FC2ブログ

Weekend In 心は L.A.

音楽と楽器、そして時々海外に

 

世界の中心ニューヨーク旅行記(6)グランドセントラルTer.とタイムズスクエア


Grand Central Terminal 2017.8

U.S.がまだ鉄道時代だった時に、マンハッタンから長距離列車の出発駅となったグランドセントラルステーション。完成はWW1の直前だから今年でオープン105年目か。映画が好きな人なら解説不要の場所でしょう。ヒッチコックから現在まで、いったい何本くらいの映画がここでロケをしたのか。
天井に埋め込まれた星座、壁に掲げられた大きな星条旗、中央の丸い案内所、端っこの階段を上がったところにあるイタリアンレストラン、すべてが有名すぎるくらい有名。


Constellation Celling 2017.8

12時着は大体予定通り。じっくり端から端まで歩く。階段から大フロアを眺めると、天井を見上げたり、カメラでひっきりなしに写真をとっている人達がとても多い。いったいここにいる何%の人が鉄道利用者で、何%が観光客なのか?圧倒的に観光客の方が多いようだ、多分。


Cipriani Dolci (Itarian Restaurant) 2017.8

ここのフロアの1層下には広いレストランフロアがあって、そこがお手頃なのも観光客に人気がある秘密でしょう。我々も昼食をどこで食べようかと歩き回る。
一番有名なのは、Grand Central Oyster Bar でしょう。サンフランシスコでもそうでしたが、アメリカ人はとにかく生牡蠣が好き。どこの街にもOyster Barがあります。安いし、日本の牡蠣より小ぶりで薄味、むしろ食べやすい。ここでぜひ食べてみたかったのですが、日曜日は夕方からのオープン(平日は11時30分から。)ということで、残念。


Shake Shack 2017.8

ほかのお店はフードコート方式になっているので、調べてきた「Shake Shack」というハンバーガーショップに向かう。U.S.っ子の大好物、ハンバーガーショップのうちでも、美味しくて有名なチェーン店。列に並び、前にいたNYCの女子中学生からメニューを回してもらう。ドリンクとハンバーガーで1人1,000円は、U.S.にも沢山あるマクドナルドより少しだけ高め。一口食べて、思わず「うわっおいしい」と叫んでしまった。牛肉汁が溢れてくる味は、M社のとは一味違う。まずはNYCの味をゲットだ。

大コンコースから階段を上がりE42St.に出る。この場所も、日本で言えば渋谷駅前のスクランブル交差点のような超有名な場所。映画「摩天楼はバラ色に」で、カンザス州から出てきた田舎者マイケル・J・フォックスが、キョロキョロしていたのもここだったっけ。


The Chrysler Building 2017.8

東に見えるのはとんがり頭が特徴的なクライスラービル、北にはメットライフビルというNYCを代表する摩天楼がそびえ立っている。私世代には、メットライフビルというよりパンナムビルと言った方が馴染み深いか。NYCは、エンパイアステイトビル以外にも有名な摩天楼がいくつもあり、それぞれ独特の外観を持っているので、いくつか覚えておくと、映画を見た時に自分がNYCにいるような気になれて楽しい。

ここでひとくち情報。
「いい旅・街歩き Vol.19 ニューヨーク」(成美堂出版)は、有名な摩天楼の名前、写真と一口メモが10数ページに渡って載っている唯一のガイドブック。残念ながら廃刊となってしまいました。(私は2010年版を中古で入手。)この「いい旅・街歩き」シリーズは、とてもいいガイドブックで、歩き方シリーズに勝るとも劣らなかったのですが‥‥‥誰かこのコンセプトを受け継いでくれないかな。


Policeman With Machinegun 2017.8

45St.を西に向って一直線に歩く。次の目的地はタイムズスクエア。日曜日のお昼過ぎということもあり、7th Ave.に出ると、既に人人人。世界の中心NYCの中の、そのまた中心。
真昼間からお祭り騒ぎ、と言いたいところですが、あちこちで警官が警備しているのが目立つ目立つ。見回すと、タイムズスクエアの周辺にパトカーを何台も並べて警備している。警備といっても、日本のように笛を鳴らしながら「ピーピー、車道を歩かないで下さい。」なんて甘っちょろい警備ではありません。
ほぼすべての警官がマシンガンを持っていたよ!

パリでテロが起き、別の街ではトラックテロが。その原因を考えると、U.S.でテロが起こらない方が不思議。U.S.の威信をかけ、NYCでは絶対にテロを許さない。問答無用で射殺する、という姿勢で 9.11以来、厳戒態勢をひいているのでしょう。
ほんの少しだけ、旅行気分から現実に引き戻された気がしました。


Street Performers 2017.8

旅行気分にもどろう。
TVで何度も見たタイムズスクエアを歩く。あちこちで仮設ステージが立てられライブをやっていたり、ストリートパフォーマーを囲んで人波が出来ていたり、やっぱり世界一のお祭り広場だ。
ヨーロッパの、どこか歴史を感じさせる落ち着いた広場とは対極の、ともかく楽しければいいじゃないか、というアメリカンスタイル。
どこかで同じような光景を見たことがあったな、と思い返すとラスベガスでした。


TKTS    2017.8

最近オープンしたラインショップに入ると、巨大なブラウンのぬいぐるみの前で写真待ちの行列。正面のビルの壁面には、どでかいライオンキングの電飾版。大きな赤いボードは、TKTS(ティケツ)。1年中ミュージカルチケットを発売している、世界一有名なディスカウントチケットショップ。
まったくおのぼりさん状態。でもいいでしょ、周りを見回してもほとんど皆、観光客だもの。外国人どころかアメリカ人だって、タイムススクエアに初めて来た人が沢山いるはずだ、この中に。


Times Square From The Big Stairs 2017.8

一番奥にある、有名な屋外階段に登って座ってみる。
昼でも夜でも、夏でも冬でも、すべての瞬間が絵になりそう。
次は、どんなタイムズスクエアを見にこようかな。

I Love New York.....
Comments

Body
Since 2012.9.23
プロフィール

Author:AKISSH
.
休日は、You Tubeで好きな曲を見つけて
コピーしたり、カメラ片手に旅を。
世界中を歩いてみたいよ。
(このブログについて)
(5th Anniversary)(その1)
(5th Anniversary)(その2;音源編)
(5th Anniversary)(その3;音源編)

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ
画面下を人々がお散歩
旅行お役立ちブログ
検索フォーム

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11