FC2ブログ

Weekend In 心は L.A.

音楽と楽器、そして時々海外に

 

マレーシア1人旅珍道中(14) 入り口のない迷宮、マスジッドジャメ

4日目は、KLのハイライトともいえるマスジッドジャメ(Masjid Jame)。
1909年、20世紀初めに出来たKL最古のモスク。日本でいえば法隆寺みたいなものか。
朝9時に同名のマスジッドジャメ駅で下車。歴史的観光拠点の割には周辺に高層ビルが林立し、駅から歩いて5分もかからないはずなのだが、ビルが多くてモスクが見えない。
ちょうど通勤ラッシュの時間なので、通勤途中の女性サラリーマンに方角を聞くと
「マスジッドジャメナラ、コッチヨ」
躊躇なしにビシッと指差してくれた。
さすが有名観光地、歩いて5分の法隆寺級の場所を知らない訳が無いか。


North Gate of Masjid Jame 2016.8

、、、、、が、歩けど歩けどらしきものが無い。WIFIが無いのでGマップは使えないし、歩き方のここの地図が小さくて見にくく良くわからない。10分ほど歩いたところで、これは間違いなく駅から正反対に歩いていると確信できた。さっきのビシッと指差しは一体なんだったんだ。ま、こんなこともあるか。

結局、30分余計に街歩きをしてマスジッドジャメに到着。
それ自体は歴史的な立派な建物なのだけど、周囲がビルと高架モノレールに囲まれていてかなり近づかないとわからないので要注意。駅から歩いてくると、ほぼ裏側北玄関にでるので余計にわかり難い。


Front View of Masjid Jame 2016.8

駅に近い入口は工事中で、車道まで赤のコーンがはみ出して歩きにくいことおびただしい。北口は工事中で入れないということだったので、川沿いに歩いて正面に出ることにした。このマスジッドジャメは丁度、川がY字になっている合流点に建てられている。クアラ・ルンプールとは、マレーシア語で泥の川・合流地点という意味らしく、この最古のモスクが建てられた場所から名前をとったとのこと。
「正面から見ると、20世紀始めに建てられた白大理石と素焼きレンガの壁が非常に美しい。」
と歩き方に書いてある。確かにモスクは見えるのだが、丁度正面が工事中で、ブルドーザーが動いていたりと、大理石どころか掘り返した土と砂利でモスクの景観どころでない。

裏口と正面が駄目なら、西側入り口しかないな。この程度でめげている様では旅行なんて楽しめない。
マレーシアで1,2を争う美しさといわれているマスジッドジャメの内部に入るのだから。
さすがに、自分同様にモスクの周りをうろうろしている観光客を見かける。息子夫婦の旅行についてきたよ、という感じで家族の最後尾を歩く老人に話しかけるとイタリアから来たとのこと。しかしイタリアは全国的にマレーシアブームなのか?本当に多いな、イタリア人が。


Western Gate of Masjid Jame 2016.8

ということで、西側入り口に向って歩く。何度も言うようで申し訳無いが、写真を見ると曇り空位にしか感じないでしょうが、ともかく暑く、湿度も半端でない。はやくマスジッドジャメの中に入りたい。

やっと西側入り口に着く。すでに駅を降りてから1時間近く歩いて汗ビショだ。
ここも工事中だった。おいおい、まさか、、、、、、そのまさかだった。
どう考えてもすべての入り口が、工事中につき進入禁止だ。
結局、マスジッドジャメの周りを1周半歩いて見つけたのは
「美しいマスジッドジャメの修復工事中。足元に注意。」の案内ボード。
マスジッドジャメには入り口がなかったよ、本当に。


I finally discover this board. 2016.8

(教訓14)歴史的建造物や美術館は休館日は調べて行こう。万一、工事中だったら諦めるしかない。

すっかりマスジッドジャメで気勢をそがれたが、こんなこともあるさ。
不幸中の幸いで、この周辺はKLで一番といっていいほど沢山の歴史的建物がある。日本でいえば、皇居と大手町と京都御所をあわせたような地区らしい。気をとり直して、端から見て回ることにしよう。


Sultan Abdul Samad Building 2016.8

まずは隣にあるスルタンアブドゥルサマドビル。マレーシア語で言われると、何が何だかわからないが、一言でいうと旧連邦事務局ビル。この連邦とはもちろんイギリス連邦のことで、植民地時代の最高司令部に使われていた建物。日本でいえば、GHQが使用していた明治生命館のようなものだ。歴史を感じさせる立派な建物でした。が、今は裁判所ということで当然中に入ることは出来ず、鉄格子から中を見つつとおり過ぎる。


KL City Gallery 2016.8

道を渡ると、「I Love K L」の大きなモニュメントが目に飛び込む。
こんなところにショッピングセンターかと思い、ここは外見の写真だけとってパス。後から調べてみると、シティギャラリーということで、KLの過去から未来にかけた都市計画が展示されていたとのこと。興味ある内容だったのに残念。
後ろを振り返ると、さっき通り過ぎたスルタンアブドゥルサマドビルの前に大きな観光バスが4台止まり、中から中国人がわんさか出てきた。世界中で見られる光景。


Merdeka Square 2016.8

その横にはサッカー場かと思うような芝生広場、ムルデカスクエア。1957年に独立が宣言された、マレーシアで一番重要ともいえる場所。独立の喜びというのは日本人には想像がつかないが、民族の誇りに違いない。綺麗なサッカー場ですね、なんて間違ってもマレーシアの人に言ってはいけない。

サッカーをやっていた人ならわかるでしょうが、芝生の上を歩くとともかく暑い。
芝が枯れないように水をかけているので、湿度が100%近くなっていて、ムシムシ度が半端無い。
そこを端から端まで歩いたので、さらに汗ビショだ。


St. Mary Cathedral 2016.8

こういうときは、いつも言っているけど教会だ。ムルカデスクエアの向こう側にあるセントマリー聖堂にやっとの思いでたどり着く。大体、礼拝の無いときは教会にはほとんど人がいないので、休憩するには丁度いい。入ると、Wellcomeと教会の方に声をかけられるので、こんにちはと返事を返し、祭壇の前で敬意を表す。自分以外は誰もいない教会で座って15分しばし休憩。瞑想でもしようかな。

マスジッドジャメは、次の機会にとっておこう‥‥‥

Comments
 やはり海外はいいです
海外旅行はいいですよね・・・このシリーズを読んでいて本当にそう思います。
年内も残り少なくなって来て。私の仕事(貿易事務)は超絶に忙しいです。
ほっと出来るのがAKISSHさんの旅行記だったりします。

かみさんの体調が最近悪くて。海外どころか車の遠出も厳しい状況ですね。
行きたいですね海外旅行・・・アメリカ在住の妹の上の妹がその昔2年間イギリスに住んでいました。話に聞くと良いところだったみたいです。イギリスなんか行きたいですね・・・(涙)。

話は変わりますがAKISSHさんのSSHは、勿論ですがストラトのSSHの事ですよね?
 Re: やはり海外はいいです
kamiyo.m様、いつもコメントありがとうございます。
私の旅行記をこんな風に読んでいただけるのは本当にありがたいです。
自分の日記の域を出ない内容ですから。

今回のマレーシアは初めての真の1人旅ということもあり、
色々な思いがつまった旅行になりました。
仕事も伴侶様の体調も好転して、機会が持てることを願っています。

それから、SSHを付けたのは、自分のストラトを改造したから‥‥‥
なんてことは全くなく、単純な言葉遊びです。
色々なことをギターに結び付けてしまうのは、やはりギター少年かも。

Body
Since 2012.9.23
プロフィール

Author:AKISSH
.
休日は、You Tubeで好きな曲を見つけて
コピーしたり、カメラ片手に旅を。
世界中を歩いてみたいよ。
(このブログについて)
(5th Anniversary)(その1)
(5th Anniversary)(その2;音源編)
(5th Anniversary)(その3;音源編)

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ
画面下を人々がお散歩
旅行お役立ちブログ
検索フォーム

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11