Weekend In 心は L.A.

音楽と楽器、そして時々海外に

 

夜間飛行 八神純子のきらりと光る名曲 

1月前にビルボード東京に八神純子のライブを聞きに行き、本ブログでもその様子をレポートしました。(八神純子 (2017.4.21) at Billboard Tokyo  “The Night Flight 4”お宝音源 (04/29)

その時のライブがとても良かったので、ここ1月ほど、YouTubeで八神純子さんを聞いてました。東北大震災のチャリティコンサートを、東北はもちろんアメリカでもやられているのですね。自分も、ああいう災害が起こると何か出来ることはないか、とつい真剣に考えてしまう性格なので、ミュージシャンとしてチャリティコンサートを開ける人(それも現地まで行って)は素晴らしいなと思います。彼女は、名家の真性お嬢様なのですが、本当に素直な気持ちでやられているのでしょう。そう信じています。

前回も書いたのですが、「夜間飛行」は、大学時代の夜の部屋を思い出させてくれる一番好きな曲です。聞いているうちについついコピーしたくなって、譜面を起こしてしまいました。ここまできたら、カバーを演奏してみようということで、作ってみました。まずは聞きながら残りを読んで下さい。



今回は、シンプルなメロディをそのまま生かしたかったので、シンプルなボサノバにしてみました。バッキングトラック作成はもちろん、いつものBand In A Box。スタイルは「ボサノバソロマルチスタイル」です。このソフトは、本当に操作は簡単、バリエーションは沢山、創意工夫が生かせるという3拍子そろった優れものです。
原曲のテンポが、四分音符=64という超スローテンポなので、まさかこれと同テンポでボサノバというわけにも行かないので、バイテンでやってみました。

使用ギターは、今回は Fender Japan TL52-80TX ASH。ジャズボサを何でテレキャスでやるんだといわれそうですが、このテレキャス、フロントをハムバッカーに交換してあり、深い音が出るので結構気に入っています。
なんですが、録音してから聞くと、少し音がブライト。弦を交換したその日に録音したので、パキパキしています。また、こういうジャズ系を弾くなら、弦はやはり0.11-0.52を使ったほうが良かったな。今回は、0.1-0.46でコンプを結構かけてとってみました。

譜面夜間飛行Cover
譜面もアップしておきます。ブロック単位の反復記号は除いていますので、コンボでやってみようというときは、自分で書き込んでからメンバーに配ってください。

キーはDm。全体の調性は平行調のFといったり来たりするパターンです。
イントロは8小節。ボサノバらしいイントロを付けて下さい。
テーマの1コーラスは、A-A-B の24小節。(カバーはバイテンでやっているので48小節。以下同じです。)Dm9の2小節を挟んで、もう一度テーマの24小節。
そこからサビというかインタールードの8小節。ここはDm9→Em9→Dm9→Em9となっていますが、キーはCとDを行ったり来たり転調を繰り返していると考えた方がいいようです。ここだけDmの調性から少しだけ外れているので一瞬はっとなるのですが、8小節でもとの調性に戻る。全体が1本調子にならないようにした、ちょっとお洒落な間奏のコード進行だと思います。さすが後藤次利。
ここから、Bの4小節と同じコード進行を繰り返しにしたものがコーダとなっています。オリジナルではフェイドアウト、カバーでは20×2小節としています。前回のStudio Live音源での、矢萩秀明(Gt)さんのここのギターソロが絶品です。

ギターは、例によって1時間程度で録音したので、最後のコーダのところだけ、ちょこっとアドリブしてみました。シンプルでもなく、凝り過ぎでもなく、ミドルテンポのボサノバにフィットする素敵なコード進行だと思いますがどうでしょうか。

やはり名曲はメロディラインがいいな‥‥

Comments
 テレギブ
ハムバッキングのテレキャスというと、「哀しみの恋人達」の名演の、
セイモア・ダンカンのテレギブを思い出しますし、シェクターあたりが、
ハムバッキングのストラト、テレキャスを出しスタジオミュージシャンが、
一時期の335のように、こぞってとびついたのを懐かしく思い出します。

ボッサ調で、インストにすると、麻倉みきの「ミスティ・トワイライ」トや、
ハイファイセットやユーミンにあったなあと、いろいろ浮かんできます。

Band In A Boxは、Akiさんの必須アイテムのようで、本当、見事に、
使いこなされていますし、そこに載せるリードギターもすごく良いです。
 Re: テレギブ
ギターマジシャンさん、こんばんわ。コメントありがとうございます。
テレギブは、もちろん音も気に入っているのですが、小さくて頑丈なボディも扱いやすく、夏に汗でびっしょりになっても、そのあたりの雑巾で1拭きすれば終り。
枕元にスタンド無しで転がしておいても、何の問題もないという、車で言えばジープみたいなギターだと思っています。

ギターマジシャンさんの音源アップペースには遠く及びませんが、旅行記と交互に、これからも音源をアップして行こうと思っています。

Body
Since 2012.9.23
プロフィール

Author:AKISSH
.
休日は、You Tubeで好きな曲を見つけて
コピーしたり、カメラ片手に旅を。
そして海外に飛び出そう。
(このブログについて)
(5th Anniversary)(その1)

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ
画面下を人々がお散歩
旅行お役立ちブログ
検索フォーム

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10