FC2ブログ

Weekend In 心は L.A.

音楽と楽器、そして時々海外に

 

Still A Friend Of Mine(1993) by Incognito

インコグニートってどんな意味?
このバンド名を聞いた人は、私を含めて最初に思う疑問でしょう。「匿名」という意味だそうです。日本語でも匿名なんて言葉を使う機会は少ないから、ピンとこなくてもしょうがないですね。

イギリスで1981年に結成されたアシッド・ジャズバンド。といっても最初の10年間はほとんど日本で知られていなかったので、日本では1991『インサイド・ライフ』から2000年代にかけてが最盛期だったでしょうか。もちろん今でも大御所として人気はありますが。

Wikiで使われていたアシッド・ジャズバンドという呼び名をあえて使ってみたのですが、少し抵抗があります。「アシッド・ジャズ」というと、70年代後半から80年代に一世を風靡した「フュージョン」が縮小再生産の悪循環にはまり飽きられてきた1990年代に、新たな潮流として生まれたジャンル。

日本で有名どころとしては、ジャミロクワイあたりが筆頭でしょう。
ファンクっぽいといっても第1世代のジェームスブラウンあたりと比べると、フュージョンの時代を越えているので、演奏力が桁違いに高い。そもそもブルースと初期ロックしかなかった60年代~70年代初めと比較する方が間違っています。最初は、ジャズが付いているので、ジャズの派生かと思ったのですが勘違いだったようです。まあジャンルの名前なんて、レコードショップが棚を整理する必要のためにあるようなもので、何ら気にする必要はないと思っていますが。

私などのフュージョンど真ん中世代からみると、一言でいうと、ボーカル×(ファンク+フュージョン)/2 という粋な演奏を、洗練されたポップな味付けをした音楽という感じがします。
(全然一言ではないな。)
タワーオブパワーをずっと洗練しかつ一般受けするようにしたサウンドと言ってもいいかも。インストサウンドを突き詰めると、どうしても平均的音楽ファンから乖離して、クラシックやジャズのようなマイナーな世界に入ってしまうので、1周回ってボーカル主体の音楽にもどってくるのは面白いです。


Billboard Tokyo

もう一つ、インコグニートはバンドというよりも、リーダーでギターのJean-Paul“Bluey”Maunickが、その時その時で結成するプロジェクトと呼んだほうがふさわしい。CD毎にメンバーはくるくる変わっていくし、しかも非常に多作なバンドなので、どの曲で誰が演奏しているのか、何枚か聞いていると段々どうでも良くなってきます。

Jean-Paul“Bluey”Maunickは、ギタリストだけでなく、他人の音楽作品をプロデュースしたりと幅広く活躍している人で、おそらくプレイヤーというよりプロデュース指向が強い人なので、同じメンバーで作品を作りこむということにほとんどこだわりがなく、その時その時のやりたいことにマッチするメンバーを集めてサウンドを作るというやり方が好きなのでしょう。少し前に、サンタナがこういう指向です、とこのブログに書いたことを思い出しました。

ところでなぜ急に Still A Friend Of Mine?
個人的な話になるのですが、彼らが全盛の90年代は、公私ともども一生で一番忙しかった時期で、10年位ギターもまったく弾かなくなりました。音楽も新しいものを探して聞く余裕が全く無く、昔のフュージョンをたまに聞く程度で。
ということで、インコグニートの初期の名曲、Still A Friend Of Mine(1993)を始めて聞いたのは21世紀に入ってからでした。単身赴任して、夜が暇になって、音楽と楽器を再開したころだったかな。

やはり21世紀だ、いつの間にかにこんなお洒落な音楽が出来たのかと感心して聞き、CDを買おうとして調べたら10年前のリリースだったことを知りました。あの時は一人で恥ずかしかった。まるで、プリーズプリーズミーっていい曲だよね知っている?と、ビートルズが解散したのも知らずに友人に自慢する昔の中学生みたい。


Still A Friend Of Mine INCOGNITO

この曲、オリジナルももちろんいいですが、YouTubeで見つけたライブ演奏が非常に良かったので、それを紹介しておきます。ベースが凄くいいですね!
楽曲の1コマ分析として、イントロのコード進行をあげてみます。



YouTube音源でいうと、ベースが入ってからの8小節です。最初に聴いた時はなんて綺麗な進行なんだと驚きました。
あえて解説すれば、最初の小節はKey=A、次の小節はKey=G と転調していると考えられます。なんとなくコードを眺めると、DとCの間を転調しているのかと思うけど、実はサブドミナントから降りてくる進行だというところが面白いですね。
このコード進行をある程度のテンポで演奏されると、2小節目と4小節目の頭でふっと肩透かしをくわされたような感じになり、それが快感になる。

今では、J-Popはおろかその辺のゲームミュージックでさえ使われているコード進行ですが、最初に聴いた時はちょっと感動。ポピュラーミュージックの歴史の中では、どの曲がオリジナルなんでしょう、この進行。まさかStill A Friend Of Mineじゃないでしょうね。

インコグニートのコピバンをほとんど聞いたことがないのですが、そのうちやってみたいな‥‥‥


世界の中心ニューヨーク旅行記(16)Hyatt Union Square New York、NYのホテル選び

今回の旅行準備で頭を悩ませたのがホテル選びでした。ホテルがピンからキリまである上に、世界中で最も宿泊費が高いニューヨークときている。もっとも、どこのホテルに泊まろうかなと頭を悩ましている時は、旅行の最も楽しい時かも。

今までも何回か書きましたが、私のホテルの選び方は、
1)観光に便利な立地か。
2)最寄りの交通機関へのアクセスが非常に便利か。
3)バスタブ付か。
4)グレードは4つ星程度。(最高級ランクの次。)
5)巨大ホテルでないこと。

で幾つかに絞り、さらに、
6)周辺の治安が良く、日常品(特に飲食関係)の買い物に便利なこと。
7)旅行記ブログ、予約サイトでの記述。


View From My Room (Am 7:31) 2017.8

今回にあてはめてみると、
1)ミッドタウン、アッパーサイド、ロワーマンハッタンにアクセス至便なことが絶対条件。普通のツアーならホテルは99%ミッドタウンになると思いますが、今回泊まったユニオンスクエア周辺は、負けず劣らずマンハッタンのどこに行くにも便利でした。

2)マンハッタン内の移動はメトロが一番便利だということがわかったので、ホテルはメトロ駅から5分以内、これは譲れない。結果的にこの判断は大正解でした。

3)ホテル予約サイトには、バスタブの有無が書いてあることも有りますが、書いてないこともある。このため、毎回、予約サイトの部屋の写真を隅から隅までみてバスタブを確認しています。部屋のランクもいくつもあり、結構大変な作業です。バスタブ付部屋は結構少ないのですが、乾燥している夏はともかく、厳寒の冬にシャワーだけで体が休まるのかな?


Reception Counter 2017.8

4)ホテルのグレード要求は、観光地によって異なってきます。リゾート地でホテルで過ごす時間が長いところは、グレードを上げたくなります。ハワイで、午前中は海を望むホテルのカフェで過ごすとか。
一方、街中に宿泊しひたすら街を観光する場合は、寝に帰ってくるくらいなので、それほどグレードが高くなくても満足できます。うちは、街中をひたすら歩くので、午後途中で必ずホテルに戻ってきて、お風呂に入ったりおやつを食べたりしますが。伴侶と旅行する時は、少しでも快適に過ごしたいので4つ星ですが、1人旅では3つ星で済ませることも多いです。

5)1000室以上もある巨大ホテルは避けることにしています。巨大ホテルは必ず団体御用達となって、ツアー団体客(昔は日本、今は中国)でごった返しています。チェックイン一つ時間がかかるし、朝食にレストランにいけば、団体客が入れ替わり立ち代わり来ています。こんな旅行、そもそも個人旅行を選択した意味がないでしょ。超高級ホテルでなくとも、規模が小さくお洒落でフレンドリーなホテルは世界中に沢山あります。ツアー旅行をお勧めしない大きな理由です。

例外:ラスベガスは基本、数千室の巨大ホテルしかないので諦めましょう。レセプションカウンターは、ここは空港か?と思う位ずらっとならんでいます。チェックインしてから、荷物を転がして部屋に行く途中でカジノで迷い、人に聞き聞き部屋に着くまでに30分かかったという人もいます。
(わざとカジノで迷うように作ってあるホテルが多い!)


Lobby On The 1st Floor 2017.8

1)~5)で絞り、最後に6)7)で精査。
日本人で利用した人は少ないのか、ブログでの利用記はお一人だけでしたが、その記述は魅力的でした。ブログに載っているスマホで撮ったホテルの写真は、予約サイトの写真よりはるかに信頼性が高いのは間違いありません。
また、最終段階ではいつもやることですが、候補ホテルの周りをあちこち歩き回ってみます。勿論、実際に歩くことは出来ないのでグーグルマップの中で。ライブハウスで遅くなる夜もあるので、帰る時の安全性を最重視。駅出口から歩いて2分、走れば1分でホテルに着き、その間にスーパーもある、というのが最後の決定打となり、Hyatt Union Square New York に決めました。


The Entrance By The 4th Ave. 2017.8

さて、実際に泊まった印象は?
非常に感じのいいホテルでした。レセプションカウンターは写真のようにとっても小ぶり。ロビーはソファーコーナーがちょこんとあるくらいで高級感は有りませんが、なんだか落ち着いた雰囲気でした。
朝食はつけなかったので、レストランの感想はありませんが、ホテルから道を挟んで向かい側にいい感じのサンドイッチカフェがあったので、そこに行って見たかった。(最初の写真の向かい側角のお店。)
客層は、ビジネスマンらしき方(アメリカ人?)も多く、びしっとスーツを決めていた女性グループはCAさんのような気も。日本人、中国人には1度も会わなかったです。

数年前に改装したばかりで、部屋自体もシャワー水回りも非常に綺麗。が、部屋は狭い。今まで泊まった中でも一番狭いかも。これで1泊38,000円は、さすがNYC。ここまで狭くて高いのは、これまでの旅行でも香港島位でした。3つ星クラスだと、時々シャワーや水周りに不具合があるとの口コミだったので、快適に泊まるためにはこのクラスの料金水準になるのは止むを得ないのかな。
第2話に書いたようにバスタブがなかったのは残念でした。⇒(第2話)


Hyatt Union Square New York(1) 2017.8

ただ1つだけ問題がありました。冷蔵庫が完全センサー式になっていて、中に何も物を入れられない。缶ビールどころかアイスキャンディー1本。本来なら果物とか缶ビールとか買ってきて入れておきたいのですが、夏にこれは痛かったです。

(Tips 20)Hyatt Union Square New York Hotel について
交通は非常に便利、夜道も安心。ただしバスタブ無、(お客の)冷蔵庫利用不可。
この2つに問題なければ超お勧め。私は2つの問題が引っかかってしまい再宿泊は多分無。残念だ。


Hyatt Union Square New York(2) 2017.8

実は、もう1つアクシデントが。
3か月前に以上の検討の末、予約。エクスペディアでこのホテルが少し安く出ていました。高いホテル代が少し節約になってよかった。やがて出発まで1月を切ったので、航空機Eチケやホテルバウチャーを最終チェックする。

ん? 宿泊が1泊少ないような気がする。何度指を折っても合わない。しばらく考えて謎が解けた。予約サイトでは、チェックイン日とチェックアウト日を入れて予約することになっているのに、宿泊の最初の日と最後の日(つまりチェックアウト前日)を入れていたからだ。慌てて1日分を追加予約。当然、安く出ているはずもなく、通常値段で。

現地でこれに気が付いたら、帰国日前日にホテルを追い出されるところだったよ。
もし、その時に空き室が無かったら‥‥‥海外旅行は何が起こるかわからないな‥‥‥
(100%自分のミスです!)

世界の中心ニューヨーク旅行記(15)新しいニューヨーク、ハイライン(High Line)

ニューヨークの最新観光スポットといえば、ハイラインでしょう。
昔、昔、ハドソン川沿いは倉庫や貨物ヤードが多く、そこに貨物線が通っていました。線路の南半分は1960年に取り壊されてしまいますが、北半分を1991年に取り壊そうとした時に、地元で保存運動があり、この公園が作られました。もとの線路が高架鉄道だったので、その跡地を利用したここは空中公園と呼ぶのがふさわしいかも。全長2.3kmの1本道の線状公園は、北端のW34st.のウェストサイドヤードから、南端はW14st.付近まで結ばれています。


Blue Star: North End (West Side Yard) Red Star: South End(W14th Street)

今回、NYCに来て感じたことがあります。
U.S.はこれで10回目なのですが、アメリカ人がかなり健康志向になっているのではないか?
食事一つとっても、死ぬほど量が多く、朝からステーキで、ソースやケチャプを山ほどぶっかけて、〆のデザートは死ぬほど甘くて、という印象がありました。健康のためなんてチマチマしたことなんて気にしないよと。でも今回、なにか違う。
感じる健康指向は、治安最悪だった街を一生懸命よくしようという努力と重なっているようにも思えます。街全体が、なんだか妙に明るく健康的。3.11のテロを契機に、自分の国の中で犯罪なんかやってる場合じゃないと思った、なんていうのは考えすぎでしょうか。


The West Side Yard and The Redevelopment of City 2017.8

話は戻る。
北端入口近くには観光バスが止まっていて、ここを歩くコースが人気らしく、ツアーバスからも人が降りてくる。入口のウェストサイドヤード上空をかすめる様に遊歩道がぐるりと通っていて、まずその巨大なヤードに驚き、そのヤードの横の巨大なビル群の再開発に再度驚く。写真で奥に見えているところです。30~40階建のオフィスビルでしょうか、ハイラインから直接ビルに連結する通路も工事中でした。おそらく低層階はレストラン街やショッピングセンターが入り、完成の暁にはハドソン川沿いの大きな観光拠点になるのでしょう。

ハイラインは線路跡を公園にしたので、基本的に1本道を歩くことになります。
写真を見ると、映画スタンドバイミーのように線路を歩いているようにも見えますが、実際は線路の上は歩けません。(線路はところどころしか残っていないので。)線路脇の遊歩道を歩いて行きます。


Walking Along The Railroad Line 2017.8

最近出来た割には、ずいぶん線路脇に草花が生えているな、でもその草花が以外とマッチしていて綺麗だな。と思ったら、本当の線路脇を歩いているような気分にさせるために、わざと花壇にせず、自然っぽくなるように草花を植えている ! と聞いて驚きました。
日本ならこういうしかけもあるでしょう。でも、あの大雑把なアメリカ人が(失礼!)、そんな細やかな心遣いをするとは。やっぱり何か変わったよ、アメリカ。

1本道を歩いて何が楽しい、と言われそうですが、これが楽しい。
昔の貨物、倉庫が林立していた地域なので、周りのビルがやけにレトロ。昔のNYCをテーマにした映画を見ると、赤茶けたレンガで出来たビルや、サビサビの屋外階段などがよく出てきますが、まさにそんな風景。もともとあった工場、倉庫群に、無理やり鉄道を通したので、線路がビルすれすれを折れ曲がりながらうねうねと通っていて、そこが遊歩道に変わっています。


Shade of Trees 2017.8

遊歩道はバリアフリーで気持ち良く歩ける一方、適当な間隔で樹木が植えられ、その下のベンチで読書している人がいたり、作り付けのデッキチェアが並んでいる遊歩道脇で日向ぼっこをしている人がいたり。また、ところどころにNYCの街並みが眺められる木製の大階段が作られていて、そこが人のたまり場所になっている。皆、楽しそうだな。NYCって、こんなに健康的な街でしたっけ?


Go Through Under The Building 2017.8

水源があって冷たい水が流れ出ているところがあったので、歩き過ぎて火照った足を冷やし、しばらくデッキチェアで休みました、気持ちよかった。眺めていると、TVクルーが歩いている人に取材をしている。NHKの日曜夕方のローカルニュースみたいに「新しくできたハイラインを歩いた感想は?」なんて聞いているのでしょうか。

ビルの2,3階に穴が開いていて、そこを遊歩道が通っていたり、10階位のホテルが、遊歩道をまたいでどーんと立っていたり、右を向けばハドソン川が、左後方にはエンパイアステートビルがと、次から次へと景色が変わって少しも退屈しないで歩ける。

(Tips 19)NYCの最新名所、ハイラインは、ぜひ天気のいい日に歩いてみよう。


Wellcome My Shop ! 2017.8

この沿線はかつて非常に治安が悪いところでしたが、そこが再開発されて、今は年間500万人が訪れる観光地に変身、2009年にオープンしてからまだ10年も経っていないのに。警察も力を入れていて犯罪発生率も低いため、ハイライン沿いは地価が上昇して、マンションやホテル建設も始まっているのだとか。
アメリカ人は合理主義者だから、一旦、方向転換すると早いのかもね。

W14thストリート付近でハイラインの終着地点に着きました。
歩くのが好きな私にとっては、この倍くらいの長さがあってもいいのだけど。
南端の展望場所に行くと、なんとその先が線路になっていて、道を挟んだビルの2階をぶち抜いていた。
ん? どうも変だと思ったらビルの壁に貼ってある絵でした。一瞬錯覚したよ。


The Picture On The Wall 2017.8

南端の階段を下りると、ウェストヴィレッジのど真ん中。この付近もやたら工事が多い。古いビルを取り壊したり、建物の側だけ残して内装工事をやっていたりで、街中が工事中という感じ。

あと数年したらハイライン沿いの街、生まれ変わっているはずだ‥‥‥

世界の中心ニューヨーク旅行記(14)イントレピッドを見逃しラーメンを食べる

話は前後します。
フェリー乗り場はホテルからメトロやバスでは行きにくく、タクシーで乗り付けました。
その運ちゃんが、陽気なニューヨークっ子で、
「イツカラNYCニキタ?」「ドンナトコロニイッタ?」「キョウノヨテイハ?」
といろいろ聞いてくる。こちらもあわせて色々と話していると、
「フェリーモイイケド、"イントレピッド"ハクブツカンヲシッテイルカ?」
「サイコウニオモシロイゾ。NYCニキタノナラ、ゼッタイニミルベキダ」
と勧める勧める。


Flat Top The Intrepid (Left : F14, Right : SR-71) 2017.8

イントレピッド海上航空宇宙博物館(Intrepid Sea-Air-Space Museum)とは、太平洋戦争のレイテ島沖海戦という日米最後の大決戦に参加、ベトナム戦争にも参加したという、由緒ある空母イントレピッドを、退役後、ハドソン川の Pier 86に係留し、艦載していた戦闘機等と一緒にそのまま博物館にしてしまったというもの。なんと今日のフェリー発着場の隣。
大部分の興味が無い人にとっては、なんということも無いところですが、戦史に興味がある私にとっては、絶対に見たかったところでした。運ちゃんには「もちろんさ、絶対に見たいと思っているよ。」と返事をしてタクシーを降りました。

が、実はあきらめていました。
NYCの街歩きの予定を組むと、どうしてもここを訪れる時間が取れそうにない。
私は空母や戦闘機に非常に興味がある一方、伴侶は「変わった飛行機ね」程度の興味しかないので(こちらが普通か。)、ここで2時間も時間をとるのは余りにも申し訳ない。ほかもどうしても見たい場所の連続だし。結局、クルーズから降りて、一瞬、入口を入りかけたのですが、やはり断念しました。


The Concorde 2017.8

入口から川岸をみるとあの超音速旅客機コンコルドが見えるし、空母の甲板を見上げると、超音速偵察機 SR-71ブラックバードのお尻が見える。うん、断念して正解だった。こんなところを1時間やそこらで出てこられる訳ないもの。この二つの飛行機の名前を聞いてワクワクする人にとっては、何時間かかけてもじっくり見る価値のあるところでしょう。
次回のニューヨーク旅行では、最優先見学場所の予定だよ。


Gotham West Market (11th Ave.) 2017.8

お昼の時間になったので、ゴッサムウェストマーケット(Gotham West Market)に向かう。
この付近、10thアヴェニュー以西は、ハドソン川の埠頭と積み下ろしする貨物の倉庫が多く、トラックのみがひっきりなしに通るという、マンハッタンでも少し殺伐とした地域。容易に想像できるように人気(ひとけ)が無く、夜はかなり危険地帯でした。「でした」と過去形なのは、今、この地域が急速に再開発が進んでいるからです。

人が集まれば食事の場所が必要ということで、最近出来たのがこのゴッサムマーケット。
(バットマンに、ゴッサムシティって出てきませんでしたっけ?)
フードマーケットとありますが、別に市場ではなく、カジュアルなお食事どころが並んでいる建物。
土地柄、昔の倉庫を改修したのかな?そんな雰囲気でした。


Shop Guide Pole 2017.8

昼食に丁度いいカジュアルさで結構人が多い。NYCは物価が高いから、ニューヨーックっ子に人気があるのでしょう。タコスにビーガンフード、スペインタパスに人気N0.1のアイスクリーム屋も。ショッピングセンターのフードコートみたいなものですが、スツールに座って外を眺めながらパスタとワインが飲めるお店もあったりで、結構お洒落な感じがする。夜も11時までオープンしているのだとか。ともかくこういう場所が増えて、NYC全域の治安がどんどん良くなっていくのは、旅行者としても大歓迎です。


Indie Fresh 2017.8

私の海外旅行の食のこだわりの1つは、旅行中1回はラーメンを食べること。
朝からどこでも麺類を食べられる東南アジアならいざ知らず、ニュージーランドで散々探し回ってラーメン屋を見つけた時は本当に嬉しかった。ということで、ぐるっと1周して決めたのは「Ivan Ramen」。創作系ラーメン屋らしい。
お店のテーブルで結構な人達がラーメンを食べている。U.S.でもラーメンがはやっているのか。
調べたら、今マンハッタンで急激にラーメン屋が増えているのだとか。


Ramen is the popular dishes in NYC2017.8

さっそく注文の列に並ぶ。結構行列が出来ているよ。
並んでいる時はやることが無いので、後ろに並んでいたカップルに話しかけてみる。

「今、NYCでラーメンは流行っているのですか?」
「ワタシタチハ、ジモトジャナイノダケド、NYCデ、ハヤッテイルミタイヨ。ラーメンダイスキ。」
「どちらから?」
「サンフランシスコカラ。サマーバケーションサ。」
おお、サンフランシスコなら、昨年の1月に遊びに行ったばかりだ。
自分の番が来るまでしばしサンフランシスコ話をしました。彼女との旅行中にラーメンを食べるとは、アメリカ人にも定着しているのですね、ラーメン。


Very Simple Ramen 2017.8

見た目も味も、ごく普通の醤油ラーメン。
どこが創作?と言いたい所ですが、海外では何の違和感もなく食べられるだけで満足です。
何の変哲もない醤油ラーメンが1杯$14(1,500円)なのは、やっぱりニューヨークでした‥‥

Since 2012.9.23
プロフィール

Author:AKISSH
.
休日は、You Tubeで好きな曲を見つけて
コピーしたり、カメラ片手に旅を。
世界中を歩いてみたいよ。
(このブログについて)
(5th Anniversary)(その1)
(5th Anniversary)(その2;音源編)
(5th Anniversary)(その3;音源編)

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ
画面下を人々がお散歩
旅行お役立ちブログ
検索フォーム

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10