Weekend In 心は L.A.

音楽と楽器、そして時々海外に

 

5th Anniversary....5年目を記念して(その2;音源編)

5周年の区切りに、今までアップしてきた自作の音源を集めました。
音源をアップするのにも、やり方がいろいろあって試行錯誤がありました。このあたりの様子と方法は、
音楽夜話 ブログへの音楽、動画アップ方法(その1)なるべく簡単に
音楽夜話 ブログへの音楽、動画アップ(その2)動画を作っちゃおう
に載せましたので、ご興味あれば。多少参考になるかも知れません。
自作音源がいくつあるかざっと数えてみたら20本弱。これ以外にも新規エフェクターでの音色などもアップしているのですが、音源再収集は曲になっているものに限ることにします。
作成時の解説やバックグラウンドは元記事に書いてあるので、リンクを張っておきました。
では、、、、、

◆Sentosa0818

BIAB(Band In A Box)を導入して一番最初に作ったオリジナルの曲。操作方法もろくにわからない中、一日で作った習作です。(曲自体は概ね以前に作ってありましたが。)最初はSoundCloudでアップしたのですが、後からVideoPadで作った画像付きバージョンで。
Band In A Box 21 (1)  音楽ソフトの玉手箱でまず1曲作ってみました
音楽夜話 ブログへの音楽、動画アップ(その2)動画を作っちゃおう


◆DaysOfWine&Roses

Jazzスタンダードの酒バラを、4Beat,BossaNova,8Beat Rock,Reggaeの4つのリズムで作り分けたもの。こういうお遊びはまさにBIABの得意中の得意技。メーカーの販促CMに載せてくれないかな(笑)。とっても面白いので、またいつか別の曲でやってみたいです。
Band In A Box 21 (2)  スタイル活用の巻

"DaysOfWine&Roses(RealBand4Beat)"

※プレイを押しても開始しない時は、右肩のSoundCloudをクリックし、飛んだページのプレイをクリック
DaysOfWine&Roses(RealBandBossa)


Band In A Box 21 (4)  「Days Of Wine & Roses」を Rockで
Days Of Wine & Roses (8Beat Rock + Solo Take2)


Band In A Box 21 (5)  ジャマイカの海辺で「Days Of Wine & Roses」
Days Of Wine & Roses (Reggae)


◆My Funny Valentine

友人とのセッション用にJazzスタンダードの音源を作っている最中に、ふっと遊びで作成。
Band In A Box 21 (9)  BIABのバッキングでJazzセッション

My Funny Valentine(BIAB201503).WAV


◆Love Squall

ルパン3世の中でも一番好きな曲。これは結構気に入ってます。
Love Squall (2)  カバー曲作りの実況

Lupin The 3rd LoveSquall Cover (20150312)


◆On The Beach

異色の原曲はNeil Young作。スローテンポの暗い曲で聞くほうもたまらないだろうということで、2コーラスのみ抜粋したので、曲とは言えないかも知れませんが。

On The Beach(2) ; Neil Youngと心の凍る風景、ブルースを聞こう


とても1回で載せられなかったので、近いうちに(その3;音源編)をやります。
久しぶりに聞くと、自分の音源も面白い‥‥

5th Anniversary....5年目を記念して(その1)

2012.9.23に始めた本ブログ、今日で丸5年を迎えることになりました。
今日で、延べ68,456 hit。多くの方が訪れてくれて感謝感謝です。人数にすると何人くらいになるのでしょうか。
ブログを始めたきっかけやポリシーは「10,000hit記念」(2014.3.21)の時に書きました。
趣旨は今でも少しも変わっていないので、興味があればそちらもあわせてご覧下さい。


Brooklyn , New York 2017.8

●記事数
今回の記事を含めると、音楽系174、旅行系161、その他18、全部で353。
最初は圧倒的に音楽系が多かったのですが、最近は旅行系が過半を越す勢いです。
ちょうど5年で音楽系と旅行系が半々だったとは。いい区切りだったのかな。

●写真数
さすがにこれは数えられません。音楽系は2~3枚ですし、海外旅行系は1記事に8~9枚入れ込むこともあります。平均4枚とすると約1,400枚、こんな程度でしょうか。自分のとった写真など使い道が無いのが普通ですが、どれを載せるか悩むというのもブログの楽しみですね。

●累積hit数
Open 2012.9.23
1,000 over 2013.2.8
2,000 over 2013.4.4
5,000 over 2013.9.4
10,000over 2014.2.21
20,000over 2014.11.15
30,000over 2015.6.21
40,000over 2016.2.
50,000over 2016.9.18
60,000over 2017.3.30
66,666over 2017.8.18

区切りのいい時に、お礼を書いていたらこんな記録が残りました。
最初は半年で1000hit。hit数がブログの価値ではありませんが、開店休業のような状態でした。
半年を過ぎたころからすこしずつ増えてきたような記憶があります。

●平均hit数と記事
5年間=5×365日+2日=1,827日
68,456 hit÷1,827日=37.5 hit/日     →意外と多いのに驚き
1,827日÷353記事=5.2日/記事    →5日に1本のペースとは結構書いたな


Bryant Park, New York 2017.8

●ブログ友達
足跡を残してくれた方のところには1度は訪れてきました。わざわざコメントを残していってくれた方のブログは、やはり興味深いことが多く、コメントを通じてのブログ友達となった方が5年間で両手程は出来た気がします。わざわざコメントを下さる方は、リアルの世界でお会いしても話が弾むでしょう。一度も会ったことの無い趣味の友達なんて、まさに21世紀ならではです。

交流があった方のブログがぱったり更新がなくなり、おそらくブログの世界から足を洗ったのかなということも何度かありました。ブログの寿命は長くて3年と聞いたことがあります。ネタを探しながら書くのは手間がかかるし、誰が見ているかわからないブログを長期間継続するのはかなりの精神力も必要ですから。あの人元気かな?なんて1年に1回位思い出したり。一期一会。

●旅行記
音楽と旅行は自分の2大趣味ですが、その時の状況で山谷があるのはしょうがない。ここしばらくは時間が少し融通が利くようになったこともあり、海外に行くペースが増えてます。今のペースで書いていると、途切れなく旅行記がつづくかも。旅行は学生時代から大好きだったのですが(もちろん国内)、どんどん忘れてしまうので、こんな風に写真と一緒に残すのもいいのかな。絵日記みたいなものでしょうか。

自分の旅行の際に、他の方の海外旅行ブログが非常に参考になったことが何度もあったので、自分の経験が何か役にたてばという気持ちもあります。本当に便利な世の中になったものです。


Small Gig At Subway Station , New York 2017.8

●自作音源のアップ
ソフトは、ここしばらくBIAB(Band In a Box)一辺倒。BIABを使う最大の理由は、これが予想もしない演奏をしてくれるからで、最終的なサウンドが自分の予想を上回ることも下回ることもある、まさに実際のセッションそのものだからです。(CubaseなどのDAWソフトは、すべての音符を自分で打ち込むので、自分の音楽的限界=曲の音楽的限界となります。自分の能力は低いけど素晴らしい曲が出来た、ということは絶対にありません。)

自作曲といっても、シンガーソングライターじゃあるまいし作詞作曲ではなく、アメリカンポップスとかロックの耳慣れた曲を、新しい感覚でアレンジするのが楽しいので、音源アップはその記録だと思っています。ジャズの有名スタンダード曲だって、童話の主題歌みたいなものが元になっていたりするのですから。5周年記念(その2)は、今まで載せた音源を集めてみようかと思っています。

●そして、これから
音楽と海外旅行の2本立てでいくのは変わらないと思います。比率は時々で変化するでしょうが。そのうち、世界を旅行をして感じた旅のTipsのようなものを、まとめて書いてみようかなと思っています。
昔からとり貯めた音源が山ほどあるのですが、著作権の関係もあって、公開が難しいのが多そうです。
自分の演奏録音も結構保存してあるけど、これは余り聞きたくないかも。

ともかく、時々遊びに来てくれる方がいるなんて本当にありがたいことです。
何年続くかわかりませんが、自分の21世紀版存在証明のようなものだと思っていますので、6年目からもよろしくお願いします。

‥‥‥Weekend In 心は L.A. 

マレーシア1人旅珍道中(9) ターニャとマイケル、チャイナタウンに行こう、

1時を回ったのでそろそろ昼食にしたいのだけど、KL駅の周りはそのようなところはまったく無い。チャイナタウンに向うかどうしようか思案していると、向こうから外国人のカップルがやってきた。
私はなぜか、どこにいっても「写真をとって下さい」と言われることがとても多いので、今回もまた写真の依頼かと待ち構えていると、
「チャイナタウンニハ、ドウヤッテイクカワカリマスカ?」と予想外の質問。
地図で説明するといっても、少し離れていて道もややこしいし、私もちょうど、昼食に行こうと思っていたところだ。
「私もチャイナタウンに行こうと思っているので、よかったら一緒に歩きませんか?」
こうして3人での珍道中が始まった。


Tanya And Michael 2016.8

今度のカップルはどこの国かと思ったら、またイタリアから。イタリアはマレーシアブームなのか。
写真で見ると彼らは何歳位に見えますか?
自分より若いことはすぐにわかったけど、30歳前後で、まさか2年前に結婚したばかりの準新婚さんだったとは思わなかった。今度はこちらから名前を聞いた。ターニャとマイケル。

向こうは新婚カップル、こちらは1人なので、遠慮して若干離れて歩こうかなと思っていると、ターニャが横にやってきて話し始める。
「マレーシアハコンカイ、ハジメテノノタビナノ。アナタハドコカラキタノ?ワタシハ、ローマニスンデイルノダケド、カレガケッコンシテスグニ、シチリアトウニ、タンシンフニンシチャッタノヨ。」
ともかく、ターニャがしゃべるしゃべるしゃべる。

「シチリアノパレルモハ、トオイノヨ。ケッコンシテ、スグニベツベツニスムナンテ、サビシイワヨ。オカシイトオモワナイ?」
当然、お互い英語で話しているのですが、初対面でいきなりこんな話に面食らう。
はー、そうですね、としか返しようがない。

「アナタハ、コドモハイルノ?ナンニンイルノ?」
私は、日本人の中でも比較的若く見られる方だ。おそらく、自分達より少しだけ年上の日本人と誤解しているのだろう。ここで子供は成人しているよ、と答えたら、「あなたは何歳で結婚したの?結婚前から子供がいたの?それとも再婚の連れ子?」とターニャの質問攻めが止まらなくなるに違いない。

「私には2人のチャイルドがいるよ。」
英語は便利なもので、チャイルドという単語から、きっと幼稚園児程度を想像したのだろう。この質問はここで止めることができた。旦那のマイケルはどうしたのかと思って振り向くと、すこし後ろをニコニコしながら付いてきている。妻を心配するどころか、肩の荷が下りたようなすっきりした顔にも見える。


Some Kind Of City View, China Town 2016.8

「チャイナタウンハ、オモシロイッテイウジャナイ。ナニカアジアラシイ、オミヤゲヲカオウトオモウノダケド‥‥‥‥○×▼」
話しているうちに途中で何だかよくわからなくなる。
英語ではよくあることと思ってじっと聞いていると‥‥‥これ英語じゃないよ!
どうもターニャは英語がそれほど達者じゃないらしく、早口でしゃべって段々興奮してくると途中からイタリア語になっている。これじゃわかる訳無い。
私が急に黙るので、イタリア語でしゃべっていることに彼女も気づく。
すると、くるりと後ろを振り向いて3m後ろを歩いているマイケルを呼ぶ。
イタリア語でマイケルに呼びかけているのですが、100%何を言っているかわかりましたよ。

「アンタ、ナニボサットシテイルノヨ。コッチヘキテ、エイゴデツウヤクシテチョウダイヨ。」
マイケルがすかさず横に来て、彼女の質問の後半を英語で通訳してくれる。
通訳が終わると、また3m後ろに下がる。ターニャよ、貴方はマイケルの妻ですか、上司ですか?
こんな諺があったな、”三尺下がって師の影を踏まず”

自分の英会話能力が急に3倍位アップした気がしたのは、ターニャが平易な英語でしゃべっているのに加え、私が1言話すとターニャが5言位返してくるので、彼女の話を聞きながら余裕で返答を考えられるからに違いない。(もちろん、イタリア語は巻き舌でなくローマ字読みなので、イタリア人の英語が聞きやすいのも原因ですが、真面目な話し。)

(教訓9)世界中の女性はおしゃべりだが、必ずしも悪いことばかりではない。


海南Chiken Rice 2016.8

こうして時にイタリア語通訳(マイケル)を交えたやり取りをしつつ、30分かけてチャイナタウンまで歩いてきました。最後にパサールスニ駅の高架通路で3人の写真をとる。せっかくなので、昨日、夕食を食べたチャイナタウンの素敵なお店を紹介してお別れしました。

昼食は、チキンライスで有名らしい「南香(ナムホン)」に行った。写真は、シンガポールなどでも有名な、海南チキンライス。定食 6.5RMにコーラを付けて 9.35RM。日本円で計330円!
(写真は、少し食べてから気が付いてとったもの。もう少しチキンがありました。)
見てのとおり軽食ですが、蒸し蒸しした30度超えの街中での昼食としては、この位で丁度いい。
味付けはさっぱりしていて、日本人にぴったり。このお店、地元の人ばかりだけど気に入りました。


The Gate Of China Town 2016.8

昼食休みのあとは、チャイナタウンのメインストリート、ぺタリング通りを見て回る。
どこの国にもあるチャイナタウンの露天は、ともかく怪しげな売り物で一杯。アジアなら必ず行かなくてはいけない場所だ。最近は、取締りがうるさくなってきて、偽ブランド商品こそ店頭に並んでいないけど。KLに来た観光客が皆歩いているのではと思うくらい、色々な国の人(らしい人)が歩いている。
まさにアジアの雑踏だ。

歩いていると、見慣れた2人組が向こうからやってきた。ターニャとマイケルだ。
「何かアジアらしいもの見つかった?」
「マダヨ、デモオモシロモノガ、イッパイアル」
相変わらず、マイケルは横でニコニコしている(笑)
Take Care! 雑踏の中を振り返りながら、お互い手を振った。


関帝廟  2016.8

チャイナタウンにある有名な仏教寺院の「関帝廟」。たまたま観光客は少なく、地元の拝観者がちらほらいるだけ。もちろん仏教寺院は、台湾でマスターしたやり方で礼拝。


Sri Maha Mariaman Hindu Temple 2016.8

すぐ近くのヒンズー寺院「スリマハマリアマン寺院」を巡ってみる。ヒンズー教の礼拝方法は?
よくわからないが、ヒンズー教寺院はかならず入り口で靴を脱ぎ、裸足で歩き回るのは世界(すくなくともアジア)共通だ。こういう宗教施設は、それぞれのルーツを色濃く残していて興味深い。

でも、KLのチャイナタウンを今思い返すと、浮かんでくるのはターニャとマイケルの顔だけだ。
どうしているかな、きっとお似合いの夫婦になってるよ‥‥‥


Hindu Statue On The Wall 2016.8

東京Jazz16th at 東京国際フォーラム(2017.9.1)

毎年、9月の最初の週末に行われる東京ジャズフェスティバル。
今年も行こうかなと思って調べると、今まで有楽町の東京国際フォーラムで行われたものが、今年は渋谷に変わっていました。今年は、初日金曜日の夜に行こうと思っていたので、仕事帰りなら有楽町の方が近いよと一瞬舌打ちするも、よく考えれば渋谷も変わらないか。

この東京ジャズフェスティバル、メインのライブは、土、日の昼の部、夜の部と4コマに分かれていて好きなところを聞けるようになっていて、それぞれのコマが3つのアーティストからなっているので、組み合わせと自分の都合を考えながらどこにするかと考えるのが結構楽しい。


渋谷から代々木公園までの新会場   2017.9

というのが本来の楽しみ方なのですが、3年位前から別の楽しみにはまってます。
ホールでのライブを補足するような形で行われている、東京国際フォーラムの地上広場で行われる無料ステージを聞きながら、そこに出店している多国籍風夜店をあちこち覗き、シシカバブーだの、ピザだの、焼き豚だのをビール片手に食べ歩く。
9月の初旬ということで、蒸し暑さは一段落しているので、爽やかな風に吹かれながら食べ歩き、そこに生のジャズが流れてくる、というのがとても雰囲気がいいのです。
中でもタイの「トムヤムラーメン」は、毎年絶対食べるお気に入り。
一体、それが渋谷でも実現できるのか。


ガラ~ン   2017.9

初日のプログラムを見たら、トップバッターがなんと16時10分スタートなので、外の仕事から直帰すると見せかけて、明るいうちから渋谷公園通り経由で代々木公園ケヤキ通りに向かう。
いくらなんでも早すぎたか、ほとんど夜店が開いてないよ。まだ明るいし。
ビールはゲット出来したけど、食事はほとんどやっておらず、なんとかフィッシュアンドチップスを見つける。やっぱり6時頃から夜店が始まるのかなと、よくよく見るとテントの中は空っぽ。そうか、金曜日はそもそも前夜祭のようなもので人出が少ないのを見越して、土日だけ開く店が大半なんだ。ガッカリ。タイの「トムヤムラーメン」を食べるのを楽しみにしてたのに。


The Eastman Jazz Street    2017.9

無料ステージはThe Eastman Jazz Streetというセクステット構成のコンボ。
ニューヨークの音楽学校(バークリーじゃなかったと思います。)の同期生かなにかで結成したコンボらしい。最初の挨拶で言ってたような。
まだ人出は少なかったけど、ステージ前のミニ広場は一応60人位の立ち見で埋まりました。
この無料ステージ、東京ジャズのコンセプトだと思うのですが、いわゆるストレートアヘッドの保守本流ジャズは出ない。今回はたまたまアメリカのコンボだったけど、リトアニアとか聞いたことないような新進気鋭のアーティスト、サウンドはコンテンポラリー系、が毎年意識的に出演しています。
私は、かえってこういう方が楽しいな。いまさら昔のジャズ喫茶のようなジャズを屋外でやられてもね。
それなりに楽しいステージでした。確かウェインショーターの曲を1曲やっていたと思う。3管がフロントに並んでのウェインショーターっぽいサウンドと言えば、概ね想像できるでしょうか。


今年も始まった   2017.9

ただ、ステージが終わってもまだ明るい。まだ5時だ。
これから45分後に次のステージですと言われても、なにしろ夜店が空いてないのだから、ビール片手に何か食べて待つという訳に行かないのが辛い。‥‥‥周りを見回すと、渋谷に向かって帰り始める人も多し。(駅から歩いてくる人もそこそこいましたが。)
私も結局、このステージだけで帰路につきました。

金曜日の明るいうちから来た自分が悪いのか、渋谷の会場が、例年のまったりした心地よい雰囲気に合わないのか、ともかく今年は残念でした。
今年の評価は、家に着いた時の、家族の次の言葉で明らかでしょう。

「もう、帰ってきたの!?」

Since 2012.9.23
プロフィール

Author:AKISSH
.
休日は、You Tubeで好きな曲を見つけて
コピーしたり、カメラ片手に旅を。
そして海外に飛び出そう。
(このブログについて)
(5th Anniversary)(その1)

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ
画面下を人々がお散歩
旅行お役立ちブログ
検索フォーム

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10