FC2ブログ

Weekend In 心は L.A.

音楽と楽器、そして時々海外に

 

世界の中心ニューヨーク旅行記(15)新しいニューヨーク、ハイライン(High Line)

ニューヨークの最新観光スポットといえば、ハイラインでしょう。
昔、昔、ハドソン川沿いは倉庫や貨物ヤードが多く、そこに貨物線が通っていました。線路の南半分は1960年に取り壊されてしまいますが、北半分を1991年に取り壊そうとした時に、地元で保存運動があり、この公園が作られました。もとの線路が高架鉄道だったので、その跡地を利用したここは空中公園と呼ぶのがふさわしいかも。全長2.3kmの1本道の線状公園は、北端のW34st.のウェストサイドヤードから、南端はW14st.付近まで結ばれています。


Blue Star: North End (West Side Yard) Red Star: South End(W14th Street)

今回、NYCに来て感じたことがあります。
U.S.はこれで10回目なのですが、アメリカ人がかなり健康志向になっているのではないか?
食事一つとっても、死ぬほど量が多く、朝からステーキで、ソースやケチャプを山ほどぶっかけて、〆のデザートは死ぬほど甘くて、という印象がありました。健康のためなんてチマチマしたことなんて気にしないよと。でも今回、なにか違う。
感じる健康指向は、治安最悪だった街を一生懸命よくしようという努力と重なっているようにも思えます。街全体が、なんだか妙に明るく健康的。3.11のテロを契機に、自分の国の中で犯罪なんかやってる場合じゃないと思った、なんていうのは考えすぎでしょうか。


The West Side Yard and The Redevelopment of City 2017.8

話は戻る。
北端入口近くには観光バスが止まっていて、ここを歩くコースが人気らしく、ツアーバスからも人が降りてくる。入口のウェストサイドヤード上空をかすめる様に遊歩道がぐるりと通っていて、まずその巨大なヤードに驚き、そのヤードの横の巨大なビル群の再開発に再度驚く。写真で奥に見えているところです。30~40階建のオフィスビルでしょうか、ハイラインから直接ビルに連結する通路も工事中でした。おそらく低層階はレストラン街やショッピングセンターが入り、完成の暁にはハドソン川沿いの大きな観光拠点になるのでしょう。

ハイラインは線路跡を公園にしたので、基本的に1本道を歩くことになります。
写真を見ると、映画スタンドバイミーのように線路を歩いているようにも見えますが、実際は線路の上は歩けません。(線路はところどころしか残っていないので。)線路脇の遊歩道を歩いて行きます。


Walking Along The Railroad Line 2017.8

最近出来た割には、ずいぶん線路脇に草花が生えているな、でもその草花が以外とマッチしていて綺麗だな。と思ったら、本当の線路脇を歩いているような気分にさせるために、わざと花壇にせず、自然っぽくなるように草花を植えている ! と聞いて驚きました。
日本ならこういうしかけもあるでしょう。でも、あの大雑把なアメリカ人が(失礼!)、そんな細やかな心遣いをするとは。やっぱり何か変わったよ、アメリカ。

1本道を歩いて何が楽しい、と言われそうですが、これが楽しい。
昔の貨物、倉庫が林立していた地域なので、周りのビルがやけにレトロ。昔のNYCをテーマにした映画を見ると、赤茶けたレンガで出来たビルや、サビサビの屋外階段などがよく出てきますが、まさにそんな風景。もともとあった工場、倉庫群に、無理やり鉄道を通したので、線路がビルすれすれを折れ曲がりながらうねうねと通っていて、そこが遊歩道に変わっています。


Shade of Trees 2017.8

遊歩道はバリアフリーで気持ち良く歩ける一方、適当な間隔で樹木が植えられ、その下のベンチで読書している人がいたり、作り付けのデッキチェアが並んでいる遊歩道脇で日向ぼっこをしている人がいたり。また、ところどころにNYCの街並みが眺められる木製の大階段が作られていて、そこが人のたまり場所になっている。皆、楽しそうだな。NYCって、こんなに健康的な街でしたっけ?


Go Through Under The Building 2017.8

水源があって冷たい水が流れ出ているところがあったので、歩き過ぎて火照った足を冷やし、しばらくデッキチェアで休みました、気持ちよかった。眺めていると、TVクルーが歩いている人に取材をしている。NHKの日曜夕方のローカルニュースみたいに「新しくできたハイラインを歩いた感想は?」なんて聞いているのでしょうか。

ビルの2,3階に穴が開いていて、そこを遊歩道が通っていたり、10階位のホテルが、遊歩道をまたいでどーんと立っていたり、右を向けばハドソン川が、左後方にはエンパイアステートビルがと、次から次へと景色が変わって少しも退屈しないで歩ける。

(Tips 19)NYCの最新名所、ハイラインは、ぜひ天気のいい日に歩いてみよう。


Wellcome My Shop ! 2017.8

この沿線はかつて非常に治安が悪いところでしたが、そこが再開発されて、今は年間500万人が訪れる観光地に変身、2009年にオープンしてからまだ10年も経っていないのに。警察も力を入れていて犯罪発生率も低いため、ハイライン沿いは地価が上昇して、マンションやホテル建設も始まっているのだとか。
アメリカ人は合理主義者だから、一旦、方向転換すると早いのかもね。

W14thストリート付近でハイラインの終着地点に着きました。
歩くのが好きな私にとっては、この倍くらいの長さがあってもいいのだけど。
南端の展望場所に行くと、なんとその先が線路になっていて、道を挟んだビルの2階をぶち抜いていた。
ん? どうも変だと思ったらビルの壁に貼ってある絵でした。一瞬錯覚したよ。


The Picture On The Wall 2017.8

南端の階段を下りると、ウェストヴィレッジのど真ん中。この付近もやたら工事が多い。古いビルを取り壊したり、建物の側だけ残して内装工事をやっていたりで、街中が工事中という感じ。

あと数年したらハイライン沿いの街、生まれ変わっているはずだ‥‥‥

Comments

Body
Since 2012.9.23
プロフィール

Author:AKISSH
.
休日は、You Tubeで好きな曲を見つけて
コピーしたり、カメラ片手に旅を。
世界中を歩いてみたいよ。
(このブログについて)
(5th Anniversary)(その1)
(5th Anniversary)(その2;音源編)
(5th Anniversary)(その3;音源編)

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ
画面下を人々がお散歩
旅行お役立ちブログ
検索フォーム

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10