FC2ブログ

Weekend In 心は L.A.

音楽と楽器、そして時々海外に

 

金沢から能登半島 ぐるっと新緑と海風の旅(上)

3年前に北陸新幹線が開通してから、行きたかった金沢にGWに行ってみました。
能登半島も回りたかったので、金沢からレンタカーで1泊目の和倉温泉に向かう。金沢から能登半島の西海岸を北上し、最後に能登島に向って東方に横断するコース。

金沢2018
赤:金沢、黄:千里なぎさドライブウェイ、青:和倉温泉、緑線:1日目、赤線:2日目  2018-4

金沢を15時20分に出発すると、わずか15分位で西海岸沿いの「のと里山海道」に入る。
地方都市と東京との一番の違いは、海(山)がものすごく近くてうらやましいことかな。
まずは世界でも珍しい自動車で走れる砂浜「千里なぎさドライブウェイ」に。「のと里山海道」今浜ICを降りるとすぐの砂浜。渚が20-30mと結構幅があり人もほとんどいないので走り放題です。長さも8kmあるとか。その気になればかなりのスピードでぶっ飛ばすことも可能ですが、余りにも海が綺麗だったので安全運転で走行。よく見ると土が混ざっているような肌理の細かい地面でした。さすがに普通の砂浜じゃ車で走るのは無理だよね。


千里なぎさドライブウェイ(中央に見えるアクアで走りました。)     2018-4

再び戻った「のと里山海道」は、昔は有料道路だったらしいのですが今は無料に。信号はほとんどなく非常に走りやすい道路で、制限時速の80kmで走っているとナビの到着予定時間がどんどん早まってくる。和倉温泉には17時15分に到着。東京から伊豆位かなと思っていましたが、三浦半島位でした。こんな近くに日本有数の温泉街があるなんていいな。

今晩は「美湾荘」という旅館。これがThis is 日本旅館、いい意味での純和風。
カウンターでチェックイン手続きかと思ったら、湾を一望する見晴らしのいいロビー奥の席に案内され、まずは茶菓子とお茶を一服してから、宿帳にお名前をどうぞと。
最近は、海外も含め、合理的かつ省力化のホテルに慣れているので逆に戸惑ってしまう。
部屋のカーテンをあけると、夕日に輝く七尾湾しか見えない。陸に入り組んだ湾なので、風の無い今日は湖のように見えました。


七尾湾の夕日   2018-4

普通、こういう旅館街は、昔の栄光、今閑散という感じで寂れてくすんでいるのが普通だと思うのですが、街中が不思議と綺麗、案内板も妙に新しい。しばらく散歩してわかりました。3年前に北陸新幹線が開通するのに合わせて街をあげて整備したんだな、きっと。新幹線効果か。
街のど真ん中に、綺麗で超大きな公衆温泉があるので、温泉宿に泊まらなくても十分楽しめそう。
歩いていると目の前に加賀屋が。加賀屋とは、10年連続で日本の旅館トップにランクされる老舗中の老舗旅館。正面に大型バスが着くとそこから降りてきたのは全員中国人。ロビーの外国人率も高し。日本で一番の温泉旅館を楽しみにきたのかな。


いただきます!   2018-4

温泉は、当然、七尾湾を一望する露天風呂。お客さんも少なく(今日はGWの前日の夜だったので)非常に快適でした。目の前が海ということで源泉はナトリウムが豊富で、一口飲むと結構しょっぱい。

夕食は、これまた和風旅館ならでは。写真で見ると普通そうですが、メインはこの後に控えていたので、最終的には満腹以上に満足、本格的でした。和風の旅館は、おもてなしがべたべたする印象があってなんとなく敬遠してしまうのですが、そんなこともなく、部屋、風呂、食事の3点セットも申し分なく、今日までの平日プランでCPもとても良かった。これは東京から泊まりに来ない手はないな。伴侶がじゃらんで見つけてくれましたが、予想外のヒットでした。


朝日の能登島大橋   2018-4

翌日、まず目の前に浮かぶ能登島を車でドライブ。雲ひとつない晴天で、ほぼ無風という最高の日和。
島の東海岸は、能登半島から少し離れていることもあり、人がほとんどいない海岸が続いている。
真夏でも人はパラパラという感じなんだろうな。
日本海というと波が荒く常に風が吹いているというイメージがありましたが、全然違う。


奇妙な形のガラス美術館    2018-4

島を回りながらガラス美術館に。素朴な能登島にこの美術館?というハイソで繊細な展示物でした。
美術館の展示物もさることながら、前庭から見下ろした湾北部の景色はとっても美しかった。
島をぐるっと渡って、西端のツインブリッジから再び能登半島に上陸。


能登島東海岸 勝尾崎を望む  2018-4

能登半島西海岸に向って、能登半島を県道23号で西に横断する。
増穂が浦は七尾湾とはうって変わって波が荒い。天気は相変わらず良いので、おそらくこの程度の荒さは1年中なのでしょう。日本海のイメージはやはりこれだ、荒い波が好きな訳ではありませんが。

ここは海が凄く綺麗でさくら貝の名所らしいのですが、貝拾いをするには波が少し強すぎました。
写真は世界一長いベンチでギネスに登録されたものだとか。世界一長いといっても1枚板で作られているわけではなく、ベンチの端と端をボルトで一体化しただけなんですが‥‥作ったときはきっと町おこしだったんだよね。人が余りにも少ないのがちょっと残念。


世界一長いベンチ at 増穂が浦   2018-4

そこから機具岩、巌門と日本海に突き出た岩礁を見ながら南下していく。
GWの海のドライブというと、どうしても伊豆に向ういやって言うほどの渋滞を思い出してしまうのですが、能登半島は渋滞はどこに?午後になって金沢から北上する対向車線の車が少し増えてきたけど。
こんな綺麗なシーサイドを渋滞知らずでドライブできるなんてうらやましい、本当に。


巌門   2018-4

初めて来た能登半島。ピンポイント旅行じゃつまらないなとレンタカーで回ったのは大正解でした。予想より距離もなく、回る気なら1泊2日で先端の輪島市、珠洲市まで金沢から遊びにいけます。
ただ後から聞いたことですが、こんなに天気がいいのは1年の中でもめったにないとか。
GWの旅行は昨年に続き快晴!ラッキーということにしておこう。

金沢市内でレンタカーを返す。220kmを走破。
ガソリン満タンで10リットル未満は、さすがハイブリッド車アクア。
いよいよ金沢だ‥‥‥

Comments
 車が一緒
借りたレンタカーアクアですか。私の愛車は走れば何でもいいのでアクア。
マジでセールストークだけで買って後悔してる部分もあります。
長年乗ると思っていたほどではないです。今は100%カミさん専用車です。

しかし海外・国内問わずいい旅してますね。。。羨ましいです。
私の計画のシアトル移住・・・1年くらい先延ばしにするかもです。
でも絶対に行くのは決めた事んですから。今から夢だけが先走ります。
 Re: 車が一緒
コメント、ありがとうございます。
そうですか、同じでしたか。偶然ですね。
アクアの感想ですが、普通に走りやすかったです。
私も走ればいいと思っているので、それ以上の思いはありませんが。

シアトルは冬は寒いけど、夏はサンフランシスコより暖かい(暑い)
と住んだことのある友人が言ってました。いいところみたいです。
日本から一番近いアメリカ本土なんですよね。
 鍵コメント様へ
了解です。お待ちしています!

Body
Since 2012.9.23
プロフィール

Author:AKISSH
.
休日は、You Tubeで好きな曲を見つけて
コピーしたり、カメラ片手に旅を。
世界中を歩いてみたいよ。
(このブログについて)
(5th Anniversary)(その1)
(5th Anniversary)(その2;音源編)
(5th Anniversary)(その3;音源編)

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ
画面下を人々がお散歩
旅行お役立ちブログ
検索フォーム

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11