FC2ブログ

Weekend In 心は L.A.

音楽と楽器、そして時々海外に

 

金沢から能登半島 ぐるっと新緑と海風の旅(中)

すこし時間軸が前後しますが、今回のメインイベント3日目の行程。
朝一で金沢周回バスで東茶屋街へ向かう。浅野川を渡るとすぐに東茶屋街。地図を縦にしたり横にしたりの外国人2人組とさっそく遭遇。やはり金沢中心部は外国人が多い。
ここは重要伝統的建造物群保存地区になっていて、雰囲気ぶちこわしの改修は不可能なため、京都と同じように幅6m程のメイン通りに沿って2階建ての昔のお茶屋さんがずらっと並んでいます。


お茶屋、志摩の2階より    2018.4

公開されている「志摩」(重要文化財)に入ると、当時のお茶屋の様子そのままの建物。狭い2階建てですが、芸子さん(というのか?)が踊る空間と客がみる空間が和室の続き部屋を利用していたり、小さな中庭で部屋からみると自然の風景的な情景が鑑賞できるようになっていたり、空間がよく工夫してあるなと感心。写真をとっているうちに、座って眺めると非常に綺麗なシーンになることを発見。どこかで聞いた記憶もありますが、わずか1mの差でこうも見え方が違うのかと感激。全ての部屋を座って眺めてきました。


お茶屋、志摩の前座敷   2018.4

茶屋街の入口で人が群がっていると思ったら、金箔入りソフトクリームのお店。スイーツにしても寿司にしても金沢では金箔が名物らしい。写真をとろうと思ったら横からヌーっとソフトクリームを出される。冗談よ、という顔をした外国人女性が笑っていたので話かけると「タイワンカラキマシタ」の4人組。思わず「九分に行ったことあるけど、いいところですね。」と返答。外国人観光客が多かった割りに、今回、英語でお話ししたのはこの1回だけでした。次から次へと人がくる。1/3位は外国人で、中国人団体あり、西欧人も多い。
志摩は狭いので、団体さんに先に入られたら見るどころではなくなります。朝一で来て正解だった。


浅野川に沿って主計町を歩く    2018.4

浅野川を渡った対岸に主計町(かずえまち)という同じような街並みがありました。こちらは料亭が中心らしく、大人の風情。規模は東茶屋街より小さくすぐ回れるので、一緒に見ることをお勧め。夜は川べりがライトアップされてとても綺麗らしい。


普通のバス停だってこんな佇まい   2018.4

続いてバスで兼六園に。ここが金沢城と並んで金沢の中心。正面から入って坂を上ると一番有名な「徽軫灯籠」(ことじとうろう)で写真渋滞。約30年前に出張で金沢に来たとき、ここを見ているはずなのですが。入口から灯篭へと歩いたのだけをかすかに覚えてます。
この珍しい2本足の灯篭、実は片方が折れている、というのを今ブログを書いている時に知りました。明治維新前後に折れた時、財政難で修復することが出来ず、それがかえって珍しいと有名になったとか。


兼六園 瓢池   2018.4

この日も快晴で、季節がら新緑が目にいたいほど。綺麗な風景の写真をとっていくときりが無くなってしまう。ガイドブックに乗っている有名なシーンはあえてカットします。



兼六園を出ると、すぐ目の前が金沢城公園。兼六園と金沢城公園の間に橋がかかっていて、下は道路になっているのですが、この道路、昔はお堀だったとか。そういえば妙に真っ直ぐな道路でした。


金沢城 橋爪門  2018.4

金沢城は、天守閣は江戸時代になる前に落雷で焼失し、その後、度重なる火災で最終的には石垣以外のほとんどの建物は無くなっていたらしい。余りに寂しいじゃないか、ということで1999年から金沢城復元工事が始まったとか。ということで、現存のお城はすべて最近建てられたレプリカです。ところどころ、壁の内部構造とか、床下の構造など、まるでNHK歴史番組のCGのように、断面構造が見られるように作られていました。


金沢城  三十間長屋  2018.4

天守閣は江戸時代には既になくなっており、江戸時代の中心部、二の丸御殿を復元するかどうかも現在まだ決まっていないのだとか。ガウディの向こうをはって、21世紀中には復元する予定です、位のんびり構えてもいいかも。

城内を歩くと、太平の江戸時代にあっても、城がいかに防御を考えた構造になっていたのかがわかって興味深い。外国人はとても多かったのですが、やはり日本の侍文化に興味深いのか、壁の銃眼とか、お堀の石落としとか、梯子のような階段を上った見晴らし櫓とか、軍事に関係する建物部分を熱心に見ている人が多かった。


新緑の大手堀    2018.4

裏の黒門口から出て、歩いて約5分で近江町市場に到着。金沢の台所ともいわれる大きな市場。日本海の築地のような位置づけでしょうか。金沢城から近江町市場までの間、もう少し整備されてお店が出来ると歩くのがより楽しくなるかも。金沢城が整備されたのもつい最近なので、今後に期待かな。

さて近江市場で昼食だ‥‥‥

追加

金沢21世紀美術館モニュメント いくつに見える? 2018.4

金沢に到着した夕方、ホテル近傍を散歩していたら突然モダンな美術館が。当日券を諦めたほどの大盛況でしたが、無料で見られるところだけでも、面白く風変わりな展示やモニュメントが多かったです。
美術にそれ程興味が無くても行く価値大です。

Comments
 金沢、能登半島…いいですね
数日前にコメントを送ったはずなのに、何が悪かったのか、送れていませんでしたね〜(-。-;
改めて…
6~7年前に金沢、東尋坊、五箇山を職場の仲間とまわりました。1泊2日の強行軍で。
1月末に行って大雪で大変な思いをしましたが、食べ物も美味しく、今度はもっとゆっくり滞在したいと思っていました。
能登半島は約40年前に友人と行ったきりです。金沢から観光バスを利用し、途中の休憩地で違うバスに乗り込んでしまい、乗客のお爺ちゃんに「姉ちゃん、バス間違ってるよ。これ、老人会のバスだから。」と言われたことが忘れられません。何とか自分のバスに間に合いましたが。
レンタカーでまわるのもいいですね!
 1枚目と3枚目の写真が
素晴らしすぎます!いいなあ、こんな街並みをしていた時代に住んでみたいなあ。
2枚目の写真に写ってる琵琶は薩摩琵琶ですかね。こういうところなら女性が弾きそうだから筑前琵琶…というか、琵琶よりも細竿の三味線の気もしますが、面白いですね(^^)。
 Re: 金沢、能登半島…いいですね
ぐでトムラ様、今度は確かに受け取りました、ありがとうございます。
金沢市内は何度か行ったことがあったのですが、能登半島は1度も無かったので、
楽しかったです。
雪の能登半島も綺麗でしょうね。
和倉温泉経由七尾市まで最近ブームの鉄道もあるらしく、
今度はそんな旅もいいかなと思っています。
 Re: 1枚目と3枚目の写真が
BachBachさん、コメントありがとうございます。

1枚目は自分でもかなり気にいってます。
写真は素人ですが、空気感のようなものがとれたんじゃないかと。
3枚目は、まったく同じ画角で夜のライトアップシーンが、
金沢パンフレットの定番になっていることを、帰ってから気が付きました。

ともかく、街中、家の中、公園、どこを切り取っても素敵な風景でしたよ。
 金沢
北陸新幹線のニュースを見ていて、この歳になっても、石川、福井、富山の位置関係を把握していなかったことに気づくような自分です。

金沢方面は、高2の修学旅行で行きましたが、兼六園、忍者屋敷、永平寺、東尋坊と回ったのは覚えていても、どれが何県だか、どれが上(北)の方で、どれが下の方だったか、これまた今でもわからない有様です。
(ちなみに、高3では北海道に行きましたが、さらにわからない状態です)
 Re: 金沢
コメントありがとうございます。
修学旅行って、昼の観光より夜の大騒ぎが楽しくて、なかなか観光地の記憶がのこらないのは皆同じでしょうか。
(バスでずっと爆睡してるとか。)
でも、学生の頃から旅が好きだったので、中学、高校と修学旅行が京都・奈良だったのはかなり残念で,
やっぱり自分で行かないと駄目だな、なんて思ったりしました。

 引越し先
http://blog.livedoor.jp/hana_1115/

引越しを気に少し記事書いてます。お立ち寄り頂けると嬉しいです。
物凄く使いやすいですね。FS2は進化しないですから。
 Re: 引越し先
連絡ありがとうございます。
さっそくリンクを張りなおしました。
すべての記事を移せたのですね。
プロフィールの写真は、若い頃の写真ですか?

Body
Since 2012.9.23
プロフィール

Author:AKISSH
.
休日は、You Tubeで好きな曲を見つけて
コピーしたり、カメラ片手に旅を。
世界中を歩いてみたいよ。
(このブログについて)
(5th Anniversary)(その1)
(5th Anniversary)(その2;音源編)
(5th Anniversary)(その3;音源編)

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ
画面下を人々がお散歩
旅行お役立ちブログ
検索フォーム

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11