FC2ブログ

Weekend In 心は L.A.

音楽と楽器、そして時々海外に

 

ロータスの伝説(1974) By Santana クロスオーバー期の最高傑作だったのか?



[Member]
Carlos Santana : guitar, Latin percussion
Leon Thomas : maracas, vocals
Tom Coster : Hammond organ, electric piano, Yamaha organ
Richard Kermode : Hammond organ, electric piano
Doug Rauch : bass
Armando Peraza : congas, bongos, Latin percussion
Jose "Chepito" Areas : timbales, congas, Latin percussion
Michael Shrieve : drums, latin percussion

3枚組という内容に加え、横尾忠則のデザインしたLP22面ジャケットは、広げると四畳半一杯に広がるという都市伝説まで作ったこのアルバム。この時代は、プログレ全盛期ということもあり、曲は長いほうが偉い、LPは曲が少ないほど偉い、ジャケットはオマケが沢山付いている方が偉い、レスポールは重いほうが偉い、という重厚長大、戦艦大和か万里の頂上のような価値観がロック界を支配していた時代でした。このアルバムは、そんな時代のど真ん中でリリースされたもので、今でもサンタナのライブアルバムと言えば、これが代表作なのは間違いないでしょう。

Caravan Sarai、Welcome、Borborettaの3部作の仕上げのようなこのアルバムは、1973年7月の日本公演の録音で、メンバーはWelcomeとまったく同じ。サンタナ史上一番のテクニカルベーシスト Doug Rouch が抜けたのが1973年末ですから、Welcome発表からの1年間がサンタナ史上最強のメンバーだったと信じています。

サンタナのメンバーチェンジは、Carlos Santanaの実現したいサウンドに合うメンバーをリクルートする過程で、首になったか本人が嫌気がさしたというパターンが多いのですが、Doug Rouch は脱退直後、Billy CobhamやLenny Whiteなどとバリバリのフュージョンアルバムを作っていることを考えると、本人がロックバンドに飽き足らず、本格ジャズフュージョンの世界を志向したためと想像します。
この時 Doug Rouch は24歳。28歳でその人生を終えたのは本当に残念。その後、20年以上第1線で活躍できたベースプレイヤーだったと思います。


Backstreet in Shanghai (1) 2012.8

今回、記事を書くにあたって面白いことを発見しました。
ロータスツアー日本公演の様子がYouTubeにアップされています。「SANTANA Lotus Tour Japan 1973 ①②③」は3本で67分という貴重な映像音源。30分のTV番組3回分という結構なボリューム。
CDを聞いただけでは、2人のキーボードのうちどちらがどのフレーズを弾いているのかはっきりわかり難くていらいらするのですが、この映像をみると2人の分担がはっきりわかって非常に興味深い。
(こんなことを気にするのは私位か?)
Doug Rouchの演奏映像も、今となっては非常に貴重です。

今回、聞きなおすまで、私はてっきりこの映像がCD「ロータスの伝説」の映像版だと思い込んでました。が、違っていました。つまり大阪厚生年金会館(7/3-4)の映像ではなかった。
よく聞き比べれば違いがわかります、と言いたいところですが、曲順が異なるのですぐにわかります。
(CDは2曲目のA-1 FunkからEvery Step of the Wayですが、映像はStone Flowerだとか。)

いったい、このYouTube映像はいつのものなのか。1973年のロータスツアー日本公演は、6/27の東京公演を皮切りに、7/11の札幌公演まで11回行われているので、このうちのどれかには違いないはず。
ライブツアーをCDにする場合、それぞれの曲について出来のいい演奏を11回の公演からピックアップすることが多いのですが、サンタナの場合は、CDはあくまで大阪厚生年金会館(7/3-4)の演奏だし、YouTube映像も明らかにどこか特定の1公演のようです。
(これは、録音状態の都合か、Carlos Santanaのポリシーか。)

そう思ってもう一度YouTube映像をじっくり見ると、さらに不思議なことが。サンタナはかなりラフな感じで弾いているし、観客やライブステージの熱気感がまったく感じられない。これ本当にロータスツアーの公演映像なのか?見れば見るほどスタジオライブのような感じがしてきました。人気絶頂のサンタナのライブ映像を流したいという日本のTV局のオファーに、日本公演のライブは駄目だけど、USAで収録したスタジオライブの映像ならいいよ、ということでサンタナマネージメント側から提供があったのではないか?(今で言うPV。)というのが、私の推測です。皆さんはどう思います?

今回、20年ぶり位にロータスの伝説を(加えてYouTube映像3本を)通して聞きました。ともかく長尺なので、前回、通しで聞いた記憶が残っていません。意外だったのは、この2つの音源とこれまでのオリジナルをじっくり聞いてみると、CDロータスの伝説の演奏内容が、結構ラフな感じを受けたことです。(例えば、このツアーの山場である、最後の曲”Incident At Neshabur”とか。)原因の一つは、メンバーになってまだ浅いTom Costerのプレイにちょっと違和感を感じるような、音色の選択も含めて。Tom Costerは、演奏、アレンジを含めて大好きなのですが、Gregg Rolieと違う色を出したいという本人の意識がやや空回りしたかな。もともと全然違うタイプだし。
今までサンタナの最高のメンバーによる最高の演奏結果の記録が、CD「ロータスの伝説」だと思い込んでいたので驚きでした。
でも、ミスが少なくきっちりしているのが一番いい演奏という訳でもないですし、一番勢いのあるステージをアルバムに焼き付けたのでしょう、きっと‥‥


Backstreet in Shanghai (2) 2012.8

さて、前回に続いて、サンタナ関連の素晴らしいブログのご紹介を。
どれも、この時期のサンタナにスポットライトを当てた、興味深い記事です。

★Chord of Life
(柊しじまさん)
Santana – Caravanserai(Side.A)

私のLink集に入れさせてもらっている方。
古今のロックの名曲を、Cubaseで打ち込んでアップされているのですが、何が凄いってそのコピーの精度には脱帽ものです。
私も、昔から色々とコピーをしてきましたが、メインメロディとコード位はなんとか聞き取っても、バックのシンセパッドとかは音程が聞き取れないものも多いし、昔のロックはそもそも録音が悪くて想像で音符を埋めざるを得ないパートも多いのに。さらに、YesとかKingCrimsonの20分以上の曲のすべての楽器をコピーしてアップしている。ほんとに驚異的です。
自分で弾いているギターも相当の腕ですし、恐らくキーボードもバリバリに弾けるはずです。
サンタナの曲も10曲アップされているので、全部聞いて見てください。
CaravanseraiのSide.A通しという信じられないものに、とりあえずリンクさせて頂きます。

サンタナ評としては、
>巷のサンタナの紹介記事はサンタナは次第に宗教色を強め、Caravanserai、Welcome、Borboletta
>の3枚はジャズに傾倒し人気を落としたが、1976年のAmigosで再びラテンロックに戻り‥‥復活した
>ということになっています。
>う~む、僕はそのジャズに傾倒していた頃が好きなんですが・・・(宗教色には目をつぶります。)
>時期的にはプログレ全盛期。

このあたりは、私を含めインスト系好きな今回の一連のブログ作者さん達と、まったく共通してます。

★灰とダイアモンドと月の裏側の世界
(風呂井戸さん)
サンタナ SANTANA の衝撃(3) 「キャラバンサライ」からの新展開

今はJAZZを中心に聞かれているようですが、ペンネームからわかるようにロック、とりわけプログレ方面にも非常に詳しい方。ロックのインスト部分に魅せられた人は、プログレ経由でフュージョン、ジャズというのが正常進化形なんでしょうか。ここに書かれている風呂井戸評サンタナは、私の感想と非常に近似です。Borbolettaを高く評価しているのも興味深い。

★「熱闘」のあとでひといき
(?さん)
サンタナ&マクラフリン『至上の愛』/断絶の時代に聴く対話の奥義
(2つ目の記事です。)

次の記述には笑いました。その通りだと思いますが。
>(サンタナが)もっとも人気がなかったのは? 私的にはこの作品『不死蝶』(ポルトガル語のタイトルは “Borboretta” )をリリースした70年代中盤頃ではないかと思う。

しかし、次のようにも言っています。
>現代の感覚で聴くと違った印象を抱くことになるから面白い。
>もしかしたら、歴代のサンタナの作品の中でも最高レベルの充実した作品にすら思えてくる。
>もしもサックスがウェイン・ショーターだったら文句なしの作品になっただろう。

1973年の日本公演、行きたかったな。当時よりも今、痛切に思うよ‥‥

Caravan Sarai(1972) By Santana 絶頂期の始まり
Welcome(1973) By Santana 異色作にしてMost Favorite One
Borboretta(1974) By Santana ラテンフュージョン3部作の終り
Comments
 また聴きたくなりました
今回のサンタナの記事は迫力ある内容で、聴きたくなりました。
今日ゆっくりと聴くことにします。

クロスオーバーと云うよりサンタナ・サウンドというところだと思います。
 ロータスの伝説
アルバムは長尺なので、紹介されているYouTubeの映像を見ましたが、おっしゃるとおり、会場の全景やステージ側からの映像に観客の姿がないようで、通しのリハーサルなのか、ちょっと違和感があります。(同年のアメリカライブとは対象的です)

それにしても、クロスオーバーの黎明期に、これだけの迫力の演奏はものすごいですし、チョッパーズブギより2年も前に、バシベシとチョッパー(今ではスラップですが)を決めているのが、やっぱり外人さんは違うよなあと思ってしまいます。

それよりも、リンクで紹介されている柊さんのブログを拝見しましたが、3日ペースくらいでスコアもない楽曲のオケを次々とアップされていて、その演奏も素晴らしくて、感動しました。
 Re: また聴きたくなりました
kamiyo.mさん、コメントありがとうございます。

ひょんなことから、ここ半年、サンタナ1st~ロータスまで聞くことになりました。
楽器をやっている人なら、好き嫌いは別として、興味のあるサウンドだと思います。
今聞きなおして、相当時代を先取りしていたのだなと感じるのは凄いと思います。

 Re: ロータスの伝説
ギターマジシャンさん、コメントありがとうございます。

改めて聞いてみると、決して、サンタナ=ギターバンド ではないですね。
むしろ、リアルタイムで聞いていた頃は、私たちの耳がお子様だったのだなと。

柊さんのアップの作品は、自分で作られているギターマジシャンさんなら、
どの位凄いか想像がつくと思います。
ともかく驚異的なクオリティです。全部聞いても損はないと思います。


Body
Since 2012.9.23
プロフィール

Author:AKISSH
.
休日は、You Tubeで好きな曲を見つけて
コピーしたり、カメラ片手に旅を。
世界中を歩いてみたいよ。
(このブログについて)
(5th Anniversary)(その1)
(5th Anniversary)(その2;音源編)
(5th Anniversary)(その3;音源編)

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ
画面下を人々がお散歩
旅行お役立ちブログ
検索フォーム

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11