FC2ブログ

Weekend In 心は L.A.

音楽と楽器、そして時々海外に

 

金沢から能登半島 ぐるっと新緑と海風の旅(下)

近江町市場に着いたのは14時でしたが、正午前後は、長蛇の列で昼食どころではないという情報だったので、ほぼ予定どおりか。刺身定食もいいし生牡蠣にも惹かれたな~。結局、やや待ち行列が短かった「近江屋伝兵衛」で、魚市場の定番、海鮮丼を頂く。トリップアドバイザー評では、他店に比べてややお値段が高かった様子。やはりお客さんは正直ですね。


近江屋伝兵衛   2018.4

かなり歩いたので、金沢でのホテル「Kaname inn Tatemachi」に戻って一風呂浴びる。
旅行前にホテルを探していると、目に飛び込んだHPは英語のお洒落な内容。外国人ツーリスト向けのホテルなのか?でもブッキングコムやじゃらんを見て回ると、中身は普通のホテルらしい。昨夏オープンの新築だし、立地が中心部の香林坊、兼六園から歩いて行けるところで拠点によさそうで、もちろんお値段もリーズナブル。迷うことなくここに決定しました。


おかえりなさい(Kaname inn Tatemachi)  2018.4

入ると1階のロビーはなくカウンターのすぐ横がEV、EVからの通路は中廊下でなく全面ガラス張り。部屋内も全面ガラス張りの壁があったりで、ファンッションビルを作る予定が途中で改装したのかな?なんて一瞬感じる。まさかそんなことはないでしょうが。写真は、道路からエントランスまで続く前庭からみた1階のバー。前庭には木製の机とチェアーが置いてあって、夏場は外で飲めそうな雰囲気。GWの夜は外に出るにはまだ肌寒かったですが、なんだか感じのいい空間です。
合理的なつくりなんだけど、決してチープではない。ロビーのような無駄?なところを省いて、安価にクリーンな部屋を提供というコンセプトのホテルとみた。これは頭の固い日本人より外国人に人気が出そうな感じ。興味あればぜひサイトで見て下さい。

私は旅行の時、実は同じホテルに2泊以上泊まるのが好きなんです。
街をひたすら歩き回ることが多いので、必ずといっていいほど午後1度ホテルに戻ってお風呂休憩することが多いし、夜、ホテルに戻ってくると、ホテルが「おかえり」と言ってくれるような気がするので。
たとえ1週間の旅行でも、1泊づつホテルを変えるとこういう気分になれません。


近江町市場    2018.4

夕食。今日はせっかくだから近江町市場で寿司尽くしにしようと、何のことはない、再びバスで近江町市場に向かう。このあたりの行き当たりばったりの計画の無さも、うちの旅行らしいといえばらしい。
17時に着くと、ほとんどのお店が閉まっていました。昼食時はどの店も盛況だったのに。よく考えれば、魚市場、その日に仕入れたものが売りさばければ店を閉めるのは当然か。それでも午後まで開いていたのだから、観光客相手であることには変わりないのですが。


近江町市場寿司本店   2018.4

こんどはずばり地元の寿司屋さん「近江町市場寿司本店」。
外で待っていると、寿司のメニューを持ってきた店員さんが「うちは回転してなくて注文に応じて握るのですが。」と申し訳なさそうに言う。いやいや、それが普通ですよね。世の中いつの間にかに”回転寿司”の方がデファクトスタンダードになってしまったのか。

狭い店内、カウンターにひしめきあって座る。ここの寿司は絶品でした。
東京ではなかなか食べられない、トロ鯖(生の鯖)や日本海名物”のど黒”が惜しげもなく出てくる。お会計で驚いたのが、寿司のクオリティは東京の回転寿司とは比べ物にならないのに、料金は半分程度。
後で聞いた話ですが「新幹線が開通して観光客が劇的に増えて、いろいろな値段が観光客値段になってきた。あと1、2年で近江町市場の寿司屋も値段が上がるでしょうね。」と。残念だけど止むを得ないか。


さあ、1杯どうぞ    2018.4

能登半島から金沢に入った2日目の夜の夕食を書いてませんでした。
予約をいれず、街中にある小料理屋でも魚がおいしいところあるんじゃない?とホテル近傍の片町でふらっと入ったお店が「長八片町店」。居酒屋でもいいやと思ってふらっと入ったら、カウンターの向こうで料理と寿司を作ってくれる予想外にまともなお店。

定番のおつくり盛り合わせはもちろんのこと、つくね串がとても美味しい。この料理なら日本酒だよねと注文。本当の青竹に入れてあり、竹の香りがさらっとした日本酒にほのかに映えて絶品でした。ガイドブックに載っているお店でなく、街中でふらっと入ったところに、まだまだ美味しそうなお店が沢山ありそう。さずが金沢。


次の1曲 2018.4

最後の夜、ホテルの1階にある「Kanazawa Music Bar」に入る。
朝食の時に、壁一面のLPレコードに、マッキントッシュアンプとタンノイスピーカーが置いてあるのを目ざとく見つけたのがきっかけでした。オーディオファンなら、このラインナップでLPを聞くということが、どの程度のこだわりか直ぐにピンと来るはず。

バーに入ると「Golden Lady」が鳴っている。スティーヴィーワンダーなんて、わかってるDJさんだなと思わずニコリ。せっかくなので、レコードプレイヤーが置いてあるブースの目の前に座る。


The Nightfly by Donald Fagen    2018.4

レコード1枚につき1曲づつ選曲するこだわり。今晩は70年代~80年代のロック、AOR系らしい。
「この頃の音楽ってやっぱり落ち着くよね」と伴侶。こういう時は同世代でよかったとつくづく感じる。このDJさん、私より若い方でしたが、かなり音楽好きらしくあれこれ話す。
「ジョーサンプルありますか?」と暗にお願いすると、「リクエストは受けてないんですよ。(あくまで曲は私がセレクトします。)」というこだわりでしたが、忘れたころに”Carmel”から1曲かけてくれました。最近の金沢の話も色々聞くことができた、最後の夜にふさわしいひと時でした。


野村家武家屋敷(長町)    2018.4

最終日、午前中に長町武家屋敷通りから西茶屋街と時間一杯歩き回って、金沢駅で最後の昼食。載せたい綺麗な写真がまだまだあるのですが、ここらで打ち止めに。国内旅行で4日は割とゆったりしているはずなのですが、うちの旅行は目いっぱい楽しむのがポリシーなので、まだまだ時間が欲しかったです。


金沢の中心、香林坊(こうりんぼう) 2018.4

最後になりましたが、今回の旅行、どうしてもやりたかったことがありました。
それは、北陸新幹線と空路とどちらがいいのか、ぜひ乗り比べてみたいと。あえて行きはJAL、帰りは新幹線に乗ってみました。(伴侶は、またいつもの好奇心がでたよと半ば呆れ顔だったような.....)

まず料金。飛行機は予約可能な一番早い日付(1月)で予約したので一番安価なチケットととなり、JAL10190円、新幹線12400円。ただし、空港から金沢への連絡バスが1130円、羽田モノレールが490円なので、引き分け。(飛行機の予約が遅くなれば、新幹線の勝ちになりますね。)

時間は、自宅から金沢駅間と考えると、飛行機が約4時間、新幹線が3時間で新幹線に軍配。飛行機はどうしても前後に時間がかかってしまうので、東京に住んでいるなら新幹線の勝ちでしょう。睡眠時間もとれて楽ですし。
最後に車窓からみた風景。新幹線からも山は見えたけど、飛行機からみた雪山のダイナミックな迫力にはかなわなかったな。これは晴れていれば飛行機の勝ち。


まだまだ冬山   2018.4

結論として、仕事の出張なら新幹線、遊びに行くならどちらもありという感じでしょうか。

金沢、能登、楽しかったな‥‥

Comments
 "マッキントッシュ"につい...
今回も楽しませて戴きました。
にぎり(お鮨)の話しも良買ったのですが(食いしん坊なので)
ホテルのバーでの話しに思わず納得。
目慣れない風景 景色の中で馴染んだ音楽が聞こえてくると
ちょっとホッとします。
"マッキントッシュ"の青い光にフラフラと引き寄せられて....
長居したくなりそうです。
私、酒な呑めませんが...
 Re: "マッキントッシュ"につい...
コメントありがとうございます。
コタパパさんも、オーディオ通なんですね。
旅行で余り飲み回る方ではないのですが、今回はとても心地良かったです。
レコードって、やっぱりいいですね。
 Re: タイトルなし
鍵コメント様
そうでしたか。
でも、素晴らしいものを知れたことは、生活を何か豊かにしてくれると思います。

Body
Since 2012.9.23
プロフィール

Author:AKISSH
.
休日は、You Tubeで好きな曲を見つけて
コピーしたり、カメラ片手に旅を。
世界中を歩いてみたいよ。
(このブログについて)
(5th Anniversary)(その1)
(5th Anniversary)(その2;音源編)
(5th Anniversary)(その3;音源編)

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ
画面下を人々がお散歩
旅行お役立ちブログ
検索フォーム

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11