FC2ブログ

Weekend In 心は L.A.

音楽と楽器、そして時々海外に

 

世界の中心ニューヨーク旅行記(19)Union Square Park で朝市

いよいよ帰国前日、雲一つない快晴。
今回宿泊したホテルから徒歩1分のところに、ユニオンスクエアパークという公園があり、そこでは、月、水、金、土と週4日、近郊農家が自家製野菜や果物等を出品しています。いわゆる露天朝市。
持ってきた売り物が無くなったら終わり、というのが通例なので、朝食がてら朝一で行くことに。


The Market Of Union Square Park 2017.8

午前8時半、公園に入ると、公園の西側から北側にかけて、びっしりとテントが並んでいました。
野菜や果物はもちろん、乳製品やパン、お花など、およそ自家製農業に関係する露店が。
今日は水曜日で、ちょうど通勤時間帯らしい。この公園の下は一大ターミナルで何本もメトロ線が乗り入れているので、出口から次々と通勤者が現れる。この公園の北側は、高層ビルが立ち並んでいる商業オフィス街となっていて、皆、北に向かって歩いています。時々、露店で買い物をしている通勤者が。今日の昼食を買っているのでしょう。


Living Inside Your Love

この時の風景を動画で撮っておいたので、その雰囲気を感じて下さい。
バックのサウンドは、NYC旅行から帰ってアールクルーを思い出しながら作った、彼の名曲、Living Inside Your Love のカバーです。併せて聞いて下さい。
カメラで360度の風景をとっていると、こちらに手を振ってくれる男性が。(動画:0:12)
今でも彼の笑顔を忘れません。動画は写真とまた異なる思いでになりますね。


I get my breakfast from this bakery. 2017.8

今日の朝食は当然ここでと決めていたので、並ぶテントをみながら何を食べるか物色。
自家製小麦のパンでしょうか、すごく美味しそうなパン屋さんがあったので、まずパンをゲット。近くの露店で、自分の牧場から持ってきたのか、ミルクとヨーグルトがずらっと並んでいたので、これもゲット。直売なのでとても安価。大量に買っている人もいるのですが、ここで朝食用に買う人も結構いるらしく、少量単位で売っているのはありがたい。


Many Many Many Peaches 2017.8

生鮮食品が中心なので、お土産には少し難しいかも知れませんが、朝食や昼食、あるいはホテルに持ち帰って、デザートや夜食にするにはちょうどよさそう。恐らくNYCといっても、車で1,2時間郊外に出れば、一面農地が広がっていたりするのでしょう。アメリカは広いな。
公園の内周に入ると、露店の雑踏とはうって変わって静かな公園に。
天気も最高によく、ベンチでの朝食にうってつけ。


Good Morning, Lovely Squirrels 2017.8

前を見ると、同じようにベンチでパンを食べている人が。と、そのパンの袋めがけて小さな動物が。
一瞬、ゲッと思ったのですが、良く見ると野生のリスだ。公園といっても、NYCのど真ん中。よくこんな公園に野生の動物がいるものだと逆に感心。食べ物あるのかな?
そうか、月、水、金、土と週4日は不自由しないものね。
正面の男性は慣れた手つきで、パンをリスに与える。
きっと時々ここで朝食を食べているのでしょう、リス達と一緒に。なんだかいいな。


Hey,Japanese ! I want to get my breakfast. 2017.8

ついでに、公園の南側にあるスーパーマーケット「Whole Foods」をご紹介。
海外旅行の街ぶらで必ず立ち寄るところの一つにスーパーがあります。
今回のように朝食を付けていない時は、前日夜に朝食を購入するという意味もありますが、スーパーは、その街の一番生活と密着した場所。だから、その街の飾らない姿をを知るのに一番手っ取り早い。

中国や東南アジアのように、とんでもないもの、例えば生きているカエルとか、は売っていませんでしたが、フロアを1周すると、生鮮食品もあればサンドイッチなどの軽食もある。夕方6時頃に行くと、仕事帰りの主婦、あるいは独り者らしき男性が、自分で好きなものを盛る重量制のお惣菜パックをもって、うろうろしている姿をよく見かけました。このあたりは、日本と変わらないな。
やはりフルーツが安い。というより、ともかく量が多い。オレンジやグレープが$5程度で洗面器一杯買える。今回は冷蔵庫が使えなかったので、朝1回で食べきれるよう一番小さいものを毎回探してました。


Big Screen Indicator 2017.8

レジカウンターがずらっと30位並んでいる。日本のこの規模のスーパーなら10がいいところでしょう。列に並ぼうとすると7列に分かれている。まるで空港のイミグレのようだ。
レジは30あるのに列は7つ?見慣れないスクリーンが頭上にデーンと掛かっている。

どうも列が色分けされているようで、レジが空くと順番が来た列にレジのナンバーが示されるというシステムのようです。写真なら「黄色列の先頭の人、22番レジに進んでください。」ということらしい。そして次は右隣の緑と順にナンバーが表示されていく。これは合理的だな。
日本では、自分の両隣のレジはすいすい進むのに自分の列だけは遅々として進まずという、不思議な現象が多発する(私はなぜかこの現象にしばしば遭遇する。)のですが、これなら大丈夫だ。


Cash Register Counters 2017.8

と思って並ぼうとすると、スクリーンの右3列(紫、茶、薄青)はどこも10人位並んでいる。
一方、左側3列(濃青、黄、緑)は2~3人しか並んでいない。このシステムならどこに並ぼうが条件は同じなので、どの列も均等に人が並ぶはずなのに。
なぜ、右3列に皆並ぶ?もしかすると、右3列は1割引きになるのか?まさか。
スクリーンの下に「Express Side」の表示が。少量買いの人は特急レジが使えるよということらしいが、一体どこが特急レジなのか?

何度もここで買い物をしたのですが、大抵、こういう状況でいつもまごまとしてしまいました。
勿論、人の一番少ないところに並びましたが、今でも不思議だ。

ニューヨークの方、誰か教えて‥‥‥

Comments
 パンが美味しそう
まずは、動画。雰囲気いいですね。ニューヨークに日常が伝わって来ます。
バックの音楽がいいのはもちろん!ですよ。

こちらでいうマルシェになるのでしょうか?
青山マルシェやもみじ市(今年はもうおわっちゃった)や雑司が谷の手作り市、
その他地域の市など色々ありますが土曜,日曜日開催が多いので日常的では
ありません。
この様な市は店主と顔馴染になりやすいのでいいですよね。
田舎では、火曜木曜金曜日曜と各々場所は違うが市内で行われていて
安いので、学校帰りにちょくちょく木曜、金曜市に行きました。

出店者は大変だろうけど、東京でももっと沢山あれば良いですよね。
美味しそうなパン。好きな具材でサンドウィッチ。
これからの季節にちょうどいい。秋晴れが恋しいです。
 Re: パンが美味しそう
こんばんわ、コタパパさん。
動画の雰囲気を感じて頂きありがとうございます。
目をつぶると今でも、あの時の光景が浮かんできます。

マルシェというとフランス語で「市場」ですが、
こういうのをマルシェというのですか、知りませんでした。。
こういうのが都会のど真ん中である。
日本で言えば日比谷公園で,毎朝やっているようなものでしょうか。
物を買うだけでなく、人の顔を見ながら買い物ができる。
大都会だけど、ほっとする部分もある。いいですよね。
 リビング・インサイド・ユア・ラブ
アール・クルーは「フィンガー・ペインティング」と「ハート・ストリング」を90分カセットのA・B面に録音して良く聴いて、「リビング~」は、タイトル曲は珍しく歌入りだなあという程度の印象でしたが、久々に聴くと、初期のアルバムは全部名盤ですね。

AKISSHさんのカバーは、ガットギターではないのに、いかにもアール・クルーの世界という温かい音色で、サックスとからむアドリブも雰囲気たっぷり、映像の方は往年の「世界あの店この店」みたいで、微笑む通行人ができすぎです。
 Re: リビング・インサイド・ユア・ラブ
こんばんわ、ギターマジシャンさん
アール・クルーの初期のアルバムは、今はたまにか聞きませんが、
やっぱりいいなあと感じますね。エバーグリーンというのでしょうか。

動画、ご覧頂きありがとうございました。
音楽と旅行は私の趣味2本柱ですが、自分でとった動画に自分の演奏を重ねられるなんて、
いい時代になったものです。

Body
Since 2012.9.23
プロフィール

Author:AKISSH
.
休日は、You Tubeで好きな曲を見つけて
コピーしたり、カメラ片手に旅を。
世界中を歩いてみたいよ。
(このブログについて)
(5th Anniversary)(その1)
(5th Anniversary)(その2;音源編)
(5th Anniversary)(その3;音源編)

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ
画面下を人々がお散歩
旅行お役立ちブログ
検索フォーム

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11