FC2ブログ

Weekend In 心は L.A.

音楽と楽器、そして時々海外に

 

忍野八海(おしのはっかい) 限りなく透明に近いブルー

「ブラタモリ」という番組をご存知でしょうか。
毎回、色々な街や旧跡をタモリが歩くのですが、よくある食べ歩きの観光番組ではなく、古地図と照らしたその地の歴史だとか地形だとかを見て回る。1度見るとわかるのですが、タモリさん、地形とか歴史というかその分野に非常に博識で、観光船から陸を眺めていると「崖に見えるのは逆断層かな?あの火山の噴火の後に出来たのかな。」なんて専門家が驚くような感想を漏らす。また、街を歩いていて、ちょっとした急カーブに遭遇すると、地元の人と一緒に古地図を広げて、ここは昔の○○大名が、敵襲を村の入り口で防衛するために作ったトラップなんだ、なんてことを発見する。

こう書くとやけに真面目な番組に聞こえますが、あのタモリが軽妙なタモリ節でおしゃべりしながらぶらぶら散策するので、見ていて少しも肩が凝らない。本まで出ている長寿番組になっているはずです。


忍野八海(1) 2017.11

今回、遊びに行ったのは、ブラタモリの番組が半年位前に訪れた「忍野八海」というところ。私もブラタモリを見るまでまったく知りませんでした。場所は、地図にあるように、河口湖と山中湖の中間地点。車で行くなら山中湖ICから降りて20分位でしょうか。

富士山の裾野といってもいい場所で、富士山の雪解け水、雨水が地下水となり、20年位かけて地下を流れた水が湧き出すところが池となり、いつの日か観光地化したということでした。でもまだ知る人ぞ知るという素朴な感じが残っていて、お店の数も手で数えられるくらい。

忍野八海
忍野八海Map     2017.11

駐車場に車をおいて歩いて回る。八海という位だから、八つの池があるのでしょう。
改めて地図を見ると、1つは離れているので、歩いて回るのは七つの池というのが普通のコースらしい。
八というのは、宗教上意味がある数字らしく、八つの池にちなんだ八つの伝説がそれぞれあるとか。
このあたりは、「忍野村公式観光ホームページ」に詳しいです。

それぞれの池は、予想を上回る透明度。ひとつひとつの池はかなり小さいのですが、底から湧き水が出ているらしく表面に流れがある。普通の池や沼は、落ち葉や昆虫の死骸や流れ込む生活水で、どうしても水藻のようなものが出来てきて水が濁ってくるのですが、ここは綺麗な水がどんどんわいてくるのだから綺麗なはずです。

写真でその色が十分写せないのがもどかしいのですが、透明な青というかエメラルドグリーンというか、ともかく澄み切った色が美しい。訪れた日が快晴だったので、真っ青な空の色が池面に写って、より美しくなっていました。
12/1と12/5付けのAsturias の記事の忍野八海の写真は、沸池の1カット。ここが一番綺麗だったかな。


忍野八海(2) 2017.11

写真は濁池につながる一番大きな池で、実は八つの池には含まれていない池です。濁り池につながっているので、ここも濁り池の一部かも知れませんが。
TVニュースで、中国の観光客が忍野八海に殺到して、この一番大きな池の前で写真をとるのは良いけど、皆が硬貨を池の中に投げ入れて、地元観光協会の人が激怒しているシーンが写っていました。

「硬貨を投げるな」という立て看板でも立っているのかなと思ったら、そんなものはなく、その割りに硬貨を投げ入れる中国人観光客は一人も見かけませんでした。(比較的空いている時期に行きましたが、それでも団体は、ほぼすべて観光バスで乗り付けた中国人グループでした。)
観光協会が観光バス会社に猛抗議をして、バスガイドさんに到着前に厳重注意させているのかも。


忍野八海(3) 2017.11

草もちを食べながら、七つの池をぶらぶら回る。顔を上げれば雪を抱いた富士山。
その後、山中湖経由で伊豆に抜けて熱海で1泊。

東京の近くにもいいところがあるのですね‥‥


FUJIYAMA   2017.11
Comments
 富士周辺
私は車の免許を取って以来、一番出向いたのが富士周辺なので今回の記事は楽しく読ませて頂きました。

”ブラタモリ”私も好きですね・・・見れる時には見ています。あの緩~い感じの番組の雰囲気が最近のテレビにはないので好きですね。

忍野八海も何度か行きましたから思い出深いですね。最後に行ったのは10年以上前ですから。
若い時なら今から行くぞ!なんて気合入れなくても車で走って自然と中央高速や東名で富士五湖周辺を目指していたんですが・・・。

千葉に引っ込んでからは都内を抜けるのに、ひと苦労なので最近は行かなくなってしまいましたね。富士登山も何年も前から計画してはいますが、実現しないですね・・・(笑)。

高校入学後すぐのオリエンテーションが山中湖畔で二泊三日であったのですが、当時の山中湖周辺の雰囲気は今と全然違っていて素敵でしたね。
旅は近場でもいいもんですね。
 Re: 富士周辺
いつも、コメントありがとうございます。

そうですか、10年前から行かれていたということは、
私が知らないだけだったのかも知れませんね。
ただ、今でもそれほど観光地ずれしてないような(いい意味で)気がしました。

千葉、特に房総は好きで、以前は房総ばかり行っていたのですが、
圏央道が整備されてからここ2,3年、中央道、東名道経由が増えています。
房総の誰もいない海も好きなので、また行ってみようかな。

Body
Since 2012.9.23
プロフィール

Author:AKISSH
.
休日は、You Tubeで好きな曲を見つけて
コピーしたり、カメラ片手に旅を。
世界中を歩いてみたいよ。
(このブログについて)
(5th Anniversary)(その1)
(5th Anniversary)(その2;音源編)
(5th Anniversary)(その3;音源編)

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ
画面下を人々がお散歩
旅行お役立ちブログ
検索フォーム

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11