FC2ブログ

Weekend In 心は L.A.

音楽と楽器、そして時々海外に

 

世界の中心ニューヨーク旅行記(3)自然史博物館でNew York City Passを引き換える

1晩ぐっすり寝て、カーテンを開ける。3階の部屋からみるNewYorkの街並みが、現実なのか夢なのか。NewYorkにいること自体が不思議な気がする。

ホテルから最寄りの地下鉄ユニオンスクエア駅まで、歩いて2分と非常に便利。
U.S.では、夜遅くなってホテルに戻る時が要注意。夜どれだけ周囲に人気があるかわからないので、夜に10分以上も歩くのは絶対避けるべき。駅から近く人気のある道を通って帰れるホテル。これはホテル選択での最優先事項でした。
さらにこのユニオンスクエア駅、N,Q,R線、4,5,6線、L線という3つの線の結節点で、東京でいえば飯田橋のような、どこに向かうにも交通至便な駅です。立地重視のホテル選びは大成功でした。


Union Square Station  2017.8

ホテル発9時、日曜日の朝なので、階段を下りるとまだ人が少ない。
地下鉄は、プリペイド式のメトロカードを自動販売機で買うシステム。最近はどこの国でもこうなってます。自動販売機で購入時に、貴方の家のPost Code(郵便番号)を入力して下さいと出るのですが、ここは何を入れてもいいとわかっていたので難なくクリアー。最近は、旅行者ブログで、写真つきで説明を載せてくれる方もいるので、事前に調べておくと本当に便利です。私のこのブログも、NewYorkに行く方に何か役にたてばいいのですが。

(Tips 4)7日間、地下鉄と普通バスが乗り放題になるメトロカードが $31 (2017.8)

カードを改札のカードリーダーに読み取らせて入ろうとすると、「ビー」とエラーが出る。しかし慌てなかった。この程度は予習済だ。「このカードリーダーは読み取り精度が悪く、初めての人はなかなかクリアー出来ないけど慌てるな。」とのブログを読んできたのだ。カードの長辺をスライドさせるのですが、スライドスピードが速すぎると読み込めないらしいので、ゆっくり滑らせる。


The Ticket Gate 2017.8

「ビー」再びエラーだ。おかしいな。何度トライしてもクリアーできずに焦り始めると、ニューヨークっ子が集まってきた。

日本でもこういう状況になると焦ってくるものだが、ましてやNewYorkのど真ん中。伴侶は、隣の改札を1発でクリアーして、向こう側でニヤニヤ待っている。他人事だと思っているようだ。
そのうち、集まってきたニューヨークっ子が、私に向かって「Quick,Quick !」と叫ぶ。中には、自分のカードを持って、この位のスピードだと身振りをつけて動かしてくれる人まで出てきた。

そうか、滑らせるスピードが遅いのか。えいっと思いっきり滑らせると、青ランプが付くと同時にゲートが開いた。ゲートをくぐって思わず「I Get It, Thank You」と大声でお礼を叫んでしまった。集まった人たちは、Wellcome, Good Job と言いながらそれぞれの方向に去っていく。New York最初の朝から、いきなりやらかしました。でもニューヨークっ子が好きになったよ。

(Tips 5)出国前にブログで予習もいいけど、最後に頼りになるのは現地の人だ。


The Entrance of American Museum of Natural History     2017.8

最初の目的地は自然史博物館。81st St. Museum of Natural History駅で下車する。自然史博物館、と言ってピントこなければ、映画ナイトミュージアムの舞台となった博物館です。マンハッタン島は山手線より若干小さい位のエリアに縦横にメトロが走っているので、どこに行くにも20分位でOKです。車が無くても何の問題もない、U.S.でも珍しい都市でしょう。


Two Barosauruses welcomed us. 2017.8

10時のオープンと同時に大階段を上って正面玄関を入ると、高さ20m位の大吹き抜けに2匹の恐竜がお出迎え。バロサウルスという頭の先が見え無い位のっぽ恐竜です。ここは、世界最大の規模の恐竜化石が収蔵されている博物館。開館直後に入ったのですが、日曜日ということもあって、子供連れ、家族連れであっという間にチケットブースが埋まっていく。


New York City Pass 2017.8

ここで秘密兵器、New York City Pass の登場です。これは、大人1名122$で、

1:エンパイア ステートビル
2:アメリカ自然史博物館
3:メトロポリタン美術館
4:トップ オブ ザ ロック 又はグッゲンハイム美術館
5:自由の女神フェリー 又はサークルライン観光クルーズ
6:9/11 メモリアル美術館 又はイントレピッド海上航空宇宙博物館

の6つの入場券が冊子セットになっているもの。9日間有効で、個別に買うより40%ディスカウントされている超お得なセット。さらに、もう一つのアドバンテージとして、このパスを持っていると、チケットブースの列に並ばずに、提示するだけでそのまま入場できます。これは夏の観光シーズンに大変有効でした。
日本からWeb上、カード決裁で買えるので、その際の引き換えレシートを持って行って、最初に訪れるチケットブースで見せると、この冊子をもらえるシステムになっています。(一番最初の1回だけは、並ばなくてはいけません。)

ちなみに、4,5,6は選択式でどちらかを選べることになっているので、私たちは、サークルライン観光クルーズと9/11 メモリアル美術館を選択。(トップ オブ ザ ロックとグッゲンハイム美術館はどうしても時間が取れずに入れませんでした。なんとか前までは行きましたが。)4か所行けば元はとれますが、どれも大変人気がある観光地でチケットの行列がすごいので、時間の節約の効果の方が嬉しかったです。

(Tips 6)初めてNew Yorkに行くなら、New York City Pass を絶対に買うべき。


Tyrannosaurus 2017.8

4階の恐竜フロアは凄かった。本物の迫力というか、このティラノサウルスの写真は何度も見たことがあったけど、本物はやはり全然違う。こんなのが地球上を我が物顔で歩きまわっていたなんて。


Wahoooh ! 2017.8

これは、部屋(といっても体育館の半分以上はある。)に入りきれなくて頭が廊下に飛び出している恐竜 Titanosaurs。通ると人が全員見上げている。いったい何mあるのか。
子供に一番人気のトリケラトプスも。このあたりの恐竜は骨格を見ただけで名前がわかるな。


Triceratops 2017.8

その他にも、魚竜や、プテラノドン、亀竜、マンモス、サーベルタイガー‥‥、子供の頃に図鑑で見た恐竜の本物が目の前にいる。大人が見ても楽しいのだから、子供と一緒にこれたらこんなワクワクする博物館は無いだろうな。New Yorkでも一番人気の博物館だというのもうなずけました。

また、別の階には宇宙のフロアがあって、そこには本物の隕石が置いてあって触れるとか、1時間おきに大スケールのプラネタリウムがあって観客の歓声がすごいとかで(希望すれば、入場の時に、何時の回、と予約がとれます。)、こちらも見たかった。全部見た人によると、恐竜フロアと宇宙フロアは絶対に見逃せない、1日かかってやっと全部見れたよ、とのことでした。


Here there and everywhere, Dinosaures. 2017.8

ぐっと我慢して4階の恐竜フロアだけを見て、出口に降りる。今回のNew York旅行は、見たいところが山ほどあって1週間ではとても見きれず、涙を呑んで諦めたところがいくつもありました。
ここは○時に入って△時に出発。○○駅から××線で次に向かうと、時間を最大限有効活用するプランを立てていたのですが、最初から20分のディレイ。この程度なら誤差の範囲か。

ルーズベルト大統領像の出口をくぐると、目の前のセントラルパークが緑で溢れている。
さあ、メトロ駅に向かおう‥‥‥

Comments
 
結局はFC2に戻りました。またよろしくお願いします。

http://kamiyo0336.blog.fc2.com/
 Re:
おかえりなさい、かな?
色々な音楽の話、期待しています。
こちらも、音楽に旅行記、ぼちぼち進めます。

Body
Since 2012.9.23
プロフィール

Author:AKISSH
.
休日は、You Tubeで好きな曲を見つけて
コピーしたり、カメラ片手に旅を。
世界中を歩いてみたいよ。
(このブログについて)
(5th Anniversary)(その1)
(5th Anniversary)(その2;音源編)
(5th Anniversary)(その3;音源編)

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ
画面下を人々がお散歩
旅行お役立ちブログ
検索フォーム

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11