FC2ブログ

Weekend In 心は L.A.

音楽と楽器、そして時々海外に

 

ディープアジア香港旅行記(1)ウェルカムスマホでお出迎え

ここ数年は、年末にアジアがうちの定番。寒いのが苦手なので、冬に暖かいところに行くというだけでウキウキしてくるし、アメリカや欧州のように最低1週間は無いと楽しめないということもない。まだ行ってない有名どころなら香港だね、ということであっさり香港に決定。
(2016年12月、1年前の旅行です。中々旅行記が追いつきません。)

今はアジアの観光地というとシンガポールやバンコクが筆頭ですが、30年前、まだそれらの国が発展途上の頃から香港はアジアの中心でした。机の中の外貨の詰まった缶には、今は亡き父に小学生の時にもらった香港の硬貨が入っています。エリザベス女王の肖像入り硬貨は、今ではもちろん使えませんが。


Hotel Hyatt Regency(1) 2016.12

香港は、LCCだと時々往復で1万9千円!みたいな掘り出し物があるのですが、ここはマイレージの関係もありANA便で行くことに。意外といい時間がなくて香港着22時40分の便。クリスマス直近なので、イミグレが混んでいるとホテル着は深夜0時を回るかも、と旅行前日に気が付いて慌ててホテルに電話。
「明日、深夜になるけど必ず行きますから!」

香港国際空港は、構造が非常に単純で迷いにくいところがメリット。到着ゲートからまっすぐ進んでイミグレを抜けてさらにまっすぐ進むと、市内行高速鉄道の改札にたどり着く。
荷物のベルトコンベアが不調だとかの小さなアクシデントもあり、既に23時半近い。
終点の香港島の香港駅まで24分。今の空港は1998年に出来た新しい空港ですが、日本よりはるかに市街地へのアクセスはいいです。ちなみに昔の香港空港は、市街地のすぐ脇で、世界一着陸が難しいと言われた悪名高き「啓徳空港」。昔の映画を見ると、ビルのすぐ真上を飛行機が飛ぶシーンが出てきます。

香港Map2
Hong Kong Map .............. Red Star:Hotel Hyatt Regency

海外旅行の大きな楽しみは、ホテル選び。
香港は、大陸側(以降、中心部の地名をとって「尖沙咀」(チムサーチョイ)と呼びます。中華圏の地名は難しいですね。)と「香港島」に分かれていて、どちらに泊まるかが悩ましい。いわゆる昔ながらの香港は「尖沙咀」で、「香港島」の方は20世紀末から急速に開発された、いわば新開地。どちらも捨てがたいということで、結局、4泊のうち最初の3泊を「尖沙咀」、最後の1泊を「香港島」と、2つのホテルに泊まることにしました。
「尖沙咀」と「香港島」は地下鉄で一駅、日本でいえば銀座と豊洲のようなものなので、よほど両方に泊まってみたいというこだわりが無ければ、どちらか一方に泊まることで十分だとは思いますが。

「尖沙咀」のホテルは、いつものポリシーに従って地の利を最優先に考えて、「尖沙咀」の先端かつ中央のネイザン通りの至近にある Hyatt Regencyに決定。地下鉄「尖沙咀駅」からも歩いて1分と一番便利なエリアです。「尖沙咀」は新宿歌舞伎町のようなところで、夜うるさいかなと思ったのですが、部屋は地上14階で、夜の喧騒とは無縁でした。

驚いたのは宿泊料。香港は相当高いとは聞いていましたが、1泊37,500円! もちろん Hyatt Regencyはいいホテルだし、クリスマス直前というトップシーズンではありますが、スイートでも何でもない普通の部屋。マレーシアだったら、もっと広い部屋がこの値段で、4泊5日間泊まれるよ。ニューヨークやロンドンと並んで、世界でも有数の高額宿泊都市というのは本当でした。人口密度が核爆発しそうな都市だからしょうがないか。後で聞くと、このあたりの新築マンションはだいたい1室1億円だとか。


Just 0:00 am 2016.12

高速鉄道を終点1つ前の九龍駅で降りる。ホテルまではあと1km強なのですが、深夜0時になろうとしていたので、タクシーをピックアップ。ホテルまで10分位。「九龍」を、なんとなく”きゅうりゅう”と読んでいましたが、実は Kowloon(カオルーン)と読むのですね。ホテルを調べている時に、あちこちに○○○カオルーンホテルと出てくるので、最初なんだろうと思ってしまいました。

ホテル着は深夜0時を回っていました。お腹が空いたけど、今から街に出るのはさすがにありえないだろうということで、ホテル直近のコンビニに。
おでんを買ったつもりが、甘~いスイートポテトを買ってしまって疲れ倍増。(泣)


I Searched For The Convenience Store At Midnight 2016.12

風呂に入ってそろそろ寝ようと思い、サイドテーブルをみると机の上にスマホのモッアップが置いてある。香港は日本よりネット環境が進んでいるのだから、今更、スマホのPRでもないだろう。それともどんどん買い換えるのが常識なので、次はこれに買い換えさせようということで、ホテルの部屋にまで最新機種見本を置いてあるのか。私なんか、動画はパソコンでしか見ないので、高性能のスマホなんて必要ない。今のスマホを最低5年は使おうと思っていますが。

それにしても良く出来ているな、この展示用レプリカは。ボタンを押すとちゃんと画面が切り替わるし。ビックカメラの店頭に置いてあるようなモックアップとは大違いだ。
アイコンを押すと、グーグルも立ち上がるし、キー入力も出来る。
って、これ本物?


I am FREE ! 2016.12

さんざん触って2人が出した結論は、これは本物のスマホで間違いない、ということ。
ウェルカムドリンクというのは聞いたことがあるが、ウェルカムスマホ?
最初は気が付かなかったけど、机のスタンドに立てかけておくと画面に「I am Free」(無料だよ。)と出てくる。これ、もしかしてご自由にお使い下さいということ?まさか。
チェーンも付いていないので、このまま外に持っていけちゃうけど?
ここが怪しいドミトリー(安宿)なら、こんなものを手に取ろうものなら、1回$10、1日$100と、目が飛び出るような請求をされるのがオチ。海外旅行での甘い話は、一番危険というのが常識だ。

横のパンフを端からから端まで読む。このスマホを持って香港を歩けば、マップやお店が検索出来て、旅が楽しくなると書いてある。いや、そんなことはどうでもいい。
これを部屋から持ち出すことでお金がとられるのかどうか、そこが問題だ。
実は有料です、みたいなことは最終ページ最下部の、米粒のようなフォントで書いてあるのが世の常だ。しかしパンフレットの端から端まで熟読しても何も書いてない。
Hyatt Regencyが、まさかアコギなことしないよな。

2人の結論。「明日、ためしに使ってみる? たぶん‥‥大丈夫だよね‥‥‥」


Hotel Hyatt Regency(2) 2016.12
Comments
 香港いいです。
香港は一度だけ行きました。息子の高校入学祝いでかみさんと三人で行きましたね・・・。もう15年以上前です。

最初にある画像素晴らしくいいですね・・・やはり写真の腕が私とは違いますね。ミラーレスを使い続けていますが、こんなに雰囲気のある画像を録ったことがありませんん(悲)。楽器と一緒で腕とセンスですね。

私は空港の着陸の恐怖感は今でも覚えています・・・怖かったですね。
あとは街の臭いにやられました・・・なんとも油っぽい臭いが鼻について仕方がなくて、即時はマックがメインでしたね。

当時もホテルは高かった記憶がありますし、航空運賃も今とは比べたら比較にならない金額でした。当時はアメックスのゴールドからプラチナに切り替えたた直後でしたから香港では親切な対応をうけられましたね。
今はゴールドに戻しましたが・・・年会費がバカ高いので。

香港へはもう行かないと思いますがAKISSHさんの行動力が羨ましいい限りですね。良い記事を読ませて頂きありがとうございます。
 そういえば
「燃えよドラゴン」の冒頭で、街のすぐ上を飛行機が飛ぶシーンがありますが、あれもそうでしょうか。
それはそうと、もう年末ですね。寒さに気をつけて下さいね!
 今日はありがとうございます!
今日はわざわざありがとうございます。

1話目、読みました。スマホの続きが気になりますね。
 Re: 香港いいです。
kamiyo.mさん、コメントありがとうございます。

15年以上前というと、香港がイギリスから返還になった丁度その頃。
今とはずいぶん違った風景だったでしょうね。
その頃の、香港を1度見てみたかったなというのが今の思いです。
でも、ところどころにその時代の面影が残っているのかも知れないなと、今回思いました。
なんだかんだ言って、ずいぶん海外に行かれてるようで、私は最近になって行動開始です。

実は、今年のクリスマス、1人でハノイを旅行していて、返事が遅れました。
下のざわわさんとのやり取りを覗いてみて下さい。
そのうちハノイ旅行記も書くつもりです。
 Re: そういえば
BACH BACHさん、いつもコメントありがとうございます。

いや、まさに「燃えよドラゴン」の冒頭シーンのことです、昔の映画とは。
スッと映画名が出てくるのは、さすが同世代ですね。

kamiyo.mさんのコメントにも書きましたが、今年のクリスマスはハノイで過ごしました。
別に妻と喧嘩した訳でもないのですが(笑)1年に1回くらいは1人旅もいいかなと。
初めてのベトナムは、驚きと刺激に満ち溢れていました。

 Re: 今日はありがとうございます!
ざわわさん、さっそくのコメントありがとうございます。

昨日、ハノイでざわわさんとお話していたなんて信じられないですね。
日本は寒波であちこちで大雪。東京も10度を切る極寒。
シャツ1枚で、ホアンキエム湖を散歩していたのが夢のようです。

あちこち旅しているように誤解されたかも知れませんが、生活が少し落ち着いてきた
ここ10年位、学生時代の旅好きの自分がムクムク復活してきました。
直前に書いた”マレーシア旅行記” が初めての海外1人旅なので、暇な時にでも覗いてみて下さい。

短時間でしたが、ベトナムが好きで生き生き生活されている様が伝わってきました。
僕に出来ることはこのブログに書くこと位ですが、応援できたらと思っています。



Body
Since 2012.9.23
プロフィール

Author:AKISSH
.
休日は、You Tubeで好きな曲を見つけて
コピーしたり、カメラ片手に旅を。
世界中を歩いてみたいよ。
(このブログについて)
(5th Anniversary)(その1)
(5th Anniversary)(その2;音源編)
(5th Anniversary)(その3;音源編)

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ
画面下を人々がお散歩
旅行お役立ちブログ
検索フォーム

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11