこんな小技が出来るのかと驚き。なにしろ、ステーキの重さは500g単位、チップの単位は15%と20%しかない大雑把な世界なのに。

と感心しつつチケットをもう一度見ると、これ午後2時を表しているのでは?
チケット買ったのは10時半だったはずだけど。90分なら12時まででは?
あとの2人のチケットを見させてもらうと、それぞれ1時半に2時半。ロクにチケットを見ないで何人も乗り込んできた客に、ビリビリ破って渡しているのだから、正確に破れるわけないよ。

まさか、破り方によって、1時半、2時、2時半まで乗れる、ということは無いだろうから、これはひょっとして2時半までは行けるのでは。あるいは平均値で2時位までは乗れるのか。どうなるのかと思い少しびくびくしながら、この後、Muniバスに乗ったのですが、謎はすぐに解けました。


Halfway to The Golden Gate 2016.1

運転手は、お客が乗り込むときまったくチケットを確認しない。破り目を確認するどころか、チケットを持っているかどうかも見てないよ。乗り込むとき、こちらを全く見ないで、早く乗れ乗れの手招き。
一応、チケット見せて乗ったけど。この運転手が特に職務怠慢なのかなと思いましたが、違いました。
この日乗った”すべての運転手”が、まったくチケットを確認してませんでした!

だんだんバカらしくなって、朝買ったチケットで丸一日乗ろうかとも思いましたが、それだけはやめておきました。日本人だし。でも結局、2枚のチケットで6時間以上乗っていました。
(破り目の範囲ですから、法律違反はしていないです。)

うん、ここはやはりアメリカだ、こんな細かいこと気にする人いないもの‥‥‥

Comments

Body
Since 2012.9.23
プロフィール

Author:AKI
.
休日は、You Tubeで好きな曲を見つけて
コピーしたり、カメラ片手に散策しよう‥‥
写真は私がとったものからです。
(このブログについて)

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ
画面下を人々がお散歩
旅行お役立ちブログ
検索フォーム

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08